携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Xbox 360の革新(イノベーション)は止まらない――Gamefest Japan 2008が開幕

Xbox 360の革新(イノベーション)は止まらない――Gamefest Japan 2008が開幕

2008/9/4

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ユーザーに“ゲームを遊ぶ楽しみ”と“ゲームを作る楽しみ”を提供


▲基調講演では、田代氏からマイクロソフトのエンターテインメント技術のいまと今後が語られた。

 2008年9月4日、5日の2日間にわたって、東京お台場のホテル グランパシフィック LE DAIBAで、マイクロソフトが主催するゲーム開発者向けの技術説明会“Gamefest Japan 2008”が開催されている。

 

 開幕初日には全セッションに先立って、マイクロソフト ホーム&エンターテイメント事業本部 XNAグループ部長の田代昭博氏が基調講演を実施。“Non Stop Gaming - イノベーションは止まらない”と銘打ち、マイクロソフトが提供するエンターテインメント技術のいまと、今後の方向性を語った。

 

 田代氏はまず、エンターテインメント業界をリードするうえでは“幅広いプラットフォーム群”、“新しい技術”、新しい体験”の3要素が重要であると説明。プラットフォーム群では、家庭用ゲーム機Xbox 360を始め、Windows メッセンジャー、Windows PC、そして携帯音楽プレイヤーのZuneと非常に豊富なバリエーションを誇っていることを強調。新しい技術に関しても、初代Xboxの登場以来9年間にわたってつねに開発環境のアップデートを図ってきたと語り、とくに一般ユーザーでもゲーム制作を行うことが可能な統合開発環境“XNA Game Studio”は「未来のクリエーターを育てるカリキュラムとしても活用でき、実際に日本の教育現場でも使用されています」(田代)と単なる開発ツール以上の成果を見せていると胸を張った。

▲田代氏が掲げた、エンターテインメントをリードするうえで重要な3本柱。


▲ゲームクリエーターの育成カリキュラムとしても期待されるXNA Game Studio。


 新しい体験に関する話の中で田代氏は、2008年年末までに実施を予定しているXbox 360の大型アップデートで、これまでほとんど手が加えられていなかったXbox 360の“ユーザーインターフェース”を刷新すると改めて発表。2008年7月に開催された“E3 Media & Business Summit”で明らかにされたとおり、つぎに実施されているXbox 360の大型アップデートでは従来までの“ブレード”と呼ばれるインターフェース部分が、“New Xbox Experience”として直感的でグラフィカルな表現に変更される。代表的な例としては、ゲーマーアイコンの代わって“アバター”が採用され、各プレイヤーどうしがより親近感を感じられるような要素を導入。また、ゲームタイトルをハードディスクにインストールしてロード時間の短縮および静音化を実現するなど、プレイ部分に関しても大幅な改善が行われる予定だ。

▲Xbox 360で新たなエンターテインメントの創出を目指す。


 ネットワークサービスXbox LIVEでもNew Xbox Experienceは実行される。こちらもすでに発表済みではあるが、改めて田代氏は“Xbox LIVE コミュニティーゲーム”を紹介。このサービスはXNA Game Studioで制作したゲームを、ユーザーがXbox LIVE マーケットプレースを介して販売し、利益を得ることができる新たなビジネスモデル。各タイトルの販売価格は200、400、800マイクロソフトポイントの3段階からゲームを制作したユーザーが選択でき、売り上げのうち70パーセントを得ることが可能だ。田代氏はこのXbox LIVE コミュニティーゲームの普及に「パブリッシャーやプロのクリエーターと、一般ユーザーの出会う可能性が増えてくる」と期待を寄せ、“ゲームを遊ぶ楽しみ、ゲームを作る楽しみ”をユーザーへ提供するための環境を整えていくとした。

▲Xbox LIVE コミュニティーゲームの登場により、ユーザーにもゲームを作る楽しみを伝える。なお、日本国内でのサービス開始は2009年前半を予定している。


 ここで田代氏は、マイクロソフトが目指す新しい体験に賛同するクリエーターのひとりとして、エンターブレインで『ツクール』シリーズのプロデューサーを務めている杉内賢次氏を紹介。杉内氏より『ツクール』シリーズ最新作となるWindows用タイトル『アクションゲームツクール』の開発が発表された。既報のとおり、この作品いちばんの特徴はXNA Game Studioへの書き出しに対応したことで、制作したゲームをXbox 360上でも動作させることが可能な点。加えて、複数言語の出力にも対応しており、世界のゲームユーザーを視野に入れたゲーム作りも可能だ。

 

 ゲーム制作の部分でも新たな試みとして、サンプルゲームを土台に、ジャンル、ゲームの雰囲気、主人公タイプといった基本データを選択していくだけでゲーム制作ができる“新規ゲーム作成ウィザード”を搭載。シリーズ未経験者へのサポートも万全となっている。「仕組みさえわかれば小学6年生でも、サンプルレベルのゲームは簡単に作れます」と杉内氏は語り、さらなる『ツクール』ユーザーの拡大に期待を見せた。


▲杉内氏の発表に対し「ちょっと興奮しています」と率直な気持ちを述べた田代氏。両社のタッグにより、ゲーム開発に興味を持つ人へのチャンス提供が増すことになる。


※作ったゲームはXbox 360でもプレイ可能――『アクションゲームツクール』の発売が決定
※Gamefest Japan 2008の公式サイトはこちら 
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Bloodstained: Ritual of the Night』の進捗状況は20〜30%! 五十嵐孝司氏作品初の日本人キャラが登場【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ArtPlay代表取締役のIGAこと五十嵐孝司氏が登場し、『Bloodstained: Ritual of the Night』のキャラクターを紹介した。講演後のインタビューの模様もお届けする。

『青木瑠璃子のI have Controller』、2017年6月5日回は三宅麻理恵さんと『PUBG』、2017年6月19日回は福原綾香さんがゲスト!

FPSやマルチプレイのゲームなど、コアなゲームをやり込む女性声優として話題の“るーりぃ”こと、青木瑠璃子さん。彼女といっしょにゲームを楽しむニコニコ生放送!

『ドウクツジマ』懐かしくてやさしいアクションゲームだぜ!! インタビュー完全版も掲載【とっておきインディーVol.121】

古今東西のキラリと光るインデ ィーゲームを紹介。今週は、『プ チコン3号 SmileBASIC 』で 制作された注目作をお届け。

北米人気アーケード専用ゲーム『killer Queen』開発者が直面した、インディーゲーム開発者の金銭的問題や社会的問題【A 5th of BitSummit】

2017年5月20日、21日に京都勧業館 みやこめっせにてインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”が開催。同イベントにて、アーケード専用ゲーム『killer Queen』を手掛ける、BumbleBear Games CEO/ゲームデザイナーのNikita Mikros氏によるセッションが行われた。その内容をお届けする。

【E3 2017】各社カンファレンススケジュールまとめ

毎年6月に開催されている、世界最大級のゲームの見本市、E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)。本稿では、各ゲームメーカーのプレスカンファレンスのスケジュールをまとめてお伝えする。

『スプラトゥーン2』ヒーローモードの敵キャラクター“オクタリアン”の情報が公開

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ひとり用モード“ヒーローモード”の敵キャラクターとして登場するタコ軍団“オクタリアン”の情報を公開した。

『マリシアス フォールン』のアルヴィオン乃一文香氏が語る「オリジナルゲームに挑戦し続けている理由」【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、アルヴィオンのジェネラルマネージャー乃一文香氏が登場し、“オリジナルゲームに挑戦し続けている理由”というテーマで講演を行なった。

『エースコンバット インフィニティ』3周年記念キャンペーン開催、イベント情報やプレゼントなど

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション3向けオンライン専用タイトル『エースコンバット インフィニティ』について、3周年記念キャンペーンの情報を公開した。

『リーグ・オブ・レジェンド』“LJL Challenger Series”2017年夏季シーズンの参加チーム募集がスタート

2017年5月22日、ライアットゲームズはPC用オンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』において、“LJL Challenger Series 2017 Summer Split”のチーム募集を開始した。

“アトリエ20周年記念”等身大タペストリーキャラクター人気投票第1弾の結果発表!

コーエーテクモゲームスは、『アトリエ』シリーズが20周年を迎えることを記念した“等身大タペストリー”キャラクター人気投票第1弾を開催し、その結果を発表。人気投票で選ばれた上位3名のキャラクターのタペストリーの受注を開始した。