携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 【PR】ブレイク寸前の”ARG”作品! ネットを駆使するカードゲーム『名探偵コナン・カード探偵団』

【PR】ブレイク寸前の”ARG”作品! ネットを駆使するカードゲーム『名探偵コナン・カード探偵団』

2008/4/11

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●これはゲームなのか……現実なのか……新感覚体験型ミステリー!


 メディアファクトリーから2008年4月19日に、カードゲーム『名探偵コナン・カード探偵団』が発売される。じつはこのゲーム、商品はトレーディングカードのようだが、まったく新しい体験ができる新機軸のカードゲームなのだ。

 

 『名探偵コナン・カード探偵団』に盛り込まれている斬新な要素は、ARG(Alternate Reality Game)と呼ばれている。日本語に直訳すると”代替現実ゲーム”、体験型ミステリーゲームとも言われる。では、ARGとはどんなものなのか? ゲームの内容は、ナゾめいたストーリーを解き明かしていくミステリーアドベンチャー。通常のゲームとの決定的な違いは、そのナゾ解きをネット上と現実世界でリアルタイムに行うことにある。巧妙に作られた偽装サイトやメール、ブログといったネット上の情報のほか、電話やラジオ、ときにはある現実の場所にナゾを解き明かすヒントが隠されていたりもする。たとえば、ストーリーに関わる奇妙な言葉をネット上で検索すると偽装サイトに辿り着き、そのサイトに書かれた電話番号にかけると、さらに事件の手がかりになる情報が残されているといった具合。プレイヤーが自発的に動いて情報を集めることで、バックに潜む物語をあぶり出していくのだ。

 

 世界初のARGは、2001年に公開された映画『A.I.』のプロモーション用に作られた『The Beast』。海外が発祥で、現在までに約160タイトルがリリースされている。その多くは商品のプロモーション用で、「続きはWebで」のキャッチフレーズに代表されるようなメディアミックスの広告展開にゲーム性が加わったものとなっている。そんななか、日本では初のオリジナルARGがカードゲームとして発売される。それが、『名探偵コナン・カード探偵団』だ。一見すると、パズル問題が書かれたトレーディングカードのようだが、ゲームのバックストーリーには、コナンたちが住む米花町で起きた連続殺人事件、通称”R事件”のナゾが……。まだ見つかっていない犯人を捜す手がかりが、カードゲーム『カード探偵団』に隠されている、というのだ。

ARGってほかにどんなものがあるの?

2008年に開催される北京オリンピックでも、『The Lost Ring』というARGが展開されている。記憶を失った5人のアスリートが世界各地で発見され、彼らには不思議なタトゥーを持つという共通点があった。5人はブログを書いたり、YouTubeに動画をアップしており、プレイヤーもいっしょになって彼らが何者なのかを推理。やがて物語は、失われてしまった古代オリンピック競技のナゾに集約されていく……。ちなみに、記憶喪失のアスリートのひとりは日本人。日本語でプレイすることもでき、2008年は国内でもARGがブレイクするのではないか、と期待されているのだ。



●カードに書かれているのは難問、奇問!

 『名探偵コナン・カード探偵団』のカードは全100種類があり、5枚入りの基本パックと、10枚のカードに加えて事件の手がかりなどが入ったガイドパックの2パターンで発売される。トレーディングカードのようにレア度が設定されており、レア度が高いほどR事件にまつわる貴重な情報が隠されているという仕組みだ。

 

 カードにはそれぞれ、パズル問題が掲載。『名探偵コナン』の世界の探偵たちから実際に起きた事件を聞き込み、それをもとにして作られたという設定になっている。問題を解いたら、あらかじめ無料で会員登録しておいた公式サイト(PCとケータイのどちらでも利用できるが、メインはケータイ版サイト)にカードのIDを入力して回答する。正解すれば探偵ポイントを獲得でき、ポイントを貯めることで探偵ランキングの順位が上昇。まずは、カードを購入してひとつずつパズル問題を解き、公式サイトで探偵ランキングを上げていくことになる。

 

 なお、基本パックを購入していくと、必ず生じてしまうのがダブリカード。同じカードを2枚以上手に入れた場合には、公式サイトでIDを入力することにより推理チケットに換えることが可能だ。推理チケットは、カードに書かれたパズル問題のヒントがもらえるお助けアイテムとなっている。

▲よーく考えて、答えを導き出そう。パズル問題を解くだけでも十分な手応えを感じられるぞ。

 

▲各カードの端に注目! カードは4枚ひと組でひとつの事件を扱うようになっており、各グループはカードの端の色で見分けられるのだ。



●カードの裏に隠されているのは……!?

 もちろん、パズル問題を解くだけではなく、ARGの要素もちゃんと盛り込まれている。問題を解いて探偵ポイントを貯めていくと、R事件の捜査状況が登録しておいたメールに届けられるのだ。これは、優秀な探偵候補であるプレイヤーに向けた米花町の探偵たちからのタレコミという設定。パズル問題を解くことで、どんどんバックストーリーに関わっていくことになる。

 また、4枚ひと組になったカードの裏面には、その事件の全貌がわかる手がかりが残されている。なかには、直接R事件と関わりのあるものも? セットになった4枚すべてのパズル問題に正解することでも、R事件の情報がメールで届く。

カードの裏にもナゾが!

こちらは、同じグループのカードの裏側。なんと、4枚を合わせてひとつの絵が浮かび上がってきた。さらに、下の2枚をつなげると、URLが記載されているのがわかる。このサイトを見れば、さらなる情報が手に入るかも!

偽装サイトに隠された
新情報を捜しだせ!


カードに書かれたURLを打ち込むと、やはり偽装サイトが! カードの裏に書かれた4人組は”FLIPOUT”というバンドメンバーだったようだ。細部まで作り込まれたサイト内には、何らかの手がかりが隠されているはず。じっくり隅々まで調べてみよう!

 

 R事件にまつわる情報の入手方法は、メールだけではない。公式サイトはもちろん、現実の場所や、『名探偵コナン・カード探偵団』を取り上げたメディアにだって、情報が隠されているかも。プレイ状況によってリアルタイムに進行する事件を追い、真実を導き出そう!

▲ケータイ版公式サイトの会員ページで、調査状況を確認することができる。探偵ランキングを上げるのも楽しみかたのひとつ。

▲ケータイメールに届いた情報。まさに現実にゲームの世界が顔をのぞかせたような感覚を味わえる……。



●ディレクター安藤恵子女史にインタビュー!

 

 日本初のARG商品となる『名探偵コナン・カード探偵団』。その開発にはさまざまな苦労があったのではないだろうか? 開発ディレクターである安藤恵子女史に話を聞いてみた。

▲安藤恵子女史の挑戦を受けて立て!

――カードのパズルはかなり本格的な難問が用意されているとか?


安藤恵子(以下、安藤) 『IQサプリ』の雅先生の監修のもと、多くのパズル作家さんに参加していただいています。トレーディングカードの魅力は、対戦や交換という、仲間とのコミュニケーションだと思うんですよね。『カード探偵団』ではそれが”パズル”になります。みんなでワイワイ考えるとそれだけで楽しい。なかには、大人より子供のほうが簡単に解いちゃう問題や、おじいちゃんのほうが解きやすい問題もあります。家族や身近な友だち、ネット仲間など、プレイヤーの皆さんには積極的に交流してほしいと思います。

――世界的なミステリー作家の工藤優作先生にも取材をされたそうですね。

安藤 奇跡的に優作先生にコンタクトが取れて、お時間をいただけたんです。「1時間ほど時間が空いたから、いますぐなら取材可能です」とお電話をいただいて「え、でも私たち日本なんですけど!」って。もちろん冗談で、その後、ロサンゼルスで実際にお会いして、ステキなお話をたくさん聞かせていただきました。ほかにも、”眠りの小五郎”さんをはじめ、一流の名探偵さんたちにもアドバイスをいただいています。

――実際の事件をモデルにしているそうですね。

安藤 じつは、未解決の事件も含まれています。そんなの解けるかよ、ってツッコミもあると思いますが、それはプレイしてみてのお楽しみということで(笑)。この『カード探偵団』がきっかけとなって、事件が解決されたらすごいですよね。真実はいつもひとつ、です! 皆さんの挑戦をお待ちしています。


商 品 概 要

ガイドパック

基本パック

内容:事件カード10枚、カードホルダー1冊、事件手がかり一式、特典カード1枚、遊びかた説明書1部

価格:1575円[税込]

内容:事件カード5枚(カードは全100種類)

価格:315円[税込]



※『名探偵コナン・カード探偵団』の公式サイトはこちら

※ケータイからは、以下のバーコードを使ってアクセスできます。


メディアファクトリー カスタマーサポートセンター

TEL:03-5469-4880
受付時間:月〜金曜日(祝日を除く)

       午前10時〜午後6時

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『デジモン』20周年企画展“デジモンアドベンチャー THE REAL WORLD”の詳細が決定!!

2017年5月3日から5月14日まで、ラフォーレミュージアム原宿にて開催される企画展“デジモンアドベンチャー THE REAL WORLD”の詳細が発表された。

ハードロック好き&メタラー必見! アクションRPG『Victor Vran』のモーターヘッド公認DLCが5月30日に配信決定。日本語にも対応予定

アクションRPG『Victor Vran』のDLC2本と、全部入り版“VICTOR VRAN: OVERKILL EDITION”が5月30日に配信されることが発表された。

PS4用シューティングゲーム『弾銃フィーバロン』のAC版が4月28日より期間限定で稼動決定

エムツーは、2017年4月28日配信予定のプレイステーション4用ソフト『弾銃フィーバロン』と同一仕様のものを、秋葉原Heyにて期間限定AC稼働させることを発表した。

2017年4月28日20時からの『女流棋士・香川愛生のゲーム番長』は、『マリオカート8 デラックス』をプレイ!

niconicoのファミ通チャンネルとYouTubeのファミ通TUBEにて配信中の『女流棋士・香川愛生のゲーム番長』。最新回は2017年4月28日(金)20時からスタート

『進撃の巨人 死地からの脱出』Web体験版が配信開始、声優陣のサイン色紙が当たるキャンペーンもスタート!

コーエーテクモゲームスは、2017年5月11日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『進撃の巨人 死地からの脱出』について、スマートフォンやPCでプレイできる“Web体験版”の配信を、本日2017年4月27日より開始した。

『アトリエ』シリーズ20周年ロゴ&特設サイトが公開、アニバーサリー企画が続々と登場

コーエーテクモゲームスは、ガストブランドの『アトリエ』シリーズが2017年に20周年を迎えることを記念して、1年間にわたって周年施策を展開。

『GUNDAM VERSUS』新たな3つのキービジュアルや“プレミアムGサウンドエディション”収録楽曲などの最新情報を公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年7月6日に発売予定のプレイステーション4用ソフト『GUNDAM VERSUS(ガンダムバーサス)』についての最新情報を公開した。

eスポーツ大会“RAGE”の競技タイトルに『ウイニングイレブン 2017』が追加

CyberZは、同社が運営するeスポーツ大会“RAGE”において、KONAMIの『ウイニングイレブン 2017』を競技タイトルとして追加することを決定した。

『今井麻美のニコニコSSG』特番生放送をミンゴスの誕生日当日の2017年5月16日に実施!――3時間ガッツリお届け!!

ニコニコ生放送で配信している『今井麻美のニコニコSSG』の特番生放送が、2017年5月16日(火)に配信決定! ミンゴスの誕生日当日に3時間の生放送をお届けします!

『鉄拳7』クライマックスを迎えた親子喧嘩が描かれるストーリーモード、シリーズ初のオンライントーナメントなどを紹介するトレーラーが公開

バンダイナムコエンターテインメントは、2017年6月1日プレイステーション4、Xbox One、6月2日にSteamにて発売予定の対戦格闘ゲーム『鉄拳7』について、ゲームモード紹介トレーラーを公開した。