携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 女性向け恋愛ゲーム“ネオロマンス”シリーズから見る、メディアミックス展開の驚くべき効果

女性向け恋愛ゲーム“ネオロマンス”シリーズから見る、メディアミックス展開の驚くべき効果
【CEDEC 2008】

2008/9/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●広がり続けるメディアミックス、その効果をデータで分析


 2008年9月9日から都内にある昭和女子大学で開催されているCESA デベロッパーズ カンファレンス 2008(CEDEC 2008)。本イベントは、社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する、国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンス。今年の“CEDEC 2008”は、東京都世田谷区にある昭和女子大学を会場に、2008年9月9日〜11日にかけて開催された。

▲松涛氏は2001年にコーエーへ入社して以来『遥かなる時空の中で』シリーズを中心にネオロマンス作品に関わり続けている。

 最終日となる2008年9月11日に、コーエーのソフトウェア3部に所属する松涛明子氏が“ネオロマンスシリーズ 〜女性向け恋愛ゲームとメディアミックス展開〜”と題したセッションを実施した。


 ネオロマンスシリーズは、『アンジェリーク』シリーズ、『遥かなる時空の中で』シリーズ、『金色のコルダ』、『ネオ アンジェリーク』シリーズから成る、コーエーの女性向け恋愛ゲームブランド。ゲーム以外にも、ドラマCD、マンガ、イベントなどさまざまな関連商品、企画がリリースされておりメディアミックス展開が盛んなことでも知られるシリーズだ。今回のセッションではこの戦略がソフトの売れ行きに与える影響などが語られた。

 

 松涛氏によれば、ネオロマンスシリーズは当初からメディアミックスを前提に作られた作品なのだという。そのため、『アンジェリーク』シリーズならば第1作目の発売直後にドラマCDを投入、『遥かなる時空の中で』、『金色のコルダ』はソフト発売に先駆けてマンガの連載をスタートさせるといった具合に、かなり早い段階から他媒体への展開が行われている。

 とくにゲーム発売に先駆けたメディアミックスには「ファンが十分に獲得できたところでゲームを投入する」(松涛)という狙いがあり、プロモーション活動も兼ねているとのことだ。
 

▲メディアミックスの話題へ入るまえには、ネオロマンスシリーズの歴史がスライドで紹介された。


 数多くあるメディアミックスの中で、もっとも大規模なのが各種イベント。ゲームの出演声優によるライブドラマ、歌、トークで構成される“ネオロマンスイベント”、『金色のコルダ』に登場する楽曲のクラシック演奏が披露される“ステラコンサート”、若手俳優による『遥かなる時空の中で』を題材にした舞台“ネオロマンスステージ”など、その内容は多彩で、作品ごとの住み分けも行われている。ネオロマンスシリーズ購入者などを対象にコーエーが運営するWebサイト“GAMECITY”で実施されたアンケートでも、これらの各種イベントが購入意欲プラスのきっかけになったという声は非常に多いそうで、ソフトの売れ行き拡大に大きく貢献しているのは間違いないようだ。
 

▲イベントの開催頻度は2ヵ月に1回程度。間を置かず、定期的に開催することでファンの熱を冷まさない効果も期待できる。


 松涛氏はそのほかに、新規ユーザーの獲得という点ではマンガの連載がもっとも効果的、テレビアニメを観た人と観ない人では続編の購入率に大きな差が出るといったデータを提示。それらを踏まえたうえで、メディアミックス展開によってユーザーの購入意欲は45〜65パーセント程度上昇すると結論づけた。


▲アンケート結果をもとに、購入意欲をそそられたコンテンツをグラフ化。各グラフの黒色の部分は、初めてネオロマンスシリーズを購入した人の回答割合。全体で見た場合はイベント(上から2番目)がトップだが、新規購入者の割合ではマンガの連載(上から3番目と4番目)がきっかけとなった人が圧倒的に多い。


 一方で、メディアミックスの成功で事業全体が拡大し、各部門が独立して動けるようになると、コンテンツごとの統一感が失われてしまう危惧もあるという。そういった事態を防ぐためには、部門を横断したコミュニケーション、総合的なコンテンツの計画およびスケジューリングが必要であると松涛氏は提言。メディアミックス事業を総括するプロデューサーなどを設置し、いかにコンテンツビジネスとしての向上を図れるかどうかが、今後の課題であるとした。

▲広がり続けるネオロマンスシリーズのメディアミックス戦略。今後は各コンテンツ間の意思疎通が重要となってくる。


【CEDEC 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ハースストーン』陽気で魔法に満ちた舞台“ハース・ストーンブルー”の暖かな酒場の物語を描く短編アニメーションが公開

Blizzard Entertainmentは、サービス中のオンラインカードゲーム『ハースストーン』において、陽気で魔法に満ちた舞台であるハース・ストーンブルーの暖かな酒場の物語を連作の短編アニメーションおよびコミックシリーズをとおして紐解く、第一作目「炉端においでよ」を公開した。

PS4『コール オブ デューティ ワールドウォーII』先行ベータのプリロードが開始 新マップ“Flak”と、制作スタッフvsプロゲーマーのエキシビション映像もお披露目

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、2017年11月3日(金)に発売予定のFPS『コールオブ デューティ ワールドウォーII』について、プレイステーション4にて実施予定の先行ベータのダウンロード開始およびベータ紹介映像を公開した。

『オーバーウォッチ』メイが主役の短編アニメ“Rise and Shine”が公開

Blizzard Entertainmentは、『オーバーウォッチ』について、短編アニメーション作品“Rise and Shine”を公開した。

『モノポリー for Nintendo Switch』の発売日が2017年11月9日に決定

ユービーアイソフトは、Nintendo Switch用ソフト『モノポリー for Nintendo Switch』の発売日を2017年11月9日に決定した。価格は4800円[税抜]。

『WHITEDAY〜学校という名の迷宮〜』恋愛要素を取り入れた異色のホラーADVが発売!

アークシステムワークスは、プレーステーション4用ソフト『WHITEDAY〜学校という名の迷宮〜』の販売を開始した。

『シェンムーIII』鈴木裕氏がファンと直接交流、“Meeting & Greeting”を開催【gamescom 2017】

2017年8月22日〜26日(現地時間)、ドイツ・ケルンメッセにて、ヨーロッパ最大のゲームイベントgamescom 2017が開催。同イベントのDeep Silverでは、『シェンムーIII』ディレクター 鈴木裕氏による“Meeting & Greeting”が行われた。

『スプラトゥーン2』国内推定累計販売本数が100万本を突破、購入者・プレイヤーは10代男性が最多

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、任天堂より2017年7月21日に発売されたNintendo Switch向けソフト『スプラトゥーン2』の国内推定累計販売本数を発表した。

『MHXX Nintendo Switch Ver.』 ハンターやニャンターのアクションを紹介! スペシャル動画企画第3回も公開

カプコンは、2017年8月25日発売予定のNintendo Switch用ソフト『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』について、最新情報を公開した。

『ソニックフォース』の発売日が11月9日に決定、進化を遂げた3Dアクション

セガゲームスは、『ソニック』シリーズ最新作となる『ソニックフォース』の発売日が、2017年11月9日に決定したことを発表した。

『Space Junkies』ユービーアイソフトの新作VRタイトルは、宇宙を舞台にしたハイスピードシューターだった【gamescom 2017】

会期中に、ユービーアイソフトの『Space Junkies』を体験する機会があった。『Space Junkies』というと、記者には聞き慣れないタイトルだったのだが、同社にて開発中のHTC Vive、Oculus Rift向けのVRタイトル。