携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ひと足さきに”トロイ作戦”始動、『ガンダム オペレーショントロイ』の体験会が開催

ひと足さきに”トロイ作戦”始動、『ガンダム オペレーショントロイ』の体験会が開催

2008/6/15

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●体験会実施店舗を結んでのネット対戦も実施


▲発売間近の『ガンダム オペレーショントロイ』の体験会が開催! プレイアブルな状態で出展されるのは今回が初。

 マイクロソフトは2008年6月14日、千葉県の船橋市にあるベスト電器ららぽーと船橋店で、発売を約2週間後に控えたバンダイナムコゲームスのXbox 360用ソフト『ガンダム オペレーショントロイ』(2008年6月26日発売予定)の店頭体験会を開催した。

 

 『ガンダム オペレーショントロイ』は、アニメ『機動戦士ガンダム』における”一年戦争”を、ひとりの兵士として戦い抜く一人称視点のアクションシューティングゲーム。モビルスーツを始めとする各種兵器に搭乗して戦うか、生身の体で直接銃火を交えるかはプレイヤーしだい。人間とモビルスーツが入り乱れる一年戦争の戦場をかつてない臨場感で再現した、新たなタイプの『ガンダム』ゲームとなっている。物語に沿って進むシングルモードのほか、Xbox LIVEを介してのマルチモードも搭載されており、全国のユーザーといつでも激しいバトル楽しむことが可能だ。

 

 この日は、ベスト電器ららぽーと船橋店のほかに都内および都内近郊でも体験会が開催されており、各会場どうしをXbox LIVEで結び最大8人まで参加可能なオンラインを実施。加えて、会場内の体験台をシステムリンクで直接つないでの店内対戦も行われた。事前に開催告知が行われていたこともあり、午後1時の体験会開始時点で会場には10人弱の熱心なファンが来場。体験台は全部で4台設置されており、その内訳はXbox LIVE対戦を楽しめる台がひとつ、システムリンクによる対戦台が3つ。Xbox LIVEでガチンコ勝負を楽しみ、システムリンクでは隣にいる対戦相手と言葉を交わしながら、モビルスーツの挙動やダメージ反応を細かく確認するなど、間近に迫った開戦に向けて早くもゲームの研究を行っている来場者も見られた。

 記者も実際に遊んでみたが、ズッシリとしたモビルスーツ特有の重量感を持つ動きは、一般的なアクションシューティングゲームではあまり体験できないもの。本作ならではの要素としては、モビルスーツの頭部付近に搭載されているメインカメラの存在が挙げられる。モビルスーツ搭乗時の視界はこのメインカメラを通じて映し出されているのだが、それを破壊されると画面全体が歪んでしまい敵を補足することが困難になってしまうのだ。相手の裏を取る立ち回りも重要だが、それ以上にメインカメラをいかにす速く狙い撃ちできるかが勝負の決め手となるゲームシステムなのかもしれない。

 また、モビルスーツに搭乗しない場合は、人間対モビルスーツというスリリングな戦いも楽しめる。火力、体力ともに圧倒的に劣るが、さきに挙げたメインカメラの破壊を意識しながら戦えば勝利することも不可能ではないかも。とは言え、不利なシチュエーションであることには変わりない。モビルスーツを相手にするときは、こちらも同じく何かしらの兵器に搭乗するのが得策だろう。刻一刻と状況が変わる戦場では、もちろん人間対人間という戦いも発生する。このときは、一般的なアクションシューティングゲームと同じように、相手の裏をかくような立ち回りを意識したいところ。
 

▲いちばん左がXbox LIVEによる店舗間対戦が楽しめた体験台。そのほかの3台はシステムリンクによる店内対戦台となっている。


▲バンダイナムコゲームスから発売中の『ドラゴンボールZ バーストリミット』も出展。こちらは子供や、親子連れに人気だった。


▲現在もっとも販売に力を入れているのが『ガンダム オペレーショントロイ』と語る森氏。期待しているのは2008年8月に発売される『テイルズ オブ ヴェスペリア』。体験会については「RPGなので難しいかもしれないが、できるならぜひ実施したい」とのこと。

 ちなみに、会場となったベスト電器ららぽーと船橋店は2007年12月にファミリー向けXbox 360用ソフトの体験会“親子であそぼう!Xbox 360でメリークリスマス!”を開催するなど、同ハードの展開には非常に力を入れている。店長の森和隆氏によれば今回の体験会も、ベスト電器の子会社であるさくらやと共同でユーザー向け企画が行えないか? という形で話がスタートし、そこにマイクロソフトが自然と加わって実現したとのことで、両社の蜜月ぶりがうかがえる。ゲームソフト売り場に目を向けても、Xbox 360用ソフトの充実ぶりは印象的。森氏によれば、マイクロソフトとの親交が深いことに加えて、周囲の量販店と差別化を図るうえでのパートナーにXbox 360を選択したことから、このような売り場が生まれたのだという。
 

 ”Xbox 360 RPG Premiere 2008”で発売が発表された、スクウェア・エニックスの『スターオーシャン4 THE LAST HOPE』(2009年発売予定)や、発売日が正式決定したバンダイナムコゲームスの『テイルズ オブ ヴェスペリア』(2008年8月7日発売予定)など、RPGの大作も充実してきて、確実に国内ユーザーの注目度が増してきたXbox 360。森氏は、そういった状況も踏まえたうえで「いまXbox 360はもっとも安心して買えるハードのひとつではないでしょうか」と分析している。ベスト電器ららぽーと船橋店では、今後もXbox 360の応援していくとのことで、目下の目標としては今回出展された『ガンダム オペレーショントロイ』を1本でも多く販売すること。もちろん、ソフト体験会も時期を見て随時開催予定だ。

※『ガンダム オペレーショントロイ』の公式サイトはこちら
※よい子のみんな集まれ〜! “親子であそぼう!Xbox 360でメリークリスマス!”開催

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『Fate/EXTELLA』Nintendo Switch版発売を記念してLoppi・HMV限定グッズの発売が決定

Nintendo Switch版『Fate/EXTELLA』の発売を記念して、Loppi・HMVにてオリジナルグッズの発売が決定。

「本気で100万本売る気だった」シシララ安藤氏と『ストライダー飛竜』の四井氏が『鈴木爆発』を語る【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、ゲームディレクターの四井浩一氏とゲームプロデューサーの安藤武博氏が登壇。“『鈴木爆発』『ストライダー飛竜』通好みのゲームはどのようにつくられるのか?”というテーマで対談した。

吟遊詩人と機工士のキャスト動作が撤廃に! 『FFXIV』第36回プロデューサーレターLIVE

『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の最新情報が発表されるプロデューサーレターLIVEが、2017年5月23日にオン・エア。この日に公開された、次期拡張パッケージ『紅蓮のリベレーター』におけるバトルシステム調整の中身をお伝えする。

『ディシディアFF』公式全国オンライン大会の詳細が続々と明らかに! “『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”速報

2017年5月23日より、ニコニコ生放送とYouTubeで配信された“『ディシディアFF』大会情報満載スペシャル”。この夏をさらにアツくさせる“公式全国オンライン大会2017”の詳細が、こちらの放送にて発表された。本記事では、放送で発表された情報をひとまとめにしてお届け。

『PixelJunk』シリーズ初のスマホゲーム『Eden Obscura』、カメラ機能を使った独創的なビジュアルを紹介【A 5th of BitSummit】

“A 5th of BitSummit”21日のメインステージには、Q-Gamesのクリエイティブ・プロデューサーBaiyon氏が登場し、『PixelJunk』シリーズ最新作の『Eden Obscura』を紹介した。

『バイオハザード』&『ストリートファイター』&『ロックマン』のデフォルメフィギュア“POP!”に親しみやすい日本版パッケージが登場

アメリカの玩具メーカー、ファンコ社が展開するデフォルメフィギュア“POP!”。その『バイオハザード』、『ストリートファイター』、『ロックマン』各シリーズにおいて、日本オリジナル仕様のパッケージが発売されることが公表された。ロゴやキャラクター名が日本仕様に変更されており、より親しみやすいデザインとなっている。なお『ストリートファイター』シリーズでは店舗限定のレアバージョンも登場予定だ。

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感する共感覚スーツがさらに進化! “シナスタジアスーツ2.0”プレス体験会リポート

『Rez Infinite』を視覚・聴覚・触覚で体感できる“シナスタジアスーツ2.0”のプレス体験会のリポートをお届けする。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』が2017年秋にPS4、Xbox One、PCで発売決定 公式リリースが到着

カプコンは、オープンワールドアクションゲーム『ドラゴンズドグマ』生誕5周年を迎えるアニバーサリーイヤーの2017年に、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』をプレイステーション4、Xbox One、PCにて発売することを発表した。

RazerとBungieがパートナーシップを結託、『Destiny 2』仕様のChromaキーボードやDeathAdder Eliteマウスが発売決定

Razerは、Bungieとのパートナシップ結託を発表。Bungie開発によるアクティビジョンのFPS『Destiny 2』をテーマとした製品シリーズを発売することを発表した。

園子温監督と『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋氏とのスペシャル対談が“セガなま”で公開

セガゲームスは、2017年5月30日20時55分より、バラエティー番組“セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜”の2017年5月放送回を、ニコニコ生放送、FRESH!、Youtube Liveにて配信する。