携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 開発者も“みっくみく”にされるVocaloidの魅力

開発者も“みっくみく”にされるVocaloidの魅力
【CEDEC 2008】

2008/9/12

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●匿名性が逆にキャラクターを生む

 

 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の主催で、毎年開催されている国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンス“CEDEC”。今年の“CEDEC 2008”は、東京都世田谷区にある昭和女子大学を会場に、2008年9月9日〜11日にかけて開催された。

 

 会期中は直接ゲームを取り扱っているわけではなく、注目の技術を取り扱ったセッションも数多く行なわれた。2日目にはヤマハの大下隼人氏とクリプトン・フューチャーメディア(以下、クリプトン)の佐々木渉氏が音声合成ソフト“Vocaloid”についての講演を行なった。

 

▲左がクリプトンの佐々木氏で、右側がヤマハの大下氏。大下氏が最近覚えた趣味は、“初音ミク”曲を聴いて“みっくみくにされること”。

▲大下氏による、プログラム上の構造と製品の担当部分を重ね合わせた図。キモとなるエンジン部分をヤマハが提供し、歌声合成に使用するライブラリーをクリプトンなどのメーカーが担当する。

 

 まず大下氏が歌声合成技術の背景として、自然楽器から電気楽器、シンセサイザー、サンプラーへと進化していく様子を紹介し、人の声は“一番初めにあった楽器”でありながら、これまで再現が難しかった唯一残された“聖域”だったという。歌声は歌詞があり、音色のバリエーションも広く、“あ”、“い”という発音だけでも、楽器なら別の楽器とも言えるぐらいの音色の違いがあるのだとか。

 

 Vocaloidではあらかじめ録音された音声を小さなパーツ“素片”へと分解し、入力に合わせてこれらを連結し、歌声を合成している。開発時に意図されたのは“歌詞が聞き取れる”、“スムーズである”、“自然である”ということ。このため合成用のデータベースには、日本語の場合500以上もの“素片”が各ピッチごとに収録されている。また、たとえば音を伸ばすために単純にループを行なうと、人間の声と比べると不自然なブザー音に近い音が発生してしまう。Vocaloidでは伸ばした音にある程度のゆらぎを与えるなど、少しでも自然な音へと調整を行なっていることで、人口的でありながら、音に表情がある独特な歌声が奏でられるのだ。

 

▲歌声ライブラリの録音方法は“企業秘密”として詳細は明かされなかったが、「意味のない5〜6文字の文字の羅列」(大下氏)を読み上げる作業を繰り返していくらしい。

▲“Sing a Song”と歌わせる際にどのような処理をしているか、という図。入力された歌詞を細かく分解して、対応する音を合成し、発音タイミングを調整して、ピッチを変化させる。

 

 続いてVocaloid技術を『初音ミク』などに商品化してきたクリプトンの佐々木氏が「すでにご存知かとは思いますが……」と前置きしながら、“初音ミク”や“鏡音リン・レン”などのVocaloid キャラクター・ボーカル・シリーズ(以下、CVシリーズ)のヒット具合を説明した。Vocaloidはクリプトンによって2004年より製品化されてきたが、CVシリーズになったことでそれまでの10倍以上の売り上げになったという。
 

 バーチャルシンセなどのソフトウェア楽器は通常250本〜3000本くらい、音素材集なら80枚〜500枚くらいというのが同社が把握していた相場だったが、“初音ミク”は42000本、“鏡音リン・レン”は24000本をの売り上げを記録する。それまでの音楽制作を目的とするユーザー層と完全に違う市場を開拓し、キャラクターそのもののファンにも普及。佐々木氏は、実際に定期的にソフトを起動して音楽制作に使用するアクティブユーザーは多くても10000から15000人程度と予測しているそうだ。

 

 本来音楽制作の専門的なソフトを取り扱うメーカーであったクリプトン。“初音ミク”というキャラクターを抱えるコンテンツメーカーにもなって、それまで知らなかった領域に進むことになり、驚きの連続だったと言う。爆発的な人気を誇るフィギュアをはじめとしたグッズはもちろん、メディア展開ひとつをとっても大きく異なる。従来専門誌で展開される情報では、プロによる音楽ジャンルに特化した記事などがあったが、“初音ミク”では注目度が非常に低くなり、むしろ楽曲制作のうえでの基礎知識や、基本的な技法が喜ばれるんだとか。

 

 PSP(プレイステーション・ポータブル)で発売が予定されている『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ-(仮題)』など、歌声合成技術の枠を飛び出していく“初音ミク”の魅力。佐々木氏は初期の設定があまりなく、自由度の高い歌声があったことで、匿名性が逆に歌詞の親近感やドラマ性を生み、ほかのユーザーが制作した楽曲を聴いた人が、捉えどころのないイメージを共有していくことで「ユーザー側が大勢でミクを包み、刺激を与えることで」ひとつの世界が成立しているのではないかと分析していた。

 

 前述の『プロジェクト ディーヴァ』などの大型のタイアップは昨年9月下旬までのオファーが中心になっており、今後の展開としては、コラボレーションは募集しつつ、CGM(ユーザーが作成したメディア)ならではのメリットや魅力を活かした展開も検討中とのことなので、今後の発表に期待しよう。

 

※CEDEC 2008の公式サイトはこちら

【CEDEC 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『アイマス』萩原雪歩の穴掘って埋まってますぅTシャツや、華やかなスポーツタオルなど新グッズが多数登場!

コスパは、2020年10月より『THE IDOLM@STER』、『アイドルマスター ミリオンライブ!』の新商品を多数販売する。2020年8月1日より、アソビストアでは先行販売が開始された。

映画『若おかみは小学生!』BSプレミアムで本日(8/9)23時20分より再放送。両親を亡くした女の子が出会いを通して成長していく物語

NHKはBSプレミアムにて、2020年8月9日(日)23時20分より、アニメ映画『若おかみは小学生!』の再放送を実施する。

【FGO】宮本武蔵とギルガメッシュ(術)の宝具が強化。武蔵にムーンキャンサー&アルターエゴ特攻が追加!

『Fate/Grand Order』“サーヴァント強化クエスト 第12弾〜5th Anniversary〜特別編”5日目は、星5セイバー”宮本武蔵”と星4キャスター”ギルガメッシュ”の宝具が強化された。

ハーゲンダッツ、これまで冬季限定だった“ラムレーズン”が待望の通年販売開始!

ハーゲンダッツ ジャパンは、ハーゲンダッツ ミニカップ“ラムレーズン”を2020年8月4日(火)より発売。これまで冬季限定として売られていた同商品だが、今後は通年販売となる。

『あつ森』イラストレーター・カナヘイ氏が法被や浴衣のマイデザインを公開。日曜開催の花火大会にぴったり【あつまれ どうぶつの森】

Nitendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』において、人気イラストレーターのカナヘイ氏は、オリジナルキャラクター“ピンクのうさぎ”と“ピスケ”をモチーフにした法被のマイデザインを公開した。

アマゾンプライムビデオ、おすすめアニメ・映画まとめ。アマプラで人気の作品をチェック!【随時更新】

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)のオススメ作品をレビュー! ※アマゾンプライムビデオの情報は記事制作時のものです。

『FF7 アドベントチルドレン』ピアノソロスコアが再販売。“ティファのテーマ”、“片翼の天使”など全11曲を収載。豪華カラーページも!

『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』のピアノスコア、“ピアノソロ ファイナルファンタジーVII ADVENT CHILDREN”が本日2020年8月9日より再販売。

映画『この世界の片隅に』NHKにて本日(8/9)放送。戦時下の暮らしを丁寧に描き胸を打つ名作

NHKは本日2020年8月9日(土)15時50分から、片渕須直監督のアニメ映画『この世界の片隅に』を放送する。

『グラブルVS』PV第19弾&第20弾を公開。ベリアルのセクシーすぎるバトルシーンをお見逃しなく!

サイゲームスの人気RPG『グランブルーファンタジー』の対戦アクションゲーム『グランブルーファンタジー ヴァーサス』(以下、『GBVS』)のPV第19弾と第20弾が同時に公開された。

『ロストアーク』8月13日21時から公式生配信を実施。クローズドβテストで募集したアンケートの結果などを発表

ゲームオンはPC用新作オンラインRPG『LOST ARK』において、2020年8月13日21時から公式生配信を実施する。