携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> これぞ隠し玉 『歩いてわかる 生活リズムDS』で自分の生活リズムをつかめ

これぞ隠し玉 『歩いてわかる 生活リズムDS』で自分の生活リズムをつかめ
【任天堂カンファレンス 2008.秋】

2008/10/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新たなWi-Fi拠点、nintendo zoneも登場

 

 2008年10月2日に任天堂が都内の会場で”任天堂カンファレンス 2008.秋”と題する発表会を開催。この秋以降に発売が予定されているさまざまな新商品をお披露目した。この発表会における、ニンテンドーDS関連ニュースの第2報をお届けしよう。

 

 ニンテンドーDSiの登場に伴って充実するネットワークサービスに対応するように、ニンテンドーDSステーションに続く新たなWi-Fi接続拠点”nintendo zone(ニンテンドーゾーン)”が展開されることが発表。まず最初にマクドナルドとの協業により、関東、中京、近畿地区のマクドナルドの店舗で、nintendo zoneのサービスが始まる。ニンテンドーDSiには”ニンテンドーゾーンビューア”が内蔵されているので、マクドナルドに入るだけでnintendo zoneのサービスが受けられるという(現行のニンテンドーDS、ニンテンドーDS Liteでこのサービスを利用する場合は、DSダウンロードサービスでビューアをダウンロードする必要がある)。しかも、マクドナルドに入るとアイコンが点滅してサービスを受けられることが視覚的に知らされるという親切設計も。nintendo zoneでは、その場所オリジナルの情報サービスが提供されるほか、ニンテンドーDS用ソフトの体験版配信も行われる。さらに、ソフトの追加コンテンツ配信も実施。もちろん、ニンテンドーWi-Fiコネクションの利用もできる。

 

▲ニンテンドーDSiならば、nintendo zoneに入ったことを自動的に検地して、アイコンで教えてくれるという。

 

 このあとは、ニンテンドーDS用ソフトの発表ラッシュとなった。最初に紹介されたのが任天堂から11月1日に発売される『歩いてわかる 生活リズムDS』。”生活リズム計”という、1分ごとの歩数が測定できる歩数計の機能を持った周辺機器がふたつ同梱されており、この機器がニンテンドーDSと通信することによって、自分がどの時間帯に、どの程度歩いているかが確認できるという。「これを毎日続けることで自分の生活リズムがわかるようになります」と岩田社長。また初の試みとして、Wiiで作ったMiiを、このソフトで使うことができる。なお、このソフトのキモとなる生活リズム計は、1800円[税込]で別売りもされる。ひとつのソフトでリズム計を4つまで管理できるとのことだ。

 

▲今度は生活リズムをチェック! どの時間に自分がいちばん活発に活動しているのかがこのソフトでわかる。

 

 年末までのニンテンドーDS用ソフトを指して岩田社長は、「あらゆる年齢層に遊んでもらっているニンテンドーDSですが、今年の年末のラインアップは、ニンテンドーDSを楽しんでいるほとんどのお客様に”興味のあるソフトがある”と感じてもらえるだけの厚みがあると思っています」と胸を張り、さらに「DSプラットフォームは過去に発売されたソフトも継続的に売れるという特徴がある。よって、タイトルラインアップ的には今日発表されたもの以上の厚さがあります」とした。

 

 「ニンテンドーDSとWiiを直接つないだり、インターネット経由で協力プレイが楽しめたりと、ニンテンドーDSとWiiの連動という新たな試みにチャレンジしてもらっている作品です」と岩田社長に紹介されたのが、スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』。岩田社長の言葉にあるとおり、ワイヤレス通信によるDSどうしの協力プレイはもちろん、Wi-Fiを使ってニンテンドーDS版のユーザーとWii版のユーザーが協力して楽しめる。さらにインターネットを介して世界中のユーザーとも冒険をともにできるという。ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム』はニンテンドーDS版、Wii版ともに2009年1月29日発売予定。

 

▲ここまで密接に携帯ゲーム機と据え置き機が連動するソフトも異例だ。

 

 そして、ニンテンドーDS関連の発表のトリを飾るかたちで紹介されたのがスクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』だ。「携帯ゲーム機で出る初めてのナンバリングタイトル、そして待望のシリーズ最新作です」という岩田社長の言葉のあと、会場では数分間にわたる長時間の最新映像が上映。多彩なエフェクトが用いられて非常に派手になった戦闘シーン、3Dで描かれているフィールドでの移動シーン、楽しげな街での様子、そしてアニメーションムービーなどが惜しげもなく報道陣に公開された。発売時期は、先日発表があったとおり2009年3月だ。

 

▲待望のシリーズ最新作は2009年3月に登場予定。国民的RPGの導入により、ニンテンドーDSのタイトル群は磐石となる。

 

※任天堂の公式サイトはこちら

【任天堂カンファレンス 2008.秋】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『北斗が如く』インタビュー 原哲夫先生に聞く!「黒田崇矢さんのケンシロウ、どうでしょう?」

2018年2月22日発売予定のプレイステーション4専用ソフト『北斗が如く』。キーパーソンである原哲夫氏、黒田崇矢氏、佐藤大輔氏に、本作が生まれた経緯や新たなケンシロウについて語ってもらった。

「りょ、呂布だー!!」各種ブランドが群雄割拠のコーエーテクモゲームスブース【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。各メーカーがこぞって魅力的なブースを展開している本イベント。今回は、コーエーテクモゲームスのブースについてリポートする。

『The Surge』や『WRC 7』などインターグローが6タイトルのTGSトレーラーを公開

インターグローは、千葉県・幕張メッセで開催中の“東京ゲームショウ2017”に出展している6タイトルのTGSトレーラーを公開した。

あの『ルーマニア #203』がPS4で蘇る……のか!? フリューの注目作『project one-room(仮題)』に迫る【TGS2017】

というわけで、セガゲームスブースを取材していると、パートナーメーカーの出展スペースに気になるタイトルの映像が……。フリューの『project one-room(仮題)』だ。

『GET EVEN』サイドストーリートレーラー第5弾“Obsessive”を公開

バンダイナムコエンターテインメントは、配信中のプレイステーション4、PC用スリラーアドベンチャーゲーム『GET EVEN』について、サイドストーリートレーラー第5弾“Obsessive”を公開した。

『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』Loppi・HMV限定特典はメタルストラップセット

2017年11月17日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』。Loppi・HMVで本ソフトを予約購入すると、限定特典として『ウルトラサン』と『ウルトラムーン』で異なるメタルストラップがついてくる。

斬新なアクションや、個性豊かなアドベンチャー、野心的な海外タイトルまでズラリ!! “インディーゲームコーナー”の注目作品をご紹介【TGS2017】

東京ゲームショウ2017のインディーゲームコーナーに出展されている、記者が独断でチョイスしたインディーゲームをご紹介。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』の試遊をしたら、ヘスティアが背中にステータスを貼ってくれた!【TGS2017】

東京ゲームショウ2017のMAGES.ブースに出展された、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』の試遊リポートをお届け。

人類よ、地球を襲うふたつの危機に立ち上がれ! 『地球防衛軍5』/『地球防衛軍4.1 WDTS』メディアブリーフィングレポート【TGS2017】

ディースリー・パブリッシャーブースでは、同社の人気アクションシリーズ『地球防衛軍』シリーズの最新作となる『地球防衛軍5』、『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』を紹介するメディアブリーフィングが行われた。

『CODE VEIN』世界初出展の試遊リポートと開発者ミニインタビューをお届け【TGS2017】

2017年9月21日(木)から9月24日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2017(21日・22日はビジネスデイ)。本記事では、世界初出展となる『CODE VEIN(コードヴェイン)』東京ゲームショウ2017試遊版(First Blood Version)のプレイインプレッションと、開発者ミニインタビューをお届けする。