携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 欧州でプレイステーション3のハードディスク160ギガバイトモデルが発売に

欧州でプレイステーション3のハードディスク160ギガバイトモデルが発売に
GCリポート

2008/8/21

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新たな音楽ダウンロードサービスも発表に

 

 この日のSCEプレスカンファレンスでは、最初にPSPの今後の展開について触れられた。

 

 まずドイツ国内でのPSPの販売台数は134万台で、全世界では4100万台を超えるという。インストールベースが伸びているだけではなくサードパーティーのサポートも非常に増えてきていることに言及し、その代表例として日本市場を席巻しているカプコンの『モンスターハンターポータブル 2nd G』とスクウェア・エニックスの『クライシスコア -ファイナルファンタジーVII-』が映像つきで紹介された。

 

▲サードパーティー躍進の象徴として紹介されたのは『モンスターハンターポータブル 2nd G』。

 

 このあとにお披露目されたのが、速報でもお伝えした新型PSP”PSP-3000”だ。スリム&ライトの機能と手になじむデザインに加えて、従来型でも十分高品質だった液晶画面の輝度が大幅に上昇。従来型と比べて、より鮮やかな画面を実現することに成功した。また液晶画面の光の反射も軽減。自然光の下でプレイするとき、PSPの画面は非常に見づらかったが、これが解消されているという。プレゼンテーションでは「こういった広い場所、照明環境ではわかりにくいが、実際に手にとって屋外で試してほしい」と自信に裏づけされた発言がされていた。

 

▲新型PSP、”PSP-3000”。よく見るとHOMEボタンがPSボタンに変更となっている。

 

 内臓機能として大きいのがマイクの標準搭載だ。これはユーザーからの強い要望により実現されたとのことで、Wi-Fiエリア内なら無料で通話が可能になる。マイク機能を使ったソフトや、Skypeを利用するときに効果を発揮することだろう。PSP-3000の価格は速報でお伝えしたとおり199ユーロ(ソフトを1本バンドル)。ただし、従来型のPSPも継続販売される模様で、こちらはいままでどおり169ユーロ。日本での展開については未発表だった。

 

 プレイステーション3についても、最初に発表されたのは現状における販売台数だ。8月20日現在でPAL地域におけるインストールベースは580万台。全世界では1400万台。このプレイステーション3のハードディスク80ギガバイトモデルが、北米に続いてPAL地域にも導入される。価格は399ユーロで、なんと欧州では金曜日から発売とのこと。オーストラリア、ニュージーランドでは8月28日発売。さらに”限定版”として、ハードディスク容量160ギガバイトモデルが2008年10月31日に発売されることもアナウンスされた。本体の仕様はまったく同じで、ハードディスクの容量だけ増加。価格は449ユーロで、70ユーロ分のダウンロードコンテンツ利用料もこの値段に含まれる。

 

 

▲プレイステーション3では過去最高のハードディスク容量となる160ギガバイトモデル。

 

 プレイステーション3関連では、”ワイヤレス・キーパッド”の発表もじつに印象的だった。ブルートゥースを利用したキーパッドで、8ヵ国語でリリースされる。マウスとの併用も可能で、プレイステーション3の新しいインターフェースとして期待される。近日発売とのことだったが、具体的な発売日や価格については言及されなかった。

 

 

▲コントローラーにワンタッチで装着することができるキーパッド。キーボードを接続するよりもお手軽かもしれない。

 

 そしてサービスとしては、”VidZone”が発表に。これはPAL地域23ヵ国で来年はじめに開始されるミュージック・サービスだ。すでに確立されているビデオサービスとは別の無料ストリーミング・ミュージック・オンデマンド・サービスで、ストリーミングコンテンツを使ってプレイリストを作成し、PSPのリモートプレイで楽しむこともできる。携帯電話との連動も可能で、プレイステーション3にダウンロードしたものを携帯電話に移して楽しむことが可能なようだ。

 

 

▲携帯電話に音楽を転送することも可能。

 

 なおサービスのスケジュールは、ストリーミングサービスは来年の第一クォーター(1月〜3月)、ミュージック・ダウンロードは来年の7月〜9月末までに開始される予定だ。

 

GCリポートの関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

その極上のカクテルが真実へのカギとなる。もうひとつのサイバーパンクバーテンADV『The Red Strings Club』が日本語対応で配信

Deconstruct TeamのPC用アドベンチャーゲーム『The Red Strings Club』が、日本語対応で本日より配信開始。

『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』 5月31日発売決定! 初回限定版や早期購入特典情報も公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を2018年5月31日発売予定であることを明らかにした。

ゲームクリエイター中裕司氏がスクウェア・エニックスに入社

ゲームクリエイターの中裕司氏が、自身のTwitterにて、2018年1月にスクウェア・エニックスに入社したことを発表した。

あのNBAがeスポーツに本格参入! NBA 2K Leagueのキーパーソンに聞く、eスポーツとしての『NBA 2K』シリーズの可能性

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と『NBA 2K 』シリーズの発売元である2Kの親会社、テイクツー・インタラクティブがプロフェッショナルeスポーツリーグNBA 2K League を共同設立。その詳細に迫る。

『Rolling Gunner』開発メンバーインタビュー、かつて僕らを夢中にしたアーケードシューティングゲームの“未来”は、自分たちで切り拓く!

かつてアーケードゲームの開発に携わっていたメンバーが中心となって制作されている、PC用同人シューティングゲーム『Rolling Gunner(ローリングガンナー)』。約3年に及ぶ開発期間の終了を間近に控え、プロジェクトの主要メンバーにゲームの魅力と開発エピソードを伺った。

『モンスターハンター:ワールド』発売当日アップデート情報が公開、イベントギャラリーやプーギーが追加

カプコンは、プレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、発売当日の2018年1月26日に配信されるアップデートver.1.01の情報を公開した。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2018年1月22日〜2018年1月28日】

2018年1月22日(月)〜2018年1月28日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。

サイバーコネクトツーが監修するオリジナル短編アニメ『メカウデ』が国内クラウドファンディングをスタート

TriFスタジオは、自社で制作するオリジナルアニメ作品『メカウデ』の国内向けクラウドファンディングを“CAMPFIRE”でスタートしたことを発表した。

『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”inファミ通.com

コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが開発する『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』が、2017年11月15日よりDMM GAMESでサービス中。2018年1月18日のアップデートでは、新キャラクター・ルナが登場した。本記事では、プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”を展開するほか、担当ライターによるルナの感想もお届けする。

パッチ4.2 暁光の刻は1月30日に公開! 第41回『FFXIV』プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期大型アップデート“パッチ4.2 暁光の刻”の魅力が紹介された、第41回プロデューサーレターLIVEの模様をお伝えする。