携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> WiiとDSでいっしょにプレイ! 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』が発表

WiiとDSでいっしょにプレイ! 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』が発表
【任天堂カンファレンス 2008.秋】

2008/10/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●2009年1月29日に5040円[税込]で発売

 

 2008年10月2日に任天堂が都内の会場で”任天堂カンファレンス 2008.秋”と題する発表会を開催。ニンテンドーDSiを筆頭とするさまざまな施策が明らかになった。

 

 任天堂の岩田聡社長はハード関連の話題だけでなく、今後ますます充実するソフトラインアップについても言及。なかでもかつてない試みに取り組んでいるタイトルとして、スクウェア・エニックスのアクションRPG『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』(以下、『FFCC エコーズ・オブ・タイム』)が紹介された。
 

▲ニンテンドーDS、Wiiというふたつの異なるハード間でもマルチプレイが可能な『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』。2009年1月29日に、5040円[税込]で発売される。


 本作は『FFCC リング・オブ・フェイト』の続編で、ニンテンドーDSとWiiのふたつのハードに対応。しかも、単純に別のハードで同じ内容のゲームが遊べるというだけではなく、マルチプレイモードでは異なるハードで同一の世界を冒険することができるのだ。Wi-Fi通信、ワイヤレス通信に対応しており、世界中のプレイヤーといつでもどこでもマルチプレイが楽しめるというわけ。発売日は2009年1月29日で、価格はニンテンドーDS版、Wii版ともに5040円[税込]。携帯ゲーム機と据え置き型ゲーム機という垣根を超えたチャレンジャブルな作品として注目を集めることは間違いなさそうだ。
 

▲発表会では、スクウェア・エニックスの河津秋敏氏のコメントも。コメントにもあるように、『FFCC エコーズ・オブ・タイム』のマルチプレイモードでは世界中の人といっしょに遊ぶことができる。


●『FFCC エコーズ・オブ・タイム』を遊んじゃいました!

  

▲『FFCC エコーズ・オブ・タイム』はアクションRPG。会場ではニンテンドーDSとWiiのふたりでマルチプレイモードが体験できた。

 

 発表会終了後にオープンした体験会会場では、早くも『FFCC エコーズ・オブ・タイム』がプレイアブル出展。実際にニンテンドーDSとWiiを使ったマルチプレイモードを体験することができた。出展されていたバージョンでは、4種類の種族の男女、計8キャラクターの中から1名を選択してプレイ。とある村に降り立って、村の中にある青いクリスタルのようなものをターゲットすると、マルチプレイモードの選択画面(”世界中のだれとでも”、”国内のだれかと”、”ともだちと”の3種類)へ。マルチプレイヤーモードは、ホスト役のプレイヤーがほかのプレイヤーを募り、そこへ参加するという方式。最大4人まで同時にプレイできるという。会場ではふたり同時プレイが可能だったが、記者が見る限り、ニンテンドーDSとWiiの双方で大きなタイムラグなどもなく、ストレスなしで快適なプレイが可能だった。これまでのシリーズでもマルチプレイが大きな特徴だった『FFCC』だが、ニンテンドーDSとWiiというふたつのハードに対応し、Wi-Fi通信で世界中のプレイヤーとのプレイが可能となり、ますます冒険の幅が広がりそう。発売がじつに待ち遠しいタイトルと言えそうだ。

 

▲Wii版の画面。左右2画面に分かれていて、右画面にはマップなどが表示される。

▲ニンテンドーDS版の画面。ほかのプレイヤーとのコミュニケーションは、定型文で。戦闘や移動といったシチュエーション別に用意されていた。なお、フレンドコードを交換したともだちとプレイする場合は、ソフトウェアキーボードによるフリーチャットも可能ということだ。

▲写真上の青いクリスタルのようなものをターゲットすることでマルチプレイモードに移行できる。この青いクリスタルのようなものはゲーム中さまざまなところに設置してあるとのこと。

▲体験会会場にいたスタッフに聞いたところ、武器や装備品は相当数増えているとのこと。また、会場では体験できなかったが、プレイヤーキャラクターの顔をMiiにすることもできるようだ。

▲ひとりでは解けないギミックや、ひとりでは倒せない敵なども? マルチプレイモードが本作の重要なポイントであることは間違いない。会場では、森の中を移動し、出現するモンスターたちを剣や魔法で蹴散らし、最深部にいる大きなボスキャラクターに挑むというミッションを楽しむことができた。

▲巨大な塔と失われたクリスタル−少女と猫が見せたやさしい世界。ゲーム内の成人にあたる16歳を迎えた主人公が、深い森に分け入り、襲いかかる魔物をつぎつぎと討伐。その奥には巨大なクリスタルと”シェルロッタ”と呼ばれる少女が待っていた。成人の儀の証としてクリスタルを受け取り、村へ戻ると……村人の娘が病に倒れていた。村の掟では森から外へ出ることは禁じられていたが、娘を助けるため村を出る。その娘の病とは太古に失われた病だということを知り……。重厚かつ壮大な冒険がニンテンドーDSとWiiで始まる。


※『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』の公式サイト

【任天堂カンファレンス 2008.秋】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『FFXV』CHAPTER 13に新たなルートを追加するなど無料アップデートが実施! 明日3月28日にはDLC“エピソード グラディオラス”が配信

スクウェア・エニックスは、『ファイナルファンタジーXV』において、本日(3月27日)無料アップデートを実施。また、既出の通り、明日3月28日(火)には、追加ダウンロードコンテンツ“エピソード グラディオラス”を配信する。

『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』パッチ3.xシリーズ音楽が集大成されたオリジナルサウンドトラックが6月7日発売!

スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV』のゲーム内楽曲を収録するBlu-ray Discサウンドトラックシリーズ最新作『THE FAR EDGE OF FATE: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack』を、2017年6月7日(水)に発売することを決定した。価格は5000円[税抜]。

『ゴーストリコン ワイルドランズ』プレイ日記 ドローンを駆使してスキャンダル写真を押さえろ(BRZRK Day03)

ユービーアイソフトから発売中の『ゴーストリコン ワイルドランズ』。名うてのFPS、TPSプレイヤーとして知られるBRZRKによるプレイ日記、3日目をお届けしよう。

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』公式サイトが更新、戦闘の詳細や新たな旅の仲間が判明

スクウェア・エニックスより2017年発売予定の『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の公式サイトが更新。

タイトーステーション BIGBOX高田馬場店に複数人で楽しめるVRゲームコーナー“VR GAME STAGE”が3月28日より登場

タイトーは、タイトーステーションBIGBOX高田馬場店に、VRゲーム9作品の中から好きなコンテンツを選んで体験できる“VR GAME STAGE”を2017年3月28日より導入する。

『かんぱに☆ガールズ』×『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』コラボや新コンテンツが明らかに!

DMM GAMESは、サービス中のファンタジーRPG『かんぱに☆ガールズ』について、『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』とのコラボレーションイベントに関する情報を公開した。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2017年3月27日〜2017年4月2日】

2017年3月27日(月)〜2017年4月2日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。

『TYRANO BUILDER(ティラノビルダー)』簡単操作と自由度がハンパないマルチプラットフォーム対応ノベル制作ツール【とっておきインディーVol.114】

古今東西のこだわりのインディーゲームを紹介。今回は、ノベルゲームが気軽に作れちゃうツールをピックアップ。

日本一ソフトウェア公式サイトにて新作コンテンツのティザーサイトを公開!

日本一ソフトウェアは2017年3月27日15時より、同社公式サイト内にて新作コンテンツのティザーサイトを公開した。

2200人の頂点に立ったのは、ふぇぐ選手! 『シャドウバース』公式全国大会“Shadowverse Rise of Bahamut〜ファミ通CUP2017〜”詳細リポート

2017年3月26日、ベルサール秋葉原にて開催された『シャドウバース』全国大会“Shadowverse Rise of Bahamut〜ファミ通CUP2017〜”の模様をリポート。