携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 街へ行って来ました! 『街へいこうよ どうぶつの森』体験リポート

街へ行って来ました! 『街へいこうよ どうぶつの森』体験リポート
【任天堂カンファレンス 2008.秋】

2008/10/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●街には見たこともないお店がいっぱい

 

 2008年10月2日に都内で“任天堂カンファレンス 2008.秋”が開催。本発表会ではニンテンドーDSの新型モデル"ニンテンドーDSi"が発表されたほか、任天堂の今後の戦略などが続々と明らかにされた。その中で、2008年年末商戦の目玉として紹介されたのが、2008年11月20日に発売日が決定したWii用ソフト『街へいこうよ どうぶつの森』だ。

 

 岩田社長はこのシリーズ最新作を「より充実した”どうぶつの森”でのスローライフをWii向けに長い時間をかけて作られたものです」と紹介。「新たに設定された”街”へ出かければ、さらに新しい体験が待っています」(岩田)と、タイトル名にもなっている街の存在をアピールした。なお、同ソフトに対応した周辺機器”Wiiスピーク”とソフトのセットが7800円[税込]、ソフト単体が5800円[税込]ということも発表。Wiiスピーク単体が3500円[税込]とのことなので、セットのほうが1500円お得となっている。
 

▲発売日や価格、Wiiスピークとの同梱版などが発表された『街へいこうよ どうぶつの森』。岩田社長も「Wiiの中核タイトル」と自信を持って紹介した。


 会場では『街へいこうよ どうぶつの森』の体験コーナーが設置。シリーズ最新作でのスローライフのいったんを垣間見ることができた。体験コーナーではまず村での生活における改良点をスタッフのお姉さんが説明してくれた。スタッフのお姉さんによると、基本的な設定やゲームシステムなどはニンテンドーDS版から大きく変わっていないが、”釣り竿やスコップなどのアイテムを+ボタンで切り替えることが可能”だったり、”Wiiリモコンを釣り竿に見立てて釣りを楽しむことができる”といった、細かい点での改良やWiiリモコンならではの操作が採用されているようだ。残念ながら時間制限があったので、ほかの点については確認できなかったが、まだまだほかにも改良点はありそう。

 

 そしていよいよ街へ。街の入り口近くにあるバス停へ行くと、バスが到着。すかさずバスに乗り込むと運転手さんとの会話シーンに。運転手さんからの街に関するアドバイス(?)を聞き終わると、ちょうど街に到着した。スタッフのお姉さんによると、街には「これまで1週間に1回しか村に訪れなかったキャラクターたちのお店などがあります」とのこと。ゲーム画面を見てみると、街中央の噴水のまわりには、ファッションデザイナーのグレーシーが経営するお店”グレーシーグレース”や、ビューティーサロン”スピーディー”といったお店をが軒を連ねていた。

 

▲街へはバスを利用して移動。体験会でプレイした限りだと、バスはタダで乗ることができた。


 記者はその中のひとつ”劇場”へ。劇場はシリーズでおなじみのお笑い芸人”ししょー”がネタを披露している場所で、彼のワンマンショーが楽しめるという。エントランスで800ベル(意外と高い!)を払って劇場内へ入り、着席すると幕が開き、ししょー登場。相変わらずサムい(?)ギャグを自信満々に披露するししょーだったが、これまでのシリーズどおり、彼のギャグを聞くとリアクションをひとつ修得できたので、ちょっぴりうれしい。ししょーは日替わりでネタを披露してくれるということなので、毎日1回は顔を出したい場所と言えそうだ。

 

 続いてほかの場所へ……と思ったところで、残念ながらタイムオーバー。体験プレイは終了となってしまった。15分あまりの体験プレイだったが、街の魅力のいったんを感じることができて小満足でした。ちなみに、週刊ファミ通10月17日号(10月3日発売)では、”街”の全貌が明らかに。『どうぶつの森』の住人の皆さんは見逃せませんよ!

 

▲『街へいこうよ どうぶつの森』の象徴とも言える”街”。街には村人たちの姿もチラホラ。これまで以上に遊ぶフィールドが増え、けっこう忙しい”スローライフ”になりそうな予感!

 

【任天堂カンファレンス 2008.秋】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

舞台『ロマサガ3』は、“フリーシナリオ感”が感じられる『サガ』らしい内容に!? メインスタッフインタビュー

2017年4月から公演がスタートする舞台“ロマンシング サガ THE STAGE 〜ロアーヌが燃える日〜”のメインスタッフのインタビューをお届け。舞台でありながら、“フリーシナリオ”らしさや、熱いバトルシーンを表現しているという同作の魅力を聞いた。

【先出し週刊ファミ通】DLC福袋で『ブルー リフレクション』、『無双☆スターズ』、『ドラゴンズドグマ オンライン』の特別なコンテンツをゲット!(2017年3月30日発売号)

週刊ファミ通2017年4月13日号(2017年3月30日発売)のダウンロードコンテンツ福袋も大充実。気になる中身をご紹介!

【先出し週刊ファミ通】『神巫女-カミコ-』シンプルでサクっと遊べるアクションゲームが配信決定(2017年3月30日発売号)

週刊ファミ通2017年4月13日号(2017年3月30日発売)では、フライハイワークスのアクションゲーム『神巫女-カミコ-』の最新情報を掲載。

『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』発売前のプレイステーション4版をひと足早く体験! “家庭用最速体験会”をリポート

2017年3月26日、東京都二子玉川の楽天クリムゾンハウスにて、プレイステーション4版対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザード レヴ ツー)』の体験会が実施された。デモプレイやトークイベントが楽しまれた現地の模様をリポートする

『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』お得なDLCセットセールが開始、30キャラ使用権 + 井伊直虎使用権 + コスチュームなどを用意

コーエーテクモゲームスは、発売中の対戦格闘ゲーム『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』(プレイステーション4、Xbox One版)において、本日2017年3月28日より“DOA5LR お得なDLCセットセール”を開始した。

『FFXIV: 蒼天のイシュガルド』最終章、“宿命の果て Part2”が公開! フリートライアルはレベル35まで無料・無期限でプレイ可能に

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』の最終章となるPatch 3.56“宿命の果て Part2”を、本日2017年3月28日より公開した。また本日より、『ファイナルファンタジーXIV』の無料版フリートライアルにおいて、14日間だった期間制限が撤廃。

『初音ミクの塗り絵』発売記念! 塗り絵コンテスト審査結果を発表。力作1175点が集う!

セルシスとアイビスモバイルが協力し、書籍「初音ミクの塗り絵」の発売を記念して開催された“「初音ミクの塗り絵」発売記念! 塗り絵コンテスト”の審査結果が、本日2017年3月28日に発表された。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』を岸田メル氏&人気コスプレイヤーが実況プレイ、スペシャル動画が公開

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、コスプレイヤーのえなこによる実況プレイムービーを公開した。

【動画あり】『ディシディア ファイナルファンタジー』第19回“強者に聞く!クジャ編”【コイチ プレイ日記】

スクウェア・エニックスが手掛ける『ディシディア ファイナルファンタジー』。好評稼動中の本作を120%楽しむ特設サイト“初心者の館”では、さまざまな企画記事を掲載中! 今回は、クジャ使いのチノさんにお話をうかがっています。動画もあるので要チェック!!

舞台『刀剣乱舞』最新作の告知映像で新刀剣男士、大倶利伽羅&太鼓鐘貞宗&歌仙兼定お披露目!

2017年6月〜7月に東京・京都・福岡で上演予定の“舞台『刀剣乱舞』 義伝 暁の独眼竜”について、最新の告知映像が公開された。