携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> DEENのライブにファンも総立ち! “テイルズ オブ フェスティバル 2008”が開催

DEENのライブにファンも総立ち! “テイルズ オブ フェスティバル 2008”が開催

2008/9/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『テイルズ オブ』シリーズ初の単独イベント

 

 13年という長い歴史を持ちながら、これまでシリーズの単独イベントが行われたことがなかったバンダイナムコゲームスの看板RPG『テイルズ オブ』シリーズ。2008年9月23日、多くのファンが待ち望んだその『テイルズ オブ』シリーズの初となる単独イベント“テイルズ オブ フェスティバル 2008”が、東京の文京シビックホール(大ホール)で開催された。

 

▲チケットがソールドアウトするなど、多くのファンが詰めかけた会場。ファン層は半数以上が若い女性だった。

 

 小野坂昌也(『テイルズ オブ シンフォニア』のゼロス・ワイルダー役)を司会進行役に迎え、およそ3時間にわたって『テイルズ オブ』シリーズ一色のプログラムが展開されたステージ。スキットと呼ばれた朗読劇では、鈴木千尋(『テイルズ オブ ジ アビス』のルーク・フォン・ファブレ役)、下野紘(『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』のエミル・キャスタニエ役)、鳥海浩輔(『テイルズ オブ ヴェスペリア』のユーリ・ローウェル役)など、シリーズ各作品のキャラクターが夢の共演を果たした。

 

▲朗読劇“消えたフィルム! 犯人は誰だ!?”では、このイベントで先行上映する予定だったテレビアニメ『テイルズ オブ ジ アビス』の第1話のフィルムが盗まれ、その犯人を捜すという内容。鈴木、下野、鳥海、小野坂に、平松晶子(『テイルズ オブ デスティニー2』のハロルド・ベルセリオス役)、渡辺明乃(『テイルズ オブ リバース』のマオ役)、水橋かおり(『テイルズ オブ レジェンディア』のノーマ・ビアッティ役)、小西克幸(『テイルズ オブ シンフォニア』のロイド・アーヴィング役)を加えた豪華キャストが勢ぞろい。作品の枠を越えた朗読劇を見せた。

 

▲プログラムとプログラムのあいだをつなぐスキットでは、シリーズ第1作『テイルズ オブ ファンタジア』で息の合ったやりとりが人気の伊藤健太郎(チェスター・バークライト役)、かないみか(アーチェ・クライン役)による夫婦漫才(?)がくり広げられ、ファンを笑わせた。

 

●さまざまなサプライズも飛び出した

 

 “テイルズ オブ フェスティバル 2008”で注目のプログラムだったのが、2008年10月から(MBSほかで)放送予定のテレビアニメ『テイルズ オブ ジ アビス』の先行上映。OVAさながらのハイクオリティーなアニメが流れるスクリーンにファンも目を奪われた様子だった。アニメについて、『テイルズ オブ ジ アビス』の樋口義人チーフプロデューサーは、「ゲーム発売後もグッズが売れたりして、僕の中で終わった作品という感じがしていなかったんですが、今度はアニメが始まるので、ますます終わっていない感じです。『アビス』は、シナリオが高く評価されているので、アニメはゲームの物語に沿って展開されます。が、ゲームで描ききれなかったところもあるのでチェックしてください」とコメント。

 

 『アビス』以外のアニメ情報として、オリジナルアニメとして発売されている『テイルズ オブ シンフォニア』のブルーレイディスク版ボックス、DVDボックスを1年間限定生産商品として2008年9月26日に発売することを発表。さらに、オリジナルアニメ『テイルズ オブ シンフォニア』の続編『テイルズ オブ シンフォニア  テセアラ編』を制作することも明らかになった。

 

▲『テイルズ オブ シンフォニア』ファン待望のオリジナルアニメの続編『テセアラ編』が制作決定。

 

 ゲーム関連では、馬場英雄プロデューサーがシリーズ最新作として2008年12月11日に発売予定のニンテンドーDS用ソフト『テイルズ オブ ハーツ』を紹介。「過去、ニンテンドーDSで2タイトル作って、ハードのスペックや機能に可能性を感じたので、その集大成として『テイルズ オブ ハーツ』を作ってみようと思いました。“心”に焦点を当てて、“心とは何なのか?”という深いメッセージを描いています。据え置きハードで作る『テイルズ オブ』作品をニンテンドーDSで表現しようという気持ちを持っているので、ムービーもいっぱい入れすぎてどうしようか困っています(笑)」(馬場)。

 

 その馬場氏からのサプライズは、東京ゲームショウ2008で公開する予定の『テイルズ オブ ハーツ』のプロモーション映像をいち早く上映してしまおうというもの。最新作『テイルズ オブ ハーツ』は、『アニメムービーエディション』と『CGムービーエディション』の2バージョンで発売されることになっているが、この日は両バージョンのプロモーション映像を見ることができた。

 

▲こちらが初公開となった『テイルズ オブ ハーツ』のプロモーション映像。左が『CGムービーエディション』、右が『アニメムービーエディション』。

 

▲『テイルズ オブ ハーツ』でヒロインのコハク・ハーツを演じる井上麻里奈、コハクの兄であるヒスイ・ハーツを演じる松風雅也もゲストとして登場。

 

●シリーズを代表するアーティスト“DEEN”がスペシャルライブ

 

 “テイルズ オブ フェスティバル 2008”のトリを飾ったのが、アーティスト“DEEN”をゲストに迎えたスペシャルライブ。DEENといえば、11年まえの‘97年に発売された『テイルズ オブ デスティニー』の主題歌『夢であるように』を歌ったアーティストとして、『テイルズ オブ』シリーズのファンにもおなじみの存在。そのDEENが、最新作『テイルズ オブ ハーツ』の主題歌『永遠の明日』を歌うことが決定したこともあり、今回の『テイルズ オブ』シリーズ初の単独イベントに駆けつけた、というわけだ。DEENは、『夢であるように』はもちろん、15年まえにリリースしたデビュー曲『このまま君だけを奪い去りたい』、そしてDEENヒットパレードメドレーを披露。その心地よいサウンドと歌声にファンも総立ちとなり、この時間だけ会場がDEENのライブツアーのような雰囲気に包まれた。

 

▲ボーカルの池森秀一は、「DEENを生で見るのは初めてという人、歌っているところ、動いているところを初めて見たという人はいますか?」とファンに問いかける。すると、大半の人が手を挙げ、「とてもアウェイな雰囲気ですが、いっしょに盛り上がってください(笑)」と、まずはトークで『テイルズ オブ』ファンを楽しませた。

 

 そしてDEENからファンへのプレゼントとして、まだレコーディング中ながら『テイルズ オブ ハーツ』の主題歌『永遠の明日』のゲームサイズ(ショートバージョン)を披露。スクリーンには『テイルズ オブ ハーツ』の映像が流され、DEENと『テイルズ オブ』が11年ぶりにリンク! ファンはDEENのライブにうっとり酔いしれていた。

 

▲『夢であるように』、『ひとりじゃない』、『このまま君だけを奪い去りたい』など、DEENを代表する名曲が会場に響き渡った。そして新曲『永遠の明日』でファンのハートをガッチリ掴んだ。

※テイルズ オブ フェスティバル 2008公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

漫画『鬼滅の刃』最終23巻ついに本日12/4に発売。冨岡義勇と煉獄杏寿郎の公式スピンオフ収録『鬼滅の刃 外伝』も同時発売

集英社は、漫画『鬼滅の刃』の完結巻となる最終23巻と公式スピンオフ作品を収録した『鬼滅の刃 外伝』を本日2020年12月4日に発売した。

『Cave Story+ 洞窟物語』Epic Gamesストアで12月11日1時まで無料配布中。米TIME誌“歴史上でもっとも偉大なゲーム100”に選出された日本発アクションアドベンチャー

PCゲーム配信サイト“Epic Gamesストア”にて、ドット絵タクティカルRPG『Cave Story+ 洞窟物語』が無料配布中。

『ドラゴンクエスト11 S』マルチプラットフォーム対応&新価格で本日12/4発売。LUIDA’S BAR(ルイーダの酒場)で復刻コラボ開催決定

PS4、Xbox One、Windows 10、Steam、Switch、Epic GamesStore用ソフト『ドラクエ11 過ぎ去りし時を求めて S』本日2020年12月4日に発売。新たなプラットフォームに購入しやすい価格となって登場!

『Wildfire』Switch向けに本日より配信開始。大自然のエレメントを操りながら戦いに挑む2Dステルスアクションゲーム

Humble Gamesは、本日2020年12月3日(木)、Nintendo Switch版『Wildfire』のリリースを開始した。また、プレイステーション4、Xbox One、Series X|S版は同日の深夜より配信が開始される。

【KOF15】『ザ・キング・オブ・ファイターズXV』主人公シュンエイ・草薙京・紅丸の設定画が公開。ゲーム映像を使用したトレーラーが2021年1月7日に公開決定

SNKは、新作対戦格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS XV (KOF XV)』の公式トレーラーの公開と、剣戟対戦格闘ゲーム『SAMURAI SPIRITS』のシーズンパス3の参戦キャラクターの発表を2021年1月7日に行うことを明らかにした。

『犬 犬(PHOGS!)』本日配信。ふたつの頭を持つワンコを操作してカラフルな世界を冒険するアクション

2020年12月3日、Coatsink Softwareは、プレイステーション4、Nintendo Switch、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam)用ソフト『犬 犬(PHOGS!)』を配信開始した。

『ペルソナ5R』が“PARTNER AWARD”を授賞。『ペルソナ5S』とともに日本・アジア地域で50万本セールスを突破

アトラスは、本日2020年12月3日、自社タイトルである『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』と『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントムストライカーズ』が、日本・アジア地域においてともに累計50万本のセールスを突破したことを発表。また、本日開催された“PlayStation Partner Awards 2020 Japan Asia”にて“PARTNER AWARD”を授賞した。

【ソフト&ハード週間販売数】Switch『桃鉄』、『ゼルダ無双』が2週続けて1位、2位! 発売3週目のPS5は4万台をセールス【11/23〜11/29】

ファミ通発表の売上ランキング。今回は2020年11月23日〜11月29日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

Switch『DEEMO -Reborn-』の予約販売がスタート。『太鼓の達人』コラボパックの情報も公開

本日2020年12月3日、Rayarkは、2020年12月17日発売予定のリズムゲーム『DEEMO -Reborn-』のNintendo Switch版の予約販売を開始した。合わせて、本作の『太鼓の達人』コラボの情報も公開された。

PS5版『Observer: System Redux』が今冬に発売決定。名優ルトガー・ハウアー最後の出演作となるサイバーパンクホラーが次世代機向けにパワーアップ

NAパブリッシングは、プレイステーション5用ダウンロードソフト『Observer: System Redux』を今冬に発売すると決定した。