携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 第35回日本賞のイベントにレベルファイブの日野晃博社長、東大の馬場章教授が登場

第35回日本賞のイベントにレベルファイブの日野晃博社長、東大の馬場章教授が登場
【第35回日本賞】

2008/10/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●東京大学の馬場章教授とゲームと教育について語った

 

 世界の教育番組の向上を図り、国際的な理解と協力の増進に役立つことを目的に、NHKが教育コンテンツの国際コンクール“日本賞”を‘65年に創設。2008年10月22日に開会した第35回日本賞では、イベントの一環としてクロスメディア・フォーラムと呼ばれるさまざまなセッションやディスカッションが実施されている。そして、2008年10月24日には、NHKでMeet the Experts(ミート・ジ・エキスパーツ)という題名のセッションが行われ、日野晃博氏(レベルファイブ代表取締役社長)と馬場章氏(東京大学大学院情報学環教授、日本デジタルゲーム学会会長)が出席。“ゲームを教育メディアとしてどのように活かすか?”をテーマにトークを展開した。

 

▲ミート・ジ・エキスパーツの会場となったNHKの一室には、多くの参加者が。教育コンテンツの国際コンクールの一環として行われているだけあって、海外の人が多く見られた。

 

 レベルファイブ設立まえは社長ではなくプログラマーとしてゲーム開発に携わってきた日野氏。「それまでは大人向けのシリアスなゲームの開発に関わっていたので、その反動からかレベルファイブでは子供から大人まで楽しめる夢のあるゲームを作ろうと思った」と当時を振り返える。同社がこれまでに手がけてきたタイトルの映像がスクリーンで紹介されると、「何かを作る創造性、楽しさを子供たちに伝えたかった」(日野)と、ジオラマパーツを集めて世界を作る要素を持った『ダーククラウド』や、「西洋のお城や街並みって、なかなか実際に見ることができません。それを3Dで表現することで、子供たちにお城の中を見渡す感覚、街を歩く感覚を疑似体験させてあげたかった」(日野)と、3Dグラフィックで世界を表現した『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』について触れ、子供の教育に役立つ“何か”をゲームのなかに盛り込んでいることを紹介した。

 

▲レベルファイブの日野晃博社長。

▲東京大学の馬場章教授。

 

▲レベルファイブ歴代作品が映像として紹介。『レイトン教授と不思議な町』は、「レベルファイブがパブリッシャーとしてのデビュー作です」と日野氏。2008年11月27日に発売される最新作『レイトン教授と最後の時間旅行』については、「シリーズ3部作の3作目になりますが、ゲームを作っていて、こんなに納得できたことはこれまでにないってくらいの最高傑作です」(日野)。

 

 また、いまやレベルファイブの看板タイトルとなった『レイトン教授』について馬場氏は、「脳を鍛えるゲームなど、シリアスゲーム(さまざまな効果を持ったジャンル)が普及してきてうれしく思っています。ただ、シリアスゲームはエンターテイメント性が薄いのでプレイしてもおもしろ味に欠ける部分があります。しかし、『レイトン教授』シリーズは、謎を解いて頭の体操をするだけではなく、物語を読み進めるエンターテイメント性も備わっている。楽しんでためになるジャンルで、広い意味で教育コンテンツだと思います」と解説した。

 

▲教育とゲームに関する話題のほか、日野社長と馬場氏のこれまでの経歴についてもトークが展開された。

 

 大学教授としてMMORPG(多人数参加型)を使ってゲームと教育について研究している馬場氏。とある高等学校の歴史の授業で、『大航海時代』だけをプレイするグループ、『大航海時代』と課題を織り交ぜたグループ、『大航海時代』をプレイしないグループに分けて、生徒たちのモチベーションが知識量などの違いを調べているという。研究はまだ途中だが、授業でゲームがプレイできることでモチベーションが上がったり、歴史に関する知識をゲームから多く吸収できたりと、ゲームから何かしらの効果が得られているようだ。さらに「MMORPGなので、コミュニケーション能力や教育の最終目的である人格形成など、社会的スキルを養うことができる」と、馬場氏も自身の研究について語った。

 

※第35回日本賞公式サイトはこちら

※レベルファイブ公式サイトはこちら

【第35回日本賞】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』煌びやかな“花魁”姿のラムがフィギュア化。本日8月3日より予約受付スタート

フリューは、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』より“ラム -花魁道中- 1/7スケールフィギュア”の発売を決定。本日2021年8月3日(火)より、予約受付がスタートした。

【ローソン】アニメ『PUI PUI モルカー』とのコラボキャンペーンが本日(8月3日)スタート。キーホルダーなどのオリジナルグッズが販売

ローソンにて、本日2021年8月3日(火)より、アニメ『PUI PUI モルカー』とのコラボキャンペーンが開催。キーホルダーや、クリアファイルなどのオリジナルグッズが販売される。

『スター・ウォーズ』に登場するR2-D2がたまごっちになって発売。エネルギーチャージやクリーニングなどをしてスキルアップを目指そう! 

『スター・ウォーズ』に登場するドロイド、R2-D2がたまごっちとして2021年11月13日(土)に発売。ロボットらしくエネルギーチャージやクリーニングなどをしてお世話をしていくこととなる。また、このたまごっち内では一定時間ごとにR2-D2以外にもC-3POやヨーダなどの人気キャラクターも登場する。

『オバケイドロ!』オバケ2人vsニンゲン6人の限定マッチ“オバケイドロ!わいわいマッチ”が8月12日より開催。DLC“キャラクター追加パック”も登場

フリースタイルは、Nintendo Switch用ソフト『オバケイドロ!』について、2021年8月12日(木)より“オバケイドロ!わいわいマッチ”を開催することを発表した。さらに8月5日(木)より、DLC“キャラクター追加パック”の配信も開始される。

【PS5】イオンのアプリでPS5本体の抽選販売がスタート。本州・四国限定で、エントリーは8月4日19時59分まで

2021年8月3日、イオンは子育て応援アプリ“キッズリパブリックアプリ”にて、プレイステーション5(PS5)の抽選販売を開始した。

『ポケモンユナイト』8月4日のアップデートでエースバーンの攻撃力とフェイント、ゲンガーのたたりめなどが調整される。リザードンやフシギバナは強化

Nintendo Switch版がサービス中のチーム戦略バトルゲーム『ポケモンユナイト』にて、2021年8月4日(水)16時より、バトルバランスの調整を含むアップデートを実施する。

M78ウルトラマンのビッグサイズぬいぐるみが登場。おなじみの汗のほか55周年記念の刺繍入り! 受注期間は8月31日まで

2021年8月2日10時〜8月31日23時の期間、ウルトラマンオフィシャルショップ“ウルトラマンワールドM78オンライン”にて“M78ウルトラマン でっかでか!ぬいぐるみ”の予約受付を実施中。本商品は、受注生産限定となっている。

『ハデス』PS5、PS4、Xbox向けに9月30日発売。パッケージ版にはサントラのDLコードやフルカラーブックレットなどが付属

Private DivisionとSupergiant Gamesは、ローグライク(ローグライト)アクション『Hades(ハデス)』のプレイステーション5、プレイステーション4、Xbox Series X、Xbox One版を2021年9月30日に発売することを発表した。

【PS Now】『ニーア オートマタ』、『ゴーストランナー』、『UNDERTALE』が新規追加。8月のPS Nowのラインアップが更新

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、ストリーミングサービス“PlayStation Now”の配信タイトルに計3タイトルを新規追加した。

『コンカラーズ・ブレード』新シーズンは唐王朝を彷彿とさせる“王朝”! 新たな武器“長槍”も登場し、戦場はさらに過熱する!

『コンカラーズ・ブレード』シーズン7“王朝”が2021年7月8日よりスタート。唐王朝を彷彿とさせる中国ロマンの世界、その特徴を解説!