携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【コミコンリポートその2】パネルディスカッションで重大発言、家庭用『ストIV』の新キャラにキャミィが追加!?

【コミコンリポートその2】パネルディスカッションで重大発言、家庭用『ストIV』の新キャラにキャミィが追加!?
Comic-Con International 2008

2008/7/26

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●小野プロデューサーが、アメリカの熱心なファンを前に『ストIV』を熱く語る!

▲アメリカの熱心なファンに向かって熱く語る小野プロデューサー。

 2008年7月24日に開幕した“Comic-Con International 2008(愛称コミコン)”にて、“メイキング・オブ『ストリートファイターIV』”と題されたパネルディスカッションが開催された。こちらは、『ストリートファイターIV』のプロデューサーであるカプコンの小野義徳氏が、アメリカのファンに向かって同作の概要を初めて語るというもの。アメリカは『ストリートファイター』シリーズが絶大な人気を誇るお国柄として知られるだけあって、パネルディスカッションは掛け値なしの満員大盛況(2000人以上を動員!)。アメリカの熱心なファンに後押しされる形で、小野氏のアツいトークが披露された。

「本当に『ストリートファイターIV』をお待たせしました。10年まえに『ストリートファイターIII』を作って以降、事あるごとに、“いつ『IV』を作るんですか?”と聞かれてきました。ついにこの場で、アーケード版の『IV』が完成したことを、ファンの皆さんの前で発表できるのをうれしく思いますし、皆さんが要望していてくれたことをうれしく思います」(小野)

 と切り出した小野氏は、『IV』のコンセプトを、「『III』の続編ではなく、みなさんが『II』を遊んでくれたことの思い出だったり経験だったりをすぐに利用できる立ち居地としての『IV』になっています。みなさんがスーパーファミコンやメガドライブでやってきた、指で覚えていることがすべて役立つシステムに、『IV』はなっています」と発言。さらには、昨年ロンドンで行なわれた発表で映像が初めて公開されたときに、多くのマスコミ関係者に「『ストリートファイターIV』が3Dになってしまって残念だ」と言われたというエピソードを紹介し、「『ストリートファイター』は3Dにはしません! 2Dのゲームです」と力強く宣言し、『ストリートファイターIV』は往年のファンの願いを最大限にかなえたタイトルであることを明確にし、来場者からの大きな喝采を浴びた。「『IV』のことを受け入れてくれますか?」との小野氏の問いに、会場が万雷の拍手を持って応えると、「よかったです。この拍手で数年間の開発の疲れが吹き飛びました」と感慨深げな様子だった。

 そして、小野氏は『ストリートファイターIV』では『ストII』のキャラが全部使えることに加えて、4人の新しいキャラが追加されることを説明。新キャラに関しては、とくに『IV』に対する要望が高かったアメリカのユーザーの反映させる形で、カプコンUSAのスタッフの意見を多く聞いたことを明かした。ただし、この4人の新キャラの人気がなかなか上がらないことを小野氏は憂いているようで、「まわりの人に新キャラの魅力を広めて欲しい」と直訴する一幕も。

 また、写実的な映像ではなく、“絵”を動かすことを重視したという『ストリートファイターIV』では、PR映像としてアニメを制作したことを説明。そのアニメ映像をアメリカのファンに向けて披露した(ただいま『ストリートファイターIV』の公式サイトで公開中)。そして、PR映像を制作しているのが、日本が世界に誇る気鋭のアニメスタジオ、STUDIO 4℃の森本晃司氏であることを初めて発表。STUDIO 4℃と森本晃司氏と言えば『アニマトリックス』などの制作を手掛けたことでも世界的におなじみだが、森本氏と『ストリートファイターIV』の話をしたところ、「ゲームのことに詳しくない自分でも、『ストリートファイター』シリーズのことは知っている。ぜひ、プロジェクトに参加したい」とのやりとりがあったことを明らかにした。アニメの絵コンテや作画監督には、同じくスタジオ4℃の金井次郎氏を起用しているとのことで、「今後もスタジオ4℃とのコラボで、『ストリートファイター』シリーズの歴史を感じさせるようなアニメを作っていきたい」とした。

▲超満員となった『ストリートファイターIV』のパネルディスカッション。さすがの人気振りを見せつけた。


 再びゲームの話題に立ち返った小野氏は、『ストリートファイターIII』では、従来の『ストリートファイター』シリーズの“ルールブック”を大幅に変更したために、なかなかついてくる人がいなかったという反省点を踏まえ、『IV』では『II』のルールブックをしっかりと継承したと説明(ここでも拍手喝采)、とはいえ「『IV』という冠をつける以上、新しいルールを付け加える必要はある」との判断から、新たに“セービングアタック(英語名はフォーカスアタック)”を採用したことを明らかにした。“セービングアタック”は、中パンチボタンと中キックボタンを同時押しすると発動。通常は中段攻撃になるが、タイミングよくボタンを押すことで、一端敵の攻撃を受けてから反撃する“攻防一体”の技となる。「ここにいる黒帯の皆さんには、ぜひ“セービンアタック”を決めてほしい。“セービングアタック”を決めることで、『IV』の新しいページをひも解くことができる」とのエールを贈った。

 さて、「家庭用の発売はいましばらく待ってほしい」とした小野プロデューサーは、最後に興味深い発言を。「コンソール版ではニューキャラクターという話になると思うのですが、皆さん期待するキャラはいますか?」と来場者に問いかけた小野氏は、「キャミィ」という声が多いのを受けて、「この皆さんの声をビデオに撮っていますので、これを開発スタッフに届けます。開発者が“作れるよ”という話になれば、皆さんに改めてお伝えします」と発言。さらには、「まだほかに希望するキャラはいますか?」との再度の問いかけに対する会場からの反響には、「アクマ(豪鬼のこと)という声が多いですねえ」と意味深な発言も。最後は、「皆さんの意見を全部聞いていると『ストリートファイターZERO3』になってしまうので、会場で僕を捕まえたら要望を出してみてくださいね」とファンを笑わせた。家庭用の追加キャラということでは、つい先日フェイロンとダンが発表されたばかり。さらなる追加キャラが実現するのかなどと、想像は膨らむところだが……。いずれにせよ、ファンの要望に応える形で開発されている『ストリートファイターIV』だけに、ファンの期待を裏切ることだけはなさそう。さらには、コミコンが世界初お披露目となるオリジナルアニメーションが公開されるなど、最後までユーザーライクなパネルディスカッションとなった。

▲世界初お披露目となったオリジナルアニメでは、「ふつうの女の子に戻る」と食堂でバイトなどをしていた春麗が、ベガの暗躍を知り格闘の世界に舞い戻るというストーリーをメインに、ガイルやキャミィなども動き出すといった、ゲームの前日譚を思わせる内容に。

 
※『ストリートファイターIV』の公式サイトはこちら 

Comic-Con International 2008の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『シャドウ・オブ・ウォー』幽鬼の力を始めとするさまざまなゲームの要素が公開

ワーナー ブラザース ジャパンより2017年10月12日発売予定のオープンワールドアクションRPG『シャドウ・オブ・ウォー』。同作にて幽鬼の力を始めとするさまざまなゲームの要素が公開された。

ミリタリー大好きおじさん&お姉さんが絶賛! 映画『ダンケルク』×Wargamingサバイバル試写会トークショーリポート

2017年8月17日、映画『ダンケルク』とWargamingがコラボした試写会イベントが開催。試写会に先駆けて実施されたディープなトークショーの模様をお伝えする。

日本一ソフトウェア設立25周年施策として“プリンセスカフェ”とのコラボが実施決定、描き下ろしイラストを使用した限定グッズも

日本一ソフトウェアは設立25周年の取り組みとして、全国の“プリンセスカフェ”にてコラボカフェを開催する。このカフェで販売される、描き下ろしイラストを使用した缶バッジ・キーホルダー・アクリルスタンドの商品イメージが公開された。

『ストリートファイターII』とOUTDOOR PRODUCTSのコラボバッグが発売、キャラクター総柄の全4種展開

カプコンの『ストリートファイターII』とOUTDOOR PRODUCTSのコラボバッグが発売。“Back Pack”、“Kid‘s Day Pack”、“Flap Day Pack”、“Travel Shoulder”の全4種展開で、『ストリートファイターII』のキャラクター総柄になっている。

『GET EVEN』、『リトルナイメア』、『インパクト・ウインター』 3タイトル合同キャンペーン開催決定 Web&リアルの謎ときコンテンツが本日より実施

バンダイナムコエンターテインメントは、『GET EVEN』、『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』、『Impact Winter インパクト・ウインター』について、本日より、ナムコが運営する謎とき体験ポータルスタジオ“なぞともCafe”と、ランシステムが展開する“スペースクリエイト 自遊空間”とのコラボレーションによる3タイトル合同キャンペーンを開催することを明らかにした。

『戦国BASARA』のラッピングバスが8月26日より静岡県浜松市内で運行、井伊直虎の音声ガイダンスが聴ける

2017年8月26日(土)より、静岡県浜松市内を走る循環まちバス“く・る・る”が、『戦国BASARA』ラッピングで運行。運行開始日の8月26日(土)には、出発式も実施される。

第3回ポケモン竜王戦、2018年1月14日に開催決定! 今回より参加者を全年齢に拡大

ポケモンは、2018年1月14日(日)に第3回ポケモン竜王戦を実施することを発表した。これは将棋界最高のタイトル“竜王”の名を冠した、ポケモンバトルの最強プレイヤーを決定する大会で、ゲーム部門とカードゲーム部門に分かれて戦う。

『コールオブ デューティワールドウォーII』ハリウッドタレント起用の裏側に迫るキャストインタビュー映像が公開

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、『コールオブ デューティワールドウォーII』について、ハリウッドタレントを起用した“ゾンビモード”のキャストインタビュー映像を公開した。

山本さほ先生描き下ろしも! ファミ通1500号記念イベントTシャツがebtenにて予約受付中

ECサイト“ebten”にて、ファミ通1500号記念Tシャツの予約を受付中。山本さほ先生Ver.、ファミ通ロゴVer.の2種類をラインアップ。

『FIRE PRO WRESTLING WORLD』Steam版アーリーアクセスで大型アップデートを実施 音楽取り込みやS-1ルールなどを実装

スパイク・チュンソフトは、現在開発中のプレイステーション4、PC用ゲーム『FIRE PRO WRESTLING WORLD』について、PC(Steam)版アーリーアクセスの大型アップデートを、本日(2017年8月18日)に実施した。