携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 女性向け恋愛ゲーム“ネオロマンス”シリーズから見る、メディアミックス展開の驚くべき効果

女性向け恋愛ゲーム“ネオロマンス”シリーズから見る、メディアミックス展開の驚くべき効果
【CEDEC 2008】

2008/9/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●広がり続けるメディアミックス、その効果をデータで分析


 2008年9月9日から都内にある昭和女子大学で開催されているCESA デベロッパーズ カンファレンス 2008(CEDEC 2008)。本イベントは、社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する、国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンス。今年の“CEDEC 2008”は、東京都世田谷区にある昭和女子大学を会場に、2008年9月9日〜11日にかけて開催された。

▲松涛氏は2001年にコーエーへ入社して以来『遥かなる時空の中で』シリーズを中心にネオロマンス作品に関わり続けている。

 最終日となる2008年9月11日に、コーエーのソフトウェア3部に所属する松涛明子氏が“ネオロマンスシリーズ 〜女性向け恋愛ゲームとメディアミックス展開〜”と題したセッションを実施した。


 ネオロマンスシリーズは、『アンジェリーク』シリーズ、『遥かなる時空の中で』シリーズ、『金色のコルダ』、『ネオ アンジェリーク』シリーズから成る、コーエーの女性向け恋愛ゲームブランド。ゲーム以外にも、ドラマCD、マンガ、イベントなどさまざまな関連商品、企画がリリースされておりメディアミックス展開が盛んなことでも知られるシリーズだ。今回のセッションではこの戦略がソフトの売れ行きに与える影響などが語られた。

 

 松涛氏によれば、ネオロマンスシリーズは当初からメディアミックスを前提に作られた作品なのだという。そのため、『アンジェリーク』シリーズならば第1作目の発売直後にドラマCDを投入、『遥かなる時空の中で』、『金色のコルダ』はソフト発売に先駆けてマンガの連載をスタートさせるといった具合に、かなり早い段階から他媒体への展開が行われている。

 とくにゲーム発売に先駆けたメディアミックスには「ファンが十分に獲得できたところでゲームを投入する」(松涛)という狙いがあり、プロモーション活動も兼ねているとのことだ。
 

▲メディアミックスの話題へ入るまえには、ネオロマンスシリーズの歴史がスライドで紹介された。


 数多くあるメディアミックスの中で、もっとも大規模なのが各種イベント。ゲームの出演声優によるライブドラマ、歌、トークで構成される“ネオロマンスイベント”、『金色のコルダ』に登場する楽曲のクラシック演奏が披露される“ステラコンサート”、若手俳優による『遥かなる時空の中で』を題材にした舞台“ネオロマンスステージ”など、その内容は多彩で、作品ごとの住み分けも行われている。ネオロマンスシリーズ購入者などを対象にコーエーが運営するWebサイト“GAMECITY”で実施されたアンケートでも、これらの各種イベントが購入意欲プラスのきっかけになったという声は非常に多いそうで、ソフトの売れ行き拡大に大きく貢献しているのは間違いないようだ。
 

▲イベントの開催頻度は2ヵ月に1回程度。間を置かず、定期的に開催することでファンの熱を冷まさない効果も期待できる。


 松涛氏はそのほかに、新規ユーザーの獲得という点ではマンガの連載がもっとも効果的、テレビアニメを観た人と観ない人では続編の購入率に大きな差が出るといったデータを提示。それらを踏まえたうえで、メディアミックス展開によってユーザーの購入意欲は45〜65パーセント程度上昇すると結論づけた。


▲アンケート結果をもとに、購入意欲をそそられたコンテンツをグラフ化。各グラフの黒色の部分は、初めてネオロマンスシリーズを購入した人の回答割合。全体で見た場合はイベント(上から2番目)がトップだが、新規購入者の割合ではマンガの連載(上から3番目と4番目)がきっかけとなった人が圧倒的に多い。


 一方で、メディアミックスの成功で事業全体が拡大し、各部門が独立して動けるようになると、コンテンツごとの統一感が失われてしまう危惧もあるという。そういった事態を防ぐためには、部門を横断したコミュニケーション、総合的なコンテンツの計画およびスケジューリングが必要であると松涛氏は提言。メディアミックス事業を総括するプロデューサーなどを設置し、いかにコンテンツビジネスとしての向上を図れるかどうかが、今後の課題であるとした。

▲広がり続けるネオロマンスシリーズのメディアミックス戦略。今後は各コンテンツ間の意思疎通が重要となってくる。


【CEDEC 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ドラゴンボール ゼノバース2』オンライン大会“キャラクター一武道会”3月28日からはセル(完全体)や超17号が登場!

バンダイナムコエンターテインメントは、発売中のプレイステーション4用ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2』にて開催中のオンライン大会“キャラクター一武道会”に関する新たな情報を公表した。

『モンスターハンターダブルクロス』×『美少女戦士セーラームーン』コラボDLCが配信開始、素材を集めてルナになりきれ

カプコンは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンターダブルクロス』について、『美少女戦士セーラームーン』とのコラボコンテンツなどを、本日2017年3月24日より配信開始した。

『フューチャーカード バディファイト 目指せ! バディチャンピオン!』新たなゲームプレイムービー3本が公開

フリューは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『フューチャーカード バディファイト 目指せ! バディチャンピオン!』について、新たなゲームプレイムービーを3本公開した。

『モンスターハンターダブルクロス』3月26日にM.S.S Projectを迎えて特番が配信決定、“リアル集会所”は本日プレオープン

カプコンは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンターダブルクロス』について、発売記念特番を、2017年3月26日(日)13時よりYouTube Live、FRESH!、Twitch、ニコニコ生放送にて配信する。

『仁王』 やり込み甲斐のある10のミッションなどが追加される無料アップデートを本日3月24日より配信

コーエーテクモゲームスは、PS4用ソフト『仁王』について、無料アップデートを本日2017年3月24日より配信開始した。

『モンスターハンター ストーリーズ』伝説のモンスター“終焉の黒龍”が登場するサブクエストが配信開始

カプコンは、発売中のニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンター ストーリーズ』について、新たなダウンロードコンテンツを配信開始した。

『GRAVITY DAZE 2』大型DLC“クロウの帰結”をプレイして思うこと――“空に落ちる感覚”の偉大さや、“これ以上はない”と思う完結の形について語る

『GRAVITY DAZE 2』の大型DLC“Alternative Side :時の箱舟 - クロウの帰結”の配信を記念し、シリーズをすべて遊んできたライター・ウワーマンによるプレイインプレッションをお届け。改めて、『GRAVITY DAZE』シリーズの魅力について語る。

『ロックマンDASH』ロック・ヴォルナットのアクションフィギュアが登場!

カプコンは、『ロックマンDASH』の主人公、ロック・ヴォルナットのアクションフィギュアを2017年7月に発売すると発表した。

『魔神少女 エピソード3 -勇者と愚者-』キャラクター声優公開オーディションが開催決定

フライハイワークスは、2017年配信予定のニンテンドー3DSダウンロードソフト『魔神少女 エピソード3 -勇者と愚者-』のキャラクター声優公開オーディションを開催することを発表した。

『仮面ライダーカブト』地獄兄弟の変身ベルトが大人向けにハイスペックで商品化!

『仮面ライダーカブト』に登場する地獄兄弟(矢車想・影山瞬)の変身ツール“ホッパーゼクター”を大人のための変身ベルトシリーズより商品化した“COMPLETE SELECTION MODIFICATION HOPPERZECTER”が発売決定。