携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『ファンタシースターZERO』は2008年12月25日に発売決定 セガ コンシューマ新作発表会2008

『ファンタシースターZERO』は2008年12月25日に発売決定 セガ コンシューマ新作発表会2008
【セガ コンシューマ新作発表会 2008】

2008/9/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『世界樹の迷宮』の新納一哉氏の新作RPGも

 

 2008年9月16日に都内で、セガが”セガ コンシューマ新作発表会 2008”を開催。同10月9日から千葉県の幕張メッセで行われる東京ゲームショウ2008に先駆け、マスコミや流通関係者に向けて、新作タイトルのプレゼンテーションが行われた。

 

 発表会の冒頭、セガの国内CS事業部の前田雅尚事業部長が、「年末年始、2009年春に向けて発売するタイトルを紹介させていただきます。ラインアップを見ていただき、「セガもなかなかやるじゃないか」と期待していただきたい」とあいさつ。2008年上半期のゲーム業界を指して、「ゲーム市場における携帯ゲーム機が占める割合がますます高くなっている」(前田)と分析したうえで、「皆様のお力もあって『ファンタシースターポータブル』は出荷本数が70万本に迫るヒットを記録しました。この勢いを年末年始、そして来年に向けて持続できるラインアップを紹介させていただきます」(同)と、とくにセガが注力する8タイトルが挙げられた(下の写真参照)。発表会は、ここに挙げられたタイトル紹介を中心に展開。本発表会で初めて明らかになった情報も盛りだくさんだったので、じっくりとチェックしてほしい。
 

▲前田事業部長は、これまでのシリーズを発展させた『ファンタシースターZERO』や『サカつくDS』、『龍が如く3』に加え、『428 〜封鎖された渋谷で〜』や『無限航路(仮題)』といった新規タイトルなど、年末年始以降もタイトルラインアップを充実させることをアピールした。

 

●『無限航路(仮題)』は2009年春発売

 

 前田氏に続いてタイトルプレゼンテーションの壇上に上がったのが、国内CS事業部の川越隆幸副事業部長。同氏はニンテンドーDSで発売されるRPGについて紹介した。その先陣を切って紹介されたのが、『ファンタシースターZERO』だ。川越氏は「『ファンタシースターポータブル』によって、(同シリーズが)ハードの進化、プレイスタイルの変化に対応できるフランチャイズであることを証明できたと自負しております」とし、『ファンタシースターZERO』が「年末商戦の最重要タイトルであり、『ファンタシースターオンライン』の流れを汲む完全新作です」と力強く語り、最新映像を公開した。
 

▲『ファンタシースターZERO』は、『ファンタシースターオンライン』の流れを汲むニンテンドーDSに向けた完全新作であることを強調した川越氏。

 

 川越氏によると『ファンタシースターZERO』は「キャラクターや世界観などを一新し、ニンテンドーDSの限界に迫る3Dグラフィックと簡単操作で多彩なアクションが楽しめるRPG」で、「ワイヤレスでの4人協力プレイが可能なほか、Wi-Fi通信を使って離れた場所の人とも楽しめます」とのこと。また、”ビジュアルチャット”と呼ばれる『ピクトチャット』(ニンテンドーDS、ニンテンドーDS Liteに内蔵されているコミュニケーションツール)を応用したような新たなコミュニケーション機能も搭載。会場では下画面で文字やイラストを書き、それを上画面にいるキャラクターがしゃべっているように吹き出しとして表示させられる様子が紹介された。川越氏は「ニンテンドーDSならではのコミュニケーションRPGとして、自信を持ってこの年末に投入します」と宣言。『ファンタシースターZERO』は2008年12月25日に、5040円[税込]で発売予定であることも併せて発表された。

 

▲2008年12月25日に発売されることが決定した『ファンタシースターZERO』。下画面で文字やイラストを書いて、それをコメントとして表示させる”ビジュアルチャット”が会場で紹介された。

 

 続いてセガが誇るRPGシリーズ最新作『シャイニング・フォース フェザー』が紹介。最新映像が披露されたのち、川越氏は「ゲームシステムはメガドライブ版の『シャイニング・フォース』を思い起こさせるところもありますが、そこからさまざまな変更点を加え、より本格的に仕上げています」とコメント。セルアニメとCGを融合させた”ハイブリッドCG”を導入し、キャラクターや世界観を最大限に引き出すことに成功したことをアピールした。キャラクターデザインは、pako氏といとうのいぢ氏が手掛けているという。本作は2009年春発売予定。

 

▲『シャイニング・フォース』シリーズ最新作の情報も。人気イラストレーターふたりを起用していることなどが明らかになった。

 

▲メガドライブ版『シャイニング・フォース』をハードの進化、プレイスタイルの変化に併せて昇華させたという『シャイニング・フォース フェザー』。

 

 そのほかにも、月刊少年ライバルで連載中のマンガをゲーム化したニンテンドーDS用ソフト『ブレイザードライブ』を2008年12月4日に発売することや、2008年9月25日に発売予定のニンテンドーDS用ソフト『ワールド・デストラクション〜導かれし意思〜』のファン感謝イベントを開催することなどを発表。加えてプラチナゲームズとセガのコラボレーションタイトル『無限航路(仮題)』が2009年春の発売に向けて、「順調に開発中」(川越)であることが明らかになった。同ソフトは東京ゲームショウ2008のセガブースにてプレイアブル出展されるということだ。

 

▲『ブレイザードライブ』や『ワールド・デストラクション』など、2008年下半期以降、セガはニンテンドーDS向けにRPGタイトルを多数投入する。

 

 そして最後に川越氏は、「本日はちゃんとした発表はできないんですが」と前置きし、「『世界樹の迷宮』を生み出した新進気鋭のクリエーター、新納一哉氏と、セガのRPGシリーズを支えてきた小玉理恵子のタッグで(新作を)鋭意制作中です」と、隠し球を発表。本日(2008年9月16日)この隠し球のティザーサイトをオープンさせたことを紹介し、改めてセガのRPGラインアップがますます充実していくことをアピールした。 

【セガ コンシューマ新作発表会 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』 宇宙空間を飛び回ることが可能なDLC第1弾、“クラシックスペースパック”を配信開始

ワーナー ブラザース ジャパンは、発売中のプレイステーション4用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』について、追加DLC第1弾“クラシックスペースパック”の配信を開始した。

2017年7月25日(火)の『今井麻美のニコニコSSG』は『The Sexy Brutale』をプレイ!

2017年7月25日(火)20時より配信予定の『今井麻美のニコニコSSG』第40回は、プレイステーション4用ダウンロードソフト『The Sexy Brutale(セクシーブルテイル)』をプレイ!

『LET IT DIE』ロックバンド「MY FIRST STORY」Hiroがキャラクターボイスを務める“レッド・ナパーム”が参戦

ガンホー・オンライン・エンターテイメンは、配信中のプレイステーション4用ソフト『LET IT DIE』において、“4 FORCEMEN”の第2弾“レッド・ナパーム”が登場することを発表した。

『桜花裁き 斬』 奉行活劇アドベンチャーがPS Vitaに移植決定! オリジナルストーリーや新キャラも多数登場

dramatic createは、プレイステーション Vita用ソフト『桜花裁き 斬』を、2017年12月21日に発売する。

『STEINS;GATE』、『CHAOS;CHILD』など5pb.人気タイトルがXboxストアにてセール中、1週間限定で50%OFFに

MAGES.は、Xboxストアにて本日2017年7月25日(火)から7月31日(月)までの1週間限定で、『CHAOS;CHILD』など人気タイトルのセールを実施することを発表した。

『地球防衛軍5』公式生放送第6回は7月27日、フェンサーとエアレイダーの武器を中心にお届け

ディースリー・パブリッシャーは、2017年発売予定のプレイステーション4用ソフト『地球防衛軍5』について、『地球防衛軍5』公式生放送の第6回を2017年7月27日午後9時より放送することを発表した。

『RPGツクールMV』 学生限定“脱出ゲーム”制作クエスト&大幅割引セールを開催

KADOKAWAは、『RPGツクールMV』について、体験版を使っての“脱出ゲーム”制作クエストを、2017年8月1日より開催する。

『ONE PIECE』女帝ハンコックが水着で寝そべる姿をフィギュア化

“プレミアムバンダイ”にて、『ONE PIECE』に登場する海賊女帝“ボア・ハンコック”が大胆なビキニ姿で寝そべる姿をフィギュア化した“Portrait.Of.Piratesワンピース“LIMITED EDITION” ボア・ハンコックVer.BB_SP”が登場。

『マジンガーZ』誕生45周年記念、初めて戦った敵“機械獣ガラダK7”を全高1mで立体化

“プレミアムバンダイ”にて、マジンガーZが初めて戦った敵“機械獣ガラダK7”を全高1mのビッグサイズで立体化した“究極造形シリーズNo8 マジンガーZ ガラダK7”の予約受付が、2017年7月25日午後1時よりスタート。

『Smashbox Arena』 PS VRで楽しめる白熱のハイテクドッジボールが、7月25日より配信開始

Archiactは、プレイステーション VR専用ソフト『Smashbox Arena』を、2017年7月25日より配信開始した。