携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> iPhone3Gはゲーム的には買い? ゲームロフトのロンチタイトルを世界に先駆け体験

iPhone3Gはゲーム的には買い? ゲームロフトのロンチタイトルを世界に先駆け体験

2008/7/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●世界のゲームロフトはロンチで6タイトルリリース


▲ゲームロフトがリリースする『バブルバッシュ』の画面。同社広報アンヌ・ロール・デクレヴ氏は「PSPよりは画質はおとるが、確実にニンテンドーDS以上。今後は毎秒30フレームのゲームもリリースしていきたい」と意気込む。


 「iPhone3Gはゲーム業界で言えば、ニンテンドーDSやWiiが登場したときと同じくらいのインパクトがある。ケータイのコンテンツビジネスを大きく変える存在になります」(ゲームロフト ゴンザーグ・ド・ヴァロワ パブリッシング担当上席副社長)

 

▲携帯電話向けゲーム業界では世界2位を誇るゲームロフト。パリに本社を置き、日本を始め、ニューヨーク、メキシコ、ロンドン、北京、香港、シドニーなど、世界各地に販売拠点や開発スタジオを持つ。
 

 ついに2008年7月11日に、世界各地でアップルのiPhone3Gが発売される。昨年発売された第1世代から大きく進化しており、新しいOS、高速インターネットへの対応、GPSの搭載、PCメールなどと同期できるMobile Meへの対応、そして他社のアプリケーションの開放と、よりPCライクな様相を呈している。何よりも衝撃を与えたのは本体価格で、日本では8ギガバイトモデルが23040円[税込]、16ギガバイトモデルが34560円[税込]。メディアはこぞってiPhone 3Gの登場を”黒船襲来”と騒いだ。
 

 

 ゲーム分野の注目度はあまり高くないが、「これまでのコンテンツビジネスに大きな影響を与えそう」と語る業界関係者は少なくない。ゲームなどのアプリケーションは専用サイト”App Store”で販売されるが、言わばここは世界市場への入口。ここでコンテンツを配信すれば、世界のiPhone、iPod Touchユーザーにアピールできるというメリットがある。
 


▲ヨーロッパ市場の起爆剤となればと、iPhoneに期待するゲームロフトのゴンザーグ・ド・ヴァロワ パブリッシング担当上席副社長


 ケータイゲーム業界で世界2位の実績を持つ、ゲームロフトのゴンザーグ・ド・ヴァロワ副社長も「iPhoneのコンテンツはひとつのお店で全世界に向けて売ることができる。ビジネスをシンプルにしてくれるわけです。これまで1200種の端末に向けて、150ヵ国のメーカーがゲームを対応させてきたわけですから(笑)」と手放しで歓迎する。

 

 同社は7月11日に合わせて6本のゲームをリリースする。「第1世代のiPhoneのユーザーは男女比が半々、とくに30代から40代が多い。それに加えてiPod向けのカジュアルゲーム好調なんです」(同)と、ロンチタイトルはカジュアルゲームをメインとした。ヴァロワ副社長は今回のラインアップを「第1世代」と呼び、今後はこの6タイトルの動向を見つつ、”第2世代”となる本格派ゲームも2008年年末には投入していく構えだ。
 

2008年7月11日配信されるタイトルラインアップ

タイトル

価格

ブレインチャレンジ

1200円

バブルバッシュ 

900円

チェス&バックギャモン クラシック

1200円

プラチナソリテア 

900円

プラチナ数独(日本では近日リリース予定、邦題は『ダイアモンド数×力』) 

900円

ダイヤモンド・ツイスター 

900円

 

 カジュアルゲームと言えど、実際プレイしてみるとじつに新鮮に感じる。これまでゲームと言えば十字ボタンやふたつのボタンで操作していたが、iPhone3Gの場合はタッチセンサー、加速度センサーがメインのインターフェイスとなる。動かしたいものを画面上でさわり、もしくは端末の傾きでキャラクターを動かす、そんな直感的な操作性を実現。タッチセンサーも、加速度センサーも感度は良好で、ほとんどストレスは感じない。
 

▲『プラチナ数独』では指で数字を入力することもできる。


▲『ブレインチャレンジ』には本体を傾けてブロックを指定のところまで移動させるゲームなども収録。これが意外にも病み付きになる。



▲アンヌ・ロール・デクレヴ氏もiPhoneの登場で、ケータイのビジネスモデルが一変すると期待を込める。「ハレルヤ!」と大歓迎の様子。
 

 「ニンテンドーDSはタッチペンと接する1点しか反応しないが、iPhoneは2点に反応するマルチタップにも対応しているので、さまざまな可能性を模索中です」とはゲームロフト広報担当のアンヌ・ロール・デクレヴ氏。『チェス&バックギャモン』ではマルチタップでチェス基盤を拡大・縮小できたり、『プラチナ数独』(邦題は『ダイアモンド数×力』)では指での数字入力にも対応するなど、他社のカジュアルゲームと差別化を図るためにもインターフェイスには力を入れていくという。
 

 何よりも従来のケータイ端末とは一線を画すモニター画面の大きさは特筆すべき点。見たところグラフィックはPSP(プレイステーション・ポータブル)のレベルに近く、細かい文字も非常に見やすい。ケータイアプリでいちばんの課題だった効果音やBGMも、容量制限がなくなったため、よりリッチな環境でゲームが楽しめる。

 

 ゲームロフトのタイトルの中には100メガを超えるものがあり、同社開発者も「容量に制限がなくなったことがいちばんうれしい。タッチスクリーン、加速度センサーというインターフェイスで新しいゲームが誕生しそう」とモチベーションも非常に高い。今後はGPS、マルチタップ、通信対戦、ランキングシステムなどに注目し、iPhoneならではのゲームを追求していくという。
 

 気になるゲームの価格だが、ゲームロフトは1200円と900円のふたつの価格帯を用意。「価格については本当に手探り状態。ほかのメーカーがどのくらいの価格に設定してくるかまったくわからないんです(笑)。App Storeでは価格を比較的自由に変えられるから、オープン後に変更する可能性もありますね」(ゲームロフト広報担当 アンヌ・ロール・デクレヴ)という。この1200円、900円がユーザーにどう映るのかが気がかりだが、「我々はiPhoneのゲームはよりビデオゲームに近いと考えていて、ニンテンドーDSやPSPのソフトよりもだいぶ安い、と感じてほしい」(前同)と強気の姿勢だ。

 ヴァロワ副社長は最後に、「ヨーロッパに限って言えば」と前置きしたのち、「App Storeももちろん大きなメリットだが、何よりもコンテンツメーカーとしては、こちらの収益率が高いことがうれしい。メーカー、キャリアの収益の内訳は現状のキャリアだと50対50が一般的だが、iPhoneの場合は70対30が約束されている」と最大の魅力をこっそり打ち明けた。

 その市場規模がどのくらいになるのかはまったくの未知数だが、ゲームロフトは年末までに20タイトルを用意する予定。”世界へ開かれたマーケット”、”1コンテンツにおける利益率の向上”、”斬新なゲームの創造の可能性”と3拍子をそろえたiPhoneはコンテンツメーカーにとって、言葉以上に魅力的なプラットフォームに映っているようだ。

 

ブレインチャレンジ 1200円

▲ニンテンドーDSやXbox Liveでも展開されている脳トレ系タイトルをiPhone用に改良。数学、論理、記憶、視覚、集中力の分野を許可することができる。タッチセンサーを使って問題を解いていくことがメインだが、指で画面をなぞったり、本体を傾けてブロックを動かすなどの変わった仕掛けも。DS版で好評だったストレスモードも収録しており、問題にテンポよく答えないと教官にこっぴどく怒られ、ストレスがたまっていく……。


 バブルバッシュ 900円

▲本体を傾けてバブルを打ち上げる方向を定めて、画面下部分をさわって発射台を左右に動かす。ダブルタッチか、画面上から指を離した瞬間にバブルが発射する。一見複雑そうだが、簡単に操作性に慣れるはず。ミニゲームは100以上収録。

 

チェス&バックギャモン クラシック 1200円

▲欧州で人気のチェスとバックギャモンが楽しめる。駒を指で動かしたり、ダイスを振るときは本体を振るなどの仕様が盛り込んである。チェス盤は3Dで作られているので、拡大縮小、回転ができる。

 


プラチナソリテア 900円

▲誰もが一度はプレイしたことがある『ソルティア』。6種類の『ソルティア』が楽しめたり、カジノのようにお金をかけてプレイできたりと、同業他社のゲームとは一線を画く作りに。数字も非常に読みやすく、アニメーションも挿入される。

 

プラチナ数独 900円(日本では近日リリース予定)
(邦題は『ダイアモンド数×力』) 

▲こちらも欧州で人気の定番パズル。ソフトパッドのほか、指で数字を入力することができる。収録問題数はなんと2000万問で、一生遊べる作りに。『数独』以外に『サムクロス』などの遊び方も用意されている。

 

ダイヤモンド・ツイスター 900円

▲こちらも定番ゲームだが、プレイヤーが泥棒に手を貸して宝石を盗むという設定。縦画面、横画面どちらにも対応していて、手がつまったら画面を置き換えてみると解決策が見えるかも。ダイヤモンドの輝きには目をひかれる。


※ゲームロフトの公式サイトはこちら

※アップルの公式サイトはこちら

 

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

テレビアニメ『恋と嘘』花澤香菜さん、逢坂良太さんに加え、実写映画でヒロインを演じる森川葵さんも登場した先行上映会をリポート

2017年6月24日(土)、東京・新宿のTOHOシネマズ新宿にてテレビアニメ『恋と嘘』の先行上映会が行われた。同イベントには、花澤香菜さん(高崎美咲役)、逢坂良太さん(根島由佳吏役)、宅野誠起さん(アニメ版監督)が登壇。さらにサプライズゲストとして森川葵さん(仁坂葵役)が登場し、作品の魅力をアツく語った。

“アニメロサマーライブ2017 -THE CARD-”にKING OF PRISMや奥華子さんが参加決定!

世界最大級のアニソンイベント“アニメロサマーライブ2017 -THE CARD-”の追加アーティスト第5弾が発表された。

『今井麻美のニコニコSSG』2017年6月25日(日)はミンゴスが市来光弘さんといっしょに『PSO2』をプレイ!

2017年6月25日(日)に配信される『今井麻美のニコニコSSG』特番生放送! ゲストに市来光弘さんをお迎えして、ミンゴスが『ファンタシースターオンライン2』をプレイします!!

『ポケモンGO』レイドバトルの参加可能レベルが早くも31以上に緩和! さらなる緩和はいつ!?

2017年6月24日、『ポケモンGO』公式Twitterアカウントを通じて、『ポケモンGO』ジム戦の新機能“レイドバトル”の参加可能がレベル31以上のトレーナーまで緩和されたことが発表された。

早見沙織さんや田中美海さんが出演したテレビアニメ『賭ケグルイ』プレミア上映会オフィシャルリポートが到着!

2017年6月23日(金)、東京・新宿の新宿バルト9にて、テレビアニメ『賭ケグルイ』のプレミア上映会が行われた。同イベントには、早見沙織さん(蛇喰夢子役)、田中美海さん(早乙女芽亜里役)、徳武竜也さん(鈴井涼太役)、若井友希さん(皇 伊月役)が出演。

『ブレイドアンドソウル』過激な美少女ボスと新防具・手甲が登場! 西落アップデートのここに注目!

2017年6月21日に、最新アップデート“西落”が実装された『ブレイドアンドソウル』。要注目のコンテンツについて、体験リポートを交えて紹介していく。

日本一ソフトウェアの新作ゲームに登場できるかも!? ゲームメーカーならではの“ふるさと納税”返礼品を発表

日本一ソフトウェアは、岐阜県各務原市の“ふるさと納税”の返礼品に、同社関連品が追加されたことを発表した。ゲームに登場する権利、発売前のタイトルを体験する権利、自分自身のドット絵キャラクターを描いてもらえる権利など、5種類の返礼品が用意されている。