携帯電話の方はファミ通MAXをご覧ください。

HOME> ゲーム> 東大研究員がシリアスゲームの現状を報告、”本当のシリアスゲーム”を見抜くために

東大研究員がシリアスゲームの現状を報告、”本当のシリアスゲーム”を見抜くために
GDC 2008

2008/2/20

  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • この記事をつぶやく

●プレイヤーの視点に立った、新しいシリアスゲームの定義を導入すべき

 ゲームの持つ可能性をエンターテインメント以外の分野で役立てることを目的とした“シリアスゲーム”。ここ数年そんなシリアスゲームは欧米でも大きな関心を集めており、GDCでも毎年“シリアスゲームサミット”が開催されるほどになってきている。日本のユーザーにはシリアスゲームという言葉自体はあまりなじみがないかもしれないが、ニンテンドーDSの実用系ソフトやWiiの『Wii Fit』などにより、日本にもシリアスゲームの流れは確実に押し寄せてきている。欧米から見れば、じつは日本は“シリアスゲームの先進国”と目されているようだ。

 そんな日本のシリアスゲームの最新動向を報告すべく、GDC 2008の開催2日目の2月19日に“シリアスゲーム・ワールドリポート:パートII(日本&カナダ)”と題するセッションが行われた。ちなみに、今回のGDC 2008でシリアスゲームの動向がリポートされたのは、北米以外ではイギリス、フランス、カナダと日本。日本のシリアスゲームも世界的に注目を集めるようになってきた。講演を担当したのは、日本デジタルゲーム学会DiGRA JAPANの会長でもある東京大学大学院教授、馬場章氏と、馬場氏のもとでゲーム研究に励む七邊信重氏と富安晋介氏の3名だ。

▲イントロダクション役として登壇した東京大学大学院の馬場章教授。「シリアスゲームはひとつのジャンルではなくて、方法論です」と説明。
 

▲シリアスゲームの現状を報告した七邊信重氏(左)と、研究の成果を発表した富安晋介氏(右)。


 「最近では日本でも、ニンテンドーDSやWiiの登場により、シリアスゲームに興味を持つようになりました。とくに学習系ソフトでは、“楽しみながら学べる”という学習効果に期待しているユーザーが多いようです」とまずは七邊氏が日本の現状を分析。その一方で、ゲームの学習効果が薄く、おもしろくないと感じる人もいるため、シリアスゲーム全体を信用しなくなる可能性もあります」と問題点を指摘。

 

 つまり、安易な“シリアスゲーム的なソフト”が広がることで、“本当のシリアスゲーム”が受け入れられなくなることを懸念しているわけだ。その問題を解決するための方法として、七邊氏はシリアスゲームを新しくしっかりと定義すべくではないかと提案する。「従来のシリアスゲームの定義である“エンターテインメント以外の目的で作られたデジタルゲーム”という考えでは、開発者の視点での定義ではソフトのクオリティーが一定しません。やはりプレイヤーの視点を持ち込む必要があり、“学習効果などのある目的について、リサーチャーによって科学的に効果があると認められたデジタルゲーム”をこそ、シリアスゲームとして定義すべき」なのではないかとした。それにより、実際に効果のあるタイトルとそうでないタイトルをはっきりと評価できるというのだ。

 「実験や分析、モデルに基づいたデータを使ってシリアスゲームの研究を行うことが重要です」と説明する七邊氏だが、おつぎは東京大学がPC向けオンラインゲーム『大航海時代オンライン』を使ってコーエーと共同で行っている“オンラインゲームの教育目的利用のための研究”での実験結果を報告。過去3年間にわたって、香川県の工業高校専門学校で行っている実験では、歴史研究への興味や社会的スキルなどの項目で、よい効果が得られたという。

 とはいえ、「しっかりとした検証をしようと思ったら10年くらいをかけてじっくりと取り組むべき」とのことで、シリアスゲームの検証はまさに始まったばかり。今後の成果によっては、レーティング制度とは違ったゲームの新しい基準ができるかもしれない。

▲シリアスゲームはニンテンドーDSなどをとおして日本市場を席巻しつつある。2005年にソフトの販売本数トップ10に占めるシリアスゲームが2本だったのに対して、2007年は10タイトルへ。一方で、「数百本しか売れないタイトルも」(七邊)と指摘。
 

▲大航海時代オンライン』を使ってコーエーと共同で行っている“オンラインゲームの教育目的利用のための研究”の模様をビデオで紹介。
 

▲ある程度の教育効果が認められると発表。ちなみにこの秋には研究成果を本にしたものを出版するとのことだ。

 

▲ちなみに、同じ講演では、カルガリー大学のジム・パーカー氏がカナダにおけるシリアスゲームへの取り組みを報告。政府がゲーム関連のビジネスを援助しているだけに、カナダのシリアスゲームも相当盛んなようだ。

 

GDC 2008の関連記事

この記事の個別URL

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

その他のニュース

PS Vita版『AKIBA'S BEAT(アキバズビート)』の発売日が4月27日に決定、特典DLC衣装の情報も公開

アクワイアは、プレイステーション Vita用ソフト『AKIBA'S BEAT(アキバズビート)』を2017年4月27日に発売することを公表した。

『追放選挙』一癖も二癖もある登場キャラクターの裏の顔や過去の情報を公開!

日本一ソフトウェアは、2017年4月27日に発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『追放選挙』にて、登場キャラクターの裏の顔や、過去の情報などを公開した。

『追放選挙』 最新動画“追放イメージPV”公開! 追放されたキャラクターを待つ残酷な末路とは……!?

日本一ソフトウェアは、PS4・PS Vita用ソフト『追放選挙』について、最新のPVを公開した。

20名のアーティストが『PostPet』の世界を描くアニバーサリー企画、第1弾は中川翔子や山本さほ氏など

愛玩電子メールソフト『PostPet』の20周年プロジェクトの新企画として、各界のアーティストによる『PostPet』のイラストを公開する“PostPet MEETS”と、20周年記念グッズの販売が、本日2017年3月23日より開始された。

『三國志13 with パワーアップキット』DLC第6弾が配信開始、卑弥呼や韓世忠ら古武将が追加

コーエーテクモゲームスは、発売中の歴史シミュレーションゲーム『三國志13 with パワーアップキット』について、ダウンロードコンテンツ第6弾の配信を開始した。

究極の2D表現に特化した専門スタジオ“Live2D CreativeStudio”の設立を発表

Live2Dは2017年3月23日、2Dのまま立体表現を可能にする表現技術“Live2D”の制作に特化した専門スタジオ、“Live2D CreativeStudio”を設立。オフィシャルウェブサイトを公開した。

『シヴィライゼーション VI』新文明“ペルシア”と“マケドニア”が参戦、 紹介動画が公開

2KとFiraxis Gamesは、発売中のターン制ストラテジーゲーム『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』において、ペルシアはキュロス2世、またマケドニアはアレキサンドロス大王がリーダーに決定したこと発表した。また、ペルシアとマケドニアを紹介する最新動画も公開。

『ポケモンGO』金のコイキングにラプラス!? 水タイプに出会いやすい“みずポケモン祭り”開催

『ポケモンGO』で2017年3月23日より、みずタイプのポケモンに出会いやすい“みずタイプのポケモンたちのお祭り”イベントがスタート。

【追記アリ】先行試射会まであと2日! 『スプラトゥーン2』アメリカ任天堂スタッフによる試射会の模様を伝える公式生放送が実施決定!

任天堂は、2017年夏に発売予定のNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』について、同作の公式総合アカウント(@SplatoonJP)にて、先行試射会のカウントダウンツイートを配信した。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』に太鼓判を押す、押井守氏がコメントを寄せる特別映像が公開

『ゴースト・イン・ザ・シェル』の公開を間近に控えて、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の押井守監督が同作にコメントを寄せる特別映像が公開された。