携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> エンターブレインが2008年度上半期ゲーム市場の速報データを発表――ハードの販売台数はPSPがトップ

エンターブレインが2008年度上半期ゲーム市場の速報データを発表――ハードの販売台数はPSPがトップ

2008/10/1

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ゲームの市場規模は約2388億円

 

 エンターブレインは2008年10月1日、2008年度上半期(集計期間は2008年3月31日〜2008年9月28日)の国内家庭用ゲーム市場に関する速報データを発表した。

 

 2008年度上半期ゲーム市場全体の規模は、約2388億円を記録。2007年度上半期(集計期間は2007年3月26日〜2007年9月30日)の約3033億円と対比して約78.7パーセントという数字になった。ハードでは、PSP(プレイステーション・ポータブル)が158万3731台を販売しトップに。2位は131万4919台のニンテンドーDSで、前年度同様に携帯ゲーム機がゲーム市場を牽引する形となった。


▲PSPは2008年10月16日に新モデルが発売予定となっている。


 ソフトでは任天堂のWii用ソフト『マリオカートWii』が174万4387本で1位を獲得。以下、カプコンのPSP用ソフト『モンスターハンターポータブル 2nd G』から4位のスクウェア・エニックスのニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』まで、いずれも100万本を越える売れ行き。2008年度上半期のソフト市場は全体的に豊作だった印象を受ける。
 

上半期市場規模比較(単位:億円)

 

ハード

ソフト

合計

2007年度上半期

1432.2

1601.7

3033.9

2008年度上半期

952.3

1436.4

2388.7

前年同期比

66.5パーセント

89.7パーセント

78.7パーセント


ハードの販売台数(単位:台)

 

メーカー

発売日

上半期推定販売台数

推定累計販売台数

ニンテンドーDS

任天堂

2004年12月2日

131万4919台

2348万4680台

PSP

ソニー・コンピュータエンタテインメント

2004年12月12日

158万3731台

1015万7757台

Wii

任天堂

2006年12月2日

110万5174台

680万753台

プレイステーション3

ソニー・コンピュータエンタテインメント

2006年11月11日

35万2457台

236万1949台

Xbox 360

マイクロソフト

2005年12月10日

13万8740台

74万1298台

※ニンテンドーDSはニンテンドーDSとニンテンドーDS Liteの合計値
※PSPはPSP-1000とPSP-2000の合計値


ソフト販売本数TOP5(単位:本)

順位

ハード

タイトル

メーカー

発売日

上半期推定販売本数

推定累計販売本数

1

Wii

マリオカートWii

任天堂

2008年4月10日

174万4387本

174万4387本

2

PSP

モンスターハンターポータブル 2nd G

カプコン

2008年3月27日

160万2386本

242万5651本

3

DS

ポケットモンスター プラチナ

ポケモン

2008年9月13日

148万1725本

148万1725本

4

DS

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

スクウェア・エニックス

2008年7月17日

115万2229本

115万2229本

5

Wii

Wii Fit

任天堂

2007年12月1日

84万5238本

260万7431本

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。

DLC福袋で『ルルアのアトリエ』体験版&『ドラゴンズドグマ オンライン』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。

『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』ガールズもパンツァーも盛りだくさんの発売記念特集!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、さまざまな追加要素を加えて新発売となる『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の発売記念特集を掲載!