携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 東大研究員がシリアスゲームの現状を報告、”本当のシリアスゲーム”を見抜くために

東大研究員がシリアスゲームの現状を報告、”本当のシリアスゲーム”を見抜くために
GDC 2008

2008/2/20

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プレイヤーの視点に立った、新しいシリアスゲームの定義を導入すべき

 ゲームの持つ可能性をエンターテインメント以外の分野で役立てることを目的とした“シリアスゲーム”。ここ数年そんなシリアスゲームは欧米でも大きな関心を集めており、GDCでも毎年“シリアスゲームサミット”が開催されるほどになってきている。日本のユーザーにはシリアスゲームという言葉自体はあまりなじみがないかもしれないが、ニンテンドーDSの実用系ソフトやWiiの『Wii Fit』などにより、日本にもシリアスゲームの流れは確実に押し寄せてきている。欧米から見れば、じつは日本は“シリアスゲームの先進国”と目されているようだ。

 そんな日本のシリアスゲームの最新動向を報告すべく、GDC 2008の開催2日目の2月19日に“シリアスゲーム・ワールドリポート:パートII(日本&カナダ)”と題するセッションが行われた。ちなみに、今回のGDC 2008でシリアスゲームの動向がリポートされたのは、北米以外ではイギリス、フランス、カナダと日本。日本のシリアスゲームも世界的に注目を集めるようになってきた。講演を担当したのは、日本デジタルゲーム学会DiGRA JAPANの会長でもある東京大学大学院教授、馬場章氏と、馬場氏のもとでゲーム研究に励む七邊信重氏と富安晋介氏の3名だ。

▲イントロダクション役として登壇した東京大学大学院の馬場章教授。「シリアスゲームはひとつのジャンルではなくて、方法論です」と説明。
 

▲シリアスゲームの現状を報告した七邊信重氏(左)と、研究の成果を発表した富安晋介氏(右)。


 「最近では日本でも、ニンテンドーDSやWiiの登場により、シリアスゲームに興味を持つようになりました。とくに学習系ソフトでは、“楽しみながら学べる”という学習効果に期待しているユーザーが多いようです」とまずは七邊氏が日本の現状を分析。その一方で、ゲームの学習効果が薄く、おもしろくないと感じる人もいるため、シリアスゲーム全体を信用しなくなる可能性もあります」と問題点を指摘。

 

 つまり、安易な“シリアスゲーム的なソフト”が広がることで、“本当のシリアスゲーム”が受け入れられなくなることを懸念しているわけだ。その問題を解決するための方法として、七邊氏はシリアスゲームを新しくしっかりと定義すべくではないかと提案する。「従来のシリアスゲームの定義である“エンターテインメント以外の目的で作られたデジタルゲーム”という考えでは、開発者の視点での定義ではソフトのクオリティーが一定しません。やはりプレイヤーの視点を持ち込む必要があり、“学習効果などのある目的について、リサーチャーによって科学的に効果があると認められたデジタルゲーム”をこそ、シリアスゲームとして定義すべき」なのではないかとした。それにより、実際に効果のあるタイトルとそうでないタイトルをはっきりと評価できるというのだ。

 「実験や分析、モデルに基づいたデータを使ってシリアスゲームの研究を行うことが重要です」と説明する七邊氏だが、おつぎは東京大学がPC向けオンラインゲーム『大航海時代オンライン』を使ってコーエーと共同で行っている“オンラインゲームの教育目的利用のための研究”での実験結果を報告。過去3年間にわたって、香川県の工業高校専門学校で行っている実験では、歴史研究への興味や社会的スキルなどの項目で、よい効果が得られたという。

 とはいえ、「しっかりとした検証をしようと思ったら10年くらいをかけてじっくりと取り組むべき」とのことで、シリアスゲームの検証はまさに始まったばかり。今後の成果によっては、レーティング制度とは違ったゲームの新しい基準ができるかもしれない。

▲シリアスゲームはニンテンドーDSなどをとおして日本市場を席巻しつつある。2005年にソフトの販売本数トップ10に占めるシリアスゲームが2本だったのに対して、2007年は10タイトルへ。一方で、「数百本しか売れないタイトルも」(七邊)と指摘。
 

▲大航海時代オンライン』を使ってコーエーと共同で行っている“オンラインゲームの教育目的利用のための研究”の模様をビデオで紹介。
 

▲ある程度の教育効果が認められると発表。ちなみにこの秋には研究成果を本にしたものを出版するとのことだ。

 

▲ちなみに、同じ講演では、カルガリー大学のジム・パーカー氏がカナダにおけるシリアスゲームへの取り組みを報告。政府がゲーム関連のビジネスを援助しているだけに、カナダのシリアスゲームも相当盛んなようだ。

 

GDC 2008の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

週刊ファミ通企画:読者によるゲーム採点 USER'S EYE

『週刊ファミ通』に毎号掲載されている、読者の方々に最近のゲームを採点していただくコーナー「ユーザーズアイ」への投稿を募集いたします。

『World of Tanks Console』架空戦記が楽しめる!? ストーリー形式コンテンツ“WAR STORIES”が8月22日に実装

オンラインタンクバトル『World of Tanks Console』に、2017年8月22日に新コンテンツ“WAR STORIES”が実装される。その概要が明らかとなった。

『プチコン3号 Smile BASIC』が欧州やオーストラリア、ニュージーランドなど33地域に向けて配信開始

スマイルブームは、ニンテンドー3DSシリーズ専用ソフト『プチコン3号 Smile BASIC』を、2017年8月17日に欧州およびオーストラリア、ニュージーランドを含む33の地域に向けてNintendo eShopでのオンライン販売を開始した。

『GET EVEN』の緊迫感をリアルに体験できるコンテンツが“なぞともカフェ”に登場! 先行体験リポートをお届け

一人称スリラーアドベンチャーゲーム『GET EVEN』の緊迫感をリアルに体験できる謎ときコンテンツが、謎とき体験施設“なぞともカフェ”、“スペースクリエイト 自遊空間”で、2017年8月18日よりスタートする。一般公開に先駆けて体験したリポートをお届け。

『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』8月23日開催の“チーム対抗LEGO ワールド選手権大会”の詳細が判明 スペシャルゲストは小島よしお

ワーナー ブラザース ジャパンは発売中のプレイステーション4用ソフト『レゴ ワールド 目指せマスタービルダー』の“チーム対抗LEGO ワールド選手権大会”において、決勝大会への進出チームと8月23日に行われる決勝大会の詳細を発表した。

プレイステーション4、システムソフトウェアアップデート“バージョン5.00 NOBUNAGA(ノブナガ)”が配信決定

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション4の次回の大型システムソフトウェアアップデート“バージョン5.00 NOBUNAGA(ノブナガ)”を、日本国内向けにて提供することを発表した。

ChinaJoyでみつけたちょっと過激なアジアンビューティー&イケメンさん 2017年版【ChinaJoy 2017】

ChinaJoyにおけるファミ通.comの恒例企画、“ChinaJoyでみつけたちょっと過激なアジアンビューティー”をお届け。今年はプラスアルファもあります!

記憶を消してもう1回遊びたい衝撃作『UNDERTALE』プレイインプレッション

2017年8月16日に配信を開始した話題のインディーゲーム『UNDERTALE』のプレイインプレッションをお届けする。

『ガンダムトライエイジ』の“第2回スコアアタック全国大会”リポート “3+1”が生み出した新たな対戦セオリー

2017年8月6日、東京、バンダイナムコ未来研究所にて、バンダイのデータカードダス、『ガンダムトライエイジ』の“第2回スコアアタック全国大会”が開催された。ここではその大会結果とイベントの模様をお届けする。

第36回浅草サンバカーニバルにガンホー・アミーゴスが参戦! ダンスも音楽もパワーアップして浅草の街に降臨!

2017年8月17日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、8月26日に開催される“第36回浅草サンバカーニバル”に出場することを発表した。