携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> New Xbox Experienceで、Xbox360は新たなステージへ

New Xbox Experienceで、Xbox360は新たなステージへ
【Gamefest Japan 2008】

2008/9/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ハードディスクへの取り込みで、ロード時間40パーセント減を目指す


▲大型アップデート後のXbox 360のインターフェースについてそれぞれ解説した間中氏。

  2008年9月4日、5日の2日間にわたって、東京お台場のホテル グランパシフィック LE DAIBAで、マイクロソフトが主催するゲーム開発者向けの技術説明会“Gamefest Japan 2008”が開催されている。初日の4日、マイクロソフト ディベロップメント ホーム&エンターテイメント事業部・プラットフォーム開発統括部長の間中信一氏のセッション“New Xbox Experience: 進化するXbox プラットフォーム”では、2008年年末までを目処に実施されるXbox 360の大型アップデートで始まる“New Xbox Experience”の具体的な内容が明かされた。

 

 「Xbox 360を出して3年。当初のターゲットであるコアゲーマーから、カジュアルユーザーも視野に入れた展開のひとつがNew Xbox Experienceです」と、冒頭にインタフェースの大幅刷新の意義を語った間中氏。加えて、従来のインターフェース“ブレード”を大幅変更する理由のひとつに、マーケットプレースで扱う情報量の増大があると説明。「ブレードベースはいまの情報量に合っておらず、目的のコンテンツを見つけにくいところがある」(間中)。それを改善するために、コンテンツのサーチ機能が搭載予定であることを明かした。

▲大型アップデートにともないデザイン、機能の両面が大幅に変わるダッシュボード。なお、ガイドボタンを押せば従来のブレードデザインに近いデザインのインターフェースも使用可能だという。


 続けて語られたのはXbox 360ユーザーがもっとも興味を持っていると思われる、ハードディスクドライブへのゲームの取り込みに関して。これについて、間中氏は「ロード時間を平均で40パーセント短縮することが目標です」と具体的な数値を提示。加えて、ディスクの読み込みがなくなることで本体起動中の静音化も実現するといった利点も挙げ、大型アップデートにおける目玉のひとつであるとした。なお、ハードディスクへのデータを取り込んだあとも、ゲームディスクはタイトル起動時のチェックに使用される。違法コピー対策も万全というわけだ。

 どちらかと言えばコアゲーマー向けなハードというイメージを持たれがちなXbox 360。そのイメージをガラリと変える可能性を秘める“アバター”についても語られた。これはいまある“ゲーマーアイコン”に、よりカスタマイズ性を持たせさらに踏み込んだもの。自分に似たアバターを作る楽しみに加えて、ユニークなカスタマイズを楽しむ点も追求されている。顔のパーツだけでなく腕時計などのアイテムも装着可能で、それらの種類はサービス開始後も適時拡張予定。また、あくまで企画段階だが、間中氏によれば特定のゲームからのアイテム配布、ユーザーがアイテムを作成してそれをマーケットプレースで販売するという案もあるのだという。アバター自体の利用方法では、ユーザーの自己表現という基本部分に加えて、ゲーム内、ランキング画面、ロビーなどでの活用も視野にいれているとのことだ。


▲アバターでユーザーの自己表現の幅が広がる。また、いままで使用していたゲーマーアイコンに関しても何らかの形で継続利用ができよう検討中とのことだ。


▲ちなみに、別の時間帯に行われたマイクロソフトのBrendan Vanous氏のセッションでは、開発者向けにアバターの活用方法などが紹介された。


 Xbox 360の魅力を語るうえで外せないのが、Xbox LIVEを介したネットワークプレイ。しかし、「仲のいいフレンドとオンライン対戦を行う際、いままではひとりひとりInvite(招待)しなければいけませんでした」と間中氏が語るとおり、若干ストレスを感じる面があったのも事実。それを大きく改善するのが“Xbox LIVE パーティー”だ。これは新インターフェース内の“community”という項目に設置予定の新機能。イメージは“ゲームの待ち合わせ場所”で、Xbox LIVE パーティーに入ったメンバーをひとつのグループとして管理し、グループ単位でのLIVE対戦などを実現するもの。タイトルの変更にも対応しており、たとえば『Halo 3(ヘイロー 3)』をグループで遊んだあとに『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』へ同じグループでそのまま移動することも可能だ。現時点で参加人数は最大8人までを予定しているが、要望が多ければ参加可能人数の増加も検討するという。なお、このXbox LIVE パーティーではグループチャットも楽しむことができる。LIVE対戦愛好者にとっては、大型アップデートでもっとも注目の機能であると言ってもいいだろう。

▲LIVE対戦がより快適に、より楽しくなるXbox LIVE パーティー。


 最後に語られたのは、冒頭で間中氏がデザイン面において「いまの情報量に合っていない」と述べたマーケットプレースの変更点。まず、大型アップデートの時期に合わせてマーケットプレースがWebブラウザに対応することが明かされた。具体的にはXboxの公式サイト“Xbox.com”からプロモーション映像などのダウンロードが可能になる。PCだけでなく、フルブラウザ対応の携帯にも対応予定で「いつでも視聴、購入できる環境を提供する」(間中)ことが最大の目的だという。

 

 一方、Xbox 360上のマーケットプレースには、プレイ中のタイトルに関連したダウンロードコンテンツなどが優先的に表示されるといった、状況に合わせて利用な可能なコンテンツを提案する“Contextual Guide”が搭載される。これにより、ユーザーはいまいちばん必要な情報を簡単に得られ、メーカーもダウンロード数の増加が期待できるなど、双方にメリットが生まれそうだ。また、デザインはテキストベースからビジュアルベースに刷新される。これまでは目当てのコンテンツへ辿りつくにはいくつかの階層を下らなければならなかったが、アップデート後は関連項目が横に展開。表示が一元管理されることで、使いやすく、かつ最新の情報にユーザーの目が行きやすくなるというわけだ。

▲Xbox 360を起動しなくてもアクセスが可能になり、より身近になるマーケットプレース。間中氏はWebブラウザ対応に「日本のユーザーには気に入ってもらえるんじゃないでしょうか」と自信をうかがわせた。


【Gamefest Japan 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『デジモン』ウォーグレイモンの超変形フィギュアとデジヴァイスのセットが、光って鳴る台座付きで3000個限定発売

バンダイは、“超進化魂&デジヴァイスVer.15th コンプリートメモリーセット”の予約受付を、3000個限定で2017年5月29日(月)11時に公式ショッピングサイト“プレミアムバンダイ”で開始した。

『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』PS4版とNintendo Switch版の発売日が決定! βテスト参加者も募集!!

スクウェア・エニックスは、プレイステーション4とNintendo Switchでの発売を予定している『ドラゴンクエストX』について、追加パッケージをセットにした『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』の発売日を発表した。

クラブセガ秋葉原新館にウォーキングアトラクションVRゲーム『MORTAL BliTZ』が登場、ゲームセンターだからこそ体験できるVRコンテンツ

セガ エンタテインメントが運営するクラブセガ秋葉原新館にて、2017年5月31日(水)より、VRアトラクションを楽しめる施設“SEGA VR AREA AKIHABARA”が新規開設。第1弾アトラクションとして、VR ウォーキングアトラクション『MORTAL BLiTZ FOR WALKING ATTRACTION』が導入されることが発表された。

『原由実の○○放送局 大盛』次回はPS4版『パラッパラッパー』に挑戦!

声優・歌手として活躍する原由実さんがパーソナリティーを務めるニコニコ生放送『原由実の○○放送局 大盛』。次回は5月31日(水)20時より配信開始。

Tokyo RPG Factory公式サイトにて新規ビジュアルが公開、新作発表は間もなくか?

“とりもどそう。 ボクたちのRPG”というコンセプトのもと、RPGを専門に制作するスタジオ “Tokyo RPG Factory”の公式サイトにて、新規ビジュアルが公開されている。

『鉄拳7』特設サイトを更新、ストーリーモードの序盤からチャプター8までの流れを紹介

バンダイナムコエンターテインメントから発売予定の対戦格闘ゲーム『鉄拳7』の特設サイトを更新。ストーリーモードの序盤からチャプター8までの流れを公開。

【ゲームジャンル別総選挙 第2回】対戦格闘ゲーム総選挙の結果発表! 1位は“格ゲー”ブームを巻き起こしたあの名作!!

ファミ通.com上でゲームのジャンル別に全11回の人気投票を行い、それぞれのランキングを作ろうという、週刊ファミ通の本企画。第2回は対戦格闘ゲーム総選挙の結果を発表!

セガゲームスが日本一ソフトウェアのPS4用5タイトルのアジア地域における販売ライセンスを獲得、第1弾は『魔女と百騎兵2』

セガゲームスは、日本一ソフトウェアが開発するプレイステーション4用ソフト5タイトルについて、アジア地域での販売ライセンスを獲得したことを発表した。

『ファークライ5』2018年春に日本国内発売が決定 アナウンストレーラー公開

ユービーアイソフトは、アクションアドベンチャーゲーム『ファークライ5』の日本発売が決定したことを発表した。発売日は2018年春を予定。

『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』のイーカプコン限定版が登場

カプコンのNintendo Switch用ソフト『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』の、イーカプコン限定版『LIMITED EDITION』が数量限定で発売される。