携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> シューティングファンが酔いしれた”3大シューティング祭り”が池袋ギーゴで開催

シューティングファンが酔いしれた”3大シューティング祭り”が池袋ギーゴで開催

2008/8/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新作の体験プレイとトークショーでお腹いっぱい

 

 2008年8月30日、東京にあるセガのアミューズメント施設”池袋ギーゴ”で、シューティングゲームの最新作をテーマにしたイベント”3大シューティング祭り”が開催。会場に大勢のシューティングファンが駆けつけた。今回のイベントは、2008年9月11日に発売予定のプレイステーション2用ソフト『セガエイジス 2500シリーズ Vol.33 ファンタジーゾーン コンプリートコレクション』(セガ)、2008年10月2日に発売予定のXbox 360用ソフト『雷電IV』(モス)、2008年10月30日に発売予定のプレイステーション2用ソフト『サンダーフォースVI』(セガ)にスポットを当てた内容。3作品の試遊台が用意され、発売まえに体験プレイが楽しめたほか、関連タイトルのアーケードゲームの筐体が置かれ、シューティングファンを存分に楽しませた。

 

▲最新のシューティングゲームが体験できた3大シューティング祭り。

 

 イベント中には、定期的に各タイトルの開発者によるトークショーも実施。『セガエイジス 2500シリーズ Vol.33 ファンタジーゾーン コンプリートコレクション』に登場したのは、セガの奥成洋輔氏とエムツーの堀井直樹氏、並木学氏。『ファンタジーゾーン』シリーズや『オパオパ』を始めとする姉妹作品など、「セガ関連で商品化したシリーズ作品がこの1本に収録されています」とソフトを説明した奥成氏。その中のひとつに『ファンタジーゾーンII』をリメイク版として収録されていることについて、「『ファンタジーゾーンII』については2バージョン入れる予定がありました」(奥成)と明かすと、堀井氏も「家庭用としてパワーアップさせたものを求める人と、アーケード版そのものを求める人がいると思ったので」と加えた。ほかにも、隠し要素として、『ファンタジーゾーン ネオクラシック』というゲームが収録されていることや、近日Webサイト上でWindows向けの今作の体験版が配信されることが発表された。

 

▲『ファンタジーゾーン』トークショーの模様。2バージョン構想があったことについて、並木氏(写真右)も「2バージョンのうち、どちらを採用するかもめましたね(笑)」と振り返った。

 

 モスの駒澤敏亘氏、サウンドを手掛ける佐藤豪氏を迎えて行われた『雷電IV』トークショー。まず、「モスはこれから家庭用ゲームのメーカーとしてやっていきますのでよろしくお願いします」と挨拶した駒澤氏は続けて、「じつは謝らなければならないことがあります」と、『雷電IV』の発売日が2008年10月2日に延期されることを発表。「延期した分、よりよい作品に仕上げます」(駒澤)と決意を新たにした。『雷電IV』のコンセプトについては、「オリジナル要素をコンセプトに、アーケードの魅力を崩さずに完全版を入れること」とし、アルティメットモードの搭載、追加キャラクターのダウンロード配信、Webランキングといった要素について紹介した。

 

▲『雷電IV』は1年くらいまえから企画が立ち上がり、移植作業に8ヵ月かかっているそうだ。

 

 『サンダーフォースVI』のトークショーには、ゾルゲール哲ディレクター、佐藤豪氏、TAMAYO氏が登場。約10年の年月を経て、『サンダーフォース』シリーズが最新作を引っさげ復活することになった理由を、ゾルゲール哲ディレクターは、「いまのゲーム業界、シューティングゲームは採算が取れないから、どこも作りたがらないジャンルになっている。でも、今日これだけのファンが集まってくれたんだから、ビジネスになるチャンスはあると思う」と、それを証明する意味で『サンダーフォースVI』が大きな役割を担う作品であることが伝わってきた。また、「『サンダーフォース』〜『サンダーフォースIV』までのストーリーと、『サンダーフォースV』のストーリーを交わらせたい」と、今作のストーリーや世界設定についても語られた。ステージのモニターを使って、ゾルゲール哲ディレクターが『サンダーフォースVI』のプレイを披露する場面も。この日置かれていた『サンダーフォースVI』の試遊台は3面までプレイが可能だったが、ゾルゲール哲ディレクターは4面に挑戦。いきなり1機撃墜され、ファンの爆笑を誘うも、しっかりとゲームの魅力をアピールしていた。

 

▲「シューティングゲームを愛する作り手側と、プレイする側が手を取り合って、盛り上げて結果を残せば、ほかのメーカーも入ってきて活性化させることができる」と、シューティングゲームというジャンル全体のことを考えるゾルゲール哲ディレクター(上の写真、左から2番目)。

 

 このほか、トライアングル・サービスの藤野俊昭氏による3大シューティングゲームの爆笑スライドショーや、ステキなグッズが当たる抽選会が行われ、ファンのシューティングゲームに対する愛は、より一層深まったようだ。

 

▲『シューティングラブ。』を制作するトライアングル・サービスの藤野氏による爆笑スライドショーでは「『シューティングラブ。』のXbox 360版を作っています」と気になる発表も。

 

▲アイエヌエイチ、ウェーブマスター、bsksのシューティングゲーム関連商品の物販コーナーも設けられた。

 

※『セガエイジス 2500シリーズ』公式サイトはこちら

※『雷電IV』公式サイトはこちら

※『サンダーフォースVI』公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【Nintendo Switchカウントダウン特集】3つのモードで楽しめる、唯一無二のハードがもうすぐ発売! その魅力をチェック

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)が3月3日に発売されることを記念して、その機能やタイトルラインアップなどを紹介する記事を3日連続で特集! 第1弾は、ハードの仕様・特徴について。

『死印』前日譚小説“花彦くん遭遇編”【1】 第4話 赤いのちょうだい?

エクスペリエンスが贈る新機軸のホラー『死印(しいん)』。同作の前日譚小説をお届けする。

カラフルな歌声を世界に届けるリズムゲーム『VOEZ(ヴォイズ)』がNintendo Switchのローンチソフトとして配信決定!

フライハイワークスは、Nintendo Switch用ダウンロードソフト『VOEZ(ヴォイズ)』の配信日が2017年3月3日に決定したことを発表した。価格は2500円[税込]。

『GUNDAM VERSUS』クローズドβテストの詳細を公開、製品版参戦90機以上から38機体と4モードがプレイ可能!

バンダイナムコエンターテインメントは、開発中のプレイステーション4用ソフト『GUNDAM VERSUS』について、クローズドβテストの詳細を公開した。

『jubeat Qubell』にてアーケード版『ディズニー ツムツム』との連動キャンペーンがスタート、マスコットをかざしてオリジナル楽曲を解禁!

KONAMIは、アミューズメント施設向け音楽ゲーム『jubeat Qubell』において、アーケード版『ディズニー ツムツム』のツムマスコットとの連動キャンペーンを、2017年2月27日(月)より実施した。

『エルソード』サービス7周年を記念した特設サイトオープン! 記念イラストコンテストも開催

2017年2月27日、NHN ハンゲームはPC用オンラインアクションRPG『エルソード』において、日本サービス開始7周年を記念した特設サイトを公開した。

『青木瑠璃子のアイコン』第28回、本日(2017年2月27日)20時から、『フォーオナー』(PS4)に挑戦!

FPSやマルチプレイのゲームなど、コアなゲームをやり込む女性声優として話題の“るーりぃ”こと、青木瑠璃子さん。彼女といっしょにゲームを楽しむニコニコ生放送!

『ガンダムブレイカー3』と『サモンナイト6 失われた境界たち』の“Welcome Price!!”版が 3月30日に発売

バンダイナムコエンターテインメントは、過去に発売したゲームソフトの廉価版“Welcome Price!!”の新たなラインアップとして、『ガンダムブレイカー3』と『サモンナイト6 失われた境界たち』の2タイトルを2017年3月30日に発売することを発表した。

PS VR用ロボット格闘ゲーム『STEEL COMBAT』の配信が2017年2月28日にスタート! 無料体験版も同時配信開始

コロプラは、2017年2月28日にプレイステーション VRに対応したロボット格闘ゲーム『STEEL COMBAT(スティールコンバット)』を配信開始する。無料体験版も同時に配信されることを発表した。なお、本日より公式サイトがオープンし、最新PV動画も公開された。