携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『タツノコ VS. カプコン クロス ジェネレーション オブ ヒーローズ』のプレイリポートをお届け!

『タツノコ VS. カプコン クロス ジェネレーション オブ ヒーローズ』のプレイリポートをお届け!

2008/10/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プレイリポートをお届け!

 

 Wii版の登場が早くも決定している、カプコンのアーケード用対戦格闘ゲーム『タツノコ VS. カプコン クロス ジェネレーション オブ ヒーローズ』。東京ゲームショウ2008にて公開された白鳥のジュン、ロールの参加によって使用キャラクターは総勢18人となった。システムもほぼ実装され、登場キャラクターが出揃った本作を、週刊ファミ通編集部一の格闘ゲームファン、リプ斉トンが体験プレイを行った。完成版に近い今回のバージョン。そのプレイから読み取った、気になる要素や操作感を徹底リポートする。※記事は、2008年10月2日のプレイ取材をもとに作成しています。

 

 

リプ斉トン

週刊ファミ通編集部に所属。アーケードには毎週必ず足を運んで格闘ゲームをプレイする。好きなタツノコプロのキャラクターは“破裏拳ポリマー”。好きなカプコン作品は『ロックマン』シリーズ。お気に入りは『ロックマン2』で現在『ロックマン9』をプレイ中。

 

●敷居は低く、だけど奥深い

 

 『科学忍者隊ガッチャマン』や『破裏拳ポリマー』でおなじみのタツノコプロ。数多くのヒーローアニメを手掛け、日本中の子供たちに夢と希望を与えてきたアニメプロダクションだ。そのタツノコプロと『ストリートファイター』シリーズでおなじみのカプコンのキャラクターが激突するのが本作、『タツノコ VS. カプコン クロス ジェネレーション オブ ヒーローズ』。キャラクターやフィールドは3Dで描かれ、カプコンキャラクターはもちろん、タツノコプロのキャラクターの姿を忠実に再現している。グラフィックは3Dを採用しているが、操作は従来の2D対戦格闘ゲームと同様。フィールドに奥行きなどの概念はないので、『ストリートファイター』シリーズなどと同じ感覚でプレイできる。とくに『VS.』シリーズのシステムや操作感を踏襲しているので、歴代のシリーズを遊んだことがある人なら違和感なくプレイできるはずだ。攻撃を連続で相手に当てるチェーンコンボや、空中で連続コンボをつなげるエリアルレイヴなど、『VS.』シリーズでおなじみのシステムも健在。これらのシステムは格闘ゲーム初心者には慣れない要素だが、ボタンの入力はそれほどシビアではない。慣れてしまえば出すのはカンタンだ。爽快感溢れる連続コンボをお手軽に出せるのも『VS.』シリーズの醍醐味と言えるだろう。もちろん、新システムも数多く搭載されている。プレイヤーが操作するキャラクターふたりでエリアルレイヴを叩き込むヴァリアブルエアレイド、そして攻撃動作を強制的に終了させてさらにコンボを叩き込むバロックコンボの存在が、格闘ゲームとしての奥深さを生み出している。連続技をしっかりと練習すれば、高威力のコンボができそうだ。初心者は、まずはチェーンコンボやエリアルレイヴ、ド派手な必殺技をくり出すハイパーコンボで格闘ゲームの楽しさを覚えてほしい。楽しさを覚え、「もっと勝ちたい!」と思ったら、新システムのヴァリアブルエアレイド、バロックコンボを操る練習をしてみるといいだろう。

 

 

 ちなみに、操作しやすいキャラクターは、タツノコプロ側なら大鷲の健、カプコン側ならリュウやバツがオススメ。いずれも出しやすく使い勝手のいい必殺技が揃っているので、システムを覚えながらプレイするのにはうってつけだ。ドロンジョや白鳥のジュン、ロック・ヴォルナット、灰燼の蒼鬼はややテクニカルなキャラクター。格闘ゲームに慣れた人は、最初から彼らを使うことに挑戦してもいいだろう。ゴールドライタンとPTX-40Aは特別で、1キャラクター(パートナーなし)で戦うことになる。キャラクターのサイズが大きく、ガードができないが、強力な技が揃っている。戦いかたによっては相手に圧勝できるかも!?

 

 

●見えないところにもある開発陣のこだわり

 

 なつかしのヒーローたちを操って戦う本作。超個性的な必殺技を持ち、画面狭しとテレビやゲームの中を暴れまわっていたキャラクターたちのアクションも見逃せない。ポリマーはドリルに変形して相手を攻撃、ドロンジョは手下であるトンズラー、ボヤッキーとともに戦い、ヤッターマン1号はヤッターワンで攻撃する。テレビで幾度となく目にした名シーンが本作でも忠実に再現されている。また、『VS.』シリーズに登場するハイパーコンボは、そのほかの格闘ゲームに比べ、コマンドが簡略化されている。初心者でもカンタンに出せるので、お気に入りのキャラクターのハイパーコンボは、ぜひ確認してほしい。もちろん、カプコン側のキャラクターの演出も負けてはいない。リュウ、春麗 、アレックス、バツは過去の登場作品の操作感が再現されており、ファンも納得のキャラクターメイクになっている。格闘ゲームのキャラクターとしては登場していなかった灰燼の蒼鬼は、原作に登場した一閃、鬼戦術などのシステムが必殺技として登場。ロック・ヴォルナットも、原作にあった武器をつけ替えられる要素が専用システムとして搭載されている。PTX-40Aも原作のゲームの動きやシステムを忠実に再現。両陣営ともに、「ああ、こんな場面あったな」という“あるある感”に溢れているのだ。私が発見できた演出以外にも、数多くの開発陣のこだわりがゲーム中には収録されている。ゲームに直接関係のない部分にも注視して、それらのこだわりを発見してほしい。

 

 

 ちなみに、個人的にヒットした演出は、ロールの体力を回復するハイパーコンボ。この技を使用すると、画面上空から『ロックマン』シリーズに登場した体力を回復する球体の“アレ”が登場し、ロールの体力を一定量回復してくれる。体力が回復するときに『ロックマン』シリーズでおなじみの体力ゲージが出現したり、体力が回復するときのあのサウンドが流れたりと、ニヤリどころではなく爆笑である。さらに笑いを誘ったのは、体力を回復する球体のアレをゴールドライタンやPTX-40A、ロック・ヴォルナットなどに取られると、逆に相手の体力を回復させてしまうという点。ロボットなら誰でも回復できるんだ! アレってスゴイ!! ……と、演出面の魅力を長々と語らせてもらったが、ゲームの内容も負けず劣らずの魅力を放っている。『VS.』シリーズのウリであるスピーディーなバトル展開。お手軽でド派手なアクション。敷居は低く、奥が深いという私の主張は、ゲームを一度プレイしてもらえればすぐにおわかりいただけると思う。攻撃を受けている状態から脱出するメガクラッシュという新要素も搭載されているので、“何もできないまま負けてしまう”、ということも回避しやすい。まずは、テレビから飛び出し、アーケードの筐体で動くヒーローたちの動きを楽しんでほしい。また、タツノコプロ作品を少年時代に楽しんだ世代の人は、このゲームでもう一度少年のように遊んでみてはいかがだろうか?

 

※公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』Year4新情報まとめ TK処罰システム、LIONリワーク、マップリワーク、S10ファイナル開催地はアジア地域に決定!

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、現在カナダ・モントリオールで開催中の世界大会Six Invitational 2019にてYear4ロードマップが公開された。本稿では、イベントで明らかになった変更点をお伝えする。

『レインボーシックス シージ』Year4シーズン1新オペレーター“MOZZIE”、“GRIDLOCK”詳細情報を公開【プレイ動画】

ユービーアイソフトより発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year4シーズン1“Operation Burnt Horizon”の情報が公開された。ここでは、新オペレーター、新マップについてプレイ動画と合わせて紹介する。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』AC版にナオト=クロガネ、クマ、セト、愛乃はぁとが参戦決定

2019年2月17日、福岡県・福岡国際センターで開催されている格闘ゲーム大会“EVO Japan 2019”にて、アーケード版『ブレイブルー クロスタッグバトル』の新情報が発表された。

『レインボーシックス シージ』野良連合、FNATICを破り準決勝進出決定! 準決勝Team Empire戦は日本時間2月17日午前2時よりスタート!【Six Invitational 2019】

『レインボーシックス シージ』世界大会“Six Invitational 2019”。グループステージを2位で突破した野良連合は、準々決勝でAPACファミリーのFNATICと対決。virtueが入りさらにアグレッシブになったFNATICだが、野良連合の勢いは止められず、結果2−0で野良連合が勝利し、準決勝進出が決定した。

『KOF XIV』は日本のM’、『ソウルキャリバーVI』はフランスのkeevが制覇。『ストV AE』『鉄拳7』『BBTAG』『GGXrdR2』は決勝トーナメント進出メンバーが決定【EVO Japan 2019】

2019年2月15日、福岡県の福岡国際センターにて、格闘ゲーム複数タイトルの大型大会“EVO Japan 2019”のDAY2が実施された。

『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のドラマCDが4月17日発売決定! 両CDとも店舗別特典ポスターが付属

『ファイアーエムブレム』シリーズより、『ファイアーエムブレム 暁の女神』と『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のエクストラドラマCDが登場!

映画『名探偵ピカチュウ』新映像公開。ベロリンガのリアルな表現に衝撃!

2019年5月に公開が予定されている映画『名探偵ピカチュウ』。その新たなCMが海外で公開された。質感すごい。

実技確認のナワバリバトルは熱戦の連続! “NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会リポート

2019年2月16日、17日に行われる“NPB eスポーツシリーズ スプラトゥーン2”オフライン選考会の模様をお届け。

『ゾンビランドサガ』ライブイベントのビジュアルが公開! 気になるイベントグッズの数々も解禁

テレビアニメ『ゾンビランドサガ』のライブイベント“ゾンビランドサガLIVE〜フランシュシュみんなでおらぼう!〜”のイベントビジュアルが公開。合わせてイベントグッズが公開、ライブビューイングの2次先行受付も開始。