携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ハドソンはiPod touchにも本気です! 専用サイト“Do the Hudson!!”の紹介イベントで高橋名人が猛烈アピール

ハドソンはiPod touchにも本気です! 専用サイト“Do the Hudson!!”の紹介イベントで高橋名人が猛烈アピール

2008/3/29

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●2008年6月以降は20タイトル以上のアプリを全世界対応で配信予定

 ハドソンのiPod touch専用サイト“Do! the Hudson!!”を紹介するイベント、“Do! the Hudson!! with 高橋名人”が、2008年3月29日にアップルストア銀座にて開催された。

 iPod touchはご存じのように、アップルより発売されている無線LAN機能付き携帯音楽プレイヤー。2箇所のポイントに同時に触れて操作できる“マルチタッチ”などが特徴で、多くのゲームメーカーが注目する端末だ。ハドソンでは2007年12月より、iPod touch専用サイトとして“Do! the Hudson!!”を開設、総合エンターテインメントサイトとして、ゲームやブログなどを無料で提供してきたのだが、今回のイベントは、イベント前日のサイトリニューアルに併せて行われたものだ。

▲歴代のiPodから初期の2台を持ってきた高橋名人。

 イベントの第1部では、ハドソンといえばこの人(!)の、高橋名人と、情報サイト“iPhone・iPod touchラボ”の近江幹氏による対談が実施された。対談で高橋氏は、ハドソンに置いてあったアップルのパソコンLisa(リサ)に触って、マウス操作の快適さにびっくりしたエピソードや、’86年にマッキントッシュSEを、100万円のローンを組んで購入したエピソードなどを披露。アップルユーザーぶりを遺憾なくアピールした。当然iPodも大ファンで、歴代の機種は全部持っているとのことだ(買い直した分も含めて全部で10台!)。

 また、話題が『ボンバーマン』におよんだときは、「『ボンバーマン』はハドソンの宝なので、今後も出し続けます」とコメント。’83年にパソコン向けに作られた『ボンバーマン』のベースとなった『爆弾男』が、ドイツで移植されるときに当時の世相を反映して『エリック&フローター』と改題され、1986年にファミコン向けソフトとして発売されるときには、皇居にロケット弾が打ち込まれるという事件があったため、『ボンバーマン』としたなどと、2回もタイトルを変えるに至った経緯などが語られた。

 「いまは、(iPod touchのゲームで)おもしろいことが表現できたらいいなと思っている」という高橋名人。対談では、iPod touchの加速度センサーを利用して、「ハドソンの育成散歩計“てくてくエンジェル”をiPod touch向けのゲームとして提供してもおもしろかも」とのアイデアも披露した。

 

▲情報サイト“iPhone・iPod touchラボ”の近江幹氏(左)と高橋名人との対談が実施。「iPod touchは、中身はパソコンなので何でもできますよね」(近江)とのこと。


▲iPod touchの今後への展開を説明するハドソンの柴田真人氏。

 イベントの第2部は、ハドソン 執行役員 ネットワークコンテンツカンパニー プレジデントの柴田真人氏が“Do! the Hudson!!”の今後についてプレゼン。現状13のゲームが楽しめる“Do! the Hudson!!”だが、ほぼ毎週のように更新する予定で、ニュースも近日公開されるとのことだ。また、アップルではiPod touch用のSDK(開発キット)を今年の6月に無償で配布することを発表、それによりネイティブアプリ(ダウンロードして楽しめるアプリのこと)の制作が可能になるのだが、ハドソンではいち早くこのネイティブアプリの開発を明言。全世界対応となる“ネイティブアプリ”を、2008年6月以降20タイトル以上投入することを明らかにした。イベントで柴田氏は「マルチタッチは、家庭用ゲーム機にはなかった機能で、大きなインパクトがあります。メーカーとしてはチャレンジしがいがあります」とコメント。ハドソンの看板タイトル『ボンバーマン』の投入を示唆しつつも、「通常の『ボンバーマン』ではおもしろくないので、加速度センサーやZ軸(奥行き)を使ったものになるのでは」とした。

 さらに、“卵”をキーワードに据えた新アプリを開発中であることを明言。「Z軸がキーワードになるのですが、全世界的なキラータイトルになるのでは?」と、気になるコメントも……。どうやらハドソンはiPod touchにかなりの本気なようだ。

▲iPod touch向けアプリのイメージ図。あくまでイメージなので、これらのゲームが開発されているわけではないとのこと。ただし、実際に開発中のゲームもあるとか。


 イベントの第3部は、高橋名人を司会役に“Do! the Hudson!!”内コンテンツ『名人をさがせ!』を使ったゲーム大会を実施。画面のなかから、本物の高橋名人を捜すという『名人を探せ!』だが、イベントではアップルストア特別バージョンを使ってのゲーム大会が実施。もっとも早く本物の高橋名人を捜しあてた参加者には、Wii用ソフト『デカスポルタ』などがプレゼントされた。

 さまざまなプラットフォームに積極的に参入し、フットワークの軽さを見せるハドソン。iPod touch向けサイトもいち早く開設したわけだが、今後どのようなコンテンツを提供してくれるのか、大いに楽しみだ。まずは、iPod touchユーザーは、専用サイト(http://touch.hudson.co.jp/)にアクセスしてみてはいかが。

▲第3部の『名人をさがせ!』を使用してのゲーム大会では、8人が2回に分かれての大会を実施。

▲“Do! the Hudson!!”では、高橋名人のブログも毎日のように更新されているとのことだ。

 

▲iPod touch専用サイトでは、ただいま13のゲームがプレイ可能。左から『どっか変わった?』、『名人をさがせ!』、『めくってポン!』。



※“Do! the Hudson!!”のサイトはこちら

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『死印』前日譚小説“花彦くん遭遇編”【1】 第1話 底なしの最悪

エクスペリエンスが贈る新機軸のホラー『死印(しいん)』。同作の前日譚小説をお届けする。

『死印』の発売日が2017年6月1日に決定! “じっとり”とした恐怖を感じる第1弾PVも公開

エクスペリエンスは、プレイステーション Vita用ソフト『死印』の発売日が2017年6月1日に決定したことを発表。発売日発表にあわせ、本作の世界観を感じられる第1弾PVも公開された。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第146回 提督と、新春特別任務2017

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! お正月気分の水本提督と艦娘たちに新春任務のタイムアップが迫る……!?

【ファミ通ch】発売記念! 朝まで『ニーア オートマタ』をプレイ!!(2017年2月24日23時から)

 2017年2月24日23時から29時(午前5時)まで、ファミ通のニコニコ生放送の"ファミ通チャンネル"にて、2017年2月23日に発売されたスクウェア・エニックスのプレイステーション4用ソフト『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』をプレイします。

『ガンダムブレイカー3』ディスカウント版&全DLC同梱のスペシャル版が3月30日に発売決定、DLC完結記念の新PVも

バンダイナムコエンターテインメントは、『ガンダムブレイカー3』のディスカウント版『ガンダムブレイカー3 Welcome Price!!』(プレイステーション4版、プレイステーション Vita版)を、2017年3月30日に発売することを発表。

全国のポケモンセンターで“ピカピカ春祭りキャンペーン”が3月18日より開催! イースターを楽しんでいるピカチュウのグッズなどが登場

ポケモンは、オフィシャルショップ“ポケモンセンター”にて、イースターに合わせて“ピカピカ春祭りキャンペーン”を3月18日より開催することを発表した。同キャンペーンでは、イースターを楽しんでいるピカチュウのグッズの販売、ポケモンのタマゴのプレゼント、ゲーム・カードゲームのバトルイベントなどを開催予定。

『ポケモンGO』とんがり帽子をかぶったピカチュウが期間限定で2/27から出現!

ポケモン公式ツイッターで、2017年2月27日より『ポケモンGO』で特別なピカチュウが登場することが明らかにされた。

『Splatoon2(スプラトゥーン2)』新しいバトルBGMを担当するイカ世界のロックバンド“Wet Floor”の情報が公開! 新曲“Rip Entry”の試聴動画も

任天堂は、2017年夏に発売予定のNintendo Switch用ソフト『Splatoon2(スプラトゥーン2)』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、新しいバトルBGMを担当するイカ世界のロックバンド“Wet Floor”の情報を公開した。

『龍が如く6 命の詩。』フォトコンテストの最後を飾る第5回入賞作品が発表!

セガゲームスは、発売中のプレイステーション4用ソフト『龍が如く6 命の詩。』について、ゲーム内のカメラ機能を使ったフォトコンテストの第5回入賞作品を公開した。

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』キャラクタームービー第8弾“蜷川麻央”が公開

コーエーテクモゲームスは、2017年3月30日(木)発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト 『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』について、キャラクタームービー第8弾を公開した。また、Twitter 用のプロフィール画像およびヘッダー画像の配信を開始。