携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> DSのデータをWiiに引き継げる、Wii版『どうぶつの森(仮題)』の新事実

DSのデータをWiiに引き継げる、Wii版『どうぶつの森(仮題)』の新事実

2008/7/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ニンテンドーDSから正統進化

 

▲会場ではWiiSpeakとキーボードでマルチプレイが楽しめた。村にはなんとマリオとルイージが(本物の声)! 写真でわかるように、キャラクターたちのアクションも大幅に増えているようだ。ニンテンドーDSと同様に4人でマルチプレイを楽しめる。


 2008年7月15日、任天堂が”2008 E3 Developer Roundtable”を実施。同社江口勝也氏がWii用ソフト『Animal Crossing: City Folk』(邦題:『どうぶつの森(仮題)』)のプレゼンを行った。ここで海外記者から出た「Wii版とニンテンドーDS版の連動はあるのか?」という質問に、江口氏は「あります」と回答。具体的には、ニンテンドーDS版のキャラクターの顔や名前などをWii版に引き継いで遊べる”引越しの機能”が搭載されていて、その際、集めた家具などのアイテムのカタログデータも持っていけるという。ちなみに”ベル(ゲーム中の通貨)”は残念ながら移動できない。

 

 加えて、Wi-Fiの環境がない場合はほかのユーザーの村に遊びに行くことは困難だが、WiiのプレイヤーデータをニンテンドーDSに移せる機能が実装されている。そのニンテンドーDSを友人宅に持参し、Wiiにドロップすればほかの村へ行くことができるのだ。

 

 Wi-Fiの環境がないユーザーは、WiiConnect24を介して配布されるアイテム(詳しくは後述)も手に入れにくい状況。そこで、DSステーションなどでニンテンドーDS向けにアイテムのダウンロード用プログラムが配信される。それをWii上のお店に持っていくとアイテムが増える仕組みが組み込まれているという。任天堂らしいどんなユーザーも見放さない配慮だ。

 

 このほかにも江口氏の口から新事実が続々と判明。イベント関連では、キューブ版にあったハロウィン、クリスマスが復活。イースター、カーニバルが新規に追加される。アイテムの量も相当増えているようで、WiiConnect24を使えば新アイテムが随時追加されていく。


▲村の入口にバス停があり、ここから街に行ける。 


▲噴水が象徴的な街。ここでどんなことができるのかが最大の楽しみ。昼と夜のふたつの顔がありそうだが……。 


 今作では村のほか、”街”が加わったが、ここはみんなの共有スペースという設定。フレンドが入れ替わり立ち代り来る場所で、街で直接出会うことはないが、どのような行動をとったかはわかる仕組みになっている。劇場や高級ブティックなど都会の香りをさせる建物があり、どのようにゲームに関わってくるのか気になるところだ。

 

■イベント

・ハロウィン、クリスマスが復活

・イースター、カーニバルが追加

 

■アイテム

・家具、壁紙、アクセサリーなどアイテムのボリュームアップ

・アイテムはWiiConnect24を使って、無料で追加されていく。

 

■街

・村とは違う新しい場所。基本的にひとりしか入れないが、複数のユーザーが共有する、入れ替わり立ち代りで来る場所という世界観で、友だちが街でどのような行動をとったかわかる機能も

・カトリーヌさんの美容院、オークション会場、グレースの高級ブティック、ハッピールームアカデミー、コメディアンのショーが観られる劇場、このほかにも要素あり

 

▲これがWii Speak。WiiとはUSBでつなげ、センサーバーの上における作りになっている。 


 コミュニケーション強化の部分では、やはりWii Speakが特筆すべき点。これはすでにお伝えしているとおり、Wiiに専用マイクをつけるとWiiConnect24を介して遠くの友人ともボイスチャットをしながらゲームを楽しめるというもの。もちろんキーボードをつなげれば(ソフトキーボードでも可)、テキストチャットもできるが、村は広いので会話を拾えない場合もある。そんなときボイスチャットが威力を発揮する。「たくさんの人とたくさんの人が話せるので、従来のひとり用マイクとは違った遊びが体験できます」(江口)。複数人で話ができるWiiSpeakは本当に新鮮な感覚で、テレビから2、3メートル離れていてもクリアーに会話を楽しむことができた。

 

 プレイヤーの創造力がかきたてられるような要素も加わった。これまでも服をデザインできる機能が実装されていたがこれが強化。細かい点だが、前身頃、後ろ身頃、両袖でデザインを変えることができるようになった。デザインした服には、どんなイメージで作ったかを気持ちを込めることができ、これが動物たちとの会話のネタになることもあるという。


▲服を前身頃、後身ろ頃、両袖と4ヵ所でデザインできるように。オリジナリティー溢れるファッションアイテムができそうだ。 


 カメラ機能も今作から加わった要素。撮影した写真をSDメモリーカードに保存すればメールに添付して送れたり、外部装置を使ってのプリントアウトも可能。このほか、質疑応答から判明した新要素は以下のとおり。

▲友だちと記念写真が撮れる。 


・ニンテンドーDSと同様、パーティープレイ中にひとりが回線落ちたら、全員がいったん自分の村に帰ってしまう仕組みは組み込まれている。その代わり、家の中に4人で入れるようになったほか、トタケケのライブを4人で観られるようになるなどのパワーアップ要素も

・バーチャルコンソールとの連動はなく、今作はファミコンのカセットは遊べない


▲Miiのマスクをかぶることができる。 

 

 記者も実際会場でプレイしてみたが、いい意味でニンテンドーDSの正統進化版。村には郵便局やお店があり、個性的な住人がいて、これまでと同じように自分の村や友だちの村でスローライフを楽しめる。Wii Speakとキーボード対応で、より深くスムーズにコミュニケーションが図れるのは確実だし、シャベルや釣竿がボタンひとつで変更できるなど操作性も改良されていた。製品版をプレイする際は、新要素の発見にワクワクしそうだ。


※【動画追加】マイクデバイス”Wii Speak”が発表! Wii用ソフト『どうぶつの森(仮題)』は複数対複数のボイスチャットが可能に

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

「本気で100万本売る気だった」シシララ安藤氏と『ストライダー飛竜』の四井氏が『鈴木爆発』を語る【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ゲームディレクターの四井浩一氏とゲームプロデューサーの安藤武博氏が登壇。“『鈴木爆発』『ストライダー飛竜』通好みのゲームはどのようにつくられるのか?”というテーマで対談した。

吟遊詩人と機工士のキャスト動作が撤廃に! 『FFXIV』第36回プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の最新情報が発表されるプロデューサーレターLIVEが、2017年5月23日にオン・エア。この日に公開された、次期拡張パッケージ『紅蓮のリベレーター』におけるバトルシステム調整の中身をお伝えする。

『ディシディアFF』公式全国オンライン大会の詳細が続々と明らかに! “『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”速報

2017年5月23日より、ニコニコ生放送とYouTubeで配信された“『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”。この夏をさらにアツくさせる“公式全国オンライン大会2017”の詳細が、こちらの放送にて発表された。本記事では、放送で発表された情報をひとまとめにしてお届け。

『PixelJunk』シリーズ初のスマホゲーム『Eden Obscura』、カメラ機能を使った独創的なビジュアルを紹介【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、Q-Gamesのクリエイティブ・プロデューサーBaiyon氏が登場し、『PixelJunk』シリーズ最新作の『Eden Obscura』を紹介した。

『バイオハザード』&『ストリートファイター』&『ロックマン』のデフォルメフィギュア“POP!”に親しみやすい日本版パッケージが登場

アメリカの玩具メーカー、ファンコ社が展開するデフォルメフィギュア“POP!”。その『バイオハザード』、『ストリートファイター』、『ロックマン』各シリーズにおいて、日本オリジナル仕様のパッケージが発売されることが公表された。ロゴやキャラクター名が日本仕様に変更されており、より親しみやすいデザインとなっている。なお『ストリートファイター』シリーズでは店舗限定のレアバージョンも登場予定だ。

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感する共感覚スーツがさらに進化! “シナスタジアスーツ2.0”プレス体験会リポート

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感できる“シナスタジアスーツ2.0”のプレス体験会のリポートをお届けする。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』が2017年秋にPS4、Xbox One、PCで発売決定 公式リリースが到着

カプコンは、オープンワールドアクションゲーム『ドラゴンズドグマ』生誕5周年を迎えるアニバーサリーイヤーの2017年に、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』をプレイステーション4、Xbox One、PCにて発売することを発表した。

RazerとBungieがパートナーシップを結託、『Destiny 2』仕様のChromaキーボードやDeathAdder Eliteマウスが発売決定

Razerは、Bungieとのパートナシップ結託を発表。Bungie開発によるアクティビジョンのFPS『Destiny 2』をテーマとした製品シリーズを発売することを発表した。

園子温監督と『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏とのスペシャル対談が“セガなま”で公開

セガゲームスは、2017年5月30日20時55分より、バラエティー番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”の2017年5月放送回を、ニコニコ生放送、FRESH!、Youtube Liveにて配信する。

『Destiny 2』クルーシブル(PvP)の新ルール“Cowntdown”の実機プレイ動画をお届け。4v4の爆破系マッチ

アクティビジョンが先週ロサンゼルス近郊で行った『Destiny 2』のイベントから、対人戦モード“クルーシブル”の新ルールのプレイ動画をお届けする。