携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 女性向け恋愛ゲーム“ネオロマンス”シリーズから見る、メディアミックス展開の驚くべき効果

女性向け恋愛ゲーム“ネオロマンス”シリーズから見る、メディアミックス展開の驚くべき効果
【CEDEC 2008】

2008/9/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●広がり続けるメディアミックス、その効果をデータで分析


 2008年9月9日から都内にある昭和女子大学で開催されているCESA デベロッパーズ カンファレンス 2008(CEDEC 2008)。本イベントは、社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する、国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンス。今年の“CEDEC 2008”は、東京都世田谷区にある昭和女子大学を会場に、2008年9月9日〜11日にかけて開催された。

▲松涛氏は2001年にコーエーへ入社して以来『遥かなる時空の中で』シリーズを中心にネオロマンス作品に関わり続けている。

 最終日となる2008年9月11日に、コーエーのソフトウェア3部に所属する松涛明子氏が“ネオロマンスシリーズ 〜女性向け恋愛ゲームとメディアミックス展開〜”と題したセッションを実施した。


 ネオロマンスシリーズは、『アンジェリーク』シリーズ、『遥かなる時空の中で』シリーズ、『金色のコルダ』、『ネオ アンジェリーク』シリーズから成る、コーエーの女性向け恋愛ゲームブランド。ゲーム以外にも、ドラマCD、マンガ、イベントなどさまざまな関連商品、企画がリリースされておりメディアミックス展開が盛んなことでも知られるシリーズだ。今回のセッションではこの戦略がソフトの売れ行きに与える影響などが語られた。

 

 松涛氏によれば、ネオロマンスシリーズは当初からメディアミックスを前提に作られた作品なのだという。そのため、『アンジェリーク』シリーズならば第1作目の発売直後にドラマCDを投入、『遥かなる時空の中で』、『金色のコルダ』はソフト発売に先駆けてマンガの連載をスタートさせるといった具合に、かなり早い段階から他媒体への展開が行われている。

 とくにゲーム発売に先駆けたメディアミックスには「ファンが十分に獲得できたところでゲームを投入する」(松涛)という狙いがあり、プロモーション活動も兼ねているとのことだ。
 

▲メディアミックスの話題へ入るまえには、ネオロマンスシリーズの歴史がスライドで紹介された。


 数多くあるメディアミックスの中で、もっとも大規模なのが各種イベント。ゲームの出演声優によるライブドラマ、歌、トークで構成される“ネオロマンスイベント”、『金色のコルダ』に登場する楽曲のクラシック演奏が披露される“ステラコンサート”、若手俳優による『遥かなる時空の中で』を題材にした舞台“ネオロマンスステージ”など、その内容は多彩で、作品ごとの住み分けも行われている。ネオロマンスシリーズ購入者などを対象にコーエーが運営するWebサイト“GAMECITY”で実施されたアンケートでも、これらの各種イベントが購入意欲プラスのきっかけになったという声は非常に多いそうで、ソフトの売れ行き拡大に大きく貢献しているのは間違いないようだ。
 

▲イベントの開催頻度は2ヵ月に1回程度。間を置かず、定期的に開催することでファンの熱を冷まさない効果も期待できる。


 松涛氏はそのほかに、新規ユーザーの獲得という点ではマンガの連載がもっとも効果的、テレビアニメを観た人と観ない人では続編の購入率に大きな差が出るといったデータを提示。それらを踏まえたうえで、メディアミックス展開によってユーザーの購入意欲は45〜65パーセント程度上昇すると結論づけた。


▲アンケート結果をもとに、購入意欲をそそられたコンテンツをグラフ化。各グラフの黒色の部分は、初めてネオロマンスシリーズを購入した人の回答割合。全体で見た場合はイベント(上から2番目)がトップだが、新規購入者の割合ではマンガの連載(上から3番目と4番目)がきっかけとなった人が圧倒的に多い。


 一方で、メディアミックスの成功で事業全体が拡大し、各部門が独立して動けるようになると、コンテンツごとの統一感が失われてしまう危惧もあるという。そういった事態を防ぐためには、部門を横断したコミュニケーション、総合的なコンテンツの計画およびスケジューリングが必要であると松涛氏は提言。メディアミックス事業を総括するプロデューサーなどを設置し、いかにコンテンツビジネスとしての向上を図れるかどうかが、今後の課題であるとした。

▲広がり続けるネオロマンスシリーズのメディアミックス戦略。今後は各コンテンツ間の意思疎通が重要となってくる。


【CEDEC 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ポケとる』アローラ地方に登場するポケモンたちが出現中、伝説のポケモン・ソルガレオが新登場

ポケモンは、配信中のニンテンドー3DS用ダウンロードソフト『ポケとる』について、2017年5月30日よりアローラ地方に登場するポケモンたちが出現する、ゲーム内イベントを開始した。

Tokyo RPG Factoryが贈る完全新作RPG『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』が発表、PS4とNintendo Switchで2017年秋発売

スクウェア・エニックスは本日2017年5月30日に、完全新作RPG『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を発表した。対応ハードはプレイステーション4、Nintendo Switchで、2017年秋発売を予定している。

HORI、Nintendo Switch対応“リアルアーケードPro.V HAYABUSA”を2017年7月発売

HORIは、Nintendo Switch対応アーケードスティック“リアルアーケードPro.V HAYABUSA for Nintendo Switch”を、2017年7月に発売する。価格は16178円[税込]。

『大航海時代 Online』Liveイベント“聖アントニオ祭 〜リスボンクイズパレード!〜”が6月6日より開催

コーエーテクモゲームスは、サービス中のプレイステーション4、プレイステーション3、PC用ソフト『大航海時代 Online』について、2017年6月6日から6月20日までの期間限定で、ゲーム内イベント“聖アントニオ祭 〜リスボンクイズパレード!〜”を開催する。

コンパイルハートの美少女が登場する目覚ましアプリ『神次元アプリ ネプテューヌ』が『まいにちコンパイルハート』にリニューアル

コンパイルハートは、App StoreとGoogle Playにて配信中の『神次元アプリ ネプテューヌ』を、『まいにちコンパイルハート』と名称を改め、2017年5月26日よりリニューアル配信を開始した。また配信記念として、同社のゲームソフトや関連グッズが当たるキャンペーンを実施している。

“ちょいカプTV!5月号<カプコンTV!番外編> リニューアル直前スペシャル”が5月31日19時より生放送決定

カプコンは、2017年5月31日19時より、“ちょいカプTV!5月号<カプコンTV!番外編> リニューアル直前スペシャル”をYouTube Liveにて生放送することを発表した。

ゲームコミュニティ“DEKKI”にて『グウェント ウィッチャーカードゲーム』カード検索・デッキ構築サービスが開始

プレイブレーンが開発・運営するゲームコミュニティ“DEKKI”にて、サービス中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のカード検索・デッキ構築サービスが開始された。

出演企業の募集開始!第3回企業対抗戦(残業編)は『くにおくん』【闘ch】

“闘.ch”の番組内で実施している企業対抗戦 残業編。今回は“企業対抗戦 残業編〜アジェンダはくにおくん〜”と題し、2017年7月26日に放送予定の“闘ch in【闘TV】”で闘う出演企業の募集を開始!

『NieR:Automata』の世界累計出荷・ダウンロード販売本数が150万本を突破

スクウェア・エニックスから発売中のプレイステーション4、Steam向けアクションRPG『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の世界累計出荷・ダウンロード販売本数が、150万本を突破したことを公式Twitterアカウントが明らかにした。

PS Vita版『イース・オリジン』が配信開始、PS4版ユーザーは100円で追加購入可能!

DotEmuは、日本ファルコムがPC用ソフトとして発売した『イース・オリジン』のプレイステーション Vita版を2017年5月30日より配信開始した。価格は2200円[税込]で、2017年2月にリリースされたプレイステーション4版を購入している人は、100円[税込]にて追加購入が可能となっている。