携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【情報追加】PSP版『機動戦士ガンダム ガンダムvs.ガンダム』は2008年11月20日発売決定、あの機体の参戦も

【情報追加】PSP版『機動戦士ガンダム ガンダムvs.ガンダム』は2008年11月20日発売決定、あの機体の参戦も
キャラホビ2008リポート

2008/8/31

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新機体“ガンダムエクシア”の参戦が決定!

 

 イベント開催初日の『ガンダム無双2』初お披露目ステージに続いて、バンダイナムコゲームスは2日目にも『ガンダム』関連タイトルのステージを実施。その中で、PSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『機動戦士ガンダム ガンダムvs.ガンダム』を、2008年11月20日に発売すると発表した。価格は5040円[税込]。

 

▲公式サイトなどではすでに移植が発表されていたが、今回のステージで発売日が2008年11月20日に正式決定。


 アーケードで稼働中の同名タイトルをPSP向けに移植した本作。『ガンダム』シリーズ16作品から選出された機体や、絶大な威力を持つ攻撃“Gクロスオーバー”など、キモとなる要素も完全収録されている。アドホックモードを使用した通信対戦に対応しており、アーケード版さながらの4人対戦、CPU戦の協力プレイも可能だ。加えて、メモリースティックへの“メディアインストール”を搭載。ロード時間の大幅な短縮を実現している。

 さらに、2008年9月1日からアーケード版で使用可能になる“ガンダムエクシア”が、PSP版にも参戦することが決定。同機体は『機動戦士ガンダムOO』で、刹那・F・セイエイが搭乗したモビルスーツ。驚異的な機動性能を活かした格闘戦を得意としているという。


▲アーケードで好評稼働中のタイトルがPSPに登場。アドホックモードを使用することで、アーケード版と同様に4人のプレイヤーによる2on2のチームバトルが楽しめる。


▲2008年9月1日からアーケードに登場するガンダムエクシアがPSP版にも登場することに。続報に期待しよう。


 ステージ上ではバンダイナムコゲームスの後藤能孝プロデューサーと、広野啓プロデューサーからプロモーション映像が初お披露目。加えて、実機によるデモプレイも披露された。

 PSPを握ったのは後藤氏で、キャラクターは“ストライクフリーダムガンダム”を選択。戦闘中はアーケード版と同じように出演作品のテーマソングが流れ、キャラクターの動きもなめらか。記者はアーケード版を少しかじった程度なので確かなことは言えないが、動作面に関してはアーケード版と遜色ない仕上がりのように感じられた。


 難なく勝利を治めた後藤氏は、続いて参戦が発表されたばかりの“ガンダムエクシア”を使ってプレイ。「じつはまだエクシア使ったことないんですよね」と語った同氏だが、この機体が得意とする近接攻撃で果敢に攻め、あっという間に勝利。残念ながらGクロスオーバーといった、細かい部分までは見ることができなかったが、2008年10月の“東京ゲームショウ2008”に出展予定とのことなので、あと1ヵ月ちょっと待てば自分の手で操作して、その全貌を確認することができるだろう。

▲発表されたばかりの“ガンダムエクシア”を使って実機によるデモプレイを披露した後藤氏(左)。


▲プレイ中は、操作しているキャラクターの出演作のテーマソングが流れる。


 また、今回発表されたエクシア以外にも、いくつかの隠し機体の登場が予定されていることが明らかに。「皆さんの期待に応えらるような機体が出ますよ」と、広野氏もセレクトには自信をもっているようで、今後の続報に注目したいところ。後藤氏からは「楽曲が変わってしまうのでは、と不安視する声もあったようですが、PSP版でも楽曲はそのままです。また、コンシューマー向けの追加要素もたくさんあります」という発表も。追加要素の詳細は不明だが、新情報は随時各種メディアで公開予定とのことだ。


▲「東京ゲームショウにて、実機で皆さんにお見せできると思います」と、来場者に約束した後藤氏。

▲「皆さんの顔を見て、我々も手応えを感じています。これから『ガンダム』タイトルがたくさん出るので、年末は“『ガンダム』祭り”になりますよ」と広野氏


 そのほかにもステージ上では、2008年10月16日に発売が予定されているプレイステーション2用ソフト『機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ』の紹介も行われた。こちらでは先日開催された“GUNDAM 00×CODE GEASS GO!GO!5!FES ’08in武道館”で上映されたゲームのプロモーション映像と、この日が初お披露目となる完全新規オープニングムービーを上映。

 ゲームの内容に関しては、2008年10月5日からオンエアー予定のアニメ『機動戦士ガンダム00』のセカンドシーズンに登場する機体が参戦することが発表。加えて、エンディングでは、アニメのファーストシーズン、セカンドシーズンのどちらでも描かれていない、新規映像が収録されることも明らかにされた。

▲『機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ』の紹介も後藤氏、広野氏から行われた。


▲見られた人はラッキーな、完全新規の映像も収録したオープニングムービの初お披露目。


※『機動戦士ガンダム ガンダムvs.ガンダム』の公式サイトはこちら

※『機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ』の公式サイトはこちら

 

キャラホビ2008リポートの関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

かわいいだけじゃない骨太なインディーゲーム5選【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”に出展されていたゲームの中から、担当記者注目のタイトルを紹介する短期集中連載記事の2回目は、ゲーム実況女子が独自の視点で魅力を探った5タイトル。

海外出展エリアで出会ったハイセンスなインディーゲーム6選【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”に出展されていたゲームの中から、担当記者注目のタイトルを紹介する短期集中連載記事の1回目は、海外デベロッパー製の6タイトル。

ベストヒット町内会4月分公開!

本誌ファミ通町内会に掲載されたネタの中から選りすぐりの傑作を紹介するベストヒット町内会! 生町内会の視聴者投票で決定した月間最優秀作品を含む、名作の数々を凝視せよ! さらにWebだけのオリジナルコーナー、ピンク報告書&デジタル街レポも更新。最新投稿者ランキングもあります。おいしいお菓子がございます。お茶も沸かしてございます。

1988年のKONAMI作STG『サンダークロス』がPS4で6月8日に配信決定、欧州版と北米版も同時収録!

ハムスターは、同社が運営するプレイステーション4“アーケードアーカイブス”において、KONAMIのシューティングゲーム『サンダークロス』を2017年6月8日に配信開始する。

大人気ゲーム対戦番組『いいすぽ!』がeスポーツの祭典を11月にお台場で開催!

フジテレビ系列で好評放送・配信中のオリジナルゲーム対戦番組『いーすぽ!』が、2017年11月18日・19日にフジテレビ社屋を使用し、“Tokyo E-sports Festival”を開催すると発表した。

美しくも儚い世界観が魅力のPS4向け2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』が発売開始

国内外のインディーゲームのローカライズ・パブリッシングを手掛けるPLAYISMは、アメリカのインディーゲーム開発チーム“Heart Machine”が開発したプレイステーション4用2DアクションRPG『Hyper Light Drifter』の発売を2017年5月25日より開始した。

“黒川塾(四十七)”はeスポーツの現状と課題をテーマに関係者が熱く語る eスポーツの明日はどこにあるのか?

2017年5月24日、黒川文雄氏が主催するトークイベント“エンタテインメントの未来を考える会”(黒川塾)の第47回が開催された。その模様を大ボリュームでリポートする。

『ペルソナ5』の怪盗団をイメージしたTシャツ、キャンバスアートなどが受注開始

オリジナルグッズを展開する通販サイト“AMNIBUS”にて、アトラスの人気RPG『ペルソナ5』のアイテムの受注が開始された。

『スプラトゥーン2』ギアブランド“シグレニ”の情報が公開、どんな過酷な環境下でも抜群の機能性を発揮

任天堂は、2017年7月21日発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、ギアブランド“シグレニ”の情報を公開した。