携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> シューティングファンが酔いしれた”3大シューティング祭り”が池袋ギーゴで開催

シューティングファンが酔いしれた”3大シューティング祭り”が池袋ギーゴで開催

2008/8/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新作の体験プレイとトークショーでお腹いっぱい

 

 2008年8月30日、東京にあるセガのアミューズメント施設”池袋ギーゴ”で、シューティングゲームの最新作をテーマにしたイベント”3大シューティング祭り”が開催。会場に大勢のシューティングファンが駆けつけた。今回のイベントは、2008年9月11日に発売予定のプレイステーション2用ソフト『セガエイジス 2500シリーズ Vol.33 ファンタジーゾーン コンプリートコレクション』(セガ)、2008年10月2日に発売予定のXbox 360用ソフト『雷電IV』(モス)、2008年10月30日に発売予定のプレイステーション2用ソフト『サンダーフォースVI』(セガ)にスポットを当てた内容。3作品の試遊台が用意され、発売まえに体験プレイが楽しめたほか、関連タイトルのアーケードゲームの筐体が置かれ、シューティングファンを存分に楽しませた。

 

▲最新のシューティングゲームが体験できた3大シューティング祭り。

 

 イベント中には、定期的に各タイトルの開発者によるトークショーも実施。『セガエイジス 2500シリーズ Vol.33 ファンタジーゾーン コンプリートコレクション』に登場したのは、セガの奥成洋輔氏とエムツーの堀井直樹氏、並木学氏。『ファンタジーゾーン』シリーズや『オパオパ』を始めとする姉妹作品など、「セガ関連で商品化したシリーズ作品がこの1本に収録されています」とソフトを説明した奥成氏。その中のひとつに『ファンタジーゾーンII』をリメイク版として収録されていることについて、「『ファンタジーゾーンII』については2バージョン入れる予定がありました」(奥成)と明かすと、堀井氏も「家庭用としてパワーアップさせたものを求める人と、アーケード版そのものを求める人がいると思ったので」と加えた。ほかにも、隠し要素として、『ファンタジーゾーン ネオクラシック』というゲームが収録されていることや、近日Webサイト上でWindows向けの今作の体験版が配信されることが発表された。

 

▲『ファンタジーゾーン』トークショーの模様。2バージョン構想があったことについて、並木氏(写真右)も「2バージョンのうち、どちらを採用するかもめましたね(笑)」と振り返った。

 

 モスの駒澤敏亘氏、サウンドを手掛ける佐藤豪氏を迎えて行われた『雷電IV』トークショー。まず、「モスはこれから家庭用ゲームのメーカーとしてやっていきますのでよろしくお願いします」と挨拶した駒澤氏は続けて、「じつは謝らなければならないことがあります」と、『雷電IV』の発売日が2008年10月2日に延期されることを発表。「延期した分、よりよい作品に仕上げます」(駒澤)と決意を新たにした。『雷電IV』のコンセプトについては、「オリジナル要素をコンセプトに、アーケードの魅力を崩さずに完全版を入れること」とし、アルティメットモードの搭載、追加キャラクターのダウンロード配信、Webランキングといった要素について紹介した。

 

▲『雷電IV』は1年くらいまえから企画が立ち上がり、移植作業に8ヵ月かかっているそうだ。

 

 『サンダーフォースVI』のトークショーには、ゾルゲール哲ディレクター、佐藤豪氏、TAMAYO氏が登場。約10年の年月を経て、『サンダーフォース』シリーズが最新作を引っさげ復活することになった理由を、ゾルゲール哲ディレクターは、「いまのゲーム業界、シューティングゲームは採算が取れないから、どこも作りたがらないジャンルになっている。でも、今日これだけのファンが集まってくれたんだから、ビジネスになるチャンスはあると思う」と、それを証明する意味で『サンダーフォースVI』が大きな役割を担う作品であることが伝わってきた。また、「『サンダーフォース』〜『サンダーフォースIV』までのストーリーと、『サンダーフォースV』のストーリーを交わらせたい」と、今作のストーリーや世界設定についても語られた。ステージのモニターを使って、ゾルゲール哲ディレクターが『サンダーフォースVI』のプレイを披露する場面も。この日置かれていた『サンダーフォースVI』の試遊台は3面までプレイが可能だったが、ゾルゲール哲ディレクターは4面に挑戦。いきなり1機撃墜され、ファンの爆笑を誘うも、しっかりとゲームの魅力をアピールしていた。

 

▲「シューティングゲームを愛する作り手側と、プレイする側が手を取り合って、盛り上げて結果を残せば、ほかのメーカーも入ってきて活性化させることができる」と、シューティングゲームというジャンル全体のことを考えるゾルゲール哲ディレクター(上の写真、左から2番目)。

 

 このほか、トライアングル・サービスの藤野俊昭氏による3大シューティングゲームの爆笑スライドショーや、ステキなグッズが当たる抽選会が行われ、ファンのシューティングゲームに対する愛は、より一層深まったようだ。

 

▲『シューティングラブ。』を制作するトライアングル・サービスの藤野氏による爆笑スライドショーでは「『シューティングラブ。』のXbox 360版を作っています」と気になる発表も。

 

▲アイエヌエイチ、ウェーブマスター、bsksのシューティングゲーム関連商品の物販コーナーも設けられた。

 

※『セガエイジス 2500シリーズ』公式サイトはこちら

※『雷電IV』公式サイトはこちら

※『サンダーフォースVI』公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

その極上のカクテルが真実へのカギとなる。もうひとつのサイバーパンクバーテンADV『The Red Strings Club』が日本語対応で配信

Deconstruct TeamのPC用アドベンチャーゲーム『The Red Strings Club』が、日本語対応で本日より配信開始。

『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』 5月31日発売決定! 初回限定版や早期購入特典情報も公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を2018年5月31日発売予定であることを明らかにした。

ゲームクリエイター中裕司氏がスクウェア・エニックスに入社

ゲームクリエイターの中裕司氏が、自身のTwitterにて、2018年1月にスクウェア・エニックスに入社したことを発表した。

あのNBAがeスポーツに本格参入! NBA 2K Leagueのキーパーソンに聞く、eスポーツとしての『NBA 2K』シリーズの可能性

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と『NBA 2K 』シリーズの発売元である2Kの親会社、テイクツー・インタラクティブがプロフェッショナルeスポーツリーグNBA 2K League を共同設立。その詳細に迫る。

『Rolling Gunner』開発メンバーインタビュー、かつて僕らを夢中にしたアーケードシューティングゲームの“未来”は、自分たちで切り拓く!

かつてアーケードゲームの開発に携わっていたメンバーが中心となって制作されている、PC用同人シューティングゲーム『Rolling Gunner(ローリングガンナー)』。約3年に及ぶ開発期間の終了を間近に控え、プロジェクトの主要メンバーにゲームの魅力と開発エピソードを伺った。

『モンスターハンター:ワールド』発売当日アップデート情報が公開、イベントギャラリーやプーギーが追加

カプコンは、プレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、発売当日の2018年1月26日に配信されるアップデートver.1.01の情報を公開した。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2018年1月22日〜2018年1月28日】

2018年1月22日(月)〜2018年1月28日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。

サイバーコネクトツーが監修するオリジナル短編アニメ『メカウデ』が国内クラウドファンディングをスタート

TriFスタジオは、自社で制作するオリジナルアニメ作品『メカウデ』の国内向けクラウドファンディングを“CAMPFIRE”でスタートしたことを発表した。

『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”inファミ通.com

コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが開発する『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』が、2017年11月15日よりDMM GAMESでサービス中。2018年1月18日のアップデートでは、新キャラクター・ルナが登場した。本記事では、プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”を展開するほか、担当ライターによるルナの感想もお届けする。

パッチ4.2 暁光の刻は1月30日に公開! 第41回『FFXIV』プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期大型アップデート“パッチ4.2 暁光の刻”の魅力が紹介された、第41回プロデューサーレターLIVEの模様をお伝えする。