携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> WiiとDSでいっしょにプレイ! 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』が発表

WiiとDSでいっしょにプレイ! 『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』が発表
【任天堂カンファレンス 2008.秋】

2008/10/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●2009年1月29日に5040円[税込]で発売

 

 2008年10月2日に任天堂が都内の会場で”任天堂カンファレンス 2008.秋”と題する発表会を開催。ニンテンドーDSiを筆頭とするさまざまな施策が明らかになった。

 

 任天堂の岩田聡社長はハード関連の話題だけでなく、今後ますます充実するソフトラインアップについても言及。なかでもかつてない試みに取り組んでいるタイトルとして、スクウェア・エニックスのアクションRPG『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』(以下、『FFCC エコーズ・オブ・タイム』)が紹介された。
 

▲ニンテンドーDS、Wiiというふたつの異なるハード間でもマルチプレイが可能な『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』。2009年1月29日に、5040円[税込]で発売される。


 本作は『FFCC リング・オブ・フェイト』の続編で、ニンテンドーDSとWiiのふたつのハードに対応。しかも、単純に別のハードで同じ内容のゲームが遊べるというだけではなく、マルチプレイモードでは異なるハードで同一の世界を冒険することができるのだ。Wi-Fi通信、ワイヤレス通信に対応しており、世界中のプレイヤーといつでもどこでもマルチプレイが楽しめるというわけ。発売日は2009年1月29日で、価格はニンテンドーDS版、Wii版ともに5040円[税込]。携帯ゲーム機と据え置き型ゲーム機という垣根を超えたチャレンジャブルな作品として注目を集めることは間違いなさそうだ。
 

▲発表会では、スクウェア・エニックスの河津秋敏氏のコメントも。コメントにもあるように、『FFCC エコーズ・オブ・タイム』のマルチプレイモードでは世界中の人といっしょに遊ぶことができる。


●『FFCC エコーズ・オブ・タイム』を遊んじゃいました!

  

▲『FFCC エコーズ・オブ・タイム』はアクションRPG。会場ではニンテンドーDSとWiiのふたりでマルチプレイモードが体験できた。

 

 発表会終了後にオープンした体験会会場では、早くも『FFCC エコーズ・オブ・タイム』がプレイアブル出展。実際にニンテンドーDSとWiiを使ったマルチプレイモードを体験することができた。出展されていたバージョンでは、4種類の種族の男女、計8キャラクターの中から1名を選択してプレイ。とある村に降り立って、村の中にある青いクリスタルのようなものをターゲットすると、マルチプレイモードの選択画面(”世界中のだれとでも”、”国内のだれかと”、”ともだちと”の3種類)へ。マルチプレイヤーモードは、ホスト役のプレイヤーがほかのプレイヤーを募り、そこへ参加するという方式。最大4人まで同時にプレイできるという。会場ではふたり同時プレイが可能だったが、記者が見る限り、ニンテンドーDSとWiiの双方で大きなタイムラグなどもなく、ストレスなしで快適なプレイが可能だった。これまでのシリーズでもマルチプレイが大きな特徴だった『FFCC』だが、ニンテンドーDSとWiiというふたつのハードに対応し、Wi-Fi通信で世界中のプレイヤーとのプレイが可能となり、ますます冒険の幅が広がりそう。発売がじつに待ち遠しいタイトルと言えそうだ。

 

▲Wii版の画面。左右2画面に分かれていて、右画面にはマップなどが表示される。

▲ニンテンドーDS版の画面。ほかのプレイヤーとのコミュニケーションは、定型文で。戦闘や移動といったシチュエーション別に用意されていた。なお、フレンドコードを交換したともだちとプレイする場合は、ソフトウェアキーボードによるフリーチャットも可能ということだ。

▲写真上の青いクリスタルのようなものをターゲットすることでマルチプレイモードに移行できる。この青いクリスタルのようなものはゲーム中さまざまなところに設置してあるとのこと。

▲体験会会場にいたスタッフに聞いたところ、武器や装備品は相当数増えているとのこと。また、会場では体験できなかったが、プレイヤーキャラクターの顔をMiiにすることもできるようだ。

▲ひとりでは解けないギミックや、ひとりでは倒せない敵なども? マルチプレイモードが本作の重要なポイントであることは間違いない。会場では、森の中を移動し、出現するモンスターたちを剣や魔法で蹴散らし、最深部にいる大きなボスキャラクターに挑むというミッションを楽しむことができた。

▲巨大な塔と失われたクリスタル−少女と猫が見せたやさしい世界。ゲーム内の成人にあたる16歳を迎えた主人公が、深い森に分け入り、襲いかかる魔物をつぎつぎと討伐。その奥には巨大なクリスタルと”シェルロッタ”と呼ばれる少女が待っていた。成人の儀の証としてクリスタルを受け取り、村へ戻ると……村人の娘が病に倒れていた。村の掟では森から外へ出ることは禁じられていたが、娘を助けるため村を出る。その娘の病とは太古に失われた病だということを知り……。重厚かつ壮大な冒険がニンテンドーDSとWiiで始まる。


※『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』の公式サイト

【任天堂カンファレンス 2008.秋】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『PUBG』の“見る楽しみ”を広げたい――プロデュサーが語るeスポーツへの思い【G-STAR 2017】

Blueholeは、G-STAR 2017に『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』を出展し、会場にてアジア大会を実施。本作のeスポーツへの取り組みや、リリースが12月下旬に迫る“バージョン1”(製品版)について、PUBG Corp.のCEO、Chang Han Kim(キム・チャンハン)氏に話を伺った。

アジア地域で配信予定の『Titanfall Online』、新モード“ハードポイント占領戦”がプレイアブル出展【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、Nexonは、同社ブースにてPC用オンラインシューター『TitanFall Online』を出展。

『PUBG』アジア大会 最終日Squad戦はまもなく! 日本代表チームの活躍に期待【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017”が開催中。

『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ シーズン3ファイナルをリポート!日本のプレイヤー驚愕必至の、世界の戦法とは?

2017年11月18日(土)、サンパウロで開催された“レインボーシックスシージ プロリーグ シーズン3ファイナル”。世界大会のファイナルステージで、日本から進出した“eiNs”は初戦で登場した。その奮闘の模様と、衝撃的な世界レベルの戦法を分析していく。

【週間PVランキング】『ペルソナ』シリーズのUI制作秘話に、多くのゲームファンが注目!【11/11〜11/17】

ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2017年11月11日〜17日)をお届け。1位を獲得したのは、人気RPGのユーザーインターフェースに関する記事!

『PUBG』アジア大会Solo戦は韓国勢の圧勝! 日本チームではTeam DestroyのArcccccccc選手が健闘【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。2日目Solo戦の優勝者は……?

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月11日〜2017年11月17日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『レインボーシックス シージ』シーズン4に登場する2人目の韓国オペレーター“Vigil”トレーラーが公開

Ubisoftは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year2シーズン4にて追加予定の新オペレーター“Vigil”のトレーラーを公開した。

『PUBG』アジア大会2日目、Solo戦がまもなくスタート! 日本語配信もあり 【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017”が開催中。