携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ルーカス・アーツも認めた――ダース・ベイダーとヨーダの『ソウルキャリバーIV』的モーション

ルーカス・アーツも認めた――ダース・ベイダーとヨーダの『ソウルキャリバーIV』的モーション
【CEDEC 2008】

2008/9/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●映画重視から『ソウルキャリバー』らしさ重視の開発へ

 

 2008年9月9日から11日まで、都内にある昭和女子大学で開催されたCESA デベロッパーズ カンファレンス 2008(CEDEC 2008)。本イベントは、社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する、国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンスだ。

 

 最終日となった2008年9月11日、バンダイナムコゲームスから発売中のプレイステーション3、Xbox 360用ソフト『ソウルキャリバーIV』に関するセッション“ソウルキャリバーシリーズのキャラクターアニメーション”が行われた。


▲セッションの冒頭には、コンテンツ制作本部 第1制作ディビジョン 第1制作ユニット アニメーション課の矢口善久氏より、『ソウルキャリバーIV』で使用されたツールなどの紹介も行われた。

 

▲ルーカス・アーツとの交渉では「『ソウルキャリバー』シリーズへの信頼と期待を実感した」と語る柴田氏。

 コンテンツ制作本部 第1制作ディビジョン 第1制作ユニット アニメーション課 アシスタントマネージャーの柴田裕介氏から語られたのは、映画『スターウォーズ』シリーズからゲストキャラクターとして登場した“ダース・ベイダー”と“ヨーダ”の制作秘話について。

 同氏によれば、これらのキャラクターがゲームに登場することになったそもそものきっかけは、「ダース・ベイダーやヨーダが『ソウルキャリバー』のキャラクターたちと戦ったらワクワクしませんか?」と漠然とした希望を抱いたところからなのだという。思い立ったが吉日といった具合にさっそく、このアイデアを提案したところ社内からは、おおむね好意的な反応が。その後、柴田氏を含む『ソウルキャリバーIV』開発チームの主要メンバーが、2007年6月にルーカス・アーツを訪問。「非常に好意的で協力的」(柴田)にバンダイナムコゲームスからの提案は受け入れられ、晴れてダース・ベイダーとヨーダの制作がスタートしたのだ。
 

 ちなみに、柴田氏らは当初、ルーカス・アーツからのきびしいチェックを覚悟していたそうだが、交渉がスタートすると“特別な事例を作らず、『ソウルキャリバー』の世界観に合わせて作ってほしい”と、予想外の反応が返ってきたという。世界的に知られる『ソウルキャリバー』シリーズにおいて、ルーカス・アーツは“お客さん”扱いされることを望んでいなかったというわけだ。

 とは言え、世界中に熱狂的ファンを抱える『スター・ウォーズ』のキャラクターたち。柴田氏らはルーカス・アーツの気持ちを理解しつつも、当初は基本的には映画版の姿を踏襲する形でモーション作成を行ったという。しかし、このスタンスで作った場合、外見、動きの両方が特徴的なヨーダはあまり問題ないが、ダース・ベイダーに関しては「映画ではあまり動かないし、ましてや蹴りなどはしたことすらない」(柴田)といった理由から、ゲーム的にかなり問題のあるキャラクターになってしまうことが明らかになる。そこで柴田氏らはダース・ベイダーの制作方針を“映画重視”から“『ソウルキャリバー』の世界観重視”へ変更し、大改造を敢行。


 映画ではほぼ直立不動だった構えが、足を半歩踏み出す好戦的な構えとなり、ライトセイバーによる攻撃にも、映画ではまず見られない大きく振りかぶるようなモーションが加えられた。一方でダース・ベイダーらしさを完全には失わせないための工夫として、横切りのモーションに“止め”の動作を挿入。これにより、ひとつひとつの攻撃に“重さ”を持たせ、ダース・ベイダーらしい威圧感を表現したのだ。


 一方のヨーダは、映画重視でモーションを作成しても、もとが特徴的なのでとくに問題なかった。が、体型的にゲームを成立させるのが難しい、体が小さいため攻撃時に迫力がないという問題が発生する。前者の体型に関しては、立っている状態のときでも上段攻撃が当たらない、投げ技を受けつけないといったヨーダだけの特例を設けることですぐに解決したそうだ。もうひとつ、攻撃時の迫力の問題は一風変わった手法で改善が行われた。それは、標準的な体格をしたキャラクターのモデルでヨーダ用のモーション作成を行い、その後作成したモーションデータをヨーダ用のモデルにをコンバートするというものだ。利点は言うまでもなく、モーションを設定する対象が大きくなった点。これにより、細やかで行き届いたアニメーション設定が可能となり、小さな体で迫力のある攻撃をくりだすヨーダが完成したのだ。


 ちなみに、ルーカス・アーツからのチェックで、モーションに関する修正はほとんどなく、逆に“非常によくできている”というお墨つきをもらうことができたのだという。


 柴田氏は最後に「『ソウルキャリバー』を作ってきたものは、“なんでそこまでやるの?”と周囲から思われるほどのスタッフのこだわりだと思います」と語り、セッションは幕となった。
 

【CEDEC 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『原由実の○○放送局 大盛』次回はラストアルバムの新曲を初公開!

声優・歌手として活躍する原由実さんのニコ生番組『原由実の○○放送局 大盛』第54回が、2018年2月21日(水)20時より配信開始。

『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』の“13人ライブ”ってどんなもの? 田中琴葉の到着を記念したプチ特集も【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年3月8日号(2018年2月22日発売)では、スマートフォン用アプリ 『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』の最新情報を掲載。

韓国のeスポーツ団体“KeSPA”のキーマンにインタビュー。eスポーツ隆盛の背景にあるのは、行政との連携【闘会議2018】

KeSPA(KOREA e-SPORTS ASSOCIATION)戦略事業担当のジャスティン・リー氏のインタビューをお届け。韓国においてeスポーツが発展した背景や、今後のKeSPAの目標などをうかがった。

『ロックマン クラシックス コレクション』 Nintendo Switch版が5月24日発売決定!

カプコンは、Nintendo Switch用ソフト『ロックマン クラシックス コレクション』シリーズを、2018年5月24日に発売することを明らかにした。

『グランブルーファンタジー』2月末のイベントやリミットボーナスについての情報をお届け!【先出し週刊ファミ通】

スマホやPCで遊べる話題沸騰のRPG『グランブルーファンタジー』。週刊ファミ通2018年3月8日号(2018年2月22日発売)では、同作の最新情報を月イチでお届けする連載企画“グランブルーファンタジー情報局 グラ通”の第20回を掲載。

『スーパーロボット大戦X』高河ゆん、浅井真紀がデザインした主人公たちとその乗機をお届け!!【先出し週刊ファミ通】

2018年2月22日発売の週刊ファミ通2018年3月8日号では、ついに判明した本作オリジナルの主人公たちを一挙掲載! アニメ作品のロボット13機の、初公開となる戦闘シーンと合わせて紹介!!

『協撃 カルテットファイターズ』4人同時マルチプレイが楽しめるシューティングゲーム【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年3月8日号(2018年2月22日発売)では、協力が超アツイシューティングゲーム『協撃 カルテットファイターズ』の新作スクープを掲載。

『モンスターハンター:ワールド』狩猟の舞台は龍結晶の地へ! 亜種モンスターも徹底解析!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2018年3月8日号(2018年2月22日発売)では、カプコンのハンティングアクション最新作『モンスターハンター:ワールド』攻略企画第6回を掲載!

『New ガンダムブレイカー』ガンダムバルバトスルプスレクスを始めとする新規参戦機体をチェック!【先出し週刊ファミ通】

2018年2月22日発売の週刊ファミ通2018年3月8日号では、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』から初参戦となるガンプラ3体と、新システム“インナーフレーム”の詳細が明らかに!