携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> ”新MMORPG”でも使用、スクウェア・エニックスの開発ツール“クリスタルツールズ”の魔力とは?

”新MMORPG”でも使用、スクウェア・エニックスの開発ツール“クリスタルツールズ”の魔力とは?
GDC 2008

2008/2/24

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『ファイナルファンタジー』前提にした共通技術基盤の経緯を語る
 

▲スクウェア・エニックスの村田氏が講演を行なった。

 2008年2月22日に行なわれた、スクウェア・エニックス 研究開発部 部長の村田琢氏によるセッションは“『ファイナルファンタジー』のテクノロジー”。熱心なゲームファンには“ホワイトエンジン(仮)”として知られている、スクウェア・エニックスの共通技術基盤の開発の経緯を、自身の開発暦を振り返りながら述べたものだ。

 “ホワイトエンジン(仮)”のベースとなる考えは、1997年に発売されたプレイステーション用ソフト『ファイナルファンタジー タクティクス』に始まったと村田氏は回想する。マップは3D、キャラクターは2Dというハイブリッドの表現方法が採用されていた『ファイナルファンタジー タクティクス』だが、当時のアーティストから「開発機上のデータをすぐにプレビューできる環境がほしい」という要望を受ける。ご存知のように、ゲーム開発はPC上で行なうわけであるが、PCのディスプレイに出力される画面と、実機(家庭用ゲーム機)上で表示される画面とでは微妙に違いがあった。PCと実機のデータのやり取りには煩雑な手間がかかるのだが、PCで修正したデータを即時に実機上で見られることで、よりクオリティーの高い作りこみをしたい……というのが要望の理由だった。そのリクエストに応える形で村田氏が制作した“即時プレビューツール”は、「その有効性にはやっていて驚いた」と本人がびっくりするほどの効果があった。「いま思うと、すべての道はここから始まったのだと思います」。

 ついで取り掛かったのがプレイステーション用ソフト『ベイグランドストーリー』(2000年)。村田氏にとっては、初の全編リアルタイムフル3D(オープニングのみプリレンダー)という同作で、スタッフ数の制約などもあり、より作業効率化が必要とされたこともあり、リアルタイムプレビューはますます重要性を増す。結果として『ベイグランドストーリー』は、「自分で言うのも何ですが、かっこいい画面がたくさんある作品に仕上がりました」という。『ベイグランドストーリー』はすでにプレイステーション2が発売されたあとのタイトルということもあり、「今後は3Dが主流になるだろう」という確信が当時の村田氏にはあったのだという。3Dにより表現が多彩になって、いいものを作るには、手間をかければかけるほどいいという時代が到来する時代が……。

 そしてそれは、プレイステーション2用ソフト『ファイナルファンタジーXII』(2006年)という形で村田氏の前に現れる。かつてないビッグプロジェクトに関わることになった村田氏は、あまりにチームが大規模なために、それぞれのチームごとに特化したツールの必要性に迫られたという。「ハードの性能がさらにあがり、できることも増えていくなかで、各チームごとにそれぞれ求めるものが異なってきた。それぞれに特化したツールがほしいという話になったんです」。

 一方で、時代は当時そろそろ次世代機の波が押し寄せようとしており、「共通の開発ツールがあったほうがいいのでは」という声が、社内から自発的に上がりはじめたという。ご存じのように、それまでのゲームメーカーは、同じ社内であっても横のつながりがあまりなく、社内資産の共有もままならなかった。だが、より開発負担がかかる次世代機にあたっては、社内で共通の基盤を作ったほうが、技術を共有化したほうが効率も上がるだろうという発想だった。自社でツールを開発することで、より自社タイトルのニーズに即したツールを作れるというメリットもあった。

 最初はゆるやかだった“会社横断”の流れは、その後徐々に大きなうねりとなっていき、「共通技術基盤開発に向けて真正面から取り組む部署」として、2006年9月に研究開発部が設立。専任のスタッフがつくことになった。“ホワイトエンジン(仮)”ができたのは、そんな発足からほんの1年後だったというから驚きだ。

 「“ホワイトエンジン”(仮)の方向性は、『ファイナルファンタジー』というシリーズをどう考えているかによって決まりました」と村田氏は言う。当然のこと、『ファイナルファンタジー』はスクウェア・エニックスにおける最重要タイトルであり、新しい共通技術基盤は、『ファイナルファンタジー』で使用されることを前提としていたからだ。

 「『ファイナルファンタジー』の特徴ということを考えた場合に、キャラクターに比重が置かれているという考えがすぐに浮かびました。ビジュアルデザインを優先して、キャラクターのかっこよさを見せることありきの作りかた。この考えが、“ホワイトエンジン(仮)”のベースになっています」。それはつまり、単にリアルなだけではなく、アニメのような“溜め”のかっこよさも取り入れたキャラクターを最重要視した作りかただ。物理的に正確であればいい……というわけではなくて、かっこよく動くことを重視しているのだ。また、大規模な開発チームで使えるということを前提に、チームごとにツールを特化したり、開発者のスキルの違いに対応するために、GUI(グラフィックユーザーインターフェース)にも力を入れたという。

 さて、ここまで“ホワイトエンジン(仮)”として紹介してきた、スクウェア・エニックスの共通技術基盤は、2007年9月のバージョン1.1のリリースをもって、新しい名称に改められた。この講演で世界で初めてお披露目された名称は“クリスタルツールズ”。

 「開発を終えた“クリスタルツールズ”は、スクウェア・エニックスのタイトル開発のなかで進化をしていくフェーズに入りました。開発者からのフィードバックを活かして、さらに表現の可能性を追求していきたいと思っています。さまざまなものに挑戦して、その成果を(GDCで)発表できる機会を楽しみにしています」と話して講演を締めくくった。その成果の発表は遠いさきのことではなさそうだ。

 この“クリスタルツールズ”は、PCとプレイステーション3、Xbox 360に対応(※スクリーン上で紹介された3機種のほか、村田氏が「まだ正式ではありませんがWiiにも対応する予定」との発言も)しており、現時点ではプレイステーション3用ソフト『ファイナルファンタジーXIII』、『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』、そしてプロジェクトが進行中の“次世代MMORPG”で使用されているという。(※2008年2月25日記事修正)

GDC 2008の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

収録時間は450分越え!『ゲームセンターCX 15th感謝祭 有野の生挑戦 リベンジ七番勝負』Blu-ray&DVDの収録内容公開

2019年8月2日に発売される『ゲームセンターCX 15th感謝祭 有野の生挑戦 リベンジ七番勝負』のBlu-ray&DVDの収録内容が明らかに。発売記念イベントの開催も決定!

『ヤングアニマル』がバックナンバー大量無料試読&100円[税抜]購入キャンペーンを開催。紙版&電子版の同日配信を記念

青年マンガ誌『ヤングアニマル』が5月24日発売の11号から紙版との同日配信を開始。それに伴ったキャンペーンが開催される。

『メギド72』アンケート! 「好きなメギドは?」「あなたの自慢のパーティーは?」メギド愛を存分にお聞かせください!

週刊ファミ通7月18日号(7月4日発売)では、『メギド72』の特集を掲載予定です。特集内の特別企画としてアンケートを実施します。

BitSummit 7 Spiritsがアワード6部門のノミネート作品を発表。『RPGタイム!』、『アンパッキング』、『BELOW』が3部門でノミネート

BitSummit 7 Spiritsにて、事前選考を行った6つのカテゴリーのノミネート作品が発表された。

“ディライトワークス インディーズ”がBitSummit 7 Spiritsに出展決定。『タイニーメタル 虚構の帝国』が日本最速体験可能に

ディライトワークスのインディーゲームレーベル“ディライトワークス インディーズ”が、BitSummit 7 Spiritsに出展。

『あんスタ』テレビアニメ、放送情報の詳細が公開!【7月放送開始】

2015年4月からサービスを開始し、現在3周年を迎えた大人気スマートフォンアプリゲーム『あんさんぶるスターズ!』のアニメ放送が2019年7月からスタート。同番組放送に関する詳細情報が公開。

『ライアン・マークス リベンジミッション』の最新ゲーム画像が到着。映画のような臨場感を体験できるVRシューティングアクションに注目!

2019年5月30日に発売を控えた“VRシューティングアクション”『ライアン・マークス リベンジミッション』の魅力を紹介。

『モンスターハンター:ワールド』“歴戦王”のモンスターアイコンがキラキラ輝くメタルマスコットが発売

『モンスターハンター:ワールド』に登場する“歴戦王”のモンスターアイコンをイメージしたメタルマスカットが発売。

ベストヒット町内会4月分更新!

本誌ファミ通町内会の傑作ネタを選りすぐってお届けするベストヒット町内会。今回は4月分の希少部位をおすそ分け。さらにナッツ・ザ・レジェンドと俺ービルダーも更新。6月の投稿者ランキングがスタート。背中の痛みは心の痛み! 

『東京2020オリンピック The Official Video Game TM』収録競技のボクシング、ハンマー投の詳細ほか、オンラインのランク昇格戦の情報が公開

東京2020オリンピック公式ゲームタイトル『東京2020オリンピック The Official Video Game TM』の種目詳細やオンライン要素を紹介。