携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 東京おもちゃショー2008記者発表会で日本おもちゃ大賞が発表

東京おもちゃショー2008記者発表会で日本おもちゃ大賞が発表

2008/6/17

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●キャッチコピーは”360度エンターテインメント”

 

 日本最大の玩具見本市として、毎年開催される”東京おもちゃショー”。東京ビッグサイトで行われる今年の東京おもちゃショー2008(2008年6月19日〜22日)の開催を2日後に控えた2008年6月17日、社団法人 日本玩具協会が都内ホテルで記者発表会を行った。

 

▲東京おもちゃショー2008開催をまえに行われた記者発表会。会場には会期中に展示される予定の玩具の一部が並んだ。

 

 「東京おもちゃショーは、新商品の展示や商談の場だけでなく、玩具の魅力、社会的な存在価値を高めようという思いで開催しています」と挨拶したのは、日本玩具協会の高須武男会長(バンダイナムコホールディングス代表取締役会長)。「少子化、業界再編、流通の変化などで逆風が吹き、海外での玩具回収など横からの風当たりも強くなっている」と、玩具業界にはさまざまな課題があることを説明した。そんな状況下でも、「昨年度は玩具の売り上げがアップしており、業界のさまざまな努力、チャレンジが道を切り開きつつあります」と、業界にエールを送った。

 

▲日本玩具協会の会長を務める高須武男。「東京おもちゃショーを社会的に認知してもらうために、入場を無料になっております」。

 

 日本玩具協会の神下英弘常任理事からは東京おもちゃショー2008の開催概要が説明され、「どこを見渡しても楽しめる」(神下)という”360度エンターテインメント”をキャッチコピーとし、出展34社が3600点もの玩具を展示するとのこと。19日、20日をバイヤーズデイ、21日、22日を一般デイと位置づけ、12万人の来場者を目指すとした。また、伊吹文昭氏からは、2007年度の玩具業界の市場規模が6709億円と、前年度よりも3パーセントアップしており、カードゲーム、女児玩具の伸びが大きく牽引しているというデータが公開。さらなる飛躍を目指すべく、今年のおもちゃのトレンド、東京おもちゃショー2008の見所を7つのキーワードとして紹介された。

 

東京おもちゃショー2008の玩具キーワード

●2世代型、3世代型商品の進化・革新

●復活・復刻

●クッキング、パティシエ、スイーツ

●新コンセプトや新技術導入の知育、教育玩具&オシャレなベビー・知育玩具

●大人層を対象にしたおもちゃ

●エコ

●世界最小、マイクロ、超小型

 

▲神下氏、伊吹氏は、東京おもちゃショー2008の開催概要や今年のおもちゃのトレンド、キーワードを紹介した。

 

●5つの部門で優れた玩具を表彰する日本おもちゃ大賞創設

 

 「今年はおもちゃショーをまえに、新たな試みを企画しました」と、高須会長が記者発表会の冒頭で語っていたのが、”第一回 日本おもちゃ大賞”。その授賞式が、記者発表会終了後に実施された。

 

▲こちらは日本おもちゃ大賞の5部門の受賞作品に贈られる楯。

 

 日本おもちゃ大賞は、”玩具の開発競争を促す”、”玩具業界人の玩具感性を刺激、涵養する”、”業界の枠を越えた新たな商品開発を目指す”、”社会に、良質なおもちゃ、安全で楽しく遊んで頂けるおもちゃを供給する”ことを目的に創設。第一回目の今年は2007年10月以降に発売、2008年9月までに発売を予定している玩具を対象に、それぞれにテーマを提示した5部門ごとに、応募があった玩具の中から大賞が選考される。

 

▲おもちゃのコレクターとして世界的に有名なミスター玩具、北原氏が審査委員長を務めた。

 

 審査委員長を務めたトーイズの北原照久氏を始め、流通業界、マスコミ業界から選ばれた17名の審査委員が、応募総数365点の中から優れた玩具として認めたものは何だったのか? 結果は以下のとおりだ。

 

第一回 日本おもちゃ大賞 受賞作品

【共遊玩具部門】
おみせでおかいもの おしゃべりいっぱいアンパンマンレジスター
(セガトイズ)

 

▲小物をスキャンすると、「バナナ100円」、「500円のお預かりです」など、アンパンマンの音声ガイダンスが聞こえ、楽しみながら数字の計算ができる。

【トレンディ・トイ部門】
∞(むげん)にできるシリーズ(∞プチプチ、∞プチプチ萌え、∞エダマメ)
(バンダイ)

 

▲日常生活で誰もが一度は経験し、クセになったプチプチ潰しやエダマメの豆出しを疑似体験できる玩具。

【ハイターゲット・トイ部門】
マイクロスロットカー Owner’s ベーシックセット
(タカラトミー)

 

▲1/87スケールのスロットカーを操作してコース上を走らせるほか、オートモードで走行するクルマを鑑賞することができる。

【ベーシック・トイ部門】
トミカ びゅんびゅんサーキット
(タカラトミー)

 

▲発売から38年が経ったいまもなお、子供のハートをキャッチするトミカ。打ち出しローラーにトミカをセットすると、猛スピードでコースを走る。

【イノベーション・トイ部門】
アイクロップス
(バンダイ)

 

▲テレビにつなぐデジタル顕微鏡。さまざまな物を倍率200倍でテレビモニターに映し出す。

 

 今回、おもちゃ大賞に受賞した各部門の玩具は、まさにいまの玩具業界を代表するおもちゃの代表といっても過言ではない。記念すべき第一回目を迎えたこの式典について、高須氏は「今日は初回ということで、まだまだ発展させるべきところはたくさんあります。いずれは一般の皆様から応募があった玩具の中から大賞を選ぶ、ということも考えています」と総括した。なお、これらの受賞作品は、東京おもちゃショー2008に展示される。このイベントは入場が無料なので、おもちゃに興味のあるファンは、21日、22日の一般デイに足を運んでみてはいかがかな?

 

▲栄えある第一回 日本おもちゃ大賞の受賞玩具を手がけた関係者が、誇らしげに写真に納まった。

 

※日本玩具協会公式サイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『チームソニックレーシング』新たに、グレイシャーランドの奥深くに隠された溶岩地帯のコース“Hidden Volcano”が登場!

『チームソニックレーシング』新コースに“Hidden Volcano”が登場! 氷に覆われたエリア・グレイシャーランドの奥深くに隠された溶岩地帯のコース。

『Apex Legends』新武器“ハボック”が実装。エネルギー弾のアサルトライフルで、アタッチメントによりヒットスキャン化も可能

バトルロイヤル型FPS『Apex Legends』に、サービス開始後初の新武器“ハボック”が実装。

『ニーア オートマタ ゲーム オブ ザ ヨルハ エディション』がついに発売! 特典を実機映像で紹介

本日2019年2月21日発売される『NieR:Automata Game of the YoRHa Edition』の特典などを実機映像と合わせて、あらためて紹介。

『ルルアのアトリエ』独占先行体験版DLC付き総力特集! PS4発売5周年の報道特集も!!(2019年2月21日発売号)【今週の週刊ファミ通】

本日(2019年2月21日)発売の週刊ファミ通2019年3月7日号の表紙を飾るのは、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』。岸田メル氏の描き下ろしによる、ルルアを始めとするアーランドの錬金術士たち4人が並んだ表紙が目印です。

アメリカにも熱いEDF隊員たちがいた! 『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』プレイリポート&インタビュー

海外プレスイベントから、ディースリー・パブリッシャーのアクションシューティングゲーム『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』のプレイリポートとプロデューサーインタビューをお届け。

【ソフト&ハード週間販売数】『JUMP FORCE』が初登場1位! 新作が好調でTOP10に5本ランクイン【2/11〜2/17】

ファミ通が発表した、2019年2月11日〜2019年2月17日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

『GOD EATER』シリーズより、アリサがアニバーサリードレス姿でフィギュア化! 2019年7月発売予定

『GOD EATER』シリーズより、アニバーサリードレスを身にまとったアリサがフィギュア化。

『レインボーシックス シージ』esportsディレクターインタビュー アジアでの世界大会開催、プロチームへの資金援助(パイロットプログラム)について聞く【Six Invitational2019】

2019年2月11日〜17日にかけてカナダ・モントリオールで開催された『レインボーシックス シージ』メジャー大会“Six Invitational 2019”。本大会に合わせて、Ubisoft EMEA esportsディレクター Francois-Xavier Deniele氏にインタビューを実施。現在のesports事業について伺った。

『キャサリン・フルボディ』レビュー&攻略ガイド。パズルは“親切”、修羅場は“心折”!? 熟成進化を遂げた大人のドラマを堪能しよう

 一夜の過ちから始まる、ダメ男の壮絶な愛憎劇を描く『キャサリン・フルボディ』。どんな修羅場が待っていようとも心折れることなく最後まで遊べる魅力と配慮があった!

【2019年2月21日開催】“シューティングLIVE2019 縦シューNIGHT” ──激アツのリハーサル音源を収録した開催告知PVがHEAVY METAL RAIDENから到着!

2019年2月21日に高田馬場AREAにて開催される、音楽ライブ“シューティングLIVE2019 縦シューNIGHT”。出演予定のバンド、HEAVY METAL RAIDENから、開催告知PVが到着!