携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 『まもるクンは呪われてしまった!』グレフとガルチ、夢のタッグが実現

『まもるクンは呪われてしまった!』グレフとガルチ、夢のタッグが実現

2008/7/25

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

 

●グレフとガルチが共同開発

 

 アーケードの新作シューティングゲーム『まもるクンは呪われてしまった!』の情報を入手! 本作は、対戦シューティングゲーム『旋光の輪舞』で知られるグレフと、同じくシューティングゲーム開発に定評のあるガルチの共同開発によるもの。シューティングゲームファンにはたまらない夢のコラボレーションとなっている。『まもるクンは呪われてしまった!』の魅力を紹介していく。

 

 

 

プロローグ

まもる 「…あ、れ? ここは…」

迫ってくるヘッドライト。
車にひかれる……と思った瞬間から、どのくらい経っただろうか。
気がつくと、まもるクンは不思議な世界に飛ばされていた。

ふるる 「ハーイ、皆さん〜! 冥界へようこそ!」

冥界の巫女“地獄谷ふるる”によると、
冥界の危機を救うため、“選ばれし魂”を召還したとのこと。

「勝手に選ぶなやドアホ」、「もとの世界に帰しなさい!」

などの抗議をさらっと無視し、話を続けるふるる。

いま、冥界では何者かが“闇の世界”への門を開こうとしているとのこと。
そのため、冥界の住人たちが呪われてしまった状態にあること。
冥界の危機を救うには、住人たちを浄化し、闇の世界への開門を阻止すること。

「さぁ、勇者諸君! 冥界のためにしっかり働くさねー!」

かくして、 もとの世界の戻るため、
冥界に召還されたまもるたち4人の戦いが始まるのであった。

 

 

●キャラクター

 

知花まもる
(ともか まもる)
12歳

好きなもの:勝負ごと、シュークリーム
嫌いなもの:負けること
趣味:野球
魂属性:雷

現世で交通事故に遭った直後、地獄谷ふるるの力により”冥界”に召還された小学生。将来の夢は、プロ野球選手になること……。ただし、金銭的な意味で。負けず嫌いの性格だが、ふるるにはその性格をうまく利用されているようで、冥界ではいいようにコキ使われている。
「俺が頑張るしかないか……よーしやってやるぜ!」

 

深雪マユノ
(みゆき まゆの)
14歳

 

好きなもの:雪、花
嫌いなもの:辛い食べ物
趣味:気に入ったものを眺める
魂属性:雪

冥界以前の記憶がはっきりしない謎の少女。感情を表に出すことが少ないが、時折、周囲の思いも寄らない行動に出る。一応、本人はそれなりに考えて行動している模様。ひと言で言えばマイペースな性格。突然の”冥界への召還”という事態にも、騒ぐことなく順応しているように見える。

「ごめんなさい…あまりよく覚えていないの」

 

西風キンヤ
(ならい きんや)
17歳

好きなもの:バイク
嫌いなもの:数学
趣味:ツーリング
魂属性:風

バイク好きの高校生だったが、アルバイトの帰りに突然召還されてしまう。関西弁が特徴の自由人。人づき合いはそれほど悪いわけではないのだが、自分の感性、勘を信じて行動するため、協調性に欠ける面もある。ふるるとは相性が悪いのか犬猿の仲。「ボケとツッコミ、とも言う」とは、ベニ子の談。
「ま、好きなようにやらせてもらうわ。そいじゃ」

 

日向寺ベニ子
(ひがてら べにこ)
16歳

好きなもの:音楽
嫌いなもの:臭いもの全般
趣味:フルート演奏
魂属性:狐火

全寮制の女子高に通うお嬢様。学園生活中に召還されてしまった模様。成績優秀、さっぱりとした性格で、周囲からの人望も非常に厚い。冥界にはいち早く順応したようで、守護である狐火に名前をづけたりなど、けっこう状況を楽しんでいるようである。
「さぁ、遠慮はいりませんよ。行きなさい、“燐火”!」

 

地獄谷ふるる
(じごくだに ふるる)
?歳

好きなもの:金平糖、御神木サマ
嫌いなもの:暗いところ

趣味:冥界温泉めぐり

冥界に浮かぶ“御神木”に仕える巫女(ふるる談)。御神木と直接会話ができる、らしい。その御神木の助言により、まもるたちを冥界へと召還することに成功する。まもるたちを率いる”正義の戦隊(ふるる談)” のリーダー! という意気込みを持って取り組んでいるものの、周囲からはどうにもマスコットキャラ扱いされている現状である。
「はーい、みんなで冥界に平和を取り戻すさね!」

 

●ステージ構成

 

 本作のステージは、”ワールド”と”ミッション”の2種類が用意されている。ワールドは、出現する敵を倒しながら進んでいく通常のステージ。そしてミッションは、ボス戦中心の短いステージだ。腕に自身のある人はこちらにチャレンジしてみよう。

 

 

 

●呪いシステム

 

 本作最大の特徴は、”呪いシステム”にある。本作では呪い弾ボタンを押すことで、接触した敵弾を消すことができる”呪い弾”が撃てる。呪い弾は、ボタンを押した長さによって”弱呪い弾”と”強呪い弾”の2種類に変化。弱呪い弾を発射すると、自機の目の前に着弾してフィールドを設置することができる。設置したフィールドに小型の敵を触れさせれば、その敵を呪える。呪った敵には、一定時間ダメージを与え続けることが可能だ。ちなみに、自機がフィールドに触れると、呪われて一定時間パワーアップする。一方、強呪い弾は、敵にヒットさせることで呪うことができる。呪い弾のレベルが高いほど呪いの効果が持続し、一定時間呪いのダメージを与えられる。さらに、呪われた敵は特殊な攻撃を行うようになるぞ。また、呪い中の敵を倒すと大量のアイテムが放出されるので、高得点をゲットするチャンスだ。

 

 

 

プレイ動画をチェック

 

 動画投稿サイトyoutube内のセガムービーチャンネルにて、本作のオープニングムービーが公開されている。また、今後プレイ動画もアップされる予定なので、気になるファンはチェックしよう。

 

 

スクリーンショット

 

 

●稼動記念イベント開催決定

 

 2008年7月30日より稼動が予定されている『まもるクンは呪われてしまった!』。本作の稼動を記念したイベントが、新宿歌舞伎町の”新宿ゲーセンミカド”にて2008年8月3日(日)17時より開催されることが決定。グレフの丸山社長やゲストによるトークライブ、プレゼントの配布(数量限定)など、内容盛りだくさんとなっている。

 

 

まもるクンは呪われてしまった!

操作方法

8方向レバー、2ボタン

稼動日

2008年7月30日

基板

NAOMI

開発

グレフ、ガルチ

 

※公式サイトはこちら

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『レインボーシックス シージ』シーズン3アジア太平洋地域プロリーグファイナルが開催、日本からは野良連合とeiNsが出場

2017年10月21日、タクティカルFPS『レインボーシックス シージ』大会“レインボーシックスシージ プロリーグ APAC Finals Day1”が、オーストラリアで開催中。日本からは野良連合、eiNsが出場した。ここでは、Day1の模様を振り返る。

【週間PVランキング】 日本一ソフトウェアの新作スクープが1位を獲得!【10/14〜10/20】

ファミ通ドットコム、2017年10月14日〜10月20日の週間PVランキングをお届け。

『フルメタル・パニック』のゲームがPS4で2018年に発売決定! 開発は『スパロボ』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当

バンダイナムコエンターテインメントは、2018年にプレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック!戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を発売することを発表した。ジャンルはシミュレーションRPGで、開発は『スーパーロボット大戦』シリーズでもおなじみのB.B.スタジオが担当。

“UNTIES(アンティーズ)”のキックオフパーティーをリポート TINY METAL(タイニーメタル)を筆頭に個性的なタイトルが集結

インディーを筆頭に個性的なゲームを届けることを目的としたパブリッシングレーベル“UNTIES(アンティーズ)”。レーベル発表の同日、ソニー・ミュージックエンタテインメント本社(東京都千代田区)にて開催された、キックオフ・パーティーの模様をお届けする。

『FFXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が11月上旬に変更――ゲーム内容の最終調整のため

『ファイナルファンタジーXV』の追加コンテンツ『ファイナルファンタジーXV オンライン拡張パック:戦友』の配信日が、ゲーム内容の最終調整のため、2017年10月31日(火)から2017年11月上旬に変更。

『Forza Motorsport 7』プレイインプレッション クルマ好きのためのバラエティプログラムを、リアルでシリアスな映像とムードで楽しむ

2017年10月3日に発売された、Xbox One/Windows 10 PC用『Forza Motorsport 7』のプレイインプレッションをお届け。

社長からデボルとポポルのスピンオフの提案が? 『NieR:Automata』齊藤氏&ヨコオ氏インタビュー

2017年10月14日〜15日、シンガポールで開催されたゲームコンベンション“GameStart 2017”。10月15日、『NieR:Automata』プロデューサー齊藤陽介氏とディレクターヨコオタロウ氏のインタビューを行うことができたので、その模様をお届けする。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第170回 提督と、地中海の風と雨

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! 期間限定海域『西方再打通!欧州救援作戦』編も後半戦に突入、あの海外艦の故郷を目指せ!!