携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【コミコンリポートその6】KONAMI小島監督から『GTA IV』の主人公ニコまで、著名人のサイン会は大賑わい

【コミコンリポートその6】KONAMI小島監督から『GTA IV』の主人公ニコまで、著名人のサイン会は大賑わい
Comic-Con International 2008

2008/7/27

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●新時代のスター、クリフ・ブレジンスキー氏のサイン会も!

 各界の著名人がゲストとして訪れる“Comic-Con International 2008(愛称コミコン)”。開場にはハリウッドスターなども顔を見せ、会場を賑わせていた……らしいのだが、ファミ通.comが注目するのはもちろんゲーム関連のクリエーター。連日訪れたクリエーターのなかでも、別格の盛り上がりを見せていたのが、KONAMIのプレイステーション3用ソフト『メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』のサイン会。開催2日目の2008年7月25日に行なわれたサイン会には、小島秀夫監督とアートディレクションを担当した新川洋司氏が登場。ことに、アメリカでも絶大な支持を得る『メタルギア』のクリエーターである小島監督の知名度はアメリカでも抜群で、開催30分まえには300人(!)近くの行列ができるというとんでもない状態に! 小島監督がちょっとでもファンのまえに姿を見せると「コジマ!コジマ!」という歓声が沸きあがるなど、すさまじい盛り上がりを見せたのだ。アメリカのファンがうれしそうにサインをしてもらう姿が印象的。ちなみに、サインをもらったファンに『メタルギア』シリーズの魅力について聞いてみたところ、「ストーリーがよい」、「ストーリーとアーティスティックなところが一体になっている」、「キャラに深みがある」といった意見を聞くことができた。

▲開始30分まえにはとんでもない長蛇の列ができていました。

▲アメリカでも絶大な知名度を誇る小島監督。

▲ファンの求めに応じてソリッドのイラストを描く新川氏。うらやましい〜。


▲プレイステーション3に小島監督と新川氏のサインをもらってうれしそうなファンも。


 その小島監督に優るとも劣らない人気だったのが、開催3日目の2008年7月26日にXbox 360ブースで行なわれた、エピックゲームスのクリフ・ブレジンスキー氏のサイン会。クリフといえば、Xbox 360用ソフト『ギアーズ オブ ウォー』シリーズのゲームデザイナーとして最近露出が増えているが、サイン会開始の30分まえにブースのまえに行ってみて驚いた。あまり告知がされていなかったにも関わらず、Xbox 360ブースの前には、ほかのブースを塞ぐようにしてずらーっととんでもない行列が! 全世界で600万本以上を売り上げ、Xbox 360用ソフトの一大フランチャイズとなった『ギアーズ オブ ウォー』だが、クリフのここまでの人気ぶりにはびっくり。新世代のゲームクリエーターとしてアメリカでも注目を集めるクリフだが、ゲームファンのあいだでは"スター"となっているようだ。

▲サイン会への参加者には特製『ギアーズ オブ ウォー 2』ポスターがプレゼント。ちなみに左の方はリードライターのジョシュ・オルテガ氏。

▲Xbox 360本体にサイン。一生の宝物になりそう。ちなみに、あまりに人が集まりすぎて、サインをもらえなかった人も……。えらい人気ぶりです。


 ちなみに開催3日目には、THQブースでは『DarkSiders:Wrath of War』(日本未発表)のキャラクターデザインを担当したジョン・マッド氏や、エレクトロニック・アーツ『Dead Space』のライティングを手掛けたアントニー・ジョンストン氏などもサイン会を実施。いずれもかなりの人気ぶりで、クリエーターはアイドル(偶像)として敬愛を集めているんだなあ……と実感した次第。

▲左が『DarkSiders:Wrath of War』のジョン・マッド氏で、右が『Dead Space』のアントニー・ジョンストン氏。アメリカでは一般的なクリエーターのサイン会ですが、ファンとの交流のためにも日本でも希望。


 さて、会場ではさらに、いまをときめくヒーロー『グランド・セフト・オート IV』の主人公ニコのサイン会も! と書くと微妙に混乱を招きそうだが、ニコ役の声優&モーションキャプチャーを手掛けたマイケル・ホリック氏がサイン会を開いたのだ。ホリック氏にちょっぴり話を聞いてみると、『グランド・セフト・オート IV』には、モーションキャプチャーとボイスの収録で15ヵ月かかりっきりだったとのこと。「『グランド・セフト・オート IV』はビッグタイトルなので、役が決まったときは緊張したけど、世界観がよくてストーリーもしっかりしているので、キャラに入りやすかったよ。ニコはセルビア訛りがあるんだけど、セルビア人のコーチについて勉強したよ。コーチからいろいろと学ぶことで、ニコというキャラに対する理解を徐々に深めていったんだ」(ホリック氏)。ホリック氏は、ニコというイメージがあまりしない、とても気さくな人でした。

▲気軽に撮影に応じてくれるニコ役のマイケル・ホリック氏。本当にいい人でしたよ〜。

 

Comic-Con International 2008の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『パタポン』コンプリートサウンドトラックが発売、シリーズ3作品の全音源を収録

ティームエンタテインメントは、『パタポン』シリーズの全音源を収録したコンプリートサウンドトラックを2017年10月25日に発売する。価格は3500円[税別]。

「VRをやる所が増えるのは、それだけで我々にとっていいことだ」15歳でノーティードッグを設立したルービン氏に聞く、Oculusのタイトル戦略

VRプラットフォームメーカーのOculus VRでコンテンツ開発を統括するジェイソン・ルービン氏に、今後同社が展開していくVRタイトルについて聞いた。

『ポケットモンスター』クリスマス風ぬいぐるみやブランケットなど、冬向けプライズが登場

バンプレストは、『ポケットモンスター』をモチーフにしたアーケード向け景品を、2017年11月上旬より全国のアミューズメント施設に投入する。

『Minecraft』とMixerが連携して視聴者がゲームに参加できるようになる! その詳細をキーパーソンに聞く

『Minecraft』とMixerとの連携により視聴者がよりアクティブにゲームに参加できるようになる! その詳細をマイクロソフトのキーパーソンに聞いた。

子どもから大人まで有明に集結!誰もがアツくなれる対戦ゲームの可能性を見せた“1Day Match Carnival”2日目をレポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、22日に東京ビッグサイトTFTホールにて開催された、アーケード対戦・格闘ゲームの全国大会“闘神祭2017”。ここでは、2日目の模様をリポートする。

円熟の域に達したかけ引きやテクニックが熱い勝負を生んだ“1Day Match Carnival”1日目をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、22日に東京ビッグサイトTFTホールにて開催された、アーケード対戦・格闘ゲームの全国大会“闘神祭2017”。ここでは、1日目の模様をリポートする。

“スマートフォン版 どうぶつの森 Direct 2017.10.25”10月25日正午に放送決定

任天堂は、開発中のスマートフォン向けアプリ『どうぶつの森』に関する情報を公開する“スマートフォン版 どうぶつの森 Direct 2017.10.25”を、2017年10月25日正午に配信することを発表した。

『真・女神転生V』発表&PV公開! ニンテンドースイッチ向けの新作が正統ナンバリングタイトルに!!

アトラスの人気RPG『真・女神転生』シリーズの最新ナンバリングタイトルが発表!

『Wake Up, Girls! 新章』第三話場面カットが到着! お仕事で奮闘するWUGちゃんたち!!

テレビアニメ『Wake Up, Girls! 新章』の第3話場面カットが到着! 気になるストーリーとともにお届けする。さらに、『新章』応援イラストも公開。

『ストリートファイターV』アーケード筐体を用いた特別プログラムが実施、フリープレイや大会の模様をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21〜22日、東京・お台場のTFTホールにて開催された“闘神祭2017”決勝大会の会場にて、アーケード筐体用にカスタマイズした『ストリートファイターV』の特別プログラムが実施された。