携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 主要登場人物&敵組織を公開 『バイオニック コマンドー』

主要登場人物&敵組織を公開 『バイオニック コマンドー』

2008/10/25

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●登場人物とその周辺の関わりが見えてきた

 ’88年にファミリーコンピュータで発売された名作2Dアクション『ヒットラーの復活』に、20年振りの続編が登場する。新たな戦いの舞台となるのは、テロ集団が占拠する大都市アセンション・シティ。立体的に構築された戦場で、孤高の戦士ネイサン・スペンサーはどんな戦いをくり広げるのか?
 

主人公
ネイサン“R.A.D.”スペンサー

バイオニック コマンドー

バイオニックプロジェクトのスーパーバイザーである“スーパー・ジョー”ことジョセフ・ギブソンの下で活躍する一流の戦士。本作の主人公である。コードネームは“RAD(ラッド)”。TASC特殊部隊の隊員だったが、国家への反逆を謀った罪と4件の第1級殺人罪で起訴され、不名誉除隊となる。その後、死刑を言い渡され、いまは処刑を待つ身。だが、ジョセフ・ギブソンの提案によって、激戦の舞台に再び降り立つことに。

ジョセフ・ギブソン

バイオニック コマンドー

帝国騒乱時の重要人物で、戦争の英雄としてその名を馳せている。別称はスーパー・ジョー。戦地で活動する隊員としてTASCに仕え、その慎重な情報収集能力をもって頭角を現し、スパイ活動および、破壊工作の分野におけるTASCのトップへと上り詰めた。また、当初よりバイオニックの技術開発に深く関わる。一時、帝国軍に囚われるも、ネイサン・スペンサーの活躍によって救出される。その後、互いに協力してアルバトロスの阻止に成功する(『バイオニック コマンドー:マスターD復活計画』より)。TASCへ復帰してから数年後、ギブソンは組織全体の長官へと上り詰める。


テロ組織
バイオレイン

“バイオニック技術禁止法によって生じた、すべての偏見を覆し、バイオニック技術を施された人々の失われた尊厳を回復する”ことを目標に掲げるバイオニック復活運動組織。バイオレインは、世界最大のバイオニック支持派テロ組織であり、莫大な資金を持つと考えられている。帝国軍の生き残りに加え、バイオニック組織を移植されたTASC所属の諜報員らによって構成されている。

バイオニック コマンドー

バイオレイン歩兵兵

バイオニック コマンドー

アセンション・シティを占拠した集団バイオレインの歩兵隊。アセンション・シティに大量破壊兵器“ウィザラー爆弾”を炸裂させたあと、バイオレインは集めうる限りの歩兵隊を総動員して街の警備にあたらせている。戦場の特殊な性質に対応するため、兵士たちは全員、放射線防護用のスーツとフェイスマスクを装着し、いつ攻撃を仕掛けられても対応できるだけの装備を身につけている。

バイオニック コマンドー

ジェイン・マグダレン

バイオニック技術によって脚を強化された、第2期の“バイオニック コマンドー”。ネイサン・スペンサーから戦闘訓練を施され、ふたりで協力して遂行した任務もいくつかある。バイオニック技術禁止法の強制施行に伴い、バイオニック技術を失いたくないマグダレンは、それまでの地位とキャリアを捨て、地下へと姿をくらませる。現在は、バイオニック支持派テロ組織バイオレインに加担しているとみられる。

バイオニック コマンドー

シルバー(本名不明)

バイオニック コマンドー

バイオニック支持派テロ組織であるバイオレインと協力関係にあると目されているテロリスト。諜報機関では、彼がバイオレインの名の下にバイオニック支持団体を結集させるなど、バイオレインの使節のような役割を果たしていると想定している。



 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

大人気ゲーム対戦番組『いいすぽ!』がeスポーツの祭典を11月にお台場で開催!

フジテレビ系列で好評放送・配信中のオリジナルゲーム対戦番組『いーすぽ!』が、2017年11月18日・19日にフジテレビ社屋を使用し、“Tokyo E-sports Festival”を開催すると発表した。

美しくも儚い世界観が魅力のPS4向け2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』が発売開始

国内外のインディーゲームのローカライズ・パブリッシングを手掛けるPLAYISMは、アメリカのインディーゲーム開発チーム“Heart Machine”が開発したプレイステーション4用2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』の発売を2017年5月25日より開始した。

“黒川塾(四十七)”はeスポーツの現状と課題をテーマに関係者が熱く語る eスポーツの明日はどこにあるのか?

2017年5月24日、黒川文雄氏が主催するトークイベント“エンタテインメントの未来を考える会”(黒川塾)の第47回が開催された。その模様を大ボリュームでリポートする。

『ペルソナ5』の怪盗団をイメージしたTシャツ、キャンバスアートなどが受注開始

オリジナルグッズを展開する通販サイト“AMNIBUS”にて、アトラスの人気RPG『ペルソナ5』のアイテムの受注が開始された。

『スプラトゥーン2』ギアブランド“シグレニ”の情報が公開、どんな過酷な環境下でも抜群の機能性を発揮

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ギアブランド“シグレニ”の情報を公開した。

『スカッとゴルフ パンヤ』×『わグルま!』コラボイベントと衣装が登場

2017年5月25日、GMOゲームポットはPC用オンラインゴルフゲーム『スカッとゴルフ パンヤ』においてアップデートを行い、『わグルま!』コラボイベント“ドキドキ魔界のおにぎりパニック”をスタートさせた。

“VRプロレス×大日本プロレス”8月12日後楽園ホール大会のVR化が決定!

『VRプロレス』の企画・制作をしているKlampは、2017年8月12日に東京・後楽園ホールで行われる大日本プロレスの試合をVR化すると発表した。

昭和女子大学とケンタッキーのコラボ企画第3弾“たっぷり野菜のチキンラップ”2種が5月31日より発売

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、“食と健康”を学んでいる昭和女子大学の生活科学部健康デザイン学科の学生とのメニュー共同開発の取り組みの第3弾として、新サンドメニュー“たっぷり野菜のチキンラップ”2種を2017年5月31日より店舗限定で発売する。

“ソニーのおもちゃ”が6月1日発表、ティザー映像が公開! 新たなトイ・プラットフォームが誕生か

ソニーのサービスプラットフォーム“First Flight”公式サイトにて、“ソニーのおもちゃ、6/1発表。 ”というティザー映像が公開された。

『三國志13 with パワーアップキット』発売、“英傑伝”でプレイできる新ステージなどのDLCも配信

コーエーテクモゲームスのプレイステーション Vita用ソフト『三國志13 with パワーアップキット』が発売となり、さまざまなダウンロードコンテンツが配信開始となった。