携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> アートディレクター、上国料勇氏の『ファイナルファンタジー』美術の時間

アートディレクター、上国料勇氏の『ファイナルファンタジー』美術の時間
GDC 2008

2008/2/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●『ファイナルファンタジーXIII』トレーラー映像も上映

 

 近年の『ファイナルファンタジー』シリーズにとって欠かせない人物が、GDC 2008でセッションを実施した。その人物とは、『ファイナルファンタジーX』で背景美術ディレクター、『ファイナルファンタジーXII』でアートディレクターを務めた、スクウェア・エニックスの上国料勇氏。プレイステーション3用ソフト『ファイナルファンタジーXIII』でもアートディレクターを務める彼が、デザインするときにどのようなインスピレーションを得たり、自身のデザインがゲーム制作にどう影響するかなど、『ファイナルファンタジー』の美術にスポットを当てたトークがくり広げられた。

 

▲中学校のころは、画家のアンドリュー・ワイエスやイラストレーターのフランク・フラゼッタに憧れ、油絵の画家だった経緯を持つ上国料勇氏。

 

 「スクウェア・エニックスには、デザイナーの募集でデザイン画を送ったんですが、もともと油絵の画家をやっていたんです。それで、そのころの絵もおまけで送ったら、そっちの絵で採用になりました」と、じつは油絵の画家という経歴を持つという上国料氏。気ままに絵を描いていた画家が、ある時期からゲーム制作現場で働くことになり、チームとして作品を手掛けることになったのだ。そこで、「ユーザーが操作するキャラクターの目線を意識して、そのキャラクターの手が届く範囲にデザインの見どころを配置するようになりました」という。デザインに対する意識に変化が表れたわけだ。「画家としてひとりで活動していたときは、絵画なのでデザイン性、トレンドを重要視していなかったんですが、いまの仕事は逆にその要素がいちばん重要になってしまうので、考えかたや物の見かたを180度変えなければいかなかった。カルチャーショックでしたね」(笑)。

 

 上国料氏はスクウェア・エニックスのアートチームにおいて「グラフィックに関わるすべてのセクションに対してディレクションを行う権限があり、場合によっては企画に踏み込んで話をできる」立場にある。アートディレクターが要求するコンセプトと、プランナーが作った企画案に基づいて理想像を作り、各デザイナーにはアートディレクターの定めたガイドラインの沿ってデザインをおこす。ただ、「デザイナーひとりひとりの個性を潰さずに、バリエーションを持たせるために可能な限り自由に描かせるように注意しています」と、スタッフ全員でいっしょになって魅力的な『ファイナルファンタジー』のすばらしい世界を作っていきたいという考えを示した。

 

  スクウェア・エニックスはタイトル、プロジェクトごとにゲームディレターを立てているが、アートディレクターとはどのようなやりとりをしているのか? 上国料氏は「ゲームディレクターからは大まかな設定やゲームシナリオのプロットをもとにしてどういった絵がほしいかというオーダーが来ます。それを受けてイメージイラストをどんどん描いていきます。関係を説明すると、ゲームディレクターの意向を実現するために連繋を取って、新しいグラフィックの表現を実現するために各セクションとのパイプ役にもなります」と説明した。

 

 『ファイナルファンタジー』のような人気シリーズは長期間にわたって実行されるプロジェクト。上国料氏は、「長い期間作り続けていると、途中で自分の考えかたや世の中のトレンドも変わっていきますので、そこは意識して対応します」という。新しい技術が導入されることで表現の幅が広がることもあるため、その作品が持つコンセプトだけに囚われることはないと語った。作品のコンセプトといえば、『ファイナルファンタジー』シリーズのコンセプトは何なのか? 「毎回作品ごとに変わっているので、これだというスタイルがないんです。クールを追求する作品もあれば、オーソドックスなファンタジーを押し出す作品もあるんです」だとか。共通して言えることは、”いずれにしても、強いオリジナリティーを持たなければならない”ということ。上国料氏は「『ファイナルファンタジー』のスタイルを体系化させた人はまだいない」としながらも、歴代の『ファイナルファンタジー』シリーズのアートディレクターは、皆それぞれ独自の『ファイナルファンタジー』らしさやデザインの持論を持っているとのことだ。

 

 上国料氏も開発に携わる話題のプレイステーション3用ソフト『ファイナルファンタジーXIII』。このゲームのトレーラー映像が、同セッションで上映された。このトレーラー映像、日本では東京ゲームショウ2007でクローズドとして公開されたもの。上映後、客席からは大きな拍手が沸き起こった。この映像について上国料氏は、「バトルシーンとそこに繋がるアクションシーンがリアルタイムで、それ以外がCGになります。リアルタイムでは表現しきれないものはCGで作ります。群集が登場するシーンや広大な場所を見せるシーン、物語のクライマックスにあたる大規模なアクションシーンをCGで表現しています」と説明。そして実際に、ゲーム開発で使用されたコンセプトビジュアルを公開してくれた。『ファイナルファンタジーXIII』の舞台となる世界”コクーン”とその中に存在する”都市”のヴィジュアルに、集まった人たちの目も釘付けになっていた。

 

▲セッション後は、現地の開発者に質問攻めされる上国料氏。

GDC 2008の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

【週間PVランキング】『龍3』、『龍4』、『龍5』のPS4版発売決定の話題が今週のPV数1位を獲得【05/19〜05/25】

ファミ通ドットコムの、2018年5月19日〜5月25日の週間PVランキングをお届け!

『Detroit』インタビュー リアルなだけのグラフィックは無意味!? 小物ひとつに意味を込めるアートチーム【Quantic Dream特集その3】

インタラクティブなストーリーテリングで世界中のゲームファンの心をつかむフランスの開発会社Quantic Dream。最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、同スタジオのコアスタッフへのインタビューを敢行した。今回は、作り込まれたビジュアルで見るものを圧倒する、アートチームへのインタビューをお届けする。

ヴィッセル神戸に入団したイニエスタのスゴさは、ゲームを使えば一発でわかった

イニエスタがJリーグに来るということで、彼の能力をサッカーゲームで見てみました。

【艦これ プレイ漫画/水本正】艦々日和 第189回 提督と、サマール沖東方へ

プレイ漫画で『艦これ』の世界を追体験! サマール沖東方で遭遇したのは……!?

『シュタインズ・ゲート』好き編集者が秋葉原の聖地を巡礼! 開催中のARラリーのチェックポイントもご紹介

AbemaTV、TOKYO MXほかにて放送中のアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』。同作の舞台である東京・秋葉原にて、作中に登場する名所を巡るARラリーが2018年5月31日まで開催中。

『CoD: WWII』プロ対抗戦第2回リポート Rush Gamingが依然トップ

プロチーム6団体によるプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティワールドウォーII』を用いた賞金総額1000万円のesports大会“『CoD: WWII』プロ対抗戦”。その第2回が、2018年5月19日に開催された。

『Detroit』発売記念特別インタビュー 生みの親デヴィッド・ケイジ氏に訊く。会社設立から『Detroit』を生み出すまでの道のり【Quantic Dream特集その2】

世界中のゲームファンの心を揺さぶるインタラクティブなアドベンチャー作品を生み出してきたフランスのスタジオQuantic Dream。今回は、最新作『Detroit: Become Human』(以下、『デトロイト』)の発売を記念して、スタジオ設立からいまに至るまで、CEO兼ゲームクリエイターとしてスタッフを取りまとめるデヴィッド・ケイジ氏へのロングインタビューをお届けする。

あの熱狂的EGファンほか、選手陣や試合会場をフォトリポート 『レインボーシックス シージ』シーズン7グローバルファイナル

現地時間の5月19日、20日(日本時間5月20日0時〜)にアメリカ・アトランティックシティで開催されたPC版『レインボーシックス シージ』プロリーグ?Rainbow six Pro League Season 7”グローバルファイナルをフォトリポートで紹介する。