携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> PLAYSTATION Home、体験しちゃいました!

PLAYSTATION Home、体験しちゃいました!
【E3 MEDIA&BUSINESS SUMMIT】

2008/7/18

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ゲームとの連動がキモ

 

 プレイステーション3陣営の、ネットワークサービスの切り札と目されているPLAYSTATION Home(以下、Home)。E3の体験会の会場で、そのデモンストレーションが行われていた。発表会におけるステージ上でのデモではなく、このような体験会でHomeが公開されるのはおそらく初めてのことだ。

 

 Homeはプレイステーション3のネットワーク上に構築される3D仮想空間で、ビジュアルロビーに多くの人が集い、チャットやゲームで楽しむことができる、というのがこれまでの情報だった。

 

 で、実際に目の前でHomeのデモンストレーションをしてもらったわけだが、第一印象は”これまでに見てきたデモ映像そのまんま”というもの。巨大な広場にたくさんの人が集ってのチャット、ゲームのトレーラー映像などが見られるシアター、各プレイヤーに1室が与えられるというマイルームでのさまざまな作業はこれまでのプレゼンテーションでも公開されてきた。今回はさらに、ゲームコンテンツごとの部屋があり、そこでは趣味を同じくする人が集ってマニアックな話に明け暮れたり、当該のゲームにピンポイントで移動し、ゲームを楽しむことなどが実演されていた。では今回のデモンストレーションで明らかになった事実(と言っても、現在クローズドβ中なので変更される点は多々あるかとは思うが)をいくつかピックアップしてみよう。

 

・基本サービスは無料

・各エリアには最大64人が入ることができる

▲リアルな街の風景が広がるHomeの世界。このエリアに最大64人が入れるという。こういったエリアがたくさん存在するようだ。各エリアの行き来も自由らしい。


・別のエリアにいるフレンドにもメッセージやメールを送ることができる
 

▲プレイヤーの分身となるアバターのカスタマイズは本当に自由。顔のパーツはもちろん、髪型、体型、服装、そして性別も簡単にチェンジすることができる模様。


・フレンドリストはPLAYSTATION Networkのそれが対応する

・フレンドのアバターの上にはニコニコマークのアイコンが表示される

・Home内にゲームメーカーを始めとする企業がパビリオンを展開している

・チャットのログは吹き出しのほかに、画面左下にも残る

・アバターのルックス、性別などは任意でいつでも変更することが可能
・アイテム課金のサービスもある

・課金することで特殊な装飾(Tシャツやズボンなど)を身に着けることが可能

・課金することで、無料で割り当てられる部屋よりも豪華な部屋に住むことができる

・自分の部屋には最大で7人(自分も含めて8人)の友だちを呼ぶことができる

・部屋に置ける家具には無料で提供されているもののほかに、課金することで買える豪華なものもある

・部屋のカスタマイズは本当に自由で、家具のほかにビリヤード台やアーケードゲームの筐体を置くことも可能
 

▲プレイヤーには自分の部屋が与えられる。この中にいろいろな家具や装飾品を配置して自分だけの部屋が構築できる。課金すれば、さらに豪華な部屋に住むことができるという。


・”ワールドマップ”から任意のエリア(たとえばエリアの中心の広場や、ゲームコンテンツ専用のエリア)に飛ぶことができる

・ゲームコンテンツごとのエリア(?)が用意されている

・個別のエリアに入れる最大人数は64人

・ゲームコンテンツのエリア(たとえば『WAR HARK』)には趣味を同じくする仲間が集うのでマニアックな話がしやすい
・ゲームコンテンツのエリアには、そのゲームを簡素化したカジュアルゲームが置かれていた。

 

▲ゲームごとのエリアも用意されており、その中にはこんなカジュアルゲームも。プレイステーション3用ソフト『アンチャーテッド』を2Dにしたものだ。

 

・ゲームコンテンツエリア内でゲームのルールを決めて、それに賛同する仲間を集めてゲームに飛ぶことができる(たとえば『みんGOL5』で、リーダーが「コースはクラウンOUT、ストロークプレイでバンカーに入ったら+2打、ふたり募集、というルールを立てて、それに賛同する人を募って内からゲームに飛ぶことができる。あくまでも例なので『みんGOL5』が即座にこれに対応しているというわけではない)

▲Home内でゲームのルールを決めて、瞬時にそのソフトに飛ぶこともできる。デモンストレーションでは『WAR HAWK』の対戦ルールを決めて3人の参加者を募り、ソフトを起動するまでの流れを確認することができた。


・Homeから任意のゲームに飛ぶことができる

・Home内での操作はバーチャルPSP(画面上にPSPが表示され、その中のクロスメディアバーに沿って操作できる)


▲Home内の操作は、画面上に現れるバーチャルPSPで行う。慣れ親しんだクロスメディアバーが操作の基本なので、じつにわかりやすい。

 

・Home内でゲームを起動して遊んだあとは、再びHome内のもといた場所に戻ってくる

 

 ここに挙げたものはほんの一例だが、Homeとプレイステーション3のゲームコンテンツが密接につながりあっていることは事実といえる。無料でこの世界にアクセスして趣味を同じくする人に出会うことで、いままで以上に快適なゲームライフを満喫できる……。そんなことを予感させるデモンストレーションだった。

 

 

【E3 MEDIA&BUSINESS SUMMIT】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ポケモンGO』レイドバトルの参加可能レベルが早くも31以上に緩和! さらなる緩和はいつ!?

2017年6月24日、『ポケモンGO』公式Twitterアカウントを通じて、『ポケモンGO』ジム戦の新機能“レイドバトル”の参加可能がレベル31以上のトレーナーまで緩和されたことが発表された。

早見沙織さんや田中美海さんが出演したテレビアニメ『賭ケグルイ』プレミア上映会オフィシャルリポートが到着!

2017年6月23日(金)、東京・新宿の新宿バルト9にて、テレビアニメ『賭ケグルイ』のプレミア上映会が行われた。同イベントには、早見沙織さん(蛇喰夢子役)、田中美海さん(早乙女芽亜里役)、徳武竜也さん(鈴井涼太役)、若井友希さん(皇 伊月役)が出演。

『ブレイドアンドソウル』過激な美少女ボスと新防具・手甲が登場! 西落アップデートのここに注目!

2017年6月21日に、最新アップデート“西落”が実装された『ブレイドアンドソウル』。要注目のコンテンツについて、体験リポートを交えて紹介していく。

日本一ソフトウェアの新作ゲームに登場できるかも!? ゲームメーカーならではの“ふるさと納税”返礼品を発表

日本一ソフトウェアは、岐阜県各務原市の“ふるさと納税”の返礼品に、同社関連品が追加されたことを発表した。ゲームに登場する権利、発売前のタイトルを体験する権利、自分自身のドット絵キャラクターを描いてもらえる権利など、5種類の返礼品が用意されている。

『GUNDAM VERSUS』“ガンダムバーサスまつりin秋葉原”に3mに及ぶ巨大黒板アートや“1分の1サイズの“ガンダムヘッド”が登場

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年6月25日に東京・ベルサール秋葉原にて開催予定の『GUNDAM VERSUS』のイベント“ガンダムバーサスまつりin秋葉原”について、最新情報を公開した。

『Invisigun Heroes』が本日より正式日本語対応 キャラ全員がステルスの、シューティングバトルアリーナ

アメリカ・ロサンゼルスのデベロッパー、Sombr Studioが提供するSteam用オンラインマルチ対応のステルスバトルアリーナ『Invisigun Heroes』が本日(2017年6月23日)アップデート。これに伴い正式に日本語対応したことが明らかにされた。

【ゲームジャンル別総選挙】大激戦! RPG総選挙の中間発表をお届け! 投票は6月28日まで

現在、週刊ファミ通では、ファンにもっとも愛されているゲームを、ジャンルごとに選んじゃおうという大型企画“ゲームジャンル別総選挙”を実施中です。最終回となる第11回は、RPG総選挙!

『GOD WARS(ゴッドウォーズ) 〜時をこえて〜』 発売記念動画“ヤマタノオロチを飴細工で作ってみた”を公開! 精巧な飴細工は浅草で展示中

角川ゲームスは、プレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『GOD WARS(ゴッドウォーズ) 〜時をこえて〜』が、2017年6月23日に発売されたことを記念した動画を公開した。