携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 世界最大級のeスポーツイベント"Electronic Sports World Cup 2008"の日本予選が開催!

世界最大級のeスポーツイベント"Electronic Sports World Cup 2008"の日本予選が開催!

2008/7/28

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●Electronic Sports World Cup 2008日本予選、ついに開催

 

 2008年7月26日、東京五反田のイベントスペース”5TANDA SONIC”にて、世界最大級のeスポーツイベント”Electronic Sports World Cup(エレクトロニックスポーツ ワールドカップ/以下、ESWC) 2008”の日本予選が開催された。

 

▲会場となった5TANDA SONICには、一般来場者・報道関係者などを含め200人以上が集結。ESWC2008日本予選採用タイトルである『カウンターストライク 1.6』プレイヤーにとって最高峰と呼ばれる大会だけに、会場全体が熱気に包まれていた。

 

●21世紀の情報化社会が生んだ新しいスポーツ、”eスポーツ”とは?

 

 eスポーツとは、Electronic Sports(電子スポーツ)の略称で、電子機器を用いたスポーツ全般を指すもの。おもに、競技性が高いビデオゲームを使用し、反射神経や瞬間的な判断力、戦略などを駆使した競い合いをスポーツとして捉えることで、従来のゲーマー像からの脱却を図るとともに、プレイヤーの心身を鍛え、スポーツマンシップ育成やコミュニケーション能力の向上を目指すというもの。

 

 世界各国で人気のタイトルもチェスのようなマインドスポーツに近いものから、多人数どうしによる本格的なチーム戦、激しい身体運動を伴うものまで、さまざまな特徴を持ち、昨今話題となっているシリアスゲームと同じく、ビデオゲームをプレイする新しい方法論(スタイル)として、世間一般に広く認知されつつある。

 

 2007年に中国マカオで行われた"第2回アジア室内競技大会"でeスポーツは、フットサル、ビリヤードなどと同じく、室内スポーツの正式種目として採用された。残念ながら日本からの代表選手は派遣されなかったが、次回のアジア室内競技大会への選手派遣を目標に、日本唯一の統括団体"日本eスポーツ協会設立準備委員会"が設立されるなど、eスポーツは確実に日本国内でムーブメントを呼びつつある、新しいスポーツだ。

 

●ESWCとは?

 

 ESWCは、フランスにあるeスポーツ専門会社"GAMES-SERVICE"が毎年開催する、世界最大級のeスポーツイベント。一人称視点シューティングゲームやサッカー、レースゲームなどのトーナメント戦だけでなく、女性プレイヤーのみが参加するトーナメントも開催されている。2007年にフランスで実施された決勝大会には世界52ヵ国から代表選手が参加し、35000人もの観衆の中、ワールドチャンピオンを目指して熱戦をくり広げられた。

 

 このESWCに日本が参戦するのは初めてのこと。じつは、2005年に日本で予選が開催される動きはあったが、協賛スポンサーが集まらず、運営資金や決勝大会への渡航費などがねん出できなかったことから、開催が見送られてしまった経緯がある。しかし今回、国内唯一のeスポーツ統括団体"日本eスポーツ協会設立準備委員会"がオフィシャルパートナーとして手を挙げたことにより、ついに開催される運びとなった。

 

 日本予選で採用されたタイトルは、一人称視点シューティングゲームの名作『カウンターストライク1.6』。このゲームは、5人ひと組でチームとなり、対テロ特殊部隊とテロリストに分かれて戦う競技性の高いゲーム。試合は以下のルールで行われ、日本予選への出場を賭けたオンライン予選大会には、11チーム55人ものチームが参加。ふたつのトーナメントで競い合い、両トーナメントの上位2チームが日本予選へと勝ち進んだ。

 

ESWC2008日本予選『カウンターストライク1.6』のおもなルール

・試合は30ラウンドで、さきに16ラウンド先取したチームの勝ちとする

・延長戦は前後半3ラウンドずつとし、勝敗がつかない場合、再び延長戦を行う

・試合は"爆弾解除モード”で行う。テロリスト側チームは、制限時間内にA、BふたつのポイントへC4爆弾を設置し、爆破するまで守リ切れば勝利。対テロ特殊部隊側チームは、C4爆弾の設置を阻止、または起爆装置を解除すれば勝利となる。なお、C4爆弾を設置後、対テロ特殊部隊側チームがテロリスト側チームを全員倒しても、C4爆弾が爆発してしまうと負けになる

・5つあるマップのうち、その試合で使用したくないマップを各チームふたつずつ順に申告し、最後に残ったマップで試合を行う

 

ESWC2008日本予選参加チーム

Lycoris Radiata(リコリス ラディアータ)

Loosely(ルーズリー)

ニックネーム/氏名
出身地/年齢/国籍

batch(バッチ)/大箸 紘也
愛知県/23/日本

odiN(オディン)/ウルタド コウジ
三重県/18/ブラジル

espa(エスパ)/水町 健
東京都/20/日本

HybS*(ハヤブサ)/渡邉 太郎
東京都/18/日本

gimeiA(ギメイア)/秋元 拓哉
埼玉県/20/日本

purin(プリン)/柳井 僚介
大阪府/17/日本

ニックネーム/氏名
出身地/年齢/国籍

barusa(バルサ)/大田 健
東京都/18/日本

Yulius*(ユリウス)/瀬尾 昌嵩
神奈川県/19/日本

Lef(レフ)/田中 圭祐
東京都/17/日本

Rappy(ラッピー)/谷口 竜大
東京都/16/日本

QooFooR!N*(クーフーリン)/関森 研太郎
神奈川県/20/日本

Xa1ze(サイゼ)/横田 篤
愛知県/16/日本

Qwe!Zy(キューイ)/佐伯 正光
東京都/21/日本

Dorayaki*(ドラヤキ)/木場 雅行
兵庫県/31/日本

Asymme(アシメ)/田中 圭祐
東京都/17/日本

Speeder(スピーダ)

A.vouLus(エーボーラス)

ニックネーム/氏名
出身地/年齢/国籍

Twist(ツィスト)/浅野 幸弘
宮城県/22/ロシア

Sion(シオン)/湖山 翔平
東京都/20/日本

nativo(ナチボ)/Tiago Yoneyama Mendes
静岡県/20/ブラジル

xENqLity(ゼンクリティー)/鈴木 将太
東京都/19/日本

noppo(ノッポ)/谷口 純也
東京都/20/日本

ニックネーム/氏名
出身地/年齢/国籍

m@ru*(マル)/岡 大貴
東京都/22/日本

Link(リンク)/野田 修司
愛知県/32/日本

XaijiN(アイジ)/大塚 俊紀
兵庫県/24/日本

Lightning(ライトニング)/藤田 正悟
愛知県/22/日本

cha$er(チェイサー)/奥山 仁志
東京都/21/日本

domi(ドミ)/小村 光平
東京都/22/日本

gamma(ガンマ)/畑 和宏
福井県/22/日本

※チームに5人以上選手が登録されている場合、レギュラーの選手に怪我や自己などやむを得ない事情が発生しない限り、サブの選手と交代できない

 

●数多くの実績を持つ強豪チーム"Speeder"が日本代表に!

 

 ESWC2008日本予選は、ダブルイルミネーション形式(敗者復活戦あり)で行われた。下馬評では、数々のeスポーツイベントで好成績を収めた強豪チーム”Speeder”が優勝候補と言われていたが、まさにその言葉どおりの展開に。第2試合で戦ったLycoris Radiataとの試合をセットカウント16:3と、圧倒的な強さで勝利。その勢いで続く第4試合のA.vouLus戦を16:6で勝利し、決勝進出を決めた。対する敗者リーグでは、第4試合でSpeederに敗退したA.vouLusが勝利し、決勝戦へと 駒を進めた。

 

▲決勝戦直前のインタビューでSpeederのリーダーSion選手は、「16:0で完勝したい」と余裕のコメント。対するA.vouLusのリーダーm@ru*選手は、「第2試合は運がなかった。Speederは強いチームだが、決勝では勝ちたい」と意気込みを語った。

 

 日本代表を決める決勝戦は、第4試合と同じ顔合わせに。しかし、ここでもSpeederはその強さをいかんなく発揮。『カウンターストライク 1.6』において重要とされる第1ラウンドを前後半とも 取って試合のペースを握り、16:2という圧倒的なスコアーで日本代表の座を勝ち取った。ボイスチャットを使ったチームの連携力や戦術はもちろん、さらにヘッドショット(相手キャラクターの頭部を狙い、一撃で倒すテクニック)や壁抜き(貫通力の高い銃で壁の向こう側にいるであろう敵を察知し、ダメ―ジを与えるテクニック)など、選手個人のテクニックの精度の高さが、ほかのチームより一歩抜きん出ていたことが勝因と言える。

 

 試合後、表彰式が行われ、ESWC2008日本予選のオフィシャルパートナー、日本eスポーツ協会設立準備委員会の委員長補佐である浜村弘一氏が登壇。各チームに賞金や副賞が贈られた。そして優勝したSpeederには、賞金や副賞だけでなく、日本eスポーツ協会設立準備委員会からESWC2008 Grand Finalへの渡航費・移動費・宿泊費等のサポート、そして日本代表選手となった証である公式認定証が授与され、幕を閉じた。

 

 なお、8月25日〜27日にかけて、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼで開催されるESWC2008決勝大会の模様、並びに日本代表となったチーム”Speeder”の活躍は、ファミ通.comで追いかけていくので、続報に期待してほしい。

 

▲Speederのひとりでプロゲーマーを目指し、単身スウェーデンにわたったnoppo選手は「アメリカ・サンノゼで日本人の真の姿を見せたい」と決勝大会に向けて熱く抱負を語った。

 

※ESWC2008日本予選公式サイトはこちら

※日本eスポーツ協会設立準備委員会公式サイトはこちら

※”ESWC2008日本予選開催決定”の記事はこちら

※”ESWC2008日本予選のオフィシャルサポーターに日本eスポーツ協会設立準備委員会が”の記事はこちら

※”アジア室内競技大会でeスポーツが競技種目として正式採用! その実態は?”の記事はこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【FGO】6/29生放送まとめ。7周年イベント(フェス)やゲームの最新情報が公開【随時更新】

『Fate/Grand Order』(FGO)の公式生放送“FGO カルデア放送局 ライト版 FGO Fes. 2022&ゲーム最新情報”で発表される最新情報を随時更新でお届けする。

映画『劇場版 呪術廻戦0』miniアニメ原画展が全国のTSUTAYAで7月8日より開催。作中の原画を使用した新グッズの先行販売も

2022年7月8日(金)より、『劇場版 呪術廻戦 0』の原画集『呪術廻戦 KEY ANIMATION Vol.0』の発売を記念して、“MAPPA×TSUTAYA「劇場版 呪術廻戦 0」miniアニメ原画展Vol.0”が全国のTSUTAYAにて開催される。

コンパイルハート最新作『フェアリーフェンサー エフ Refrain Chord』のPVが公開。石川由依、日笠陽子、玉置成実らが歌唱を担当する“歌”に関する概要が明らかに

2022年6月29日(水)、コンパイルハートはNintendo Switch/プレイステーション5/プレイステーション4向けソフト『フェアリーフェンサー エフ Refrain Chord』のPVを公開した。

『スパイファミリー』ヨルのねんどろいどが予約受付スタート。オプションパーツを組み合わせて作中のポーズも再現可能。別売りのアーニャ、ロイドと並べて飾りたい

グッドスマイルカンパニーは、アニメ『SPY×FAMILY』(スパイファミリー)に登場するヨル・フォージャーのねんどろいどを、2022年6月28日(火)12時より予約開始した。

『ウマ娘』6/29生放送“ぱかライブTV Vol.18”まとめ。次回のガチャや新イベントなどゲーム最新情報が発表予定

『ウマ娘 プリティーダービー』の公式生配信“ぱかライブTV Vol.18”が2022年6月29日(水)20時より放送。ファミ通.comでは、番組内で発表された最新情報をまとめてお届け予定。

『ディシディアFF オペラオムニア』公式番組『オペオペEX』第51回が配信! 新強化要素“FRボード”が公開、ガーネットやウォーリア オブ ライト、セブンのFR武器解説、ガーネットにはBT武器も

声優の森下由樹子さんと大和田仁美さんがMCを務め、スマホゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』の最新情報の紹介やコンテンツを楽しむ公式番組『オペオペEX』。その第51回が6月29日に配信された。

『リトルナイトメア』ノームが手のひらサイズのフィギュアに登場。お腹を空かせたシックスへソーセージを差し出すシーンを完全再現!【ソーセージもリアル】

豆魚雷は、『リトルナイトメア』より、ミニフィギュアコレクション ノームを本日2022年6月28日より予約開始した。

映画『バズ・ライトイヤー』猫型ロボット・ソックスとバズの出会いを描いた本編冒頭映像が公開。日本語吹替版と字幕版が同時に解禁

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、2022年7月1日(金)より公開予定の映画『バズ・ライトイヤー』について、本編映像“猫型友だちロボット ソックス”編を解禁した。

『ヘブバン』SS大島一千子、SS神崎アーデルハイドが実装。大島家イベントが6/30より開催

『ヘブンバーンズレッド』(ヘブバン)にて、6月30日11時より新たなスタイルが実装され、新ストーリーイベントが開催されることが明らかになった。

『ライブアライブ』現代編とSF編を紹介! 最強を求める熱血主人公&宇宙船で作られたロボが巻き込まれる事件【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2022年7月14日号(No.1752/2022年6月30日発売)では、Nintendo Switch用ソフト『ライブアライブ』の最新情報を掲載! 現代編、SF編の詳細を紹介している。