携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 第35回日本賞のイベントにレベルファイブの日野晃博社長、東大の馬場章教授が登場

第35回日本賞のイベントにレベルファイブの日野晃博社長、東大の馬場章教授が登場
【第35回日本賞】

2008/10/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●東京大学の馬場章教授とゲームと教育について語った

 

 世界の教育番組の向上を図り、国際的な理解と協力の増進に役立つことを目的に、NHKが教育コンテンツの国際コンクール“日本賞”を‘65年に創設。2008年10月22日に開会した第35回日本賞では、イベントの一環としてクロスメディア・フォーラムと呼ばれるさまざまなセッションやディスカッションが実施されている。そして、2008年10月24日には、NHKでMeet the Experts(ミート・ジ・エキスパーツ)という題名のセッションが行われ、日野晃博氏(レベルファイブ代表取締役社長)と馬場章氏(東京大学大学院情報学環教授、日本デジタルゲーム学会会長)が出席。“ゲームを教育メディアとしてどのように活かすか?”をテーマにトークを展開した。

 

▲ミート・ジ・エキスパーツの会場となったNHKの一室には、多くの参加者が。教育コンテンツの国際コンクールの一環として行われているだけあって、海外の人が多く見られた。

 

 レベルファイブ設立まえは社長ではなくプログラマーとしてゲーム開発に携わってきた日野氏。「それまでは大人向けのシリアスなゲームの開発に関わっていたので、その反動からかレベルファイブでは子供から大人まで楽しめる夢のあるゲームを作ろうと思った」と当時を振り返える。同社がこれまでに手がけてきたタイトルの映像がスクリーンで紹介されると、「何かを作る創造性、楽しさを子供たちに伝えたかった」(日野)と、ジオラマパーツを集めて世界を作る要素を持った『ダーククラウド』や、「西洋のお城や街並みって、なかなか実際に見ることができません。それを3Dで表現することで、子供たちにお城の中を見渡す感覚、街を歩く感覚を疑似体験させてあげたかった」(日野)と、3Dグラフィックで世界を表現した『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』について触れ、子供の教育に役立つ“何か”をゲームのなかに盛り込んでいることを紹介した。

 

▲レベルファイブの日野晃博社長。

▲東京大学の馬場章教授。

 

▲レベルファイブ歴代作品が映像として紹介。『レイトン教授と不思議な町』は、「レベルファイブがパブリッシャーとしてのデビュー作です」と日野氏。2008年11月27日に発売される最新作『レイトン教授と最後の時間旅行』については、「シリーズ3部作の3作目になりますが、ゲームを作っていて、こんなに納得できたことはこれまでにないってくらいの最高傑作です」(日野)。

 

 また、いまやレベルファイブの看板タイトルとなった『レイトン教授』について馬場氏は、「脳を鍛えるゲームなど、シリアスゲーム(さまざまな効果を持ったジャンル)が普及してきてうれしく思っています。ただ、シリアスゲームはエンターテイメント性が薄いのでプレイしてもおもしろ味に欠ける部分があります。しかし、『レイトン教授』シリーズは、謎を解いて頭の体操をするだけではなく、物語を読み進めるエンターテイメント性も備わっている。楽しんでためになるジャンルで、広い意味で教育コンテンツだと思います」と解説した。

 

▲教育とゲームに関する話題のほか、日野社長と馬場氏のこれまでの経歴についてもトークが展開された。

 

 大学教授としてMMORPG(多人数参加型)を使ってゲームと教育について研究している馬場氏。とある高等学校の歴史の授業で、『大航海時代』だけをプレイするグループ、『大航海時代』と課題を織り交ぜたグループ、『大航海時代』をプレイしないグループに分けて、生徒たちのモチベーションが知識量などの違いを調べているという。研究はまだ途中だが、授業でゲームがプレイできることでモチベーションが上がったり、歴史に関する知識をゲームから多く吸収できたりと、ゲームから何かしらの効果が得られているようだ。さらに「MMORPGなので、コミュニケーション能力や教育の最終目的である人格形成など、社会的スキルを養うことができる」と、馬場氏も自身の研究について語った。

 

※第35回日本賞公式サイトはこちら

※レベルファイブ公式サイトはこちら

【第35回日本賞】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『DRAINUS』がSteamにて配信開始。Team Ladybugによるオリジナル2D横スクロールシューティング

PLAYISMとワイソーシリアスのレーベルである“WSS playground”は、2D横スクロールシューティングゲーム『DRAINUS(ドレイナス)』をSteamにて配信開始したことを発表した。『Touhou Luna Nights』や『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』などを開発したTeam Ladybugの最新作である本作は、エネルギーを何でも吸収できる機体“DRAINUS(ドレイナス)”の機能を拡張して、強大な帝国軍を打倒するオリジナルの2D横スクロールシューティング。

Switch『デス・ギャンビット:アフターライフ』が発売。ソウルライクxメトロイドヴァニアなハードコア2Dアクションゲーム

2022年5月19日(木)、Beep JapanとSerenity Forgeは『Death's Gambit: Afterlife(デス・ギャンビット:アフターライフ)』をNintendo Switch向けに発売した。ソウルライクxメトロイドヴァニアなハードコア2Dアクションゲームとなっている。

『My Lovely Wife』がSwitch/PCで6月8日に発売。最愛の妻を蘇らせるためにサキュバスを生贄に捧げる狂気の物語を描くシミュレーション

Neon DoctrineとGameChanger Studioは、恋愛x経営シミュレーション『My Lovely Wife』(マイ・ラブリー・ワイフ)を2022年6月8日にNintendo SwitchとPCで発売することを発表した。

アニメ『がっこうぐらし!』OP曲『ふ・れ・ん・ど・し・た・い』は“フレンド死体”!? 意味深な歌詞に思わず注目……

YouTubeに配信されているアニソン動画は数知れず。本稿ではその中から1曲をピックアップし、楽曲やアーティストにまつわるちょっとした情報をお届けします。今回は、アニメ『がっこうぐらし!』のオープニングテーマ『ふ・れ・ん・ど・し・た・い』に注目してみました。

『仮面ライダーリバイス』悪魔ラブコフのPC用クッションが登場。アームレストは取り外し可能。ラブコフに癒されながら楽な姿勢でパソコン作業を

バンダイ ライフ事業部は、『仮面ライダーリバイス』に登場する五十嵐さくらの悪魔“ラブコフ”のぬいぐるみとアームレストをセットにした、“仮面ライダーリバイス PCクッション ラブコフ”の予約をプレミアムバンダイにて受付中。

『刀剣乱舞-花丸-』全5巻、ジャンプ+、LINEマンガほかで7/7まで無料公開中。特『刀剣乱舞-花丸-』〜雪ノ巻〜公開を記念して

橋野サルが描くコミカライズ版『刀剣乱舞-花丸-』(集英社)全5巻が電子書籍取り扱いサイトにて2022年7月7日まで無料公開中。

【シャドバ】ゲーム大会をオフライン開催する必要性はあるのか? 2年ぶりのオフ復活について参加者の生の声を取材した“RAGE Shadowverse 2022 SUMMER”

2022年5月14日〜5月15日、『シャドウバース』大会が2年振りにオフライン開催された。オンラインでも開催可能な大会をオフラインで開催する意義はどこにあるのか。是非を考察する。

タイトーのAC新作『ミュージックダイバー(MUSIC DIVER)』先行体験レビュー。液晶画面をスティックで叩いていいの!? 新感覚音ゲーを初体験

2022年冬に稼働を予定しているアミューズメント施設向けの音楽体感演奏ゲーム『MUSIC DIVER』(ミュージック ダイバー)。2022年5月27日〜29日にロケテストも予定されている本作を先んじて体験することができたので、その感触をリポートする。

『パックマン』の歴史を辿る海外本『PAC-MAN: Birth of an Icon』著者インタビュー。シリーズの歴史を日本と米国の両面から追った、その制作秘話を語る

ビデオゲームの金字塔『パックマン』シリーズの40周年を記念した書籍『PAC-MAN: Birth of an Icon』が、海外限定で2021年11月9日に発売された。本記事では、その著者であるTim Lapetino氏と、Arjan Terpstra氏にインタビューをおこなった。

TVアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』1期が30分でわかる動画が公開中。7月放送開始の2期までに入門&復習したい人は必見

動画“30分でわかる!TVアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』1期”が公開中。30分で1期の各シーン、挿入歌を振り返っていく。