携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ”お台場冒険王ファイナル”にSCEJとスクウェア・エニックスがブース出展

”お台場冒険王ファイナル”にSCEJとスクウェア・エニックスがブース出展

2008/7/19

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●SCEJブースには”リビッツ”も登場

 

 東京のお台場で2008年7月19日〜8月31日まで開催されている、フジテレビジョン主催のイベント”お台場冒険王ファイナル 〜君が来なくちゃ終われない!〜”に、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ)と、スクウェア・エニックスがブースを出展。それぞれ自社の最新タイトルの体験台などを設置している。

 

 多くの学校が夏休みに入り、加えて3連休の頭と、好条件が重なった開催初日のイベント会場は大混雑。SCEJブースが展開されたフジテレビ社屋7階屋上庭園の”めざましストリート”周辺には数多くの屋台が立ち並んでおり、お昼どきには家族連れやカップルなどで賑わい、最新ゲームをアピールするにはうってつけの状況となった。


▲ブース中央には『LittleBigPlanet(リトルビッグプラネット)』の体験台が円形に設置されている。体験台の中心にある地球儀ではプレイを終えた人たちの笑顔を写真撮影し、ぺたぺたと貼りつけていく、”スマイルプラネットキャンペーン”を実施中。ちなみに本日は開催初日ということでまだ写真は貼られておらず。


 ブースの目玉は、2008年秋に発売が予定されているプレイステーション3用ソフト『LittleBigPlanet(リトルビッグプラネット)』の体験台。今回のイベントのためだけに制作された”『めざましテレビ』スペシャルステージ”をプレイできる特別バージョンで、家族連れはもちろん、比較的年齢の高い層からも注目を集めていた。そのほかに、2008年7月31日からPLAYSTATION Storeで販売予定のプレイステーション3用タイトル『The Last Guy』も出展。見た目も内容もいい意味でヘンテコな本作は、なぜかカップルに大人気。ふたりでアッチだ、コッチだとアドバイスを送りあいながらプレイする姿が印象的だった。


▲この会場だけで遊べる”『めざましテレビ』スペシャルステージ”。各所に『めざましテレビ』のマスコットキャラ”めざましくん”が登場する。


▲ブース周辺には定期的に”リビッツ”も登場。どこへ行っても大人気で、来場者といっしょに記念する姿が多く見られた。


▲『The Last Guy』はカップルから人気。


▲2008年8月28日発売予定のプレイステーション3用ソフト『AFRIKA(アフリカ)』は、映像のみの出展となっていた。


 スクウェア・エニックスは2007年開催時と同じく、フジテレビ本社屋1階オフィスタワーエントランス内にブースを展開。”ドラゴンクエストお台場EXPO200”と題し、業務用カードゲーム『ドラゴンクエスト モンスターバトルロード』の筺体と、ニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の体験台を出展している。さらに、ブース内のモニターで2008年12月稼動予定の『ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII』のプロモーションムービーが放映され、物販コーナーにはスライムのぬいぐるみなど各種グッズがズラリ。『ドラクエ』尽くしな内容は子供たちから大人気で、疲れて休んでいる両親を尻目に夢中でゲームをプレイする姿が多数見受けられた。


▲フジテレビ本社屋1階オフィスタワーエントランスがまるごと『ドラゴンクエスト』の世界に。

 

▲物販コーナーには各種スライムのぬいぐるみを始め、さまざまなグッズが用意されている。

 

※”お台場冒険王ファイナル 〜君が来なくちゃ終われない!〜”の公式サイトはこちら

※PlayStation.com(Japan)はこちら

※スクウェア・エニックスの公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ルルアのアトリエ』発売記念特集では、岸田メル氏描き下ろし絵や、島袋美由利(ルルア役)インタビューを通じて『ルルア』の魅力を掘り下げる!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』の発売記念特集を掲載。扉を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト。ほか、声優・島袋美由利さん(ルルア役)インタビューや、攻略情報をお届け。

『FFXV エピソード アーデン』で描かれるものとは? 開発スタッフのミニインタビューも掲載【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、2019年3月26日配信予定の『ファイナルファンタジーXV エピソード アーデン』の概要や開発スタッフのミニインタビューを掲載。

『スーパーロボット大戦T』攻略スタート! 第11話までの内容紹介とSRポイント獲得のコツを伝授!!【先出し週刊ファミ通】

2019年3月20日発売の週刊ファミ通2019年4月4日号では、『スーパーロボット大戦T』の攻略記事を掲載。まずは第1話から第11話までの攻略情報をお届け!

『DOAX3S』発売記念でマリー・ローズちゃんにインタビュー! マリーちゃんづくしのPS4テーマ付録も【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、ニンテンドースイッチとプレイステーション4で発売される『デッド オア アライブ エクストリーム 3 スカーレット』の発売記念特集をお届け。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』へと続くフロム・ソフトウェアの“足跡”を追う特集をお届け! 宮崎英高氏が『SEKIRO』そしてフロム・ソフトウェアのいまとこれからを語るインタビューも!!【先出し週刊ファミ通】

 週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、最新作『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』に至るまでのフロム・ソフトウェアの“足跡”を追う特集をお届け。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』発売記念特集にて、隻腕の忍び“狼”の過酷な戦いで覚えておくべき心得を伝授する。備えよ!【先出し週刊ファミ通】

 週刊ファミ通2019年4月4日号(2019年3月20日発売)では、ついに発売を迎える『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の発売記念特集をお届けする。

『ルルアのアトリエ』プレイレビュー。シリーズ4作目だからこそ感じられる“時の流れ”が、キャラクターを魅力的に描き出す

“アーランド”シリーズ待望の最新作『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』プレイレビュー。キャラクター、ストーリー、調合システムなどの見どころを、がっつりプレイした『アトリエ』担当編集者が紹介。

HTC VIVEが見据える、VR普及の鍵を握るのは開発者がソフトを提供しやすいプラットフォーム作り【GDC 2019】

2019年3月18日〜22日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで行われている世界最大級のゲーム開発者のカンファレンス、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス) 2019。ここでは、会期初日に行われたHTC VIVEのキーノートのリポートをお届けしよう。

インディーズメーカーを支援する新レーベル“ディライトワークス インディーズ”発足、2019年春にSwitch版『タイニーメタル 虚構の帝国』を発売

ディライトワークスは、新レーベル“ディライトワークス インディーズ”の発足と、同レーベルの第1弾タイトル『タイニーメタル 虚構の帝国』を2019年春に発売することを発表した。

PS Nowに『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『WWE 2K18』など5タイトルが新たに配信。サーチ機能で検索もラクラク

PlayStation Nowにサーチ機能が追加! 2019年3月は『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、『WWE 2K18』など5タイトルが配信!