携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【コミコンリポートその5】EAやアクティビジョン、ユービーアイソフトなど海外大手メーカーがガチンコ勝負

【コミコンリポートその5】EAやアクティビジョン、ユービーアイソフトなど海外大手メーカーがガチンコ勝負
Comic-Con International 2008

2008/7/27

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●キャラクターものを中心に“主力タイトル”を惜しみなく出展!!

 エレクトロニック・アーツやTHQ、ユービーアイソフトを始め、E3には参加していなかったアクティビジョンなども出展し、"Comic-Con International 2008(愛称コミコン)"では、海外大手メーカーが揃い踏みをした感がある。各社とも試遊台自体の数はそんなに多くはなかったものの、キャラクター性のあるゲームを中心にして、いわゆる"主力タイトル"を出展した。

 

 なかでも、いちばんタイトルが充実していたのはエレクトロニック・アーツではなかろうか。プレイステーション3とXbox 360用向け『ミラーズエッジ』や『マーセナリーズ2 ワールド イン フレーム』、PC用『Crysis Warhead』などの話題作を出展し、注目を集めていた。そんなエレクトロニック・アーツにあって、もっともプッシュされていたタイトルが『Dead Space』(日本未発売)だ。E3でも紹介された同作は、三人称視点で展開されるサバイバルアクション。舞台となるのは500年後の地球。そのころになると資源がすっかり枯渇していた地球だが、人類は資源確保に向けて宇宙開拓に乗り出していた。ところが、ある宇宙船が遭難しクルーからの連絡が途絶えてしまう。主人公はその宇宙船に単身乗り込むことになるが、そこには異形のエイリアンが跋扈しており……というストーリーだ。デモンストレーターの人いわく「『Dead Space』はシューターと思われがちですが、そうではなくて、サバイバルホラーです」と力説するごとく、『Dead Space』は、敵となるエイリアンの造型も含めホラー的な演出が随所に盛り込まれている。エイリアンとの戦闘においても、たとえば敵本体を撃てば終わり……というわけではなくて、四方八方に延びた四肢を撃つことによって倒せるといった作りになっているのだ。ちなみに、主人公が敵に捕まると、四肢がもげるといった残虐な殺されかたをするが(これも恐怖をかき立てる演出とのこと)、こうした表現は随所に盛り込まれており、なかなか日本での展開はきびしいかな……という印象。とはいえ、オリジナルエンジンを使ったという映像のクオリティーは相当なもので、エレクトロニック・アーツの底力を感じさせる。ぜひとも日本市場に投入してほしい1作である。北米では2008年10月21日発売予定だ。

▲クローズドスペースで2台の試遊台で展開された『Dead Space』。その恐怖感とグラフィックの美麗さはかなりのもの!


▲開場を徘徊していた『Dead Space』の主人公。来年あたりはコミコンでフィギュアが出ていたり?


 そのエレクトロニック・アーツと"世界一のゲームメーカー"の座を競うアクティビジョンは、コミコンという場所柄か、近年力を入れている映画の版権モノで勝負。マルチプラットフォーム展開の『GHOST BUSTERS THE VIDEO GAME』や、Wiiとプレイステーション2用ソフト『The Mummy Tomb of The Dragon Emperor』(邦題は『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』)といったタイトルを出展した。また、ユービーアイソフトも、映画化が決まっている『プリンス・オブ・ペルシャ』(日本未発表)や、おなじみ『NARUTO‐ナルト‐』のゲーム化第2弾『NARUTO The Broken Bond』(日本未発表)を出展するなど、コミコンを意識したキャラモノが中心の内容だった。

▲アクティビジョンブースのWii用ソフト『The Mummy Tomb of The Dragon Emperor』。映画は北米では8月1日公開だが、ゲーム版はひと足早く発売済み。美麗なグラフィックが目を惹く。



▲ユービーアイソフトの大作『プリンス・オブ・ペルシャ』が出展された、そのバージョンはE3と同じもの。


 一方で、大手海外メーカーの一角THQは、『Saints Row 2(セインツ・ロウ2)』や『Red Faction Guerrilla』(日本未発表)、『WWE Smackdown vs. Raw 2009』(日本未発表)、Wii用『de Blob』、といった注力タイトルをお披露目していた。そんな中異彩を放っていたのが、Wii用ソフトの『Deadly Creatures』(日本未発表)で、これが何とプレイヤーが蜘蛛やサソリになって大自然の中を生き延びていくというアクション。おそらく日本で発売されることはないと思われるが、Wiiリモコンで昆虫を操作するというコンセプトが斬新だ。

▲3台の試遊台で展開されていた話題の大作『Saints Row 2(セインツ・ロウ2)』はキャラのカスタマイズにはじまりゲームプレイを楽しめた。

▲蜘蛛やサソリなどになってプレイする『Deadly Creatures』。アリなどの敵(?)と戦っていく。


 ユニークな趣向だったのが、ワーナーブラザーズの『LEGO Batman:The Video Game』(日本発売未定)。同作は発売元のワーナーブラザーズとLEGOブース、そして『バットマン』の出版社、DCブースにそれぞれ1台ずつ設置。ゲームを試遊するとLEGOジョーカーのパーツがもらえ、3つのブースを回るとLEGOジョーカーがコンプリートできるというもの(もちろん非売品!)。折から、ジョーカーが出演する最新映画『ダークナイト』が大ヒットを飛ばしているというタイムリーさも相まって、ジョーカーほしさに試遊を求める行列がブースのまわりをぐるりと取り囲んだ。おそらくコミコンの会場で、来場者にいちばん遊ばれたのは、この『LEGO Batman:The Video Game』ではないかと思われる。ちなみに、『LEGO Batman:The Video Game』はマルチプラットフォーム展開で北米では9月に発売予定だ(出展されていたのはXbox 360版)。

▲勝手にコミコンでいちばん遊ばれていたゲームと認定してしまう『LEGO Batman:The Video Game』。LEGOジョーカーのパーツ欲しさにとにかくとんでもないことに。LEGOに対する人気ぶりを実感。ちなみにゲームは『LEGO』シリーズでおなじみの、映画のストーリーにしたがって展開されるアクション・アドベンチャーのようです。

▲LEGOブースにはバットマンとロビンがお出迎え。


 ユーザーからの関心も高かったのが、ソニーオンラインエンタテインメントのプレイステーション3とPC向けソフト『DC Universe Online』(日本未発表)。公の場ではプレイアブルが初お披露目となる本作は、その名のとおり、アメコミ大手のDCコミックのキャラが集結したオンラインゲーム。ゲームの世界は何千人もが同時に遊べ、友だちと共闘したり、敵対するといったことが可能。まずプレイヤーは、スーパーヒーローもしくは悪の権化になるかを選び、自分好みのキャラをカスタマイズできる。そのバリエーションは、パワータイプ(大地、空気、電気など)やパワーソース(武器や指輪、目からビームを出すなど)、動きのタイプ(早く走る、飛ぶなど)など多岐に渡る。ワールド内では、キャラどうして自由に戦うことになるが、DCコミックのクリエーターがみずからが用意した(!)ストーリーに沿って、ミッションを遂行することになる。「DCコミックには70年の歴史がありますので、深みのあるストーリーが展開されますよ」と説明してくれたのは担当者。もちろん、キャラの成長要素などもある。まさに、DCキャラを主人公に据えた、RPG要素の強いMMO格闘アクションといった趣きだ。「コミコンの来場者にゲームのテイストを知ってもらいたかった」ということでソニーオンラインエンタテインメントを挙げて出展された本作は、プリ・アルファ状態とのこと。ヒーローになれるオンラインゲームということで、来場者の注目度は抜群だった。なお本作のベータ版や発売日のリリースなどは一切未定とのことだ。
 

▲『DC Universe Online』一色だったソニーオンラインエンタテインメント。コミコン来場者の関心は極めて高い。ちなみに遊べたのはPC版。

 

▲アメコミファンなら一度は遊んでみたくなること請け合いの『DC Universe Online』。ヒーローとなるもよし、悪となるもよし。オリジナルのヒーローも作れる。

Comic-Con International 2008の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

第3回スプラトゥーン甲子園は、9月24日東海地区大会から開幕! さらに、抽選なしの全員が参加できるオンライン大会も開催決定

2017年8月20日、ニコニコ生放送にて、“第3回スプラトゥーン甲子園 詳細発表特番”が放映され、“第3回スプラトゥーン甲子園”の詳細が発表された。

目一杯の「楽しい!」を詰め込んだ“My LIVE”! 声優・沼倉愛美さん“1st LIVE TOUR「My LIVE」”東京公演リポート

2017年8月20日(日)、東京・Zepp DiverCity Tokyoにて声優の沼倉愛美さんの1st LIVE TOUR“My LIVE”最終公演となる、東京公演が開催された。

『原由実の○○放送局 大盛』次回は大坪由佳さんと『深夜廻』に挑戦!

声優・歌手として活躍する原由実さんのニコニコ生放送『原由実の○○放送局 大盛』第42回が2017年8月23日20時より開始。

“黒川塾 52”のテーマはゲームAI あの森川幸人氏もゲストで登場!

メディアコンテンツ研究家の黒川文雄氏が主催するセミナーイベント“黒川塾”。その第52回となる“黒川塾 52”が、2017年8月17日に、都内のデジタルハリウッド大学にて開催された。今回のタイトルは、“誰にでもわかる ゲームAI(人工知能)の話”。AIに精通したゲストによる熱いトークセッションが展開された、そのイベントの模様をリポートしよう。

【週間PVランキング】『スプラトゥーン』や『ポケモン』など、人気シリーズ作品の記事が注目を集める【8/12〜8/18】

ファミ通ドットコムの、2017年8月12日〜8月18日の週間PVランキングをお届け。

Wake Up, Girls!のメンバーがアニメ『Wake Up, Girls!』を実況するニコ生特番第3弾が2017年8月24日(木)に配信!!

ファミ通が制作するニコニコ生放送番組『ファミ通presents WUGちゃんねる!』の特番生放送が決定! 今回の特番はWake Up, Girls!のメンバーがテレビアニメ『Wake Up, Girls!』を実況(オーディオコメンタリーみたいなことです)する番組の第3弾!! 出演者はWake Up, Girls!のメンバーから、永野愛理さん、奥野香耶さん、高木美佑さんの3人です。

『艦これ』夏の期間限定海域は欧州救援作戦! 『艦娘音頭』で盛り上がった『艦これ』×富士急コラボステージイベントをリポート

2017年7月30日、山梨県・富士急ハイランド内のホールシアターにて、『艦隊これくしょん -艦これ-』のステージイベント“鎮守府「瑞雲」観閲式スペシャルステージ”が開催された。

『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』では“ネクロズマ”との新たなストーリーが展開! 主人公の新服装も明らかに

ポケモンは、 2017年11月17日(金)に発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』について、最新映像を公開。“ネクロズマ”との新たなストーリーや、“ポケモン Zパワーリング”に関する情報を公開した。

『二ノ国II レヴァナントキングダム』4thトレーラー公開 “進軍バトル”、“キングダムモード”も明らかに

レベルファイブは、2018年1月19日(金)発売予定のプレイステーション4、PC用ソフト『二ノ国II レヴァナントキングダム』について、最新トレーラーを公開した。

世界一の名誉と賞金をかけて戦うポケモンワールドチャンピオンシップス2017、8月18日よりスタート! 現地からはライブ配信も

アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムにて、ポケモンバトル世界一を決める戦い“ポケモンワールドチャンピオンシップス2017”が、現地時間2017年8月18日(金)より開催される。