携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 映画『バイオハザード ディジェネレーション』が、2008年12月17日にDVDとブルーレイ、UMDでセル限定発売

映画『バイオハザード ディジェネレーション』が、2008年12月17日にDVDとブルーレイ、UMDでセル限定発売

2008/11/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●シリーズ初の日本語吹き替えを同時収録! DVDとブルーレイは特典映像も充実

 カプコンの『バイオハザード』シリーズ初のフルCG長編映画として注目を集める『バイオハザード ディジェネレーション』。10月に日本先行で劇場公開されたばかりの同作が、2008年12月17日にDVDとブルーレイ、そしてUMDで日本先行&セル限定発売されることが明らかになった。価格はDVD コレクターズ・エディションが4980円[税込]、ブルーレイ版が5980円[税込]、限定5000セットのフィギュア付 ブルーレイBOXが12800円[税込]、UMD版が3990円[税込]となっている。

 発売される『バイオハザード ディジェネレーション』の注目点は、『バイオハザード』シリーズ初の日本語吹き替えが収録されているということ。主役のレオン・S・ケネディは山野井仁が、クレア・レッドフィールドは甲斐田裕子が担当。オリジナルの英語版に負けない世界観を作り上げている。また、DVD版とブルーレイ版に関しては、共通の特典映像を収録。こちらは、本編の制作秘話満載の“メイキング:The Generation of DEGENERATION”や、レオン役のモーションキャプチャー担当がレオンになりすましてインタビューを受けるという趣向の“レオンなりきりインタビュー”など盛りだくさんの内容に。

 『バイオハザード ディジェネレーション』は、全世界で累計3500万本の販売本数を記録する『バイオハザード』シリーズをモチーフにしたフルCG長編。『バイオハザード2』に登場したレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドが10年振りに再会。アメリカ中西部の空港で巻き起こるバイオテロに立ち向かっていくことになる。プロデュースを担当するのはカプコンの小林裕幸氏。監督は映画『L Change the WorLd』の特撮監督などで知られる神谷誠氏。脚本はアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』を手掛けた菅正太郎と一流のスタッフが集結。モデルや女優として知られる土屋アンナがエンディング曲『GUILTY』を担当することも話題になっている。


 

(バイオハザード ディジェネレーション トレーラー 東京ゲームショウVer.)

▲DVD コレクターズ・エディション。価格は4980円[税込]。初回限定スーパージェルパッケージ仕様(左)。初回版以降の通常版はパッケージアートが異なる(右)。

 

▲ブルーレイ版。価格は5980円[税込]。ブルーレイのみの特典映像としては、“ピクチャー・イン・ピクチャー(BONUS VIEW)”でみるアニマティックス、モーションキャプチャー、ストーリーボードの比較など、本作完成までの過程を3つの角度から見られる。

▲【限定5000セット】フィギュア付 ブルーレイBOX。価格は12800円[税込]。原型制作谷口順一氏によるG-フィギュア同梱。フィギュアの原型を監修した竹谷隆之氏による原型原画の複製付き。

 
※『バイオハザード ディジェネレーション』の公式サイトはこちら
※関連記事はこちら(その1その2その3

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『FFXIV』パッチ4.4は“狂乱の前奏曲”! 『MH:W』とのコラボ企画の秘密も判明した第45回プロデューサーレターLIVE

『FFXIV』の次期大型アップデート、パッチ4.4の概要が公開された第45回プロデューサーレターLIVEの模様をお伝えする。

テレビアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』第14話先行カット、あらすじ、WEB予告動画が公開――突然失踪した“かがり”が見つからず……

AbemaTV、TOKYO MXほかにて放送中のアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』。同作の第14話“弾性限界のリコグナイズ”の先行カット、あらすじ、WEB予告動画が公開された。

『ひなビタ♪』ライブBlu-rayの発売を記念して応援上映イベントが開催決定、オリジナルグッズが付いたVIPチケットも販売

『ひなビタ♪』ライブBlu-rayの発売を記念して、2018年8月19日にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で応援上映イベントの開催が決定した。また、数量限定でオリジナルグッズが付いたVIPチケットも販売される。

『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』ヨコオ氏、齊藤氏、田浦氏に聞く。日本ゲーム大賞への思いや海外での成功について【日本ゲーム大賞特別企画】

日本ゲーム大賞の優秀賞を受賞したタイトルは、海外でも評価が高い! ということで、クリエイターに日本ゲーム大賞を受賞した感想や、海外で賞をもらっての感想などを聞いてみた。

『シュタインズ・ゲート ゼロ』牧瀬紅莉栖のフィギュアが発売決定! キャラクターデザインのhuke氏のテイストをもとに紅莉栖のスタイルを徹底再現

壽屋は、5pb.のアドベンチャーゲーム『シュタインズ・ゲート ゼロ』に登場する牧瀬紅莉栖のフィギュア“牧瀬紅莉栖 -Antinomic Dual-”を、2018年12月に発売することを発表した。価格は11000円[税抜]。

キュー・ゲームス代表のディラン・カスバート氏に聞く。『PixelJunk Monsters 2』のこだわりポイントとこれからのゲーム作りの指針

2018年5月12日、13日に京都で開催されたインディーゲームの一大祭典BitSummit Volume 6にて取材させてもらった、クリエイターさんへのインタビューをお届けする。

『F1 2018』初回限定特典が、クラシックマシン“2009 Brawn BGP-001”と“2003 Williams FW25”に決定

ユービーアイソフトは、2018年9月20日発売予定のプレイステーション4用ソフト『F1 2018』の初回限定特典を公開した。

DLC福袋で『妖怪ウォッチ ワールド』、『ディシディア FF』などのコンテンツをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年8月2日号(2018年7月19日発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は3アイテムです。

『アーケードアーカイブス スカイスキッパー』幻の任天堂アーケード作品が満を持してNintendo Switchで登場!【先出し週刊ファミ通】

2018年7月19日発売の週刊ファミ通2018年8月2日号では、「初めて見た」、「知らなかった」という声が続出する、幻のアーケードゲーム『スカイスキッパー』を大特集!!