携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 「『ドラクエIX』の発売日が決定しました!……というのは嘘で(笑)」(すぎやま氏)――『ドラゴンクエスト』のクラシックコンサートが開催

「『ドラクエIX』の発売日が決定しました!……というのは嘘で(笑)」(すぎやま氏)――『ドラゴンクエスト』のクラシックコンサートが開催

2008/8/9

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「『IX』の作曲はいつもどおり、しつこくがんばっていきます」(すぎやま)

 

 2008年8月9日、東京の池袋にある東京芸術劇場大ホールで“第22回ファミリークラシックコンサート 〜ドラゴンクエストの世界〜”が開催された。

 

▲『IV』、『V』とニンテンドーDSで2作品作ってきたおかげで、「DSの音の鳴らしかたは掴めた」と語るすぎやま氏。「その経験を『IX』に活かしていきたい」と意欲的に語った。

 スクウェア・エニックスの国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの楽曲を手掛ける、すぎやまこういち氏による毎年恒例の本コンサート。開演まえにはすぎやま氏の楽屋にて、こちらも恒例となった記者会見が実施された。

 「おかげさまで、今回のコンサートもチケット発売から3時間で完売しました。今日はニンテンドーDS版の『IV』を楽しんでくれた人が聴きにきてくれていると思います。また、東京都交響楽団の演奏が毎年非常にすばらしいの、彼らの演奏を聴いて感動してくれた人たちもいるでしょう。8月30日には京都で京都市交響楽団と『ドラゴンクエストV』の組曲を演奏しますが、こちらもおかげさまで完売となりました」と、まずはファンへの感謝を述べたすぎやま氏。今回の題目である『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』についても触れ「ニンテンドーDS版を完全にクリアーし、メタルキングの倒しかたを開発してレベルを99まで上げました」と、変わらぬゲーマーぶりを披露。先日発売されたニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』もすでにクリアー済みで、こちらも『IV』と同じく現在はメタルキング狩りに勤しんでいるとのことだ。

 

 続けて「たぶん質問が来ると思うので……」という意味深な前置きのあと、すぎやま氏は『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』の発売日が決定しました!」と語り報道陣を騒然とさせる。が、すぐに「……というのは嘘で(笑)。それは堀井(雄二)さんしだいです」と冗談であったことを説明。残念ながらサプライズ発表とはならなかったが、その代わりに『IX』の楽曲に冠する新情報が明かされた。「『IX』の曲は徐々に進んでいて、中身の曲もある程度できてきています。今回はいろいろなシーンでなつかしい部分があり、過去の『ドラゴンクエスト』の曲がいろいろな場面で登場します。これは見どころのひとつだと思いますよ」(すぎやま)。どういったシーンで過去の楽曲が使用されるかはすぎやま氏自身もわからないとのことだが、ある程度のリストは上がっており「僕も楽しみにしていますよ」と、同氏もいちユーザー気分で完成を待ち望んでいる様子だった。

 また、報道陣からの質問でファミコン版『IV』の作曲時の思い出を尋ねられたすぎやま氏。「頭に浮かんだ壮大な楽奏をファミコンの3トラックで表現することは大変でもあり、おもしろくもありましたね」と当時を振り返り、「部分的に1トラックにするといった苦労はオーケストラで演奏するうえでもプラスになっているので、3トラックで音楽で骨組みを作るというのは作曲上非常にいいことだったと思いますね」と説明。さまざまな経験が今回のようなオーケストラコンサートに活かされていると語った。


▲ニンテンドーDSの中身はもちろん『ドラゴンクエストV』。ちなみにゲーム中に登場する究極の選択は、直前でセーブしてすべてのパターンをプレイしたとのこと。「3人の女性と全部結婚してみる、なんていう実際の世界ではできないことをやれるのも楽しいですね」(すぎやま)。

 

 楽屋取材終了後、いよいよコンサートがスタート。演奏はシリーズのメインテーマである『序曲』から始まり『勇者の故郷〜馬車のマーチ』、『ピサロ〜ピサロは征く』などの楽曲を挟み、最後は『導かれし者たち』で締めという、『IV』の物語を楽曲を通じて表現する形で進行。アンコールでは、ニンテンドーDS版の『V』から登場した楽曲『ずっこけモンスター』の初演などを披露。演奏終了後、すぎやま氏と東京都交響楽団には約2000人の観衆から惜しみない拍手が贈られた。

▲すぎやま氏は1曲目終了後に来場者へ挨拶し、「リハーサルで5時間も立ちっぱなしでしたが、今日もなんとか元気にやっております(笑)」と相変わらずのタフガイぶりを披露。


▲約2000人の聴衆が、すぎやま氏らが作り出す『ドラゴンクエスト』の世界に浸った。


※オフィシャルサイト”すぎやまこういちの世界”はこちら
 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『PUBG』の“見る楽しみ”を広げたい――プロデュサーが語るeスポーツへの思い【G-STAR 2017】

Blueholeは、G-STAR 2017に『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』を出展し、会場にてアジア大会を実施。本作のeスポーツへの取り組みや、リリースが12月下旬に迫る“バージョン1”(製品版)について、PUBG Corp.のCEO、Chang Han Kim(キム・チャンハン)氏に話を伺った。

アジア地域で配信予定の『Titanfall Online』、新モード“ハードポイント占領戦”がプレイアブル出展【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、Nexonは、同社ブースにてPC用オンラインシューター『TitanFall Online』を出展。

『PUBG』アジア大会 最終日Squad戦はまもなく! 日本代表チームの活躍に期待【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017”が開催中。

『レインボーシックス シージ』PC版プロリーグ シーズン3ファイナルをリポート!日本のプレイヤー驚愕必至の、世界の戦法とは?

2017年11月18日(土)、サンパウロで開催された“レインボーシックスシージ プロリーグ シーズン3ファイナル”。世界大会のファイナルステージで、日本から進出した“eiNs”は初戦で登場した。その奮闘の模様と、衝撃的な世界レベルの戦法を分析していく。

【週間PVランキング】『ペルソナ』シリーズのUI制作秘話に、多くのゲームファンが注目!【11/11〜11/17】

ファミ通.comの週間PVランキング(集計期間:2017年11月11日〜17日)をお届け。1位を獲得したのは、人気RPGのユーザーインターフェースに関する記事!

『PUBG』アジア大会Solo戦は韓国勢の圧勝! 日本チームではTeam DestroyのArcccccccc選手が健闘【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて『PUBG』アジア大会が開催中。2日目Solo戦の優勝者は……?

【最新ソフトプレゼント】 from ファミ通.com ゲームユーザーの意見箱応募フォーム

ファミ通.comが掲載した2017年11月11日〜2017年11月17日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『レインボーシックス シージ』シーズン4に登場する2人目の韓国オペレーター“Vigil”トレーラーが公開

Ubisoftは、発売中のタクティカルシューター『レインボーシックス シージ』について、Year2シーズン4にて追加予定の新オペレーター“Vigil”のトレーラーを公開した。

『PUBG』アジア大会2日目、Solo戦がまもなくスタート! 日本語配信もあり 【G-STAR 2017】

G-STAR 2017にて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のアジア大会“PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017”が開催中。