携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> Wii版『悪魔城ドラキュラ』はWiiリモコンがムチに! KONAMIプレスカンファレンスが開催

Wii版『悪魔城ドラキュラ』はWiiリモコンがムチに! KONAMIプレスカンファレンスが開催
【E3 MEDIA&BUSINESS SUMMIT】

2008/7/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●日本発売未定の『Silent Hill Homecoming』や『Rock Revolution』のプレゼンも実施

 

 2008年7月16日(現地時間)、KONAMIプレスカンファレンスが開催。すでにKONAMI Americaの公式サイトで発表されているE3 MEDIA&BUSINESS SUMMIT向けの新作ラインアップの中から、4タイトルがピックアップされ、プレゼンテーションが行われた。

 

▲『悪魔城ドラキュラ』シリーズの五十嵐プロデューサーが登壇。自信の2作品をプレゼンした。

 発表会の先陣を切ったのが、『悪魔城ドラキュラ』(『キャッスルバニア』)シリーズの五十嵐孝司プロデューサー。五十嵐プロデューサーは「久しぶりのE3で緊張しています」と若干強張った面持ちで、北米で10月に発売されるニンテンドーDS用ソフト『Castlevania: Order of Ecclesia』の最新映像を披露した。同ソフトは日本で『悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印』というタイトル名で発表され、2008年秋に発売される予定となっている。五十嵐氏は「ニンテンドーDSではシリーズ3作目。定番のソフトとして、安心した遊びをお届けします」(五十嵐)と、自信を持って語った。
 

▲五十嵐氏はWiiリモコンとヌンチャクを自ら手にし、『Castlevania Judgment』の操作方法を説明した。

 続いて五十嵐氏は北米で2008年秋発売予定のWii用ソフト『Castlevania Judgment』をプレゼン。同ソフトは「いままでの『キャッスルバニア』シリーズとは違ったもの」(五十嵐)で、「3Dアクションの対戦バージョンのような形」(同)になっているという。五十嵐氏が「360度の空間を自由に動き回って戦うという感じで捉えていただければと思います」と補足説明したように、この日公開した映像はこれまでのシリーズとは異なり、対戦格闘ゲームのような雰囲気だった。ストーリーは、1000年にわたるドラキュラ対人間の戦いを描いた『悪魔城ドラキュラ』シリーズの”時”が破壊されるというテーマをもとに構築。五十嵐氏によると「(1000年にわたる)”時”が破壊されるということは戦い自体がなくなるという危機。それに対して、時代を超えてドラキュラにゆかりのあるキャラクターたちが全14名登場する」という。そのキャラクターデザインは、『デスノート』などで知られるマンガ家の小畑健氏が担当。現在のところ日本での発売は予定されていないが、小畑氏の起用からみて日本発売は自然な流れと言えそうだ。
 

▲マンガ家小畑健氏がキャラクターデザインを担当。現在のところ全14体のうち4体のキャラクターが判明。残りのキャラクターは「時間をかけてゆっくり発表する予定」(五十嵐)という。

 

 さらに五十嵐氏は、実機によるデモンストレーションを披露。ヌンチャクはおもにキャラクターの移動に使用し、Wiiリモコンは攻撃に使用されることなどが明らかになった。同シリーズの代名詞ともいうべき武器”ムチ”もWiiリモコンを使って変幻自在に操ることができるということだ。最後に「いままでのシリーズとはちょっと違う遊びですので、最初はとまどうかもしれませんが、最初だけです。遊んでいただければ、『悪魔城ドラキュラ』シリーズのエッセンスが詰め込まれたおもしろい作品だとわかってもらえると思います」(五十嵐)と、従来のシリーズのファンにも楽しめる作品であることを強調し、プレゼンテーションを締めた。

 

▲Wiiリモコンを振るということから本作のアイデアを思いついたという五十嵐氏。「従来のシリーズをWiiに移植すると、1、2時間降り続けることになってしまう。それはあり得ないだろうということで、違う形のゲーム性にした」(五十嵐)とコメントした。

 

 『悪魔城ドラキュラ』シリーズ2作品の紹介後、北米で2008年9月発売予定の『Silent Hill:Homecoming』(プレイステーション3、Xbox 360で発売)と、『Rock Revolution』(ニンテンドーDS、Wii、プレイステーション3、Xbox 360で発売)のプレゼンテーションおよびデモプレイが実施。『悪魔城ドラキュラ』のようなアクションゲームから『Rock Revolution』のような”音ゲー”、そして新世代機のパワーを存分に発揮したアクションアドベンチャーゲーム『Silent Hill:Homecoming』など、多彩なジャンルのゲームで北米の市場を大いに盛り上げそう。今回発表されたタイトルの日本での発売を大いに期待したい!

 

▲『Silent Hill:Homecoming』のデモプレイも。デモプレイではストーリー序盤が公開され、巨大なエネミーとのバトルシーンが公開された。プレイステーション3とXbox 360の性能を活かし、霧の表現や影などの表現にこだわっているという。

 

▲会場ではXbox 360版を使ったデモが行われた。デモのまえには実際の楽器を使った演奏を行い、同じ楽曲を『Rock Revolution』で披露。『Rock Revolution』の周辺機器であるギターとドラムも公開された。

 

E3 MEDIA&BUSINESS SUMMITで発表されたKONAMIのタイトル詳細はこちら

【E3 MEDIA&BUSINESS SUMMIT】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ファークライ5』主人公はよく捕縛されますが……脱出も一筋縄ではいきません

事あるごとに捕縛されてしまう『ファークライ5』の主人公。そのドラマチックな脱出劇を一部紹介。

『WoWS』×『アズレン』コラボ内容と実装時期がトークイベントで公開、艦長キャラや計画艦が相互に登場!

2018年4月21日、『WoWS』と『アズレン』のコラボ記念トークイベントで、コラボ内容が公開された。裏話も飛び出したイベントの内容とともに紹介する。

『CoD: WWII』プロ対抗戦スケジュール&結果まとめ

プロチーム6団体によるプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティワールドウォーII』を用いた賞金総額1000万円のesports大会“『CoD: WWII』プロ対抗戦”。本大会のスケジュールと結果を公開。(記事は随時更新予定です)

エムツーショットトリガーズ『ケツイ 〜絆地獄たち〜(仮題)』にはパッケージ版&追加DLCが! 最新情報山盛りのケイブ祭り2018“友軍エムツーによるトークショー”をリポート

2018年4月21日、秋葉原UDXビルのアキバ・スクエアにて開催された“ケイブ祭り2018 ケイブ隊がにゅ〜隊式”において行われたエムツーステージにおいて、エムツーショットトリガーズ最新作となる『ケツイ 〜絆地獄たち〜(仮題)』(プレイステーション4/発売日未定)の最新情報が公開された。

『WoWs』×『アズレン』コラボ内容が発表、7キャラが艦長として登場!

2018年4月21日、WargamingはPC用オンライン海戦ストラテジーにおいて、スマホアプリ『アズールレーン』とのコラボレーション内容を発表した。

【速報】エムツーショットトリガーズ『ケツイ 〜絆地獄たち〜(仮題)』はパッケージ版も発売!

2018年4月21日、秋葉原UDXビルのアキバ・スクエアにて開催中の“ケイブ祭 2018”において行われたエムツーステージにおいて、エムツーショットトリガーズ最新作となる『ケツイ 〜絆地獄たち〜(仮)』(PS4/発売日未定)の新情報が公開された。

ゲームユーザーの意見箱 from ファミ通.com【最新ソフトプレゼント】

ファミ通.comが掲載した2018年4月14日〜2018年4月20日のニュース・記事の中で、もっとも興味を持ったニュースを教えてください。

『P3D』&『P5D』発売前夜祭“Persona Show Case”一般チケット販売開始&販売グッズ情報も

アトラスから発売予定の『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』と『ペルソナ5 ダンシング・ムーンナイト』の発売記念イベント“Persona Show Case”について、2018年5月17日、18日両日の一般チケットが販売開始。さらに、会場で販売されるグッズの情報も公開に。

『レディ・プレイヤー1』公開記念! オリジナルトートバッグをファミ通読者にプレゼント

2018年4月20日より全国公開が始まった映画『レディ・プレイヤー1』。本作の公開を記念し、オリジナルデザインのトートバッグをファミ通読者にプレゼント。