携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Wii版『悪魔城ドラキュラ』はWiiリモコンがムチに! KONAMIプレスカンファレンスが開催

Wii版『悪魔城ドラキュラ』はWiiリモコンがムチに! KONAMIプレスカンファレンスが開催
【E3 MEDIA&BUSINESS SUMMIT】

2008/7/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●日本発売未定の『Silent Hill Homecoming』や『Rock Revolution』のプレゼンも実施

 

 2008年7月16日(現地時間)、KONAMIプレスカンファレンスが開催。すでにKONAMI Americaの公式サイトで発表されているE3 MEDIA&BUSINESS SUMMIT向けの新作ラインアップの中から、4タイトルがピックアップされ、プレゼンテーションが行われた。

 

▲『悪魔城ドラキュラ』シリーズの五十嵐プロデューサーが登壇。自信の2作品をプレゼンした。

 発表会の先陣を切ったのが、『悪魔城ドラキュラ』(『キャッスルバニア』)シリーズの五十嵐孝司プロデューサー。五十嵐プロデューサーは「久しぶりのE3で緊張しています」と若干強張った面持ちで、北米で10月に発売されるニンテンドーDS用ソフト『Castlevania: Order of Ecclesia』の最新映像を披露した。同ソフトは日本で『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』というタイトル名で発表され、2008年秋に発売される予定となっている。五十嵐氏は「ニンテンドーDSではシリーズ3作目。定番のソフトとして、安心した遊びをお届けします」(五十嵐)と、自信を持って語った。
 

▲五十嵐氏はWiiリモコンとヌンチャクを自ら手にし、『Castlevania Judgment』の操作方法を説明した。

 続いて五十嵐氏は北米で2008年秋発売予定のWii用ソフト『Castlevania Judgment』をプレゼン。同ソフトは「いままでの『キャッスルバニア』シリーズとは違ったもの」(五十嵐)で、「3Dアクションの対戦バージョンのような形」(同)になっているという。五十嵐氏が「360度の空間を自由に動き回って戦うという感じで捉えていただければと思います」と補足説明したように、この日公開した映像はこれまでのシリーズとは異なり、対戦格闘ゲームのような雰囲気だった。ストーリーは、1000年にわたるドラキュラ対人間の戦いを描いた『悪魔城ドラキュラ』シリーズの”時”が破壊されるというテーマをもとに構築。五十嵐氏によると「(1000年にわたる)”時”が破壊されるということは戦い自体がなくなるという危機。それに対して、時代を超えてドラキュラにゆかりのあるキャラクターたちが全14名登場する」という。そのキャラクターデザインは、『デスノート』などで知られるマンガ家の小畑健氏が担当。現在のところ日本での発売は予定されていないが、小畑氏の起用からみて日本発売は自然な流れと言えそうだ。
 

▲マンガ家小畑健氏がキャラクターデザインを担当。現在のところ全14体のうち4体のキャラクターが判明。残りのキャラクターは「時間をかけてゆっくり発表する予定」(五十嵐)という。

 

 さらに五十嵐氏は、実機によるデモンストレーションを披露。ヌンチャクはおもにキャラクターの移動に使用し、Wiiリモコンは攻撃に使用されることなどが明らかになった。同シリーズの代名詞ともいうべき武器”ムチ”もWiiリモコンを使って変幻自在に操ることができるということだ。最後に「いままでのシリーズとはちょっと違う遊びですので、最初はとまどうかもしれませんが、最初だけです。遊んでいただければ、『悪魔城ドラキュラ』シリーズのエッセンスが詰め込まれたおもしろい作品だとわかってもらえると思います」(五十嵐)と、従来のシリーズのファンにも楽しめる作品であることを強調し、プレゼンテーションを締めた。

 

▲Wiiリモコンを振るということから本作のアイデアを思いついたという五十嵐氏。「従来のシリーズをWiiに移植すると、1、2時間降り続けることになってしまう。それはあり得ないだろうということで、違う形のゲーム性にした」(五十嵐)とコメントした。

 

 『悪魔城ドラキュラ』シリーズ2作品の紹介後、北米で2008年9月発売予定の『Silent Hill:Homecoming』(プレイステーション3、Xbox 360で発売)と、『Rock Revolution』(ニンテンドーDS、Wii、プレイステーション3、Xbox 360で発売)のプレゼンテーションおよびデモプレイが実施。『悪魔城ドラキュラ』のようなアクションゲームから『Rock Revolution』のような”音ゲー”、そして新世代機のパワーを存分に発揮したアクションアドベンチャーゲーム『Silent Hill:Homecoming』など、多彩なジャンルのゲームで北米の市場を大いに盛り上げそう。今回発表されたタイトルの日本での発売を大いに期待したい!

 

▲『Silent Hill:Homecoming』のデモプレイも。デモプレイではストーリー序盤が公開され、巨大なエネミーとのバトルシーンが公開された。プレイステーション3とXbox 360の性能を活かし、霧の表現や影などの表現にこだわっているという。

 

▲会場ではXbox 360版を使ったデモが行われた。デモのまえには実際の楽器を使った演奏を行い、同じ楽曲を『Rock Revolution』で披露。『Rock Revolution』の周辺機器であるギターとドラムも公開された。

 

E3 MEDIA&BUSINESS SUMMITで発表されたKONAMIのタイトル詳細はこちら

【E3 MEDIA&BUSINESS SUMMIT】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

その極上のカクテルが真実へのカギとなる。もうひとつのサイバーパンクバーテンADV『The Red Strings Club』が日本語対応で配信

Deconstruct TeamのPC用アドベンチャーゲーム『The Red Strings Club』が、日本語対応で本日より配信開始。

『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』 5月31日発売決定! 初回限定版や早期購入特典情報も公開

バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション4用ソフト『フルメタル・パニック! 戦うフー・デアーズ・ウィンズ』を2018年5月31日発売予定であることを明らかにした。

ゲームクリエイター中裕司氏がスクウェア・エニックスに入社

ゲームクリエイターの中裕司氏が、自身のTwitterにて、2018年1月にスクウェア・エニックスに入社したことを発表した。

あのNBAがeスポーツに本格参入! NBA 2K Leagueのキーパーソンに聞く、eスポーツとしての『NBA 2K』シリーズの可能性

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)と『NBA 2K 』シリーズの発売元である2Kの親会社、テイクツー・インタラクティブがプロフェッショナルeスポーツリーグNBA 2K League を共同設立。その詳細に迫る。

『Rolling Gunner』開発メンバーインタビュー、かつて僕らを夢中にしたアーケードシューティングゲームの“未来”は、自分たちで切り拓く!

かつてアーケードゲームの開発に携わっていたメンバーが中心となって制作されている、PC用同人シューティングゲーム『Rolling Gunner(ローリングガンナー)』。約3年に及ぶ開発期間の終了を間近に控え、プロジェクトの主要メンバーにゲームの魅力と開発エピソードを伺った。

『モンスターハンター:ワールド』発売当日アップデート情報が公開、イベントギャラリーやプーギーが追加

カプコンは、プレイステーション4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』について、発売当日の2018年1月26日に配信されるアップデートver.1.01の情報を公開した。

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧【2018年1月22日〜2018年1月28日】

2018年1月22日(月)〜2018年1月28日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。

サイバーコネクトツーが監修するオリジナル短編アニメ『メカウデ』が国内クラウドファンディングをスタート

TriFスタジオは、自社で制作するオリジナルアニメ作品『メカウデ』の国内向けクラウドファンディングを“CAMPFIRE”でスタートしたことを発表した。

『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”inファミ通.com

コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが開発する『デッド オア アライブ エクストリーム ヴィーナス バケーション』が、2017年11月15日よりDMM GAMESでサービス中。2018年1月18日のアップデートでは、新キャラクター・ルナが登場した。本記事では、プレス対抗フォトリポート企画“うちのルナちゃんを見てくれ”を展開するほか、担当ライターによるルナの感想もお届けする。

パッチ4.2 暁光の刻は1月30日に公開! 第41回『FFXIV』プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の次期大型アップデート“パッチ4.2 暁光の刻”の魅力が紹介された、第41回プロデューサーレターLIVEの模様をお伝えする。