携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『バイオ』を愛する男たちが作り上げた『バイオハザード ディジェネレーション』の前夜祭が実施

『バイオ』を愛する男たちが作り上げた『バイオハザード ディジェネレーション』の前夜祭が実施

2008/10/18

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「『バイオハザード』ファンはもちろん、映画ファンにも見てほしい」

 全編フルCG映画『バイオハザード ディジェネレーション』の公開を翌日に控え、2008年10月17日には東京・新宿ピカデリーにて“前夜祭”が行われた。映画の本編上映終了後には、プロデューサーであるカプコンの小林裕幸氏、監督の神谷誠氏、脚本を担当した菅正太郎氏が登壇。舞台挨拶を兼ねたスペシャルトークショウを行った。

▲10月18日の公開に先駆けて、前夜祭が開催。新宿ピカデリーには熱心なファンが集まった。


 トークショウでまず話題に上ったのが、タイトルである“ディジェネレーション”の由来。これに関しては、小林氏が「ゲームもあり、実写版の映画もあるので、当然数字をつけるわけには行きませんでした(笑)。スタッフでアイデアを出し合って、いちばんいいタイトルを選んだんです」と返事。“ディジェネレショーン”には“退廃”や“怠惰”といった意味があり、本作にぴったりマッチするということで決定したのだという。そのあとで神谷氏が「濁点が多いので、これだ!って思ったんですよね。濁点が多いタイトルはヒットするというジンクスがあったので」と思わぬ裏話を披露し、会場を笑わせた。

 プロデューサーの小林氏はもちろん、監督の神谷氏や脚本家の菅氏も相当『バイオハザード』シリーズをやり込んでいるようで、『バイオハザード ディジェネレーション』にはゲームファンが思わぬ“ニヤリ”とさせられるような要素が満載とのこと。詳しくは実際に映画をご覧になって確認していただくとして、映画を作っているときはまったく意識していなかったが、『バイオハザード ディジェネレーション』のストーリーの構造は、結果として、レオンとクレアが登場する『バイオハザード2』と近しいものになったという。

 映画制作で心掛けたことに関しては、小林氏が「私はいままでゲームを作り続けてきたので、ゲームファンに訴えかけるのは当然の前提として、そのうえにゲームを知らない人でも楽しめるような映画にしたいと思っていました」とコメントすれば、菅氏は「僕は映画を作るという前提がまずあって、そのうえでこの映画を大切にしてくれるのは何よりもゲームの『バイオハザード』ファンだと思っていました。だからファンの人が見たときに、何かしら発見のあるもの作りたいと心掛けていたんです」と返すなど、両者の立場の違いをうかがわせて興味深かった。対する神谷監督は、「僕は『ディノクライシス3』のCGパートを担当したのですが、敵が出てきて、さあ、戦うぞ!というところでCGパートは終わり、つぎは戦闘が終わってほっと一息ついているシーンとかになったりする。肝心の戦闘シーンはプレイヤーの手に委ねられるんです。ところが今回の『バイオハザード ディジェネレーション』では、僕がゲームをしているシーンを“さあ、見てください!”という感じなんですよ」とうれしそうに話し、再び会場を笑わせた。

▲左から脚本を担当した菅正太郎氏、監督の神谷誠氏、プロデューサーの小林裕幸氏。


 来場者との質疑応答では、ファンの方の気になるようで期せずして話題は続編のことに。これに対しては神谷監督が「この映画をたくさんの人が見てくれて、後に出るであろう、DVDやブルーレイがヒットすれば、大人の人たちが“続編をやろう!”と言ってくれるのでは」とコメント。次回作に向けての意欲を見せた。

 『バイオハザード』というコンテンツを愛する小林氏、神谷氏、菅氏と3氏が作り上げた『バイオハザード ディジェネレーション』は、2008年10月18日より東京・新宿ピカデリー、大阪・梅田ブルク7、名古屋・ミッドランドスクエア シネマの全国3館にて、2週間期間限定のデジタル上映される。『バイオハザード』ファンはもちろん、映画ファンにもお勧めしたい1本だ。

▲「優秀なスタッフに恵まれて素晴らしい作品ができました」(小林)

▲「すべてがかわいい作品なので、すべてを見てほしいと思っています」(神谷)

▲「もともと『バイオハザード』のファンなので、皆さんが楽しんでもらえたらうれしい」(菅)


▲スペシャルトークショウのあとは、小林氏、神谷氏、菅氏の3氏が映画を見にきたファンをお見送り。女性ファンに囲まれる小林プロデューサー。


※『バイオハザード ディジェネレーション』の公式サイトはこちら

 

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』 モンスターに乗って難所を突破! 新登場のモンスターにも搭乗可能!?

スクウェア・エニックスは、2017年7月29日発売予定のプレイステーション4、ニンテンドー3DS用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』について、最新情報を公開。モンスターの一部に乗ることができることを明らかにした。

『レジェンヌ』動物の特性に目覚めたスターたちが軽やかに歌い、華やかに踊る!

DMM.comは、週刊ファミ通2017年6月8日号(2017年5月25日発売)にて、スマートフォン用ゲームアプリ『レジェンヌ』の最新情報を公開した。

『So Many Me(ソウメニーミー)』不思議な生き物“フィロ”が謎とギミックだらけの世界を冒険

日本一ソフトウェアは、週刊ファミ通2017年6月8日号(2017年5月25日発売)にて、プレイステーション4用ダウンロードタイトル『So Many Me(ソウメニーミー)』の最新情報を公開した。

『The Lost Child(ザ・ロストチャイルド)』竹安佐和記氏が描く“神話構想”の世界をベースにした新作

角川ゲームスは、週刊ファミ通2017年6月8日号(2017年5月25日発売)にて、プレイステーション Vita、プレイステーション4用ソフト『The Lost Child(ザ・ロストチャイルド)』の最新情報を公開した。

【ゲームジャンル別総選挙 第7回】シューティングゲームの頂点に輝くのは? “シューティングゲーム総選挙”投票受付中(5月31日23:59まで)

“ゲームファンがもっとも好きなゲームは何か?”。1970年代に家庭用ゲーム機が発売されてから数十年、星の数ほど発売されてきたテレビゲーム。その中から、ファンにもっとも愛されているゲームを、ジャンルごとに選んじゃおうという投票を行います。投票は、ジャンルごとに全11回を予定しています。ぜひ本企画にご参加ください!!

『鉄拳7』発売直前特集!! 『アトリエ』シリーズ20周年特集&DLC、“FPS・TPS総選挙”結果発表も!(2017年5月25発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2017年5月25日)発売の週刊ファミ通2017年6月8日号の表紙を飾るのは、『鉄拳7』。発売直前特集として、ストーリーモードを大解剖しています。

『GET EVEN』海外で5月26日よりリリース開始となる話題作の日本国内発売が決定

バンダイナムコエンターテインメントは、週刊ファミ通2017年6月8日号(2017年5月25日発売)にて、プレイステーション4、PC用ソフト『GET EVEN』の最新情報を公開した。

【ゲームソフト販売本数ランキング TOP30】集計期間:2017年05月15日〜2017年05月21日

静かな市場が続く時期で、『マリオカート8 デラックス』が4週連続の首位を獲得

格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“賽”が開催。『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』を中心とするメイントーナメントをリポート

2017年5月20日〜21日にかけて、東京都秋葉原にて対戦格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“賽”が実施された。

Nintendo Switch『アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ’99』、PS4/Xbox One『アケアカNEOGEO ワールドヒーローズ2』配信日決定

ハムスターは、Nintendo Switch用ダウンロードソフト『アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ’99』と、プレイステーション4、Xbox One用ダウンロードソフト『アケアカNEOGEO ワールドヒーローズ2』について、配信日を発表した。