携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> プレイステーション3向けに映画300本以上が配信! 映画1本購入で約1000円〜1500円に

プレイステーション3向けに映画300本以上が配信! 映画1本購入で約1000円〜1500円に
【E3 MEDIA&BUSINESS SUMMIT】

2008/7/16

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●大手映画配給会社と提携!

 

 プレイステーション3のビデオ配信サービスについて詳細が明らかに。PLAYSTATION NetworkのPLAYSTATION Storeから、ダウンロードコンテンツを購入するのと同じ要領で動画を購入でき、プレイステーション3だけでなくPSP(プレイステーション・ポータブル)にダウンロードして鑑賞することもできる。

 

▲動画のダウンロードはPLAYSTATION Storeで行う。


 北米向けに配信されるのは、映画やテレビ番組、オリジナルタイトルの3種類で、映画は300タイトル、テレビ番組は1200タイトル以上になる。それぞれSD(スタンダードデフィニション、通常の画質)とHD(ハイデフィニション、高画質)が用意され、選ぶことができる。

 

 これらの動画は、購入する以外にレンタルも可能。レンタルはiTunesなどの動画配信サービスと同様、レンタルしてから14日間の期間限定で楽しむことができ、さらに再生を開始してからは24時間以内に観終えなくてはならないシステムとなっている。映画の場合は、購入で9.99ドル〜14.99ドル(日本円にして約1000〜1500円)、レンタルでは2.99ドル〜5.99ドル(約300円〜600円)でダウンロード。テレビ番組は1.99ドル(約200円)となる。なお、ダウンロードにかかる時間は、映画で1〜2時間とのこと。

 

▲PLAYSTATION Storeに、ゲームだけでなくビデオというカテゴリーが追加。映画の配給会社別など、いくつかの方法で好みの動画を捜し出せるようだ。

 

 このサービスに映画を提供するのは、20世紀FOXや、Lionsgate Entertainment、MGM Studios、パラマウントピクチャーズ、ソニーピクチャーズエンターテインメント、ワーナーブラザーズエンターテインメントといったメジャーどころの配給会社ばかり。ウォルト・ディズニースタジオもレンタルだけながら参入する。タイトルは、『ロッキー』や『スパイダーマン』、『パイレーツオブカリビアン:デッドマンズチェスト』などの大作から、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンが制作するオリジナルアニメ『亡念のザムド』まで幅広いラインアップが揃うようだ。

 

 北米では、電撃的にカンファレンス当日の夜からサービス開始がアナウンス。毎週新しいタイトルが追加されることも明かされた。日本向けのサービス内容や、開始時期の発表を期待して待とう!

▲自宅にいながらにして、プレイステーション3を使って映画を購入、レンタルできるように!コンテンツの充実に期待しよう。


※ソニー・コンピュータエンタテインメントの公式サイトはこちら
 

【E3 MEDIA&BUSINESS SUMMIT】の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『ディシディアFF』公式全国オンライン大会の詳細が続々と明らかに! “『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”速報

2017年5月23日より、ニコニコ生放送とYouTubeで配信された“『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”。この夏をさらにアツくさせる“公式全国オンライン大会2017”の詳細が、こちらの放送にて発表された。本記事では、放送で発表された情報をひとまとめにしてお届け。

『PixelJunk』シリーズ初のスマホゲーム『Eden Obscura』、カメラ機能を使った独創的なビジュアルを紹介【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、Q-Gamesのクリエイティブ・プロデューサーBaiyon氏が登場し、『PixelJunk』シリーズ最新作の『Eden Obscura』を紹介した。

『バイオハザード』&『ストリートファイター』&『ロックマン』のデフォルメフィギュア“POP!”に親しみやすい日本版パッケージが登場

アメリカの玩具メーカー、ファンコ社が展開するデフォルメフィギュア“POP!”。その『バイオハザード』、『ストリートファイター』、『ロックマン』各シリーズにおいて、日本オリジナル仕様のパッケージが発売されることが公表された。ロゴやキャラクター名が日本仕様に変更されており、より親しみやすいデザインとなっている。なお『ストリートファイター』シリーズでは店舗限定のレアバージョンも登場予定だ。

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感する共感覚スーツがさらに進化! “シナスタジアスーツ2.0”プレス体験会リポート

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感できる“シナスタジアスーツ2.0”のプレス体験会のリポートをお届けする。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』が2017年秋にPS4、Xbox One、PCで発売決定 公式リリースが到着

カプコンは、オープンワールドアクションゲーム『ドラゴンズドグマ』生誕5周年を迎えるアニバーサリーイヤーの2017年に、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』をプレイステーション4、Xbox One、PCにて発売することを発表した。

RazerとBungieがパートナーシップを結託、『Destiny 2』仕様のChromaキーボードやDeathAdder Eliteマウスが発売決定

Razerは、Bungieとのパートナシップ結託を発表。Bungie開発によるアクティビジョンのFPS『Destiny 2』をテーマとした製品シリーズを発売することを発表した。

園子温監督と『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏とのスペシャル対談が“セガなま”で公開

セガゲームスは、2017年5月30日20時55分より、バラエティー番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”の2017年5月放送回を、ニコニコ生放送、FRESH!、Youtube Liveにて配信する。

『Destiny 2』クルーシブル(PvP)の新ルール“Cowntdown”の実機プレイ動画をお届け。4v4の爆破系マッチ

アクティビジョンが先週ロサンゼルス近郊で行った『Destiny 2』のイベントから、対人戦モード“クルーシブル”の新ルールのプレイ動画をお届けする。

定額制動画配信サービスの実態を“eb-i Xpress”が発表、利用者は40代を中心に1100万人と2015年の調査結果より大幅増加

カドカワによる企業向け定期サービス“eb-i Xpress”(イー・ビー・アイ・エクスプレス)は、全国47都道府県に在住する5〜69歳男女を対象に、定額制動画配信サービスの利用実態について調査を行い、その結果を発表した。

2017年5月24日(水)の『WUGちゃんねる!』第4回は吉岡茉祐さん、奥野香耶さん、高木美佑さんが『いっしょにチョキッと スニッパーズ』に挑戦!!

2017年5月24日(水)21時30分から配信予定の『ファミ通presents WUGちゃんねる!』第4回は、吉岡茉祐さん、奥野香耶さん、高木美佑さんが出演。Nintendo Switch用ソフト『いっしょにチョキッと スニッパーズ』をプレイします!