携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> いち早く新型モデル”ニンテンドーDSi”を写真で徹底解剖

いち早く新型モデル”ニンテンドーDSi”を写真で徹底解剖
【任天堂カンファレンス 2008.秋】

2008/10/2

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ACアダプターも変更に
 

▲全体的にシェイプされて大人っぽくなったニンテンドーDSi。


 2008年10月2日に都内で”任天堂カンファレンス 2008.秋”が開催され、ニンテンドーDSプラットフォームの第3モデルとなる”ニンテンドーDSi”が電撃的に発表された。2008年11月1日に、18900円[税込]で発売される。すでにお伝えしているとおり、新型モデルは本体の薄型化、カメラの搭載、液晶のサイズアップ、音楽再生機能の強化などが図られている。見た目もニンテンドーDS Liteと比べるとよりシャープになり、大人っぽい装いとなった。ここではDS Liteとの比較を含め、新型モデルの特徴を写真でお伝えする。


■液晶が大きくなった

▲左がニンテンドーDS Light、右がニンテンドーDSi。見てのとおり、液晶が3.0インチから3.25インチへとひとまわり大きくなった。26万色表示可能の透過型TFTカラー液晶というのは変わらず。



■少しだけ本体サイズが大きく、でも重さは軽く 

▲左がニンテンドーDS Lite、右がニンテンドーDSi。折りたたみ時のDS Liteのサイズは横133ミリ、縦73.9ミリ、幅21.5ミリ。DSiは横137ミリ、縦74.9ミリ、幅18.9ミリ。液晶のサイズアップなどに伴い、本体は若干大きくなった。しかしながら、重さは218グラムから214グラムへと軽量化が図られている。



■DS Liteより12パーセント薄く

▲左がニンテンドーDSi、右がニンテンドーDS Lite。耐久性を損なわない程度にスリム化を追及。本体の厚さが21.5ミリから18.9ミリと薄くなった。



■本体外内にカメラを内臓

▲カメラのレンズを本体の外、内(ヒンジの内側部分)に搭載。メニューで”DSiカメラ”を選択すると、デジタルカメラに早変わり。30万画素と聞くとちょっと物足りなさを感じるが、岩田社長が「カメラの機能を遊びの方向にふった」というように、11種類の機能が搭載されている。”ゆがみカメラ”、”いたずらカメラ”、”似てる度カメラ”など遊び心満載。下画面は似てる度カメラ。将来的にはテレビ電話のようなことができそうだけど……!?



■ゲームボーイアドバンス用ソフトの差し込み口を排除

▲ニンテンドーDSiではゲームボーイアドバンス用ソフトが遊べないため、差し込み口は取られた。音量調節も差し込み口近くにあったが、ニンテンドーDSiでは本体横側に設置され、形状もプラス、マイナスボタンに。



■SDメモリーカードスロットを標準搭載

▲ニンテンドーDS Liteのパワーボタンがあったところに、SDメモリーカードスロットが搭載された。撮影した写真やミュージックファイルなどを保存できる。



■十ボタン、A、B、X、Yボタンが押しやすく

▲十ボタン及び、A、B、X、Yボタンが若干高くなり、押しやすくなった。スタート、セレクトボタンも少し大きくなった印象。パワーボタンはプッシュ型となり、本体の内側に移動した。



■LRボタンが押しやすく

▲LRボタンが少し出っ張り、押しやすくなった。カメラのシャッターとしても利用できる。



■機能ランプがわかりやすく

▲Wi-Fi使用中、充電中、電源のON、OFFの状態を知らせるランプがよりわかりやすく。



■メニューフォントが変更に。明るさ調整も5段階に。

▲左がニンテンドーDS Lite、右がニンテンドーDSi。DS Liteでは4段階までしかなかった明るさ調整が、DSiでは5段階に。メニュー画面のフォントも変更され、より太く、見やすくなった印象。



■メニュー画面がより直感的に

▲メニュー画面がアイコン表示されるようになった。アイコンが横にスクロールして、直感的に選択できる。DSiカメラ、DSiサウンド、DSiショップ、DSダウンロードプレイ、ピクトチャットなどのアイコンのほか、ダウンロードしたソフトなどもWiiチャンネルのように表示される。アイコンの順序の入れ替えも可能だ。上画面の写真は撮影した写真を待ち受け画面のように設定できる。



■ACアダプタが変更に

▲ACアダプタが変更に。当然、差し込み口の形も変わっている(上がDSi、下がDS Lite)。充電時間はDSiは約2時間30分、DS Liteは約3時間と短縮しているが、電池の継続時間は(最低輝度の場合)DSiは約9〜14時間、DS Liteは約15〜9時間となっている。



■シックな艶消しカラー

▲上がニンテンドーDSi、下がニンテンドーDS Lite。見てのとおり、まったく光沢が違う。DSiの表面はしっとりした質感で、指紋がつかない。ちなみにDSiのカラー展開は、WhiteとBlackの2色。



■タッチペンが長くなった

▲上がニンテンドーDSi、下がニンテンドーDS Liteのタッチペン。それぞれ長さは約92ミリ、87.5ミリとDSiのほうが4.5ミリ長くなった。


※ニンテンドーDSiについてはこちら

【任天堂カンファレンス 2008.秋】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

水瀬いのりさんによる『Future Strike』やWUGコラボ3本勝負など、多彩なカバーやコラボレーションが実現“ANIMAX MUSIX 2018 YOKOHAMA”リポート

2018年11月17日(土)、横浜アリーナにてアニメミュージックの祭典“ANIMAX MUSIX 2018 YOKOHAMA”が開催された。出演アーティストは、井口裕香さん、石原夏織さん、Wake Up, Girls!、OxT、ORESAMA、GRANRODEO、黒崎真音さん、スタァライト九九組、田所あずささん、中島愛さん、南條愛乃さん、沼倉愛美さん、PENGUIN RESEARCH、水瀬いのりさん、安野希世乃さん、Luce Twinkle Wink☆。

『レインボーシックス シージ』“プロリーグ シーズン8ファイナル”間も無く開幕 Rogue vs 野良連合の再戦は要注目

『レインボーシックス シージ』プロリーグ シーズン8世界王者を決める?Pro League Season 8 Finals”が、いよいよ2018年11月17日(土)〜18日(日)にブラジル・リオデジャネイロで開催。野良連合 vs Rogue戦は、日本時間の11月17日24:30 より開始される。

“合体”のロマンあふれる最強スマホ誕生! 『ROG Phone』発表会で究極のゲーミングスマホを体験してきた

2018年11月16日、ASUS JAPANによるゲーミングスマートフォン新製品“ROG Phone”発表会が開催された。最強にして究極を謳うゲーミングスマホを、実際に触った感想を交えてリポート。

『FFXIV』ファンフェス初日を終えたばかりの吉田Pと横澤氏にインタビュー。緊張知らずのふたりの秘密に迫る!

『FFXIV』ファンフェスティバル 2018 in Las Vegas初日の日程を終了後、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏と、リードバトルシステムデザイナーの横澤剛志氏にインタビューを実施。

『レッド・デッド・リデンプション2』から見えるロックスター・ゲームスのガンアクション、その源流を探る……キーワードは“バレットタイム”にあった!

ロックスター・ゲームスより発売中の『レッド・デッド・リデンプション2』。そのガンアクションの源流を洋ゲー冒険家のマスク・ド・UH氏が探るコラムをお届け。そこから見えてきたのは、2012年の“バレットタイム”だった!

『ポケモンGO』にメルタンの謎に迫るスペシャルリサーチが登場! ピカチュウとイーブイのキャップもプレゼント

2018年11月17日、『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』の発売を記念して、『ポケモンGO』でさまざまなイベントが実装。なかには幻のポケモン・メルタンのスペシャルリサーチも。

『FFXIV』拡張パッケージ第3弾『漆黒のヴィランズ』基調講演と新ジョブ“青魔道士”の詳細をリポート!

『FFXIV』ファンイベントの基調講演で発表された『SHADOWBRINGERS-漆黒のヴィランズ-』(以下、『漆黒のヴィランズ』)に関する内容と吉田直樹氏のコメントをまとめて紹介!

『FFXIV』パッチ4.5に新ジョブ・青魔道士実装!!

『FFXIV』ファンイベントの基調講演で、次期拡張パッケージ『SHADOWBRINGERS-漆黒のヴィランズ-』が発表。さらにその前に実装予定のパッチ4.5で新ジョブ・青魔道士が実装されることが発表された。

『FFXIV』次期拡張パッケージ『SHADOWBRINGERS-漆黒のヴィランズ-』発表! 2019年初夏リリース予定!

『FFXIV』ファンイベントの基調講演で、次期拡張パッケージ『SHADOWBRINGERS-漆黒のヴィランズ-』が発表。その速報リポートをお届けする。