携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ファクトリーレコーズの音楽集団“I'VE”、4年ぶりの武道館コンサートが開催決定

ファクトリーレコーズの音楽集団“I'VE”、4年ぶりの武道館コンサートが開催決定

2008/10/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●記者会見には5人の歌姫たちも駆けつけた

 

 2008年10月3日、ビジュアルアーツとI'VEコンサート委員会が都内で報道関係者およびブログ運営者向けに記者会見を開催。アニメや美少女ゲームを中心に楽曲提供を行っているファクトリーレコーズの音楽集団“I'VE”が、2009年1月2日に日本武道館でライブ公演“I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜”を開催すると発表した。


▲I'VE設立メンバーのひとり一法師氏を始めとする関係者が出席し、ライブへの意気込みなどを語った。


 会見にはファクトリーレコーズ代表取締役の一法師康孝氏とビジュアルアーツ代表取締役の馬場隆博氏に加えて、I'VEが誇る5人の歌姫、KOTOKO、川田まみ、島みやえい子、MELL、詩月カオリも出席。まず最初に一法師氏が挨拶を行い、今回の公演名にある“Departed to the future”について「いままでの自分たちを再認識し、未来へ旅立っていきたい。そして2005年と同じ場所で皆さまと感動を共有したい」と、その意味を説明した。一法師氏が語ったとおり、I'VEが日本武道館でライブを行うのは今回が2度目。歌姫たちからはそれぞれ、4年ぶりの大舞台に向けた意気込みなどが語られた。


KOTOKO

川田まみ

▲「前回のライブはいま思い出しても感動の涙が出てきます」とKOTOKO。「またこうやって、すぐに皆さんと集まれる機会が来るとは思ってもいなかった」と感慨深げな様子で語った。

▲川田は「2回目はないと思っていたところに、まさかの2回目で前回以上に実感が沸かないです(笑)」と、4年ぶりの武道館ライブ開催決定への率直な感想を語った。


島みやえい子

MELL

▲「前回、終わったあとに涙が止まらないような体験ができて、まさかそれがまた体験できるとは思っていなかったです」と語った島みや。

▲MELLは「2005年の緊張が甦ってくる思い。あの別世界のような、宇宙のようなステージで自分の歌を高めていきたいです」と力強い意気込みを披露。


詩月カオリ

▲「また武道館でライブができるとは思っていなかったので、すごくビックリしています。皆さんといっしょに、いいライブができればと思います」と来場したファン(ブログ運営者)などに呼びかけた詩月。


 馬場氏からは、コンサートの詳細について語られた。I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜が開催されるのは2009年1月2日だが、その前日の元旦には日本武道館敷地内特設野外テントで、商品グッズ関連の販売および出演者によるトークイベントなどが実施される。開催時間は午後2時〜午後6時までで、入場制限はなし。馬場氏いわく「歌姫がお雑煮を作ったり、餅をつくなど、お祭り的なものにできたらいいなと思います(笑)」とのことで、ファンと出演者たちの距離が非常に近いイベントになりそう。そして翌日、いよいよI'VE2度目となる武道館ライブが開催されるという流れだ。

▲馬場氏は2008年1月1日、2日のイベントおよびライブで「皆さんといっしょに、もう一度I'VEサウンドを盛り上げていきたい」と宣言。

 

 また、チケットの先行販売についても説明された。まず2008年10月17日〜10月23日までアニメイトの携帯サイトで購入希望者エントリーが実施され、2008年11月12日を目処にチケット購入時に必要なデータがエントリーした携帯アドレスへ送られる(エントリー人数が多数の場合は抽選となる)。その後、2008年11月15日〜11月21日の期間中にアニメイト店頭へエントリーの当選データが入った携帯電話を持って行けば、ライブのチケットが購入できるという仕組み。そのほかに2008年11月15日に秋葉原にあるゲーマーズ本店でも先行販売を実施。こちらではうえにあるエントリーなどを行わなくても購入できるが、先着順となっているので注意が必要だ。価格は全席指定で5800円[税込]。先行販売チケットには、詳細は不明だがシングルCDもつくとのことなのでI'VEファンは注目だ。 

 なお、I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜の今後の展開については専用のホームページで順次公開される。

▲2009年1月、I'VEの歴史に新たな1ページが加わる!


※I'VE in BUDOKAN 2009 〜Departed to the future〜の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

ライアットゲームズとマーベルがコラボ! 『リーグ・オブ・レジェンド』のコミック『アッシュ:アヴァローサンの戦母(仮)』が2019年5月に発売予定

2018年11月20日、ライアットゲームズは『リーグ・オブ・レジェンド』のコミックとグラフィックノベルを出版するため、マーベル・エンターテインメントとコラボすることを発表した。

真島吾朗が首位! 桐生一馬は2位に。『龍が如く』シリーズ人気キャラ総選挙の最終結果が『龍が如く ONLINE』配信直前生放送で発表

2018年11月19日、セガゲームスは2018年11月21日配信予定のゲームアプリ『龍が如く ONLINE』の“配信直前生放送”を実施。同番組内で、かねて募集していた『龍が如く』シリーズの人気キャラ総選挙の最終結果を発表した。

『スーパーロボット大戦DD』がスマートフォン向けに2019年に配信決定! オリジナルのロボットやパイロットも登場

2018年11月19日に配信された『スーパーロボット大戦』生配信番組“生スパロボチャンネル”にて、『スーパーロボット大戦』の新作として、スマートフォン向け『スーパーロボット大戦DD』が発表された。配信時期は2019年となる。

“eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”第2節の結果まとめ 西武が開幕からいまだ無傷の6連勝!

日本野球機構とコナミデジタルエンタテインメントが共同で主催する“eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”の第2節が2018年11月17日、18日に行なわれた。

『スーパーロボット大戦T』が発表! Nintendo SwitchとPS4で2019年に発売、『カウボーイビバップ』や『魔法騎士レイアース』が新規参戦

2018年11月19日に配信された生配信番組“生スパロボチャンネル”にて、『スーパーロボット大戦』シリーズの最新作となる『スーパーロボット大戦T』がNintendo Switchとプレイステーション4で2019年に発売されることが発表。

【生放送】ゲーム実況者・兄者&おついちやアイドル・古川未鈴らが『ウィッチャー』への思いを語るトーク番組が配信決定! 主演声優の山路和弘と朴?美の出演もあり!!【2018年12月16日21時〜】

12月16日(日)21時より、ファミ通の生放送にて、『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』の発売を記念して『ウィッチャー』シリーズの魅力を振り返るトーク番組を実施する。

初代チャンピオンが決定! “FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2018 ワールドファイナル”の結果発表

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、プレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』を使用し、日本時間2018年11月17日〜19日に、モナコで開催された“FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2018 ワールドファイナル”の結果を発表した。

『FFXIV』青魔道士実装のパッチ4.5は“英雄への鎮魂歌”! 第47回プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の大規模ファンイベント“ファンフェスティバル 2018 in Las Vegas”の会場で実施された、第47回FFXIVプロデューサーレターLIVEの模様をお届けする。

松田社長が大暴れ!? 『ジャストコーズ4』公式生放送“社長と遊ぼう Vol.1”の配信が決定! 最新トレーラーも公開

『ジャストコーズ4』の公式生放送“『ジャストコーズ4』公式生放送 社長と遊ぼう Vol.1”が11月26日(月)20時から配信決定。スクウェア・エニックス代表取締役の松田洋祐社長がホストを務め、司会はエレキコミック今立進さん、ゲストには妄想キャリブレーションの雨宮伊織さんが登場。初公開となる生放送での実況プレイ!

『星と翼のパラドクス』の世界観やアニメーションはどのようにして作られたのかスタッフ陣に訊く

2018年11月21日に稼動開始予定のスクウェア・エニックスとサンライズが贈る新作アーケードゲーム『星と翼のパラドクス』。本作の制作に携わる小形尚弘氏、加藤陽一氏、関西リョウジ氏のインタビューをお届けする。