携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 「若者よ、本物のオタクになれ!」、秋葉原エンタまつりに内閣総理大臣、麻生太郎氏がゲスト出演!

「若者よ、本物のオタクになれ!」、秋葉原エンタまつりに内閣総理大臣、麻生太郎氏がゲスト出演!

2008/10/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●秋葉原をサブカルチャーの聖地に!

 コミックやアニメ、ゲームなどのエンターテインメントが秋葉原に集う“秋葉原エンタまつり2008”。開催最終日の2008年10月26日には、特別ステージとして“わが青春のマンガ論と日本のソフトパワー”と題されたトークショウが開催。マンガをテーマに、日本のコンテンツ産業の未来を語るというこのトークショウに、何と内閣総理大臣の麻生太郎氏が特別ゲストとして登場! マンガ家のさいとう・たかを氏と弘兼憲史氏を交えてマンガ談義に花を咲かせた。

▲左から『ゴルゴ13』でおなじみのさいとう・たかを先生、麻生太郎内閣総理大臣、『島耕作』シリーズなどの弘兼憲史氏。

▲イベントには“秋葉原エンタまつり“を共催する経済産業省の二階俊博経済産業大臣も登壇(左からふたりめ)。「日本のコンテンツ産業をさらに躍進させたい」とのこと。

▲もちろん、麻生首相は『ゴルゴ13』や『島耕作』シリーズは読破。「『島耕作』の展開などは、いまのサラリーマンの先を行っている。大人のマンガとしての存在意義はあると思う」(麻生)とのこと。


 直前の秋葉原での街頭演説を終えて、会場に駆け付けた麻生総理大臣。関係者らのフォトセッションを終えていざトークショウが始まるという段になって弘兼氏が、「マンガ関係者3人が残ってしまいました(笑)。子供のころはよく親から“マンガばかり読んでないで勉強しなさい!”と言われていましたが、マンガばかりを読んで育った3人がこんなに立派になりました(笑)」と挨拶すると、麻生総理大臣もうれしそうな表情。麻生総理大臣のマンガ好きはつとに有名で、秋葉原で開催されるイベントへの出演は願ってもない機会だったのかも。弘兼氏から「思い出のマンガは?」と振られると。本宮ひろ志の『男一匹ガキ大将』を挙げ、「少年ジャンプに連載されていたときは毎週欠かさず読んでいました。単行本を買った初めてのマンガだったと思う」などとマンガ歴の一端を披露してくれた。

 また、トークショウでは、“オタク”という言葉がテーマに。それに対し麻生総理大臣は、「“オタク”には世間一般的に狭くて暗いというイメージがあるが、それはマスコミが作ったもので、僕自身はそう思っていない。オタクをやれるというのは、ある程度それで飯が食えて、自分の好きなことをやっていけるということ。こんな素敵な人生はないんじゃないかな。クラシック音楽のメッカはオーストリアのウィーンになっていますが、日本に来る海外の観光客の皆さんは、いまはだいたい秋葉原に案内してもらっているようです。ウィーンがクラシックの聖地なら、サブカルチャー、ポップカルチャーのメッカが秋葉原というように、(海外の人に)むしろ売っていったほうがいいんじゃないかと僕は思う。“オタク”をもっと前向きに明るいものに作り替えていったほうがいいんじゃないかな」とコメントした。それに対し弘兼氏は、「オタクはスペシャリスト。ファーブルは昆虫オタクだし、このあいだノーベル賞をもらった4人の方々もそれぞれがオタク。オタクから時代が発信されるので、“オタクの勧め”を考えたほうがいいのかも」と返すなど、両者とも“オタク”こそが日本の次世代を作ると感じているようだ。

▲「テレビドラマや映画の原作はマンガが多い。マンガのほうが発想力が豊かなんじゃないかな。力を入れればもっと伸びていくのでは」と麻生首相。


 最後に「次世代を担う若者たちへのメッセージを」との司会者の問いかけに対しては、さいとう・たかを氏が「何でもマニュアルで済ませてしまうのではなく、いちから考える努力をしてほしい」、弘兼氏氏が「オタクと言う言葉はけっして悪い言葉ではない。広く浅くでもいいので好きなものに取り組んで、そのなかから自分で発信できるものを見つけてください。人とは違うことを誇りに思って、自信を持って発信してほしい。オタクになることをお勧めしたい」とそれぞれコメントしたのを受けて、麻生総理大臣は以下の通りに語った。

 「若者に対して思うことは、なんとなく新聞に書いてあることを見ると、だいたい(新聞に書いてある通りに)そうなるんじゃないか……と思う人が多すぎるのではないか。“自分はこう思う”というオリジナルが少なくなっている。ガイドブックなどでおススメのレストランを見つけて、なんとなくそれで済ませている。自分で店を捜すということをしない。自分のオリジナルを考えないと、本チャンのオタクにはなれない。オタクもどきになってしまう。なんとなく先が見えていないときは、自分で思ったことをやらないとダメだと思います」(麻生)

 30分弱のトークショウはあっという間に幕を閉じた。日本がゲームやアニメ、マンガなどのコンテンツを、世界に向けての産業として力を入れ始めていることは周知の通りだが、日本の内閣総理大臣がこの手のイベントに出演するのは極めて稀なこと。 次世代の日本のコンテンツ産業を担う若者に向けての麻生総理大臣のメッセージはアツかった。
 

▲国会での審議に比べると、いかにも楽しそうな麻生首相。大好きなマンガがテーマだけに当たり前?


※秋葉原エンタまつりの公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

フィル・スペンサー氏に聞く、「たくさんの日本のタイトルをXbox E3 2018 ブリーフィングで披露できたのは光栄だった」【E3 2018】

Xbox E3 2018 ブリーフィング直後に行った、Xbox ヘッド、フィル・スペンサー氏への単独インタビューの模様をお届けしよう。

テレビアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』第11話先行カット、あらすじ、WEB予告動画が公開ーーキュアメイドカフェでのコラボカフェも開催決定

AbemaTV、TOKYO MXほかにて放送中のアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』。同作の第11話“存在忘却のパンドラ”の先行カット、あらすじ、WEB予告動画が公開された。また、2018年7月27日から8月19日までの期間中、東京・秋葉原にある“キュアメイドカフェ”にてコラボカフェの開催も発表。

『真・三國無双8』第3弾DLC配信日が6月28日に決定!“華雄”のアクション動画も先行公開

コーエーテクモゲームスは、発売中のプレイステーション4およびSteam用ソフト『真・三國無双8』について、有料ダウンロードコンテンツ第3弾となる追加シナリオパックの配信開始日を2018年6月28日に決定した。

“フロム脳”を刺激するVRゲーム『Deracine(デラシネ)』と、社長・宮崎氏が語るフロム・ソフトウェアのこれから【E3 2018】

E3 2018期間中に発表されたプレイステーション VR用新作ゲーム『Deracine(デラシネ)』についてインタビュー。本作の情報や、フロム・ソフトウェアのこれからについてお聞きした。

『PUBG』国内リーグ“PJSβ”、Phase2開幕戦で“Rascal Jester”が一歩リード! 解説・SHAKA、実況・OooDaの“本日の注目ポイント”も

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のDMMGAMES公式大会“PUBG JAPAN SERIES”βリーグが開催中。Phase2 Round1〜3(Day4)の試合結果を掲載する。

【鉄拳7】日本のノロマがTWT台湾ラウンドで優勝!【TWT 2018結果まとめ】

日本のノロマがTWT台湾ラウンドで優勝! TWT 2018結果まとめを更新。

電脳少女シロが、優勝したぁああああ!! 人気VTuber6人によるesports対決イベント“RAGE バーチャルYouTuber GRAND PRIX〜2018 Summer〜”をリポート

2018年6月17日、千葉・幕張メッセにてesportsイベント“RAGE 2018 Summer”が開催された。その中で行われた、VTuberたちのイベント“RAGE バーチャルYouTuber GRAND PRIX〜2018 Summer〜”の模様をお届け。

『無双OROCHI3』PS4とNintendo Switch版が本日(6月18日)から予約開始、神格化や画面分割プレイなどの最新情報も公開

コーエーテクモゲームスは、2018年9月27日発売予定のプレイステーション4、NintendoSwitchおよびSteam用ソフト『無双OROCHI3』について、プレイステーション4、Nintendo Swtch版の予約受付を本日(2018年6月18日)より開始した。

『CoD: WWII』世界大会?CWL Anaheim”が開催。日本チームはオープンブラケットでベスト48位に

Activisionが発売するミリタリーFPS『コール オブ デューティ』のesportsリーグ“Call of Duty World League”(CWL)が、2018年6月15日〜18日にカリフォルニア州アナハイムで開催。本大会に日本より4チームが出場し、オープンブラケット ベスト48位で幕を閉じた。

『黒い砂漠』ドレスコードありのパーティーでマスコットキャラのかぶりものが活躍

リアルのグッズを作ったりイラストを描いたり、ファン活動はおもしろい。ファン活動の一環として、マスコットキャラ“闇の精霊”のかぶりものを携えて3周年記念パーティーに参加した。