携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プロデューサーのデニス・ダイアック氏が緊急来日、『Too Human(トゥー ヒューマン)』のゲーム体験会実施

プロデューサーのデニス・ダイアック氏が緊急来日、『Too Human(トゥー ヒューマン)』のゲーム体験会実施

2008/8/3

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●「アクションとRPGの要素を兼ね備えたゲーム性は、日本のゲームファンにも楽しんでもらえる」

 2008年8月2日、マイクロソフト本社にて、Xbox 360用ソフト『Too Human(トゥー ヒューマン)』のゲーム体験会が行われた。ご存じのとおり『Too Human(トゥー ヒューマン)』は、シンプルな操作による爽快なアクションと、RPG並みのキャラの成長システムが魅力の、マイクロソフト期待のアクションアドベンチャー。今回の体験会は、そんな同作の魅力を2008年8月28日の発売日よりひと足早く味わってもらおうということで、一般ユーザーなどを対象として行われたものだ。

▲一般ユーザー20名にXbox 360ファンサイトのオーナーを招いて行われた『Too Human』の体験会。ステージ1と2の途中までが遊べた。


 少人数による完全招待制ということで、当日はじっくりとゲームプレイを堪能できたが、来場者を何よりも喜ばせたのは、『Too Human(トゥー ヒューマン)』の開発元であるシリコンナイツのデニス・ダイアック氏がスペシャルゲストとして登壇したこと。『Too Human(トゥー ヒューマン)』のプロデューサーであるダイアック氏は、「『Too Human(トゥー ヒューマン)』はアクションとRPGの要素を兼ね備えた、いままでにまったくないタイプのゲーム。熱心な日本のゲームファンにも楽しんでもらえると思います」とコメント。ゲームの完成度に対する自信を見せた。イベントでは、ステージ3でのデモプレイの模様を披露し、「『Too Human(トゥー ヒューマン)』では、すぐに敵を倒そうと思って闇雲に突進してもあっさりと倒されてしまいます。フィールドの状況を瞬時に判断して、どの敵を最初に倒すべきか……といった判断が重要になるのです」と、試遊を控えた来場者に攻略方法をレクチャーした。たとえば、まずは敵のリーダーを倒さないと、リーダーが仲間に楯を与えてしまうので、より手ごわくなるといった具合に、アクションではかなりの戦略性が要求されることになるとのことだ。

 さらに、ダイアック氏はRPG要素にも言及し、「主人公のバルドルは、経験値を稼ぐことによって成長し、特殊能力であるスキルを習得していきます。武器やアーマーも何十万と用意されており、それぞれにプレイ感触が異なります。さらには、ルーンという文字を武器やアーマーに刻むことで、さらなる機能を追加できるんですよ」と、やり込み要素の充実ぶりをアピール。武器やアーマーに関しては、「何千時間とプレイした自分でも見ていない装備がたくさんある」(ダイアック)とのことで、スキルやルーンなどの組み合わせは、相当な数のバリエーションを実現している模様だ。

 イベントでは、12台の試遊台を使っての6組の協力プレイと、4台の試遊台によるシングルプレイが楽しめた。『Too Human(トゥー ヒューマン)』では、プレイヤーは視点変更を行わない。左スティックは移動に、右スティックはソードアクションと、左右のスティックはアクションに振り分けられている。それは、「直観的な操作を実現するため」(ダイアック)に考え出されたものだ。体験会ではやはり、そんな『Too Human(トゥー ヒューマン)』の独特の操作性に対して注目が集まったが、試遊を観察している限りでは、意外と違和感なく楽しんでいるとの印象。来場者に意見を聞いてみても「最初は操作にとまどいますが、慣れてくれば違和感なく楽しめそうですね」とのこと。いずれにせよ『Too Human(トゥー ヒューマン)』が、いろいろな要素を盛り込んだ意欲作であることは間違いなく、こうした試遊の機会はユーザーにとってはうれしいところだろう。近日中にも、Xbox LIVE マーケットプレースで日本語による体験版の配信を予定しているとのことなので、気になる方はそちらもチェックすることをおススメしたい。最後にデニス・ダイアック氏へのインタビューの模様をお届けしよう。

▲デニス・ダイアック氏みずからがゲームを紹介。RPG要素にはとくに注力したようだ。

▲体験会で人気が集まったのは、やはり協力プレイ。初プレイということもあり、なかなか協力するというわけにはいかなかったようだが、やはりいっしょにゲームを遊ぶのは楽しいもの。シングルプレイ時とはまたひと味違った魅力があった。

▲体験会の終盤には、豪華景品があたる大抽選会が行われた。見事一等賞が当たったかたは、お掃除ロボットがプレゼント。機械をテーマにした『Too Human(トゥー ヒューマン)』らしい景品!?

▲恒例の記念撮影に。和気あいあいとしたイベントでした。

▲最後は自然発生的にデニス・ダイアック氏のサイン会に。

▲気さくに撮影に応じてくれるデニス・ダイアック氏(左)と、マイクロソフトのテストリード、ジャスティン・ロビン氏(右)。イベントでは『Too Human(トゥー ヒューマン)』の華麗なプレイを披露してくれました。



●デニスダイアック氏インタビュー「ゲームの奥行きに注目してほしい」
 

▲シリコンナイツの代表取締役社長、デニス・ダイアック氏。大の親日家で知られる。ダイアックを模した“大悪”が目を惹くキャップは、当然のこと特注品。

――『Too Human(トゥー ヒューマン)』でもっとも時間をかけた部分は?
デニス
 アクションとRPG要素のバランスをいかにバランスよく保つか。どうやったら最後まで楽しく遊べるかに腐心しました。いままでにもアクションとRPGの両方の要素を盛り込んだゲームはいくつかありましたが、いずれもどちらかのバランスに傾いてしまっていた。『Too Human(トゥー ヒューマン)』では“アクションとRPGの融合”ということで、いままでにないゲーム性を目指しています。

――武器やアーマーなども相当充実していますね。
デニス
 そのとおりです。それぞれの武器は見た目だけではなくて、肝心のアクションのほうもしっかりと差別化している。実際に遊んでもらえればわかるんだけど、たとえば、剣とハンマー、槍など同じ近接攻撃でもゲームプレイの感触がまったく異なるんだ。そういった奥行きにも注目してほしいですね。

――アクションでは戦略性も加味されているようですし、そういった意味での奥行きもありそう。
デニス 
戦闘に際してもっとも重要なのは、まずは戦場をしっかりと観察すること。目の前にいる敵のことばかり考えていると、遠隔攻撃をしてくる敵のミサイルに倒されて……などということになってしまう。最初にこの敵を倒して、つぎにこの敵を……というふうに順番を決めないと、あっさりと倒されてしまいます(笑)。

――やり込み甲斐があると?
デニス
 そうなんです。『Too Human(トゥー ヒューマン)』では一度クリアーしたステージは、何度でも遊べるんだけど、そのたびごとにプレイヤーのレベルに見合った敵が登場するようになっていて、出現する場所なども毎回異なるんだ。何回でも楽しめるようになっていますよ。

――そもそも、機械と人間の対立という『Too Human(トゥー ヒューマン)』のテーマは、どのようなきっかけで生まれたのですか?
デニス 
テクノロジーは徐々に私たちの社会に入り込んでいるわけですが、「テクノロジーはよい変化ばかりではなく、悪い変化をもたらすこともある」という学者の意見を聞いたのが、『Too Human(トゥー ヒューマン)』を作るきっかけになっています。1993年〜1994年ごろですね。

――テクノロジーについて考えてほしかった?
デニス
 物語の冒頭で、哲学者ニーチェによる「怪物と戦うときは、自分が怪物にならないように気をつけないといけない」という言葉を引用しているのですが、ユーザーの皆さんには、テクノロジーの社会に対する影響を考えてほしかったというのはあります。たとえば、『Too Human(トゥー ヒューマン)』では、ストーリーの途中で、ふたつの属性からいずれかを選ぶことになります。ひとつは、より人間に近い“ヒューマン”で、もうひとつはさらにみずからを機械化する“サイバネティクス”です。属性の選択は、ゲームプレイの幅を広げるために設定したものですが、一方では物語について深く考えてほしいというメッセージでもあります。タイトルの“Too Human”は、「殺戮機械と戦うにはあまりに人間的過ぎる。敵に対抗するためには、より機械にならないといけない」という意味合いを持たせているのですが、「みなさんはどうしますか?」と問いかけているわけです。

――“Too Human”とはバルドルのこと?
デニス
 そうです。彼は神のなかでも、もっとも若くてもっとも人間的です。機械と戦うためには、より機械的であらねばならないと言われているんですね。

――バルドルには固有のモデルはいるのですか?
デニス
 とくに参考にしたモデルはないです。北欧神話でバルドルは、“美しく、正直と真実を象徴しており、人々に愛される神”として描かれるわけですが、その基本を踏まえたうえで、何百というスケッチを描いて最終的に決めました。気に行ってもらえるとうれしいです。

――キャラクターメイキングで苦労した点などはありますか?
デニス
 北欧神話というベースはありつつも、具体的な原作となるストーリーがあるわけではないので、個性化を図るのが苦労しましたね。トールなどは作りやすかったですが、スクルドは難しかったなあ。

――『Too Human(トゥー ヒューマン)』はトリロジー(三部作)を予定していますが、2作目以降の開発も着々と?
デニス
 開発は順調に進んでいますよ。1作目に取り掛かるまえから三部作構想はできていまして、シナリオはすでに完成しています。続編では新しい種族がでて、皆さんが予想もできないだろうような、驚くべき展開もある。「テクノロジーの結果は予想どおりにはいかない」というメッセージが、ストーリー上でも展開されるわけです。1作目のテーマは“ディスカバリー”で、バルドルはこの世界で重要な発見をします。そして2作目は“リベンジ(復讐)”で、3作目が“エンライトメント(悟り)”となる。ぜひとも皆さんは、壮大なトリロジーにお付き合いください。

※『Too Human(トゥー ヒューマン)』の公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ルルアのアトリエ』プレイガイド。これを読めば調合システムの基本がわかる! バトルのコツも教えます

コーエーテクモゲームスより、2019年3月20日に発売されたNintendo Switch/PS4用ソフト『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』。本作を楽しむためのプレイガイドをお届け。

今号は2019年3月20日(水)発売! フロム・ソフトウェア特集&『SEKIRO』発売記念攻略!! 『DOAX3 スカーレット』PS4テーマDLC付録つき!!(2019年3月20日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2019年3月20日)発売の週刊ファミ通2019年4月4日号の表紙を飾るのは、フロム・ソフトウェアより2019年3月22日発売予定のプレイステーション4/XB One/PC向けソフト『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』。過酷な運命に抗う隻腕の狼の表紙が目印です。

『Getting Over It』の開発者がゲームの最後に仕掛けた秘密とは?「作り手である自分を人間だと感じてほしい」<ネタバレ注意>【GDC 2019】

アメリカ・ロサンゼルスで行われている世界最大級のゲーム開発者のセッション、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2019。ここでは、会期初日の気鋭のインディーゲームクリエイターのセッションをお届けしよう。『Getting Over It』のネタバレに言及しているので未プレイの方はご注意を。

これもあれもUnity? 実車と区別つかないレイトレBMW、『システムショック3』、モバイル版『CoD』など、最新映像を中心にUnity基調講演をリポート

ゲーム開発者向けのカンファレンス“GDC”初日に行われたゲームエンジンUnityの基調講演で、モバイル向けからハイエンド向けまで最新技術の数々が披露された。

『ルルアのアトリエ』発売記念特集では、岸田メル氏描き下ろし絵や、島袋美由利(ルルア役)インタビューを通じて『ルルア』の魅力を掘り下げる!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』の発売記念特集を掲載。扉を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト。ほか、声優・島袋美由利さん(ルルア役)インタビューや、攻略情報をお届け。

『FFXV エピソード アーデン』で描かれるものとは? 開発スタッフのミニインタビューも掲載【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、2019年3月26日配信予定の『ファイナルファンタジーXV エピソード アーデン』の概要や開発スタッフのミニインタビューを掲載。

『スーパーロボット大戦T』攻略スタート! 第11話までの内容紹介とSRポイント獲得のコツを伝授!!【先出し週刊ファミ通】

2019年3月20日発売の週刊ファミ通2019年4月4日号では、『スーパーロボット大戦T』の攻略記事を掲載。まずは第1話から第11話までの攻略情報をお届け!

『DOAX3S』発売記念でマリー・ローズちゃんにインタビュー! マリーちゃんづくしのPS4テーマ付録も【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、ニンテンドースイッチとプレイステーション4で発売される『デッド オア アライブ エクストリーム 3 スカーレット』の発売記念特集をお届け。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』へと続くフロム・ソフトウェアの“足跡”を追う特集をお届け! 宮崎英高氏が『SEKIRO』そしてフロム・ソフトウェアのいまとこれからを語るインタビューも!!【先出し週刊ファミ通】

 週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、最新作『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』に至るまでのフロム・ソフトウェアの“足跡”を追う特集をお届け。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』発売記念特集にて、隻腕の忍び“狼”の過酷な戦いで覚えておくべき心得を伝授する。備えよ!【先出し週刊ファミ通】

 週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、ついに発売を迎える『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の発売記念特集をお届けする。