携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> “MGS4 ワールドツアー in Japan”もファイナル、小島監督の生まれ故郷大阪は燃えた

“MGS4 ワールドツアー in Japan”もファイナル、小島監督の生まれ故郷大阪は燃えた

2008/6/30

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ヤマダ電機 Labi1 なんば店に500人近くが参加

 新宿、大宮、横浜、名古屋と2日間に渡って開催されてきた“メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット ワールドツアー in Japan”も、大阪の地がラスト(→関連記事はこちら)。2008年6月29日にヤマダ電機 Labi1 なんば店で行なわれたイベントには、お店がオープンする段階で150人もの行列ができているなど、小島秀夫監督と、そして『メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』の人気ぶりをうかがわせた。そしてイベントは最終的には500人近くの来場者を集め、熱烈な歓声をもって、KONAMIの小島秀夫監督、アートディレクターの新川洋司氏、レイジング・レイヴンのモーションキャプチャーなどを担当した菊地由美の3名を出迎えた。

▲最前列ではダンボールでスニーキングをした大阪のファンが参加。

▲ワールドツアーおなじみのメンバーが参加。左から小島監督、菊地由美さん、新川洋司氏。


 ほかの会場と同じく、映像とともにワールドツアーの模様を紹介したり、“ここだけの話コーナー”にて、『メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』の裏話が披露されたイベントだが、大阪は小島監督の生まれ故郷ということもあり、「今日は全部大阪弁でしゃべります。いつもそうだけど(笑)」(小島)などと、トークはのっけからハイテンション。「『メタルギア ソリッド 4』ではそれぞれのキャラクターのドラマで泣ける。全員のキャラに幸せになってほしいと思って作りました。数名例外もありますが……」、「『メタルギア ソリッド 4』は『メタルギア』シリーズのファンのために作りました。ファンの方が喜んでくれたら何よりもうれしい」など、作品に対する思いを吐露してくれた。一方で、小島監督ならではのサービス精神も忘れてはおらず、「『メタルギア ソリッド 4』は(第三者視点のゲームなので)別名“ケツゲー”と呼ばれています(笑)。しかもいちばん描写が多いのがじじい(ソリッド・スネーク)のお尻。スネークのお尻の描写には力を入れていますよ」、「好きなキャラはリキッド・オセロット。劇中でヌードシーンを披露するのですが、これが80歳とは思えないくらいのきれいな体なんです(笑)」などと小島節が炸裂していた(ちなみに小島監督は、「好きなキャラは?」との質問に、各会場で違うキャラを答えているとのこと)。

 どの会場でも、来場者にとってひときわうれしかっただろうことは、会場限定での秘密のパスワードの公開だろう。こちらは、一度ゲームをクリアーしたあとで、“エキストラ”を選択するとパスワードを入力する画面が出現。そこでパスワードを入力すると武器などが使えるようになるというもの。大阪会場では太っ腹にも3つ(!)のパスワードが紹介され、来場者を喜ばせていた。

 そのほか、KONAMIの松花賢和プロデューサーによる『メタル ギア オンライン』のプレゼンなどもあり、イベントは充実。イベントの時間はまたたくうちに過ぎていった。ちなみに、松花賢和氏も大阪の出身で、小島監督が『メタル ギア オンライン』の省略形である『MGO』の“O”は、「“大阪”の“O”だ」、と発言して来場者を喜ばせていた。最後に大阪の『メタルギア ソリッド 4』ファンに向けたメッセージを紹介して、大阪会場のリポートの幕を閉じることにしよう。

「『メタルギア』シリーズが生まれて10年。最初は自分たちの作りたいものを作っていたので、自分よがりの作品になるのかな……と思っていたものが、これだけ皆さんに愛される作品になってうれしいです。『4』はそんな皆さんに対するプレゼントのつもりで作りました」(新川)

「ワールドツアーで世界中を回ったのですが、どの人からも『メタルギア』シリーズで人生が変わったとおっしゃっていましたが、そんなゲームに関われたことを誇りに思います。これからも『メタルギア ソリッド 4』で遊んでください」(菊地)

「『4』は完結編のつもりで4年間開発に取り組んできました。この作品でソリッド・スネークは休憩となりますが、作品は永遠のものになっていくので、かわいがってもらえればと思います。今日イベントを開いて、大阪の雰囲気が『メタルギア』を作ったんだということを再確認しました。スネークが生まれたのは大阪という地があればこそです。そんな『メタルギア ソリッド 4』を末永く愛してください」(小島)

▲ご覧のとおり、立ち見が出るほどの人気ぶり。

▲イベントの最後にはサイン会が行われた。再来週からは香港、韓国、台湾を巡るアジアツアーが控えている!


※『メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』の公式サイトはこちら
※横浜会場の模様はこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【週間PVランキング】『龍3』、『龍4』、『龍5』のPS4版発売決定の話題が今週のPV数1位を獲得【05/19〜05/25】

ファミ通ドットコムの、2018年5月19日〜5月25日の週間PVランキングをお届け!

『Detroit』インタビュー リアルなだけのグラフィックは無意味!? 小物ひとつに意味を込めるアートチーム【Quantic Dream特集その3】

インタラクティブなストーリーテリングで世界中のゲームファンの心をつかむフランスの開発会社Quantic Dream。最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、同スタジオのコアスタッフへのインタビューを敢行した。今回は、作り込まれたビジュアルで見るものを圧倒する、アートチームへのインタビューをお届けする。

ヴィッセル神戸に入団したイニエスタのスゴさは、ゲームを使えば一発でわかった

イニエスタがJリーグに来るということで、彼の能力をサッカーゲームで見てみました。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第189回 提督と、サマール沖東方へ

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! サマール沖東方で遭遇したのは……!?

『シュタインズ・ゲート』好き編集者が秋葉原の聖地を巡礼! 開催中のARラリーのチェックポイントもご紹介

AbemaTV、TOKYO MXほかにて放送中のアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』。同作の舞台である東京・秋葉原にて、作中に登場する名所を巡るARラリーが2018年5月31日まで開催中。

『CoD: WWII』プロ対抗戦第2回リポート Rush Gamingが依然トップ

プロチーム6団体によるプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティワールドウォーII』を用いた賞金総額1000万円のesports大会“『CoD: WWII』プロ対抗戦”。その第2回が、2018年5月19日に開催された。

『Detroit』発売記念特別インタビュー 生みの親デヴィッド・ケイジ氏に訊く。会社設立から『Detroit』を生み出すまでの道のり【Quantic Dream特集その2】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、スタジオ設立からいまに至るまで、CEO兼ゲームクリエイターとしてスタッフを取りまとめるデヴィッド・ケイジ氏へのロングインタビューをお届けする。

あの熱狂的EGファンほか、選手陣や試合会場をフォトリポート 『レインボーシックス シージ』シーズン7グローバルファイナル

現地時間の5月19日、20日(日本時間5月20日0時〜)にアメリカ・アトランティックシティで開催されたPC版『レインボーシックス シージ』プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルをフォトリポートで紹介する。