携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> New Xbox Experienceで、Xbox360は新たなステージへ

New Xbox Experienceで、Xbox360は新たなステージへ
【Gamefest Japan 2008】

2008/9/5

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ハードディスクへの取り込みで、ロード時間40パーセント減を目指す


▲大型アップデート後のXbox 360のインターフェースについてそれぞれ解説した間中氏。

  2008年9月4日、5日の2日間にわたって、東京お台場のホテル グランパシフィック LE DAIBAで、マイクロソフトが主催するゲーム開発者向けの技術説明会“Gamefest Japan 2008”が開催されている。初日の4日、マイクロソフト ディベロップメント ホーム&エンターテイメント事業部・プラットフォーム開発統括部長の間中信一氏のセッション“New Xbox Experience: 進化するXbox プラットフォーム”では、2008年年末までを目処に実施されるXbox 360の大型アップデートで始まる“New Xbox Experience”の具体的な内容が明かされた。

 

 「Xbox 360を出して3年。当初のターゲットであるコアゲーマーから、カジュアルユーザーも視野に入れた展開のひとつがNew Xbox Experienceです」と、冒頭にインタフェースの大幅刷新の意義を語った間中氏。加えて、従来のインターフェース“ブレード”を大幅変更する理由のひとつに、マーケットプレースで扱う情報量の増大があると説明。「ブレードベースはいまの情報量に合っておらず、目的のコンテンツを見つけにくいところがある」(間中)。それを改善するために、コンテンツのサーチ機能が搭載予定であることを明かした。

▲大型アップデートにともないデザイン、機能の両面が大幅に変わるダッシュボード。なお、ガイドボタンを押せば従来のブレードデザインに近いデザインのインターフェースも使用可能だという。


 続けて語られたのはXbox 360ユーザーがもっとも興味を持っていると思われる、ハードディスクドライブへのゲームの取り込みに関して。これについて、間中氏は「ロード時間を平均で40パーセント短縮することが目標です」と具体的な数値を提示。加えて、ディスクの読み込みがなくなることで本体起動中の静音化も実現するといった利点も挙げ、大型アップデートにおける目玉のひとつであるとした。なお、ハードディスクへのデータを取り込んだあとも、ゲームディスクはタイトル起動時のチェックに使用される。違法コピー対策も万全というわけだ。

 どちらかと言えばコアゲーマー向けなハードというイメージを持たれがちなXbox 360。そのイメージをガラリと変える可能性を秘める“アバター”についても語られた。これはいまある“ゲーマーアイコン”に、よりカスタマイズ性を持たせさらに踏み込んだもの。自分に似たアバターを作る楽しみに加えて、ユニークなカスタマイズを楽しむ点も追求されている。顔のパーツだけでなく腕時計などのアイテムも装着可能で、それらの種類はサービス開始後も適時拡張予定。また、あくまで企画段階だが、間中氏によれば特定のゲームからのアイテム配布、ユーザーがアイテムを作成してそれをマーケットプレースで販売するという案もあるのだという。アバター自体の利用方法では、ユーザーの自己表現という基本部分に加えて、ゲーム内、ランキング画面、ロビーなどでの活用も視野にいれているとのことだ。


▲アバターでユーザーの自己表現の幅が広がる。また、いままで使用していたゲーマーアイコンに関しても何らかの形で継続利用ができよう検討中とのことだ。


▲ちなみに、別の時間帯に行われたマイクロソフトのBrendan Vanous氏のセッションでは、開発者向けにアバターの活用方法などが紹介された。


 Xbox 360の魅力を語るうえで外せないのが、Xbox LIVEを介したネットワークプレイ。しかし、「仲のいいフレンドとオンライン対戦を行う際、いままではひとりひとりInvite(招待)しなければいけませんでした」と間中氏が語るとおり、若干ストレスを感じる面があったのも事実。それを大きく改善するのが“Xbox LIVE パーティー”だ。これは新インターフェース内の“community”という項目に設置予定の新機能。イメージは“ゲームの待ち合わせ場所”で、Xbox LIVE パーティーに入ったメンバーをひとつのグループとして管理し、グループ単位でのLIVE対戦などを実現するもの。タイトルの変更にも対応しており、たとえば『Halo 3(ヘイロー 3)』をグループで遊んだあとに『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』へ同じグループでそのまま移動することも可能だ。現時点で参加人数は最大8人までを予定しているが、要望が多ければ参加可能人数の増加も検討するという。なお、このXbox LIVE パーティーではグループチャットも楽しむことができる。LIVE対戦愛好者にとっては、大型アップデートでもっとも注目の機能であると言ってもいいだろう。

▲LIVE対戦がより快適に、より楽しくなるXbox LIVE パーティー。


 最後に語られたのは、冒頭で間中氏がデザイン面において「いまの情報量に合っていない」と述べたマーケットプレースの変更点。まず、大型アップデートの時期に合わせてマーケットプレースがWebブラウザに対応することが明かされた。具体的にはXboxの公式サイト“Xbox.com”からプロモーション映像などのダウンロードが可能になる。PCだけでなく、フルブラウザ対応の携帯にも対応予定で「いつでも視聴、購入できる環境を提供する」(間中)ことが最大の目的だという。

 

 一方、Xbox 360上のマーケットプレースには、プレイ中のタイトルに関連したダウンロードコンテンツなどが優先的に表示されるといった、状況に合わせて利用な可能なコンテンツを提案する“Contextual Guide”が搭載される。これにより、ユーザーはいまいちばん必要な情報を簡単に得られ、メーカーもダウンロード数の増加が期待できるなど、双方にメリットが生まれそうだ。また、デザインはテキストベースからビジュアルベースに刷新される。これまでは目当てのコンテンツへ辿りつくにはいくつかの階層を下らなければならなかったが、アップデート後は関連項目が横に展開。表示が一元管理されることで、使いやすく、かつ最新の情報にユーザーの目が行きやすくなるというわけだ。

▲Xbox 360を起動しなくてもアクセスが可能になり、より身近になるマーケットプレース。間中氏はWebブラウザ対応に「日本のユーザーには気に入ってもらえるんじゃないでしょうか」と自信をうかがわせた。


【Gamefest Japan 2008】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『アイドルマスター シンデレラガールズ』6thLIVEの日程と開催場所が発表、台湾で初の海外単独公演も決定!

バンダイナムコエンターテインメントは、本日11月19日に開催された“アイドルマスター シンデレラガールズ 6th Anniversary Memorial Party”において、新規情報を公開した。

『PUBG』日本のSunsister Unknownがラストでドン勝! アジア大会Squad戦を制したのは!?【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。3日目のSquad戦・4ラウンド目で日本チームのSunsister Unknownが見事に1位を獲得し、総合5位に食い込んだ。

『PUBG』の“見る楽しみ”を広げたい――プロデューサーが語るeスポーツへの思い【G-STAR 2017】

Blueholeは、G-STAR 2017に『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』を出展し、会場にてアジア大会を実施。本作のeスポーツへの取り組みや、リリースが12月下旬に迫る“バージョン1”(製品版)について、PUBG Corp.のCEO、Chang Han Kim(キム・チャンハン)氏に話を伺った。

アジア地域で配信予定の『Titanfall Online』、新モード“ハードポイント占領戦”がプレイアブル出展【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、Nexonは、同社ブースにてPC用オンラインシューター『TitanFall Online』を出展。

『PUBG』アジア大会 最終日Squad戦はまもなく! 日本代表チームの活躍に期待【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017”が開催中。

『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ シーズン3ファイナルをリポート!日本のプレイヤー驚愕必至の、世界の戦法とは?

2017年11月18日(土)、サンパウロで開催された“レインボーシックスシージ プロリーグ シーズン3ファイナル”。世界大会のファイナルステージで、日本から進出した“eiNs”は初戦で登場した。その奮闘の模様と、衝撃的な世界レベルの戦法を分析していく。

【週間PVランキング】『ペルソナ』シリーズのUI制作秘話に、多くのゲームファンが注目!【11/11〜11/17】

ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2017年11月11日〜17日)をお届け。1位を獲得したのは、人気RPGのユーザーインターフェースに関する記事!

『PUBG』アジア大会Solo戦は韓国勢の圧勝! 日本チームではTeam DestroyのArcccccccc選手が健闘【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。2日目Solo戦の優勝者は……?

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月11日〜2017年11月17日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。