携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ”『龍が如く』から見るタイトルプロデュースの今後”を名越稔洋氏が語る

”『龍が如く』から見るタイトルプロデュースの今後”を名越稔洋氏が語る
【CEDEC 2008】

2008/9/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『龍が如く』というタイトルから名越氏が気づいたこととは?

 

 2008年9月9日から都内にある昭和女子大学で開催されているCESA デベロッパーズ カンファレンス 2008(CEDEC 2008)。本イベントは、社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が主催する、国内最大級のゲーム開発者向けカンファレンス。

 

 最終日の2008年9月11日、『龍が如く』シリーズなどでおなじみの名越稔洋氏(セガ R&Dクリエイティブオフィサー)が、セッション“『龍が如く』が生み出すタイトルプロデュースの未来”を行った。

 

▲「いま考えているゲームアイデアが、2年後に受け入れられるか? そう考えているプロデューサーは日本では少ないが、海外ではゲーム業界だけでなくあらゆる市場の2年後を考え、それらをつむいだ未来を見据えた考えかたをする」と、プロデューサーについて語る名越氏。

 

 海外のゲーム市場が拡大を続け、国内のゲーム市場よりも規模の大きい産業になっている中で、制作側としては海外展開も視野に入れたゲーム作りを意識する。しかし、名越氏は、『龍が如く』を作っているときは「物事を絞って考えるようにしている」という。海外版を含めた開発では、どうしても海外向けの議論になってしまい、「僕個人の意見ですが、それではいい内容にはならないと思うんです」(名越)。作る側も日本人なら、遊ぶ側も日本人だから、日本人を喜ばせるものにしたい。そして“海外の意見は聞かない”、“子供(のファン)はいらない”、“女性(ファン)が遊ばない”と、考えを絞って『龍が如く』は作られた。そんな中、女性が遊ばなさそうな内容なのに女性ファンが多かったこと、購入したユーザーの30パーセントが45歳以上だったことなど、「意外なことに気づかされた」(名越)。

 

 ポイントを絞って開発した『龍が如く』だが、当初は「社内で応援してくれる人がいなかった」と名越氏は振り返る。セガではソフトをリリースするまえに、社内で審査会が行われるという。そのとき、“『龍が如く』がどのくらい売れるか?”という話題になり、「10万本以上売れると言った人はひとりもいなかった」(名越)そうだが、「このタイトルがどれだけ売れるのか見てみたい」という声もあり、発売されることに。結果、初回に用意していた10万本は初週でなくなり、「これは足りない」と、好調な出足となった。

 

 裏社会にスポットを当てた世界や有名俳優の起用など、何かと惹きの強い作品である『龍が如く』。主人公の桐生一馬について、「いまの若い子たちのアンケートで、尊敬できるかっこいい大人がいないという結果を見た。そのとき、このゲームで尊敬できるかっこいい大人を描いてみようと思った」(名越)。また、「夜の街で、遠くの灯りを見たときにコンビニだとわかって、そこまで歩いていく。そういう視覚に訴えるゲームにしたかった」と、リアルに表現された『龍が如く』の繁華街に対するこだわりについて話した。そして、現在開発中の『龍が如く3』では、視覚に訴えかけるグラフィックも向上しており、「プレイステーション3でやってよかったと思う」と、最新作に手応えを感じている様子だった。

 

 『龍が如く』を手がけるうえで、ゲームの倫理問題も避けては通れない問題。「基本的に、バイオレンスとセクシャルを比べると、セクシャルのほうがうるさいんです。『龍が如く』もいろいろとおしかりを受けながら、審査が通るようにしていますが、ストーリー上、どうしても必要な言葉や表現もある。たとえば映画などで、残酷な殺されかたをするんですが、死に際に爆笑を誘うギャグを入れると、審査が緩くなることもある。だからパーツパーツを組み合わせて、なるべくこっちが表現したいことを残せるように倫理の審査と向き合っています」(名越)。

 

▲バイオレンスでセクシャルな要素もある『龍が如く』シリーズだが、「“クスリ”、“子供が死ぬ”。このふたつのキーワードは絶対にやりたくはない」と、自身のこだわりについて触れた。

 

 現在のゲーム市場について。「本屋にはさまざまなジャンル、種類の本がたくさんあるように、ゲームショップにもさまざまなジャンル、種類のゲームがあるような市場にしないと、ゲームそのものが飽きられてしまうし、売れなくなればメーカーも開発費を出しづらくなる」と、かつて『龍が如く』が新規タイトルとして登場したように、新しいジャンル、新しいタイトルを生み出し、ゲームの幅を広げることが重要とした。そのためには、「メーカーは柱となるゲームがあると、そのゲームに対する投資に力を入れてしまうんですが、柱になっているということはそのゲームはすでにピークなんだと思う。本当は新規タイトルに投資をするべき」(名越)と、ユーザーのゲームに対する期待が膨らむようにプロデュースしていかなければと語った。

 

▲受講者からの質疑応答の時間で、多くの質問に答えた名越氏。「名越さんの外見と『龍が如く』のイメージがリンクしていると感じるんですが、それは狙ってそうしているんですか?」という質問に、「狙っているといえば狙っていますが、もともと『龍が如く』のためにこういう風貌にしたんじゃないです。昔付き合っていた女性の影響です(笑)」と、ときにはユーモラスな回答も。

 

 このほか、ハードにはそれぞれカラーがあるため、マルチプラットフォームという路線はあまりよくないとし、ハードごとに絞ったゲーム作りが必要であると語る名越氏。本当の意味でワールドワイドに受け入れられるのは作品単体ではなく“技術”であり、新しい技術を取り入れたものこそ、世界から注目されワールドワイドに受け入れられることなど、今後のゲーム開発に対する考えを示した。

 

※CEDEC 2008公式サイトはこちら

【CEDEC 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ポケとる』アローラ地方に登場するポケモンたちが出現中、伝説のポケモン・ソルガレオが新登場

ポケモンは、配信中のニンテンドー3DS用ダウンロードソフト『ポケとる』について、2017年5月30日よりアローラ地方に登場するポケモンたちが出現する、ゲーム内イベントを開始した。

Tokyo RPG Factoryが贈る完全新作RPG『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』が発表、PS4とNintendo Switchで2017年秋発売

スクウェア・エニックスは本日2017年5月30日に、完全新作RPG『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を発表した。対応ハードはプレイステーション4、Nintendo Switchで、2017年秋発売を予定している。

HORI、Nintendo Switch対応“リアルアーケードPro.V HAYABUSA”を2017年7月発売

HORIは、Nintendo Switch対応アーケードスティック“リアルアーケードPro.V HAYABUSA for Nintendo Switch”を、2017年7月に発売する。価格は16178円[税込]。

『大航海時代 Online』Liveイベント“聖アントニオ祭 〜リスボンクイズパレード!〜”が6月6日より開催

コーエーテクモゲームスは、サービス中のプレイステーション4、プレイステーション3、PC用ソフト『大航海時代 Online』について、2017年6月6日から6月20日までの期間限定で、ゲーム内イベント“聖アントニオ祭 〜リスボンクイズパレード!〜”を開催する。

コンパイルハートの美少女が登場する目覚ましアプリ『神次元アプリ ネプテューヌ』が『まいにちコンパイルハート』にリニューアル

コンパイルハートは、App StoreとGoogle Playにて配信中の『神次元アプリ ネプテューヌ』を、『まいにちコンパイルハート』と名称を改め、2017年5月26日よりリニューアル配信を開始した。また配信記念として、同社のゲームソフトや関連グッズが当たるキャンペーンを実施している。

“ちょいカプTV!5月号<カプコンTV!番外編> リニューアル直前スペシャル”が5月31日19時より生放送決定

カプコンは、2017年5月31日19時より、“ちょいカプTV!5月号<カプコンTV!番外編> リニューアル直前スペシャル”をYouTube Liveにて生放送することを発表した。

ゲームコミュニティ“DEKKI”にて『グウェント ウィッチャーカードゲーム』カード検索・デッキ構築サービスが開始

プレイブレーンが開発・運営するゲームコミュニティ“DEKKI”にて、サービス中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『グウェント ウィッチャーカードゲーム』のカード検索・デッキ構築サービスが開始された。

出演企業の募集開始!第3回企業対抗戦(残業編)は『くにおくん』【闘ch】

“闘.ch”の番組内で実施している企業対抗戦 残業編。今回は“企業対抗戦 残業編〜アジェンダはくにおくん〜”と題し、2017年7月26日に放送予定の“闘ch in【闘TV】”で闘う出演企業の募集を開始!

『NieR:Automata』の世界累計出荷・ダウンロード販売本数が150万本を突破

スクウェア・エニックスから発売中のプレイステーション4、Steam向けアクションRPG『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の世界累計出荷・ダウンロード販売本数が、150万本を突破したことを公式Twitterアカウントが明らかにした。

PS Vita版『イース・オリジン』が配信開始、PS4版ユーザーは100円で追加購入可能!

DotEmuは、日本ファルコムがPC用ソフトとして発売した『イース・オリジン』のプレイステーション Vita版を2017年5月30日より配信開始した。価格は2200円[税込]で、2017年2月にリリースされたプレイステーション4版を購入している人は、100円[税込]にて追加購入が可能となっている。