携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 女性向け恋愛ゲーム“ネオロマンス”シリーズから見る、メディアミックス展開の驚くべき効果

女性向け恋愛ゲーム“ネオロマンス”シリーズから見る、メディアミックス展開の驚くべき効果
【CEDEC 2008】

2008/9/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●広がり続けるメディアミックス、その効果をデータで分析


 2008年9月9日から都内にある昭和女子大学で開催されているCESA デベロッパーズ カンファレンス 2008(CEDEC 2008)。本イベントは、社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する、国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンス。今年の“CEDEC 2008”は、東京都世田谷区にある昭和女子大学を会場に、2008年9月9日〜11日にかけて開催された。

▲松涛氏は2001年にコーエーへ入社して以来『遥かなる時空の中で』シリーズを中心にネオロマンス作品に関わり続けている。

 最終日となる2008年9月11日に、コーエーのソフトウェア3部に所属する松涛明子氏が“ネオロマンスシリーズ 〜女性向け恋愛ゲームとメディアミックス展開〜”と題したセッションを実施した。


 ネオロマンスシリーズは、『アンジェリーク』シリーズ、『遥かなる時空の中で』シリーズ、『金色のコルダ』、『ネオ アンジェリーク』シリーズから成る、コーエーの女性向け恋愛ゲームブランド。ゲーム以外にも、ドラマCD、マンガ、イベントなどさまざまな関連商品、企画がリリースされておりメディアミックス展開が盛んなことでも知られるシリーズだ。今回のセッションではこの戦略がソフトの売れ行きに与える影響などが語られた。

 

 松涛氏によれば、ネオロマンスシリーズは当初からメディアミックスを前提に作られた作品なのだという。そのため、『アンジェリーク』シリーズならば第1作目の発売直後にドラマCDを投入、『遥かなる時空の中で』、『金色のコルダ』はソフト発売に先駆けてマンガの連載をスタートさせるといった具合に、かなり早い段階から他媒体への展開が行われている。

 とくにゲーム発売に先駆けたメディアミックスには「ファンが十分に獲得できたところでゲームを投入する」(松涛)という狙いがあり、プロモーション活動も兼ねているとのことだ。
 

▲メディアミックスの話題へ入るまえには、ネオロマンスシリーズの歴史がスライドで紹介された。


 数多くあるメディアミックスの中で、もっとも大規模なのが各種イベント。ゲームの出演声優によるライブドラマ、歌、トークで構成される“ネオロマンスイベント”、『金色のコルダ』に登場する楽曲のクラシック演奏が披露される“ステラコンサート”、若手俳優による『遥かなる時空の中で』を題材にした舞台“ネオロマンスステージ”など、その内容は多彩で、作品ごとの住み分けも行われている。ネオロマンスシリーズ購入者などを対象にコーエーが運営するWebサイト“GAMECITY”で実施されたアンケートでも、これらの各種イベントが購入意欲プラスのきっかけになったという声は非常に多いそうで、ソフトの売れ行き拡大に大きく貢献しているのは間違いないようだ。
 

▲イベントの開催頻度は2ヵ月に1回程度。間を置かず、定期的に開催することでファンの熱を冷まさない効果も期待できる。


 松涛氏はそのほかに、新規ユーザーの獲得という点ではマンガの連載がもっとも効果的、テレビアニメを観た人と観ない人では続編の購入率に大きな差が出るといったデータを提示。それらを踏まえたうえで、メディアミックス展開によってユーザーの購入意欲は45〜65パーセント程度上昇すると結論づけた。


▲アンケート結果をもとに、購入意欲をそそられたコンテンツをグラフ化。各グラフの黒色の部分は、初めてネオロマンスシリーズを購入した人の回答割合。全体で見た場合はイベント(上から2番目)がトップだが、新規購入者の割合ではマンガの連載(上から3番目と4番目)がきっかけとなった人が圧倒的に多い。


 一方で、メディアミックスの成功で事業全体が拡大し、各部門が独立して動けるようになると、コンテンツごとの統一感が失われてしまう危惧もあるという。そういった事態を防ぐためには、部門を横断したコミュニケーション、総合的なコンテンツの計画およびスケジューリングが必要であると松涛氏は提言。メディアミックス事業を総括するプロデューサーなどを設置し、いかにコンテンツビジネスとしての向上を図れるかどうかが、今後の課題であるとした。

▲広がり続けるネオロマンスシリーズのメディアミックス戦略。今後は各コンテンツ間の意思疎通が重要となってくる。


【CEDEC 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『World of Tanks Console』架空戦記が楽しめる!? ストーリー形式コンテンツ“WAR STORIES”が8月22日に実装

オンラインタンクバトル『World of Tanks Console』に、2017年8月22日に新コンテンツ“WAR STORIES”が実装される。その概要が明らかとなった。

『プチコン3号 Smile BASIC』が欧州やオーストラリア、ニュージーランドなど33地域に向けて配信開始

スマイルブームは、ニンテンドー3DSシリーズ専用ソフト『プチコン3号 Smile BASIC』を、2017年8月17日に欧州およびオーストラリア、ニュージーランドを含む33の地域に向けてNintendo eShopでのオンライン販売を開始した。

『GET EVEN』の緊迫感をリアルに体験できるコンテンツが“なぞともカフェ”に登場! 先行体験リポートをお届け

一人称スリラーアドベンチャーゲーム『GET EVEN』の緊迫感をリアルに体験できる謎ときコンテンツが、謎とき体験施設“なぞともカフェ”、“スペースクリエイト 自遊空間”で、2017年8月18日よりスタートする。一般公開に先駆けて体験したリポートをお届け。

『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』8月23日開催の“チーム対抗LEGO ワールド選手権大会”の詳細が判明 スペシャルゲストは小島よしお

ワーナー ブラザース ジャパンは発売中のプレイステーション4用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』の“チーム対抗LEGO ワールド選手権大会”において、決勝大会への進出チームと8月23日に行われる決勝大会の詳細を発表した。

プレイステーション4、システムソフトウェアアップデート“バージョン5.00 NOBUNAGA(ノブナガ)”が配信決定

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション4の次回の大型システムソフトウェアアップデート“バージョン5.00 NOBUNAGA(ノブナガ)”を、日本国内向けにて提供することを発表した。

ChinaJoyでみつけたちょっと過激なアジアンビューティー&イケメンさん 2017年版【ChinaJoy 2017】

ChinaJoyにおけるファミ通.comの恒例企画、“ChinaJoyでみつけたちょっと過激なアジアンビューティー”をお届け。今年はプラスアルファもあります!

記憶を消してもう1回遊びたい衝撃作『UNDERTALE』プレイインプレッション

2017年8月16日に配信を開始した話題のインディーゲーム『UNDERTALE』のプレイインプレッションをお届けする。

『ガンダムトライエイジ』の“第2回スコアアタック全国大会”リポート “3+1”が生み出した新たな対戦セオリー

2017年8月6日、東京、バンダイナムコ未来研究所にて、バンダイのデータカードダス、『ガンダムトライエイジ』の“第2回スコアアタック全国大会”が開催された。ここではその大会結果とイベントの模様をお届けする。

第36回浅草サンバカーニバルにガンホー・アミーゴスが参戦! ダンスも音楽もパワーアップして浅草の街に降臨!

2017年8月17日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、8月26日に開催される“第36回浅草サンバカーニバル”に出場することを発表した。