携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> スピルバーグ初のゲーム『BOOM BLOX』は宮本茂氏との出会いから生まれた

スピルバーグ初のゲーム『BOOM BLOX』は宮本茂氏との出会いから生まれた
GDC 2008

2008/2/23

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プロトタイプの映像なども特別に公開

 映画監督スティーブン・スピルバーグ氏がエレクトロニック・アーツと共同で制作しているWii用ソフト『BOOM BLOX』。この話題作の制作過程を明らかにする講演“スピルバーグの『BOOM BLOX』の製作”がエレクトロニック・アーツのルイス・キャッスル氏(VP of Creative Development)により行われた。

▲宮本茂氏とスティーブン・スピルバーグ監督。ふたりの天才の出会いが『BOOM BLOX』を生んだ。


 2006年5月に行われたE3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)で、任天堂の宮本茂氏と『Wii Sports』を遊んだことが、スピルバーグ監督にゲームソフトを作らせるきっかけになったと伝えられたが、キャッスル氏は「人は何かを投げつけて壊すだけでも楽しいと感じるもの。家族が遊べるゲームを作りたい」というスピルバーグ監督の考え共感を抱き、プロジェクトをスタートさせることを決意したという。

 毎週スタジオに来るスピルバーグ監督とディスカッションを重ねながら、「何でもぶつけて壊す」、「パーティーみたいな感覚で」、「ものを掴むことができる」、「頭を使ったゲーム」、「モノを壊すことによってスコアを稼げる」といったふうに作品のコンセプトを固めていった。その際は、“ゲーム・デベロップメント・フレームワーク(GDF)という独自の方法論を用いながら、プロセスを整理してバランスを取り、もっとも重視したのは、やはりWiiリモコン。「Wiiリモコンはすばらしいデバイスだが、魔法の道具というわけではない」としたキャッスル氏は、Wiiで何ができるかを徹底的に検証。実際にブロックのようなものをデータ上で作成し、Wiiリモコンで掴んで投げたりしたら、物理法則上どのような現象が起こるのかとにかく試した。中には捨てたアイデアもあるが(音声を発するなど)、最終的に“投げる”、“押す”、“爆破”といった一連のアクションで遊びを確立していった。「会社でデモを見せたら、みんな気に入ってくれて、プロジェクトに参加したがりました(笑)。そこでまた新しいアイデアを集めることができたんです」という。


 当初30人くらいでスタートした『BOOM BLOX』。「小規模のチームで最後まで行きたかった」とのことだが、“いろいろな分野のスペシャリストがほしかった”との理由から、徐々にチームの人数は増えていった。

▲ホワイトボードに要素を書き込んでゲーム性を固めていった。そのへんの方法論は日本でもいっしょ?

▲Wiiリモコンの操作性などを確かめていった。

▲プロトタイプを作って“できること”を検証。下の写真はスタッフのお気に入りだったという“ベンディステック”。けっきょくゲームに採用されることはなかったけれど。


 なお、キャラクターとして動物を導入することを決めたのは、スピルバーグ監督の「ゲームをしているとさびしくなることがたまにある。孤独感がある。だから、インタラクティブ性だけではなくて、キャラクターが応援してくれるような感覚があったほうがいいのでは?」との指摘によるものだ。「単純にパズルゲームとは言いたくない」という『BOOM BLOX』では、ゲームルールの変更からエディター機能までユーザーにかなりの自由度を許しているという。「ユーザーにゲームをコントロールする力を与えることで、もっと魅力的なゲームになる得る可能性もある。そのために、デバッグがたいへんでしたけどね(笑)」という。

▲キャラクターに動物を起用。このへんは『どうぶつの森』に一脈通じるものがある?


 『BOOM BLOX』は、北米では2008年5月にリリースされることもアナウンスされた。本作の日本における発売は決定していないが、スピルバーグという異業種の天才がゲームでどのような才能を発揮したのが見たいと思っている人はけっして少なくはないだろう。それは、“操作する”ことの本能的な楽しさを追求したカジュアルゲームになりそうだ。

▲会場で公開された『BOOM BLOX』のデモを紹介。ふたり対戦プレイ(?)なども楽しめるようだ。

 

GDC 2008の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

ゲームキューブで『ピクミン』が発売された日。100匹のピクミンの群れをワラワラと率いて行動するのが楽しい名作。CMソング『愛のうた』も大ヒット【今日は何の日?】

過去のこの日、ゲーム業界に何があったのかを振り返る。2001年(平成13年)10月26日は、ニンテンドーゲームキューブ用ソフト『ピクミン』が発売された日。

CLAMPの名作漫画『東京BABYLON』が2021年にテレビアニメ化。舞台は2021年の東京、GoHandsが制作

CLAMPによる漫画作品『東京BABYLON』が、『東京BABYLON 2021』(トウキョウバビロンニーゼロニーイチ)として2021年にテレビアニメ化されることが明らかになった。

映画『鬼滅の刃 無限列車編』ufotable劇場販売グッズ第2弾が解禁。映画館をテーマにした新規描き下ろしイラストが登場

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のufotable劇場販売グッズ第二弾が公開。10月30日より販売開始され、11月7日正午よりufotableWEBSHOPにて事後通販が開始される。

映画『鬼滅の刃 無限列車編』新PVで煉獄杏寿郎と上弦の参・猗窩座(あかざ)の戦いが公開。新キービジュアルも

映画『鬼滅の刃(きめつのやいば) 無限列車編』の新PVで猗窩座(あかざ)と煉獄杏寿郎の戦闘シーンが公開。さらに、2人が描かれた新たなキービジュアルが公開された。

漫画『極主夫道』玉木宏主演ドラマ放送中! 元・最凶極道が家(シマ)を守る最強主夫に!?【Kindle Unlimited おすすめ漫画】

玉木宏さん主演の実写ドラマが絶賛放送中の『極主夫道』。主人公の元最凶極道・龍は、新たに“主夫”としての道を邁進中です。今回はそんな彼の“主夫道”を覗いてみませんか?

“ゆるキャン△ 志摩リンのストライプマフラー”再販予約が開始。鮮やかな染色で作中そのままのカラーリングを再現

ホビーストックは、2020年10月22日より、アニメ『ゆるキャン△』にて志摩リンが使っているストライプ柄のマフラー“ゆるキャン△ 志摩リンのストライプマフラー”の再販分の予約受付を開始した。発売日は2021年1月で、価格は4000円[税抜]。

アニメ『かぐや様は告らせたい』第3期の制作が決定。2021年にOVAが発売

アニメ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』第3期の制作が決定し、2021年に新作アニメのOVAが発売されることが明らかになった。

おしゃべりネコといっしょに暮らす『ネコ・トモ』の新パッケージが11月19日に発売! プロデューサーが語る“ファンへの恩返し”

2018年11月に発売された『ネコ・トモ』の新パッケージが、2020年11月19日に発売。さまざまな新要素が“ましまし”の本作はいかにして生まれたのか。本作のプロデューサーにうかがった。

『シュタゲ』シリーズに関連する新作や『アノニマス・コード』の発売時期が2021年秋に変更などが発表。MAGES.事業戦略発表会速報リポート

2020年10月25日、科学アドベンチャーシリーズなどを手掛けるMAGES.が事業戦略発表会を開催。その中で『シュタインズ・ゲート』に関連する新作や『アノニマス・コード』の発売時期が2021年秋に変更となることなどが発表された。