携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ”ゲームセンターCX ミュージアム”に有野課長ゆかりの品がズラリ、 ゆる〜いステージイベントも

”ゲームセンターCX ミュージアム”に有野課長ゆかりの品がズラリ、 ゆる〜いステージイベントも

2008/3/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●ファン垂涎のレアグッズを多数展示

 

 有野課長ことお笑いコンビ”よゐこ”の有野晋哉が活躍する、”スカパー!”および全国のケーブルテレビで放送中のゲーム番組『ゲームセンターCX』。有野課長がレトロゲームのクリアーに挑戦する番組のメインコーナー”有野の挑戦”は、有野課長のキャラクターや高難度ゲームを相手にしたときに生まれる幾多のドラマなどが新旧のゲームファンから高い支持を得ている。2007年11月15日には”有野の挑戦”を題材にしたニンテンドーDS用ソフト『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』がバンダイナムコゲームスから発売されるなど、その人気はとどまるところを知らない。

 

 放送内容を収録したDVDボックスも全4シリーズ発売されており、先日その累計販売セット数が20万セットを突破。この大ヒットを記念するとともに、日ごろから応援してくれているファンへの感謝も込めて、2008年3月27日〜30日までの4日間、都内にある晴海客船ターミナルホールで”ゲームセンターCX ミュージアム”が開催された。 


▲会場内は撮影フリー。番組ゆかりの品をカメラに収める来場者たち。


 会場内には”有野の挑戦”で使用されたゲームソフトを始め、ファンにはおなじみの”冷えピタ”、各種イベントでユーザーから有野課長へ贈られた個性的なプレゼントなど、番組ゆかりの品をズラリと展示。『プリンス オブ ペルシャ』、『カイの冒険』など有野課長を苦しめたタイトルに挑戦できるコーナーも用意されていたりと『ゲームセンターCX』ファンにはたまらない内容。


▲”有野の挑戦状”で使用されたソフトの実物を展示。番組を知らない人でも、懐かしのファミコンカセットにはグッとくるのでは?


▲番組スタッフが制作した『カイの冒険』をモチーフにした立体模型。


▲ニンテンドーDS用ソフト『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』に収録されていたゲームが商品化!? と思えるほどよく作りこまれた”ゲームコンピューター”用カセット。


▲『ゲームセンターCX』関連のイベントでは、来場者が有野課長にユニークなグッズをプレゼントするのが恒例行事となっている。会場ではその一部を展示。


▲有野課長へのプレゼントの中で、もっとも手が込んでいたのがこちらの純金製名刺。高価なグッズのためケースに入れて厳重に保管されていた。


▲作業着とともに有野課長のトレードマークとなっている”冷えピタ”。左は使用まえ。右は8時間使用したあとの”冷えピタ”。ファンなら手を合わせて拝みたくなる一品だ。


 

▲『ゲームセンターCX』の歴史を菅プロデューサーの日記をもとにふりかえる”ゲームセンターCX 歴史年表”。それぞれの出来事に対して、有野課長から直筆のコメント(赤字部分)が書き込まれている。


▲歴史年表の近くには、バンド時代の有野課長を始め番組関係者のちょっと恥ずかしい写真も。


▲レトロゲームが実際にプレイできるコーナーも。こちらは『カイの冒険』クリアー直前の様子。


▲バンダイナムコゲームスの協力で、会場内には『ゼビウス』、『パックマン』、『太鼓の達人』などのフリープレイ筺体も設置されていた。


 また、プロデューサーの菅剛史氏、カメラマンの阿部浩一氏、”タニー”こと谷澤宗明氏など、番組内でときに有野課長以上の活躍を見せるスタッフの面々も会場を訪れ、ステージイベントに登場。空き時間には会場内のあちこちに顔を出し、ゲーム対決を行うなどしてファンとの交流を深めていた。

▲前代未聞!? 登壇者がすべて素人というステージイベント。当初30分程度実施予定だった”有野課長ソックリさんコンテスト”はエントリー人数が3名ということもあり10分ほどで終了。残りの20分は菅プロデューサーのアドリブで、”『ゲームセンターCX』カルトクイズ”、”条件プレゼント”などを実施。菅プロデューサーは「これはイベントとして成立するの?」と終始ボヤいていたが、こういった”らしい”グダグダ感に来場者も満足気な様子だった。


▲菅プロデューサーと阿部カメラマンが、ジュース代を賭けて『クイック&クラッシュ』で対決。


 行き当たりばったりのステージイベントや、来場者どうしで協力してレトロゲームのクリアーに挑戦したりと、いい意味で”ゆるい”番組の雰囲気がそのまま再現されている”ゲームセンターCX ミュージアム”。開催期間は残り1日となっているので、番組のファンはもちろん、ゲームが好きな人は足を運んでみてはいかがだろうか。入場は無料で営業時間は午前10時〜午後6時までとなっている。


▲会場周辺には飲食店などがほとんどないので、長時間滞在する予定の人は何か食べる物を持ってきたほうがいいかも。なお、会場内では駄菓子の販売が行われている。


※『ゲームセンターCX』の公式サイトはこちら

※”ゲームセンターCX ミュージアム”の詳細はこちら
 

 

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!

『夢現Re:Master』発売日が6月13日に決定! ディレクター・みやざー氏からのコメントも

2019年早春発売予定だった『夢現Re:Master』の正式な発売日が2019年6月13日に決定した。

『Days Gone』の魅力が詰まった巻頭特集!崩壊した世界でくり広げられる極限のサバイバルとは!?【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、2019年4月26日発売予定のプレイステーショ ン4用ソフト『Days Gone(デイズ・ゴーン)』の巻頭特集をお届け!

PS4が国内発売から5周年! 関係者へのインタビューやニュース、データで振り返る【先出し週刊ファミ通】

2019年2月22日に国内での発売5周年を迎えるプレイステーション4。その足跡を振り返る。

『ルルアのアトリエ』どこよりも早く遊べる体験版(Switch/PS4)が付属&表紙は岸田メル氏描き下ろし! 22ページ総力特集【先出し週刊ファミ通】

2019年2月21日発売の週刊ファミ通には、『ルルアのアトリエ 〜アーランドの錬金術士4〜』のファミ通独占先行体験版のDLコードが付属。表紙を飾るのは、岸田メル氏による描き下ろしイラスト!

Tokyo RPG Factoryの新作アクションRPG『鬼ノ哭ク邦』の魅力に迫る! 開発者インタビューも掲載【先出しファミ通】

『いけにえと雪のセツナ』、『LOST SPHEAR(ロストスフィア)』を手掛けた、“普遍的なRPGの面白さ”を追求するゲームスタジオTokyo RPG Factoryが贈る新作RPGが、Nintendo Switch、プレイステーション4、PCで、2019年夏に発売されることが発表された。

DLC福袋で『ルルアのアトリエ』体験版&『ドラゴンズドグマ オンライン』のアイテムをゲット!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)のダウンロードコンテンツ福袋の中身をご紹介! 今回は2アイテムです。

『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』ガールズもパンツァーも盛りだくさんの発売記念特集!【先出し週刊ファミ通】

週刊ファミ通2019年3月7日号(2019年2月21日発売)では、さまざまな追加要素を加えて新発売となる『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』の発売記念特集を掲載!