携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> キーパーソンが語る! いま北米でもっともクールなゲーム『ROCK BAND』の魅力

キーパーソンが語る! いま北米でもっともクールなゲーム『ROCK BAND』の魅力

2008/3/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●音楽をよりリアルに楽しめる、『ROCK BAND』は究極の音楽ゲーム

 ゲームで実際にロックバンドが組める! そんな大胆なコンセプトが話題を呼び、昨年末にプレイステーション3とプレイステーション2、Xbox 360で発売されるや、3機種合計で150万本を超える販売本数を記録したエレクトロニック・アーツの『ROCK BAND』。その開発を担当したHarmonixのCEO、アレックス・リゴプロス氏にインタビューを行った。『ROCK BAND』で音楽ゲームに新風を吹き込んだアレックス・リゴプロス氏は、じつは『ギターヒーロー』(発売元:アクティビジョン)の産みの親でもあり、いま北米でもっとも注目されるクリエーターのひとり。現時点では、日本での発売予定がない『ROCK BAND』だが、日本市場にも大いに興味があるという。アレックス・リゴプロス氏の『ROCK BAND』にかける思いを聞いてほしい。(※週刊ファミ通3月28日号の記事をもとに再構成)
 

Harmonix Co-Founder and CEO Alex Rigopulos(アレックス・リゴプロス)氏。Harmonixの創業者にして最高責任者。『ギターヒーロー』の開発を手がけ、同作を北米屈指の人気ブランドに育て上げる(※)。2007年、音楽ゲームの新しいブランドを確立すべく、エレクトロニック・アーツとコラボレーションして『ROCK BAND』をリリースする。日本通にして大の音楽好き。※『ギターヒーロー』シリーズの開発では『1』と『2』を担当。


▲昨年10月にロサンゼルスで行われたゲームイベント、E for Allからのヒトコマ。ボーカル、ギター、ベース、ドラムと4つのパートでセッションできる『ROCK BAND』はアメリカ人にとっては最高のパーティーゲームなのかも。

 

■マルチプレイでみんなが楽しめることを重視している

 
――北米では『ROCK BAND』がとても好調なようですね。
アレックス
 Yes。お陰さまで売れ行きがとても良好で、周辺機器の生産が追いつかず、なかなか需要についていけないというのが現状なんだ。もともと僕らは音楽が大好きで、音楽の持つ楽しさを気軽にゲームで伝えられないか、ということで作ったのが『ギターヒーロー』シリーズなんだけど、そのコンセプトをさらに新しい方向へ持っていったのが『ROCK BAND』。マルチプレイを重視して、ギターとベースがあって、そのうえにボーカルとドラムが加わわることで、グループ(ロックバンド)としての演奏を可能にしているんだ。バンドを組むことで、よりリアルに音楽を感じてもらいたいという思いもある。そんな点がゲームファンにはもちろん、新しいユーザーにも評価されたんじゃないかな。

――なるほど。音楽ファンの心に響いたということですね。
アレックス
 そうだね。それは狙っていた部分でもある。さらに『ROCK BAND』では、オンライン要素をとても重視しているんだ。プレイヤーはアバターとして自分の分身を作成できる。よりゲームの世界に入り込めるように、自分の作ったアバターをPCの専用サイトにアップして、そこで撮った写真を実際にTシャツやフィギュアといったグッズにする試みも行っている。もちろんユーザーどうしの交流もできて、そこで気が合ったらオンラインでセッションを組む、といったことも可能になっているんだ。

――まさに、現実にバンド活動をしているみたいですね(笑)。
アレックス
 そうなんだ。バンドのメンバーに成り切って、グループで音を作り上げていくというのは、いままでにはなかった、とてもエキサイティングな体験だよ。『ROCK BAND』は、“究極の音楽ゲーム”をイメージしていたんだけど、できる限りそれに近いものを作り上げられたと思っているよ。

――実際に『ROCK BAND』を遊んでいるユーザーからの反響を教えてください?
アレックス
 好意的なものばかりだよ! 北米ではちょっとした現象になっているくらい。パーティーで楽しむ人もいれば、オンラインでセッションを組む人もいる。さらには、週末ごとにコンテストやパフォーマンスを行うバーがいくつもあるんだよ。そして、いちばん驚いたのは、『ROCK BAND』のユーザー層の幅広さだね。最初にこのゲームを作ったときは、15歳〜35歳くらいまでの男性をメインターゲットにしていたんだけど、いざ発売してみるといままでゲームに触ったことがない人がかなりいた。家族で遊んでいるというケースも多くて、お母さんが子どもと遊んだり、おじいちゃんが孫と遊んだりといった話を聞くと、僕も暖かい気分にさせられるよ(笑)。

――どうやら『ROCK BAND』は、新しいユーザー層をゲームに引き込んでいるようですね。
アレックス
 海外でも日本でも、ニンテンドーDSやWiが新しいゲームユーザーを獲得していると思うけど、それに負けないくらい『ギターヒーロー』や『ROCK BAND』は貢献していると思う。音楽業界でもゲームという分野に注目が集まっていて、どんどん新しい流れが出てくるんじゃないかな。


■いままでの“洋ゲー”とは違うスタンスで、日本市場へは本気で取り組む

 
――話を聞いていると、やはり日本への展開が気になります。
アレックス
 いまのところ具体的には話せないけど、日本はとても重要な市場なので、ぜひとも『ROCK BAND』を出したいと思っている。とはいえ、ハンパな気持ちで取り組むつもりもない。海外のゲームメーカーが日本で展開するとなったら、最小限の言葉だけをローカライズして発売すればそれで終わりという会社が多いかもしれないけれど、それで失敗した例もたくさん見てきている。率直に言って、それは日本のユーザーのテイストや、楽しんでもらうために何が必要かを見つける努力が不足しているんだと思う。僕はもっと徹底した形でローカライズすべきだと考えているんだ。

――具体的にはどのような形で?
アレックス
 あたりまえの話だけど、『ROCK BAND』は“音楽”を感じてもらうゲーム。もちろん、日本にも洋楽ファンはたくさんいるだろうけれど、より音楽の魅力を感じてもらえるのはなじみの深い楽曲だよね。だから、日本で展開するにあたっては、邦楽をきちんとした形で入れたいと思っている。そのへんはいま調整中なんだ。

――それは楽しみですね。ちなみに『ROCK BAND』に収録したい日本のアーティストなんていますか?
アレックス
 僕は日本のアーティストが大好きなんだ! だから、たくさんいるんだけど、強いて挙げれば、サザンオールスターズやB’Z、東京事変とかかな。念のために言っておくけど、これはあくまで僕の個人的な意見だからね(笑)。

――いずれにせよ、今回話を聞いて、日本での展開を確信しました(笑)。
アレックス
 個人的には日本のことはとても好きなので、大事に展開したい。いままでの“洋ゲー”とは根本的に違う作品になるよ。そしてそれは、海外ゲームと日本市場の垣根を取っ払うものになるんじゃないかな。『ROCK BAND』は大切に育てていきたいと思っているので、今後の展開を楽しみにしていてね!

▲自身はドラマーだというアレックス。日本音楽に対する造詣も深く、どのような形で『ROCK BAND』を展開してくれるか、いまから楽しみ。

 

▲『ROCK BAND』に収録されているのは58曲で、毎週新曲がダウンロードコンテンツとして提供されている。Xbox 360版では全ユーザーの3分の2がオンラインに接続しているとか。ストーリーモードも充実しており、お金を稼いで一流のミュージシャンを目指すといった内容になっている。

 
※『ROCK BAND』の公式サイトはこちら(英文)

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

『大繁盛!まんぷくマルシェ』が2月28日にNintendo Switch向けに配信開始! 2月21日よりあらかじめダウンロードも開始

Nintendo Switch用ダウンロードソフト『大繁盛!まんぷくマルシェ』が2019年2月28日より配信開始! 2019年2月21日よりあらかじめダウンロードも開始。

映画『移動都市』を鑑賞したヨコオタロウ氏や小林裕幸氏、山崎貴氏、樋口真嗣氏ら、日本を代表するクリエイター陣のコメントが到着!

2019年3月1日に公開予定の映画『移動都市/モータル・エンジン』について、本作を鑑賞した各界のクリエイター陣からコメントが到着!

2019年ブレイクするアイドルグループはGEMS COMPANY!? “ジェムカン”の魅力をまとめて紹介

数多のグループがひしめき合う女性アイドルシーンで、2019年にブレイクが期待されるGEMS COMPANY(通称、ジェムカン)。一般的なアイドルとは違うジェムカンの魅力をお届け!

アニメ『デジモンアドベンチャー』は3月6日で20周年!  20周年ビジュアルが公開&20周年記念フェアが開催決定

東映アニメーションは、アニメ『デジモンアドベンチャー』の20周年を記念したビジュアルを公開。ふたつの20周年記念イベントを実施する。

『CoD ブラックオプス4』新シーズン“OPERATION GRAND HEIST”が本日(2月20日)より開始! 新たなマップや武器などが追加

『コール オブ デューティ ブラックオプス4』新シーズン“OPERATION GRAND HEIST”が本日(2019年2月20日)より開始!

相棒アフィンも大わらわ!? 『PSO2』でホワイトデーイベント開始!【2019年2月20日アップデート】

2019年2月20日に実施される『ファンタシースターオンライン2』の新春記念アップデート第4弾の内容を紹介!

『APEX LEGENDS』がTwitch Primeメンバー特典に登場。パスファインダーのレジェンダリースキンとAPEXパック5個が貰える!

ゲーム映像ストリーミングサービスTwitchの有料サービスTwitch Primeのメンバー特典に『Apex Legends』が登場。パスファインダーのレジェンダリースキンなどを貰える。

1980年代の台湾を舞台にしたホラーゲーム『還願 Devotion』が本日(2月19日)Steamにて配信開始、『返校 Detention』の開発チームによる意欲作

Steamにて『還願 Devotion』が配信を開始した。なんか気になる文字の並びだな……と思ったあなたは正解! 日本でも人気を博したあのホラーゲムの開発チームの第二作目です。

召喚獣に関するシステムが大幅にリフレッシュ! “【2019.2.19】DFFアーケード&NT合同公式生放送”まとめ

AC版では召喚ゲージに関するシステムが変更され、召喚獣ごとに召喚ゲージの溜まる速度と、攻撃力が変化するように。そのほかのさまざまな情報も。

『星と翼のパラドクス』新機体“スクラッパー”が追加! “スクラッパーミッション”&“ダブルコンティニューキャンペーン”も開催

『星と翼のパラドクス』2019年2月20日のアップデートにて、新機体“スクラッパー”の追加とダブルコンティニューキャンペーンを開催!